カシューナッツ の 味噌汁。 カシューナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方

カシューナッツの栄養価や効果効能と上手な食べ方

カシューナッツ の 味噌汁

植生 [ ] 北部ないし北東部地域、ならびに各域を主な原産地とする、のである。 の Anacardium アナカルディウム は、の ana 上向き と -cardium の意味からなる造語で、その果実の着果形態が「上向きの心臓」型に見えることから命名された。 充分なはなく多雨過湿を嫌う性質で、としては、適度な降雨量のある地域ないし地域を好む。 樹幹下部からよく分枝し、成木は樹高8 - 15ほどに達する。 世界最大の巨木としては、に所在の樹齢推定117年・枝域約8300(一般的な成木の約70倍の規模)にも及ぶそれが知られている。 葉は、長径20ほど・幅径2 - 15cmほどの倒卵形、やや硬く光沢のある全辺縁平滑で、互生する。 花は、約20 - 25cmの花枝の先端に散房群生した花序に、単性花とを混在で1花あたり5 - 15ほどのものを付ける。 花色は、赤味あるいは黄白色を帯びた淡緑色で、には花弁ごとにピンク色のが見られることが多い。 開花時期は、早咲きのもので11月から翌1月、遅咲きのもので1月から3月である。 開花後、およそ2ヶ月から3ヶ月で結実・完熟する。 果実は、花托 花柄部分 が肥大して約5 - 12cm程度の形の赤色ないし黄色の果托 果柄部分 を形成し、その先端に灰褐色のに覆われた型のを付ける。 種子は果托の外部先端に付き、果托そのものにはのみで種子を含まないため、この部分のことを俗に「」と呼ぶこともある。 後述のとおり、堅果 種子 部、果托部ともに食用とされる。 その後、さらに転出して英語では「 Cashew(カシュー)」と呼ばれるようになった。 ポルトガル人らが、原生していた当種を実用樹として認識し、各地に伝播したのが世界的な普及への始まりである。 当初から、樹幹下部からよく分枝して枝を張る当種の特徴を利用して、沿岸部におけるとして植樹されたほか、その果実、特に種子が食用として重用された。 にはのに大規模な種子の食用加工工場が造営されて製品が各地に輸出されたことから世界的に有名となった。 堅果 種子 の殻を割り、内部にあるの部分を取り出したものは、• 英語では、 カシューナッツ( cashew nuts)• 果肉の部分については、英語で カシューアップル( cashew apple)と呼ばれることが多い。 カシューナッツ、カシューアップルとも食用に用いられるが、世界的には食材としてカシューナッツのほうが広く知られている。 生産・加工 [ ] 原産地のブラジルから、世界各地のある程度の雨量のある熱帯、亜熱帯地域に広がっており、著名な生産国は30を超え、栽培面積は351万程度とされる。 世界では年間200万以上が生産され、の生産量順では、(83万トン)、(46万トン)、(25万トン)、(21万トン)となっている。 ではが主産地となっている。 また、にある共和国はカシューナッツ生産が国家のほぼ唯一の産業となっており、2015年には同国総輸出額の78. 7%を占めた 栽培農家による果実の収穫は、完熟して自然落果したものを手撈で採集するのが一般的である。 成木1株につき、およそ10 - 30の収穫が見込まれるとされる。 収穫した落果は、果肉(カシューアップルの部分)と種子(カシューナッツの部分)を手捥ぎで分離する。 果肉は、生食用として市場にあるいは加工用として加工工場に出荷、種子は、そのまま殻ごと生果(生カシューナッツ)として加工工場に出荷する。 生果には、やなどの刺激成分、またであるなどの毒物を含むため、食材として用いる場合には、これらの成分の高温加熱による除去処理(いわゆる「飛ばす」工程)が必要となる。 生果のままでは仁(種子の中身)を取り出しづらいため、加工工場は、この工程を果殻がついたまま行うのが一般的である。 まず殻つきの生カシューナッツを天日干しし、高温蒸 スチームロースト 処理を行い、さらに煎 ドライロースト 処理を行った後、殻割り・殻むき、品質選別を行って製品として出荷する。 味付けと保存性の向上を目的として、製品に塩をまぶして出荷されることも多い。 取引市場においては、生果産品はインドネシア産、ブラジル産、タンザニア産などが優秀であるとされている。 加工製品については、前節の以来の歴史的な経緯により、インド国内に加工工場・加工技術が集積されているとされ、「インド製」加工製品が最優とされている。 塩で味付けされた製品が、そのままやなどとして良く食されるほか、調理の具材として、やのような煮物料理や、の(カシューナッツ炒め)などのなどに好んで利用される。 また、いわゆる2級品(味に差し障りはないが色目が斑あるいは褐色度の強いもの)の実は、すりつぶして加工し、に似た「カシューバター」の製造に利用されることが多い。 果托 果肉 [ ] カシューアップルと呼ばれる果肉は多汁質で、に似た芳香があり、生食に供するほか、加工用原料としても利用されている。 カシューアップルの皮は薄く、特に完熟した果実のそれは非常に繊細で傷つきやすく、また完熟成果であるために日持ちもしないため、長距離輸送や貯蔵には全く適さない。 このため、生食は栽培産地近辺の限られた地域においてのみ供される。 加工製品としては、、、、、さらには発酵製品として(インドのフェニー など)などが知られる。 の渋みを好まない地域においては、利用せずに廃棄することもある。 工業用 [ ] 種子殻 [ ] カシューナッツの種子の殻からは、カシューナットシェルオイルと呼ばれるを採取することができ、油脂そのものとして利用されるほか、塗料の原料としても利用される。 は、が開発したもので、仕上がりの質感はに似ており現在でも多く使用されている。 ただ、カシューもウルシ科の植物であるため、その殻にはを多く含有しており、加工の際になどのをきたす人も少なくなく、取扱いには注意を要する。 木材・樹皮・樹脂 [ ] 木材は、の資材に利用されるほか、炭造して燃料 に利用される。 樹皮を粉砕したものをの原料として用いるほか、はの原料とされる。 薬用 [ ] 生薬として [ ]• カシューアップルのジュースは、胃腸粘膜保護、解熱に薬効のあるとして利用されている。 伝承薬・民俗薬として [ ] チュクナ語族系の原住民は、カシューの果実などを、伝統的な伝承薬・民俗薬として利用している。 カシューアップルの・などをインフルエンザなどの解熱剤として摂取しているほか、エナジードリンク・強壮剤としても認識されている。 経験的にカシューアップルの解熱効果を利用した「先人の知恵」である。 に生息する寄生である牛バエ(馬バエ)に刺されにされてしまった場合には、カシューナッツの生果の仁を半分に割り、刺された場所に擦り込むと、皮下のウジ卵を殺すことができ、を防止することができるとされている。 上述のカシューナッツ生果に含まれる毒劇物を利用した「先人の知恵」であるが、産卵されてしまった牛バエ卵群を完全に壊滅させられるかどうかについては懐疑的な要素が残るほか、大量に塗付した場合には毒劇物による皮膚の炎症・潰瘍の恐れが危惧される用法である。 価格相場 [ ] 果実収穫・工場加工とも人海戦術の手間が必要なこと、および栽培産地と加工産地が別国籍であることが多く輸出入の手間とコストがかかることから、同じく手間を要すると並んで比較的高価なである。 近年では従来の発展途上国家庭の富裕化・食生活改善傾向にともなって消費ニーズが向上し、特に高級品とされる色が均一で白めのものは価格が恒常的に漸増傾向にある。 熱風被害が見られる栽培年度においては、高級品は著しく減収し相場が高騰するほか、色が茶色っぽいあるいは斑な2級品も引きずられて価格上昇する。 の小売店においては、100gあたり200円前後の値で販売されていることが多いが、高級品は100gあたり300円以上の高価で販売されている。 一般的には、アーモンドと同程度で、のそれより少し高値である。 一部の量販店では1kgあたり1700円前後など安目の価格で販売しているケースも見られる。 脚注 [ ]• 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p268 二宮書店 平成30年1月10日発行 ウィキメディア・コモンズには、 カシューナッツに関連する および があります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の

さんま&マツコ大絶賛!ロバート・馬場のカシューナッツ味噌汁が話題に(ザテレビジョン)

カシューナッツ の 味噌汁

【アーモンド】• <アーモンドの花と実> アーモンドはバラ科に属する木の実の種。 桃のように、果肉の中心に堅い種があり、その中にある「仁(じん)」という部分を食べます。 日本でも小豆島などで栽培がされています。 クルミやペカンがこれと同じ生り方をします。 なんやこれ!桜やないか!• 桜によく似ているけど、これはみんなが大好きなアーモンドの花だよ。 キレイでしょ。 はーっ、よう似てるな。 そっくりさんや。 実が熟して、中からアーモンドの種が見えてきたら、「シェイカー」っていう機械で木を揺らして収穫するらしいよ。 すごい勢いでアーモンドが落ちてくるから「アーモンドシャワー」って呼ばれているそうだよ。 あんな堅い種が降ってきたら、大変や!オレの大事な羽に傷がつくわ!• さあ、次はお待ちかねのカシューナッツです! 【カシューナッツ】• <カシューナットノキの実と種> カシューナッツは、南米原産の「カシューナットノキ」と呼ばれる木になり、普段食べているのは、種子の部分です。 カシューナッツの形にちなみ、日本では「勾玉(まがたま)の木」とも呼ばれています。 カシュー・アップルというリンゴによく似た果肉部分の先に生っているのがカシューナッツ。 日本ではなかなか目にする機会がありませんが、カシュー・アップルも食用としてジュースやジャムなどの加工品に利用されています。 なにこれ!ウケるわー!クッククッククック。 カシューナッツは日本で栽培されてないから、見る機会があまりないけど、初めて見た人は、ビックリするだろうねェ。 日本で栽培したら、一躍人気者になれそうやな。 クッククック、金の匂いがするでえ。 オレ、カシューナッツ王国を作る!• ダメなんだよ、ぴぃきち君。 カシューナットノキはね、熱帯地域で育つ木だそうだから、日本の気候で育てるのは難しいんじゃないかな…。 残念だけど、王国はあきらめて。 な、なんやて!• 普段食べているナッツの意外な姿を知ると、ますますナッツが好きになるでしょ。 他のナッツのことも調べてみたら、何か発見があるかもしれないよ。 よおし、珍しいナッツの木を見つけて、お金持ちになるでえ! つづく.

次の

「辛旨、汁なし担々麺」ピーナッツ/カシューナッツと胡麻、花椒を使った濃厚で辛い孤独のグルメの汁なし担々麺の作り方/レシピ。

カシューナッツ の 味噌汁

カシューナッツとは? カシューナッツとは、中南米原産のウルシ科の常緑高木「 カシュー」の種子のことです。 カシューの木は日本では「カシューナットノキ」と呼ばれており、その独特の形をした実から「勾玉の木」とも呼ばれています。 カシューナッツが広まったのは比較的遅く、 1850年代と言われています。 ブラジルにポルトガルが進出した際に、現生していたカシューを実用樹として世界各地に広めたのが普及のきっかけと言われています。 当時は種子であるカシューナッツを食用として重宝していたのはもちろんですが、分枝して枝を張る特徴から 防風林としても用いられていました。 食用としては、インドで大規模な加工工場が作られ、輸出されてから世界的に知られるようになりました。 また、カシューの種子をカシューナッツと呼ぶのに対し、果肉の部分は「 カシューアップル」と呼ばれており、こちらも食用として用いられています。 22g 脂質 43. 85g 炭水化物 30. 19g ビタミンE 0. 9mg 食物繊維 3. 3g ビタミンB2 0. これを1粒あたりで見てみると、1粒が約1. 5gですので1粒あたりのカロリーは約9kcalとなります。 これだけを見ると高カロリー食品として敬遠してしまいそうですが、1粒あたりの糖質は0. 4gとなります。 ナッツ類の中でも糖質が多く、エネルギー補給に適したナッツと言えます。 ナッツ類の中でも人気の高い カシューナッツの効果や効能についてご紹介します。 カシューナッツに豊富に含まれている栄養素は「亜鉛」や「鉄」などのミネラルと、「ビタミンB1」等のビタミン類が豊富です。 特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める効果があるので、 育ち盛りの子供や骨粗しょう症予防として高齢者におすすめです。 また、鉄分も豊富ですので、 貧血予防として女性にもおすすめです。 疲労回復に効果的なビタミンB1も豊富であり、健康で健やかな毎日を送るために非常に効果的なナッツと言われています。 さらに、女性にうれしい美容効果も豊富であり、ダイエット効果の期待できる食物繊維が豊富であり、お通じの改善も期待できます。 カシューナッツは脂肪分が多いですが、約60%がオレイン酸で構成されていますので、 コレステロールの排出効果や生活習慣病の予防効果も期待できます。 しかし、比較的カロリーや糖質が多いナッツですので、 おやつとして補助的な栄養摂取に用いるのがおすすめの食べ方です。 効果を高めるおすすめの食べ方としては、アンチエイジングに重要な「ビタミンE」と「たんぱく質」を摂取するために、 牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。 牛乳にはタンパク質の吸収率を上げる効果があると言われており、ビタミンEが豊富なカシューナッツと非常に相性が良いです。 また、不足している栄養素の観点からは、 小魚と一緒に食べるのがおすすめの食べ方です。 日本人が不足しがちな食物繊維とカルシウムを同時に摂取することが出来る食べ方です。 特に小魚はカルシウムの吸収率が高いので、特に子供や高齢者におすすめです。 しかし、カシューナッツは カロリーや糖質が他のナッツよりも多く含まれているため、大量の摂取はおすすめできません。 また、加工の際に付着した 塩分や油分による高血圧、肌荒れのリスクがあるので、適切な量に抑える必要があります。 カシューナッツの成人女性の1日の適切な摂取量は、「 片手で掴める量が上限」と言われています。 体の大きさによって上限量は異なりますので、片手で掴めるくらいの量を上限とすると、栄養のバランスが非常に良くなると言われています。 これくらいの量を目安として摂取することをおすすめします。 無塩・無添加カシューナッツ 美容効果や健康効果を目的にカシューナッツを選ぶのであれば、「 無塩・無添加のカシューナッツ」がおすすめです。 普通のカシューナッツは塩分や油分が添加されたものが多く、多く食べると高血圧や肌荒れのリスクが心配です。 これでは本末転倒ですので、そのリスクが少ない無塩・無添加のカシューナッツがおすすめです。 美容・健康のためにカシューナッツを選ぶのであれば特におすすめの、 安全性の高いカシューナッツです。 生カシューナッツ さらなら美容・健康効果を 求めるのであれば、栄養素がしっかりのこっている「 生のカシューナッツ」もおすすめです。 カシューナッツは殆どがローストしたものが販売されていますが、探せば生のカシューナッツもあります。 脂肪分の多いカシューナッツは熱を通すと時間の経過につれて 酸化が進む特徴があります。 最大限の美容・健康効果を求めるのであれば、生のカシューナッツがおすすめです。 自分好みにローストして食べることが出来るのも大きなメリットです。

次の