楽天ゴールドカード 年会費。 楽天ゴールドカードの年会費はいくら?ポイントで余裕でペイできる|金融Lab.

【楽天プレミアム】楽天プレミアムカード入会で1年間無料に!

楽天ゴールドカード 年会費

楽天カード株式会社が発行中のゴールドカードである『楽天ゴールドカード』。 このゴールドカードは楽天カードよりもポイント還元率が良いものの、別途2,000円+税の年会費が必要になるため、だいたいどのくらい利用すると楽天カードよりもお得になるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを徹底比較。 どちらのカードを選ぶべきかで迷っている方は是非、参考にしてみてくださいね。 楽天カードと楽天ゴールドカードの違い: 2枚のカードをわかりやすく表で比較: まず、楽天カードと楽天ゴールドカードをざっくりと比較した表は下記の通り。 楽天市場での支払い:楽天ゴールドカードに魅力あり• ETCカード:楽天ゴールドカードなら年会費無料• 明細書発行:郵送費が楽天ゴールドカードなら無料 他、楽天ポイントカード内蔵、楽天Edy搭載可能、ネット不正あんしん制度などのサービスから、代金引き落とし日や支払いサイクル等々はどちらも一緒です。 楽天市場での利用金額で選択: そのため、楽天カードを選ぶか楽天ゴールドカードを選ぶかの基準は、楽天市場でどのくらいの買い物をするかどうかで選ぶのがおすすめ。 単純計算で年会費2,000円を取り戻すためには年間10万円(税別)の買い物が必要になってくるので、これ以上買い物をする方は楽天ゴールドカードを選び、そうでない方は年会費無料の楽天カードでも十分でしょう。 年間10万円以上、楽天で買い物:楽天ゴールドカードが有利• 年間10万円未満しか楽天市場は使わない:楽天カードで十分 これが2種類の楽天カード選びの判断材料となります。 年間10万円は月にするとだいたい1万円: 尚、年間10万円の利用と書くと、『いやいや、自分はそこまで楽天市場を使わないからなぁ…』と思われる方は多いかと思いますが、年10万円を月の利用額にするとだいたい1万円弱。 楽天市場での利用額 楽天カード 楽天ゴールドカード 月5,000円利用 年1,800円分のポイント獲得 年3,000円分のポイント獲得 月1万円利用 年3,600円分のポイント獲得 年6,000円分のポイント獲得 月2万円利用 年7,200円分のポイント獲得 年1万2,000円分のポイント獲得 月3万円利用 年1万800円分のポイント獲得 年1万8,000円分のポイント獲得 つまり 1ヶ月あたり1万円は楽天市場で買い物をする方なら楽天ゴールドカードのほうがお得なので、なんだかんだでみなさん、楽天ゴールドカードを作るほうがおすすめだったりしますよ。 付帯サービスを踏まえて比較: もちろん、『私は飛行機を使った出張が多いから、国内空港ラウンジを無料で使いたい!』とか、『うちは自家用車で高速道路を通行することが多いから、ETCカード無料なのは嬉しいな』というプラスアルファで楽天ゴールドカードに魅力を感じてくれる方であれば、それ以下の買物額でも楽天ゴールドカードを選んでOK。 空港ラウンジを使う方:ゴールドがお得• ETCカードを使う方:ゴールドがお得• 明細書の郵送を希望:ゴールドがお得 大切なのは楽天ゴールドカードのほうがいかにお得かどうかなので、そのあたりでどちらを選ぶかの判別をしてもらえればと思います(楽天ETCカードの年会費を無料にする方法は下記記事を参考に)。 ゴールドカードなのもひとつの魅力: 加えて楽天ゴールドカードの券面色がゴールドというのも楽天ゴールドカードの大きな魅力です。 楽天カード:シルバー色• 楽天ゴールドカード:ゴールド色 やはり『年会費無料の楽天カードだとちょっとカッコ悪い…』と思う方は一定数いると思うので、そういったクレジットカードにステータス性を求める方は、年会費が多少高くついたとしても楽天ゴールドカードを作っておいたほうが無難かも。 年会費2,000円は1ヶ月あたりで考えると税込180円程度…と、家計にも決して大きな負担にはなりませんよ。 総合的におすすめできる、お得なゴールドカードになってくれることでしょう。 昔は楽天カードでもお得だった: 楽天市場のSPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)では、2018年2月まで楽天カード利用でポイント4%貯まる制度でしたが、2018年3月に変更になり、年会費無料の楽天カードではポイント3%分しか溜まらなくなりました。 2018年2月まで:楽天カード利用で4%還元• 2018年3月以降:楽天カード利用が3%還元に その結果、楽天市場での利用で5%分のポイントが貯まる楽天ゴールドカードのほうに大きなメリットが発生。 現在では記事中でも解説した通り、楽天市場を月に1万円以上使う方なら楽天ゴールドカードを使うのがベストな選択肢となります。 キャンペーン特典もゴールドのほうがお得: 最後にもうひとつ。 楽天カードよりも楽天ゴールドカードのほうが魅力的な入会キャンペーンを実施していることが多いので、それらのキャンペーン目当てに楽天ゴールドカードを作るのも手。 あくまで最初だけの特典ではありますが、楽天市場で自由に使えるポイントが欲しいならアリな選択肢ですね。 それぞれキャンペーン内容を是非、比較してもらえればと思います。 以上、楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!年間どのくらい楽天市場を使うと、楽天ゴールドカードがお得か計算してみた…という話題でした。 参考リンク: 楽天カードの入会キャンペーンにはややクセがあるので、キャンペーン経由で満額のポイント獲得をしたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。 しっかり知識をつけた上で申込をすれば、すべての楽天ポイントを余さず獲得できるようになりますよ。 cardmics.

次の

楽天ゴールドカードの家族カードはつくったほうがお得なの?

楽天ゴールドカード 年会費

「楽天家族カード」 年会費:「楽天カード」「楽天PINKカード」「楽天ANAマイレージカード」は永年無料、「楽天GOLDカード」「楽天プレミアムカード」は540円(税込)。 親カードの名義人の口座から支払いを一本化することができます。 しかし、初めて楽天カードを申し込みするのであれば、 年会費が必ずかかるETCカードのお申し込みはおすすめできないんですね。 楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」であれば、ETCカードの年会費が無料になります 高速道路を年1回以上使うのであれば、楽天スーパーポイントが貯まるので持っていて損はないかもしれません。 また、入会時に申し込むと、楽天スーパーポイントが還元されるキャンペーンを行っていたりします。 有料カードを選ばない• 「楽天GOLDカード」• 「楽天プレミアムカード」 は、 年間5万円以上使う楽天ユーザーでなければ、おすすめできないです。 クレジットでの支払いや、楽天市場や楽天グループでの購入を確認して決めたいですね。 楽天会員への登録が浅いユーザーは、ポイント会員ランクが低く年会費の元が取れない可能性があるため、 最初は通常の「楽天カード」を選ぶのが無難です。 利用明細書は郵送にしない 紙での利用明細書を郵送してもらうと、 1回の郵送あたり82円(税込)がかかります。 入会申込時に、無料の「Web利用明細書」を選びましょう。 メール• 楽天e-Naviのサイト でいつでも確認できます。 リボ払い・分割払いにしない どのカードにも言えることですが、リボ払い・分割払いにすると金利手数料がかかります。 ポイントがもらえるキャンペーンをしていますが、金利が上乗せになるため注意が必要です。 キャンペーンに釣られて安易に利用しないようによく考えて申し込みをするようにしましょう。 キャッシングを利用する場合も手数料が リボ払い・分割払いと同様に、キャッシングを利用すると当然ながら金利手数料が必要になります。 消費者金融や銀行から、 手数料を払ってお金を借りるのと変わえらないんですね。 支払い期日を守る 支払い期日を過ぎると、遅延損害金が発生します。 楽天e-Naviから期日前に引き落とし日のメールが届くので、前日までに引き落とし口座に入金を済ませましょう。 楽天クレジットカードは、毎月27日(休日の場合は翌営業日)が引き落とし日です。 銀行にお金があれば、問題ないってことですね。 会員数を増やすため 最近では、昔に比べ年会費無料のカードがメジャーになってきました。 分割払い• リボ払い• キャッシング 利用時に発生する手数料や金利、販売店の売り上げの数%の売り上げから利益を得て成り立っているからです。 年会費を無料にして会員数を増やして、ユーザーにお得を感じさせる方が、利益があると企業側の戦略なのです。 楽天カードは、• 「年会費無料」• 「ポイント還元率No. 1」 でユーザーにお得を感じさせるのが上手く、「顧客度満足No. 1」なのも頷けます。 使わないままでもずっと無料?• 有料サービスに申し込まなければずっと無料• ETCカード• リボ払い• キャッシング など 手数料がかかるサービスを利用しない限り無料です。 クレジットカードを作る際には、すぐに解約できるかなどもよく利用規約を確認してから契約しましょう。 入会前に年会費を確認する方法は?• 楽天カードの紹介ページを隅々まで読む 楽天カードを作る際は、専用の窓口などがなくインターネット上で申し込みが全て完結します。 そのため、申し込みは自己責任ということになりますね。 大切なことは、ページの隅に小さな文字で書かれてあることがよくあります。 注意書きまでよく読みましょう。 不明な点はカード会社に問い合わせる 楽天カードでは、電話での問い合わせや、公式HPで専用のチャットを使いユーザーへの問い合わせ対応をしています。 カードを作ってから後悔しないためにも、情報を集めることはとても大切なことですね。 発行後、心配なら、• 自分で契約状況を確認する 楽天カード発行すると、必ず「楽天e-Navi」というサイトに登録することになっています。 楽天e-Naviに登録することによって、Web上で、月々の利用料金やお支払い、回数など確認することができます。 また、ポイントがもらえるお得な情報もあるので、こまめにチェックしましょう。 「楽天カード」などの一般カードは、e-Naviサイトのお問い合わせ 0570-66-6910 へ• 「GOLDカード」「プレミアムカード」は、カード裏面の「プレミアムカードデスク」へ まとめ• 楽天カードで年会費が無料なのは、「楽天カード」「楽天PINKカード」「楽天アカデミー」「ヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-style」「楽天銀行カード」です。 楽天ユーザービギナーは、有料カードは一定の条件を満たさないとお得にならないので選ばない方か無難です。 有料カードは、楽天会員ランク「ダイヤモンド会員」以上がお得 ポイントプレゼントなどに踊らされず、不必要なサービスや会費を取られないかしっかり見極めましょう。 まずは、ずっと年会費がかからない楽天カードがおすすめです。

次の

楽天ゴールドカードの特徴【年会費・ポイント・審査・付帯保険】

楽天ゴールドカード 年会費

楽天ゴールドカードを発行したいけど年会費が…• 年会費の元をとる方法は?• キャンペーンの内容は? この記事をご覧になっているということは、上記のような疑問をお持ちなのではないでしょうか。 まずサクッと簡単に説明すると、 楽天ゴールドカードは、一般的なカードでいうところの「ノーマルカードの豪華版」もしくは「ゴールドカードの質素版」といったところです。 楽天カードには楽天プレミアムカードという、一般的なカードのゴールドカードに相当する種類があります。 キャンペーン情報 新規入会者向けキャンペーン 条件 特典内容 入会 1,000ポイント 申し込み2カ月後の20日頃受け取り プレゼント 楽天e-NAVI登録 2,000ポイントプレゼント カード利用 シルバー・レギュラー会員3,000ポイント カード利用の翌月20日頃受け取り プレゼント ゴールド会員4,000ポイントプレゼント プラチナ会員6,000ポイントプレゼント ポイントの受け取りは、次の場合は入会特典の1,000ポイントのみになります。 既に楽天カード(楽天ゴールドカード、楽天ANAマイレージクラブカード、楽天PINKカード、楽天銀行カード、楽天カードアカデミー、FCバルセロナオフィシャル楽天カード)を持っている方• 退会された方• カードの切り替え申し込みをされた方 楽天e-NAVIとは、ウェブ上で次のような内容を確認できるサービスのことです。 利用明細• 利用可能額• 公共料金の支払い• 家計簿• キャンペーン情報• キャッシング• ポイントサービス• Edyチャージ• 楽天銀行・証券口座開設 など 楽天e-NAVIはアプリもあり、忙しい毎日を送る方でも最新情報をスマホで見ることができます。 もちろん、キャンペーンなどの各種申し込みもできます。 会員向けキャンペーン 楽天は新規会員向けのキャンペーンも充実していますが、会員向けのキャンペーンも非常に充実しています。 毎日何かしらのキャンペーンもしくはプログラムを行っており、何もない日を見つけるほうが難しいほどです。 キャンペーンやプログラムの内容としては、次のようなものがあります。 SPUプログラム(常時)• Start Bonus Chance(楽天サービスを初めて使う人)• 楽天スーパーセール(主に3月・6月・9月・12月の年4回)• お買い物マラソン• ポイントバック祭り• サマースプラッシュ• 年末大感謝祭 など SPUプログラム SPU スーパーポイントアップ)プログラムは、会員全てが対象でエントリーが要らず、常時開催しています。 特典 内容 楽天市場アプリ利用者(楽天市場全ショップが対象) ポイント+1倍 楽天カード利用特典(楽天カードが利用できるショップが対象) ポイント+2倍~最大4倍 楽天モバイル契約特典(楽天モバイル通話SIM利用) ポイント+2倍 楽天ブックスまたは楽天Kobo利用(クーポン割引後の合計が1,000円以上) ポイント+1倍 楽天ブランドアベニュー利用(1回の利用でOK) ポイント+1倍 楽天TV「Rakuten NBA Special」または「Rakuten パ・リーグSpecial」利用(新規または契約更新) ポイント+1倍 楽天トラベル利用(月1回対象サービス利用、対象期間に旅行利用) ポイント+1倍 楽天ビューティ利用(月1回1,500円 税込 以上のネット予約&来店) ポイント+1倍 これらは組合せが自由なので、例えば次のようにすればポイントが非常に貯まりやすいです。 楽天カード利用で3倍(通常ポイント1倍+カード利用2倍)• 楽天ブックス+アプリ+楽天カード利用で5倍(通常ポイント1倍+ブックス利用1倍+アプリ利用1倍+カード利用2倍)• 楽天ビューティ利用で2倍(通常ポイント1倍+ビューティ利用1倍) SPUはポイント最大13倍になり、これに最大19倍ものポイントがつく日替わりのピックアップ商品の購入と合わせると32倍ものポイントがつく可能性があることになります。 ピックアップ商品はベースのポイントに加えて5倍や10倍、19倍など様々なお得な商品がズラリと並びます。 内容としては、食料品や飲料、ベビー用品、コスメ、ファッションなど様々で、日替わりなので飽きることはないでしょう。 Start Bonus Chance Start Bonus Chanceは、楽天のサービスを初めて使うごとに1,000ポイントがたまるサービスで、こちらはエントリーが必要です。 楽天市場初めてのお買い物5,000円以上• 楽天カード新規入会&利用• 楽天銀行口座開設&入金• 楽天ウェブ検索インストール&初検索• 楽天Koboで2,000円以上の電子書籍購入• Rakuten TV1,500円以上の購入またはレンタル• 楽天買取成約3,000円以上• Rakuten NBA Special月額見放題2カ月連続支払い• 楽天学割新規登録&楽天市場で5,000円以上の買い物• 楽天市場アプリ新規ダウンロード&買い物5,000円以上• 楽天トラベル7,000円以上• 楽天モバイル申し込み• 楽天競馬で10,000円以上の馬券購入• Rakuten BRAND AVENUE8,000円以上• 楽天toto新規登録&BIGまたはtoot5,500円以上• 楽天ペイアプリ5,400円以上• 楽天GORA予約&プレー• Ragriで初めての作物栽培5,000円以上 例えば、楽天ウェブ検索を例にどのくらいポイントが貯まるかを見ていきましょう。 楽天ウェブ検索アプリをインストールし、検索したいキーワードを1日あたり5口以上5日間以上検索します。 この時点で+1,000ポイントもらえる上に、その日に貯めた口数に応じて翌日に山分けされたポイントがもらえます。 楽天ウェブ検索利用をしている人と利用していない人との差は、次のようにだいぶ変わってきます。 項目 Aさん(楽天ウェブ検索を利用) Bさん(楽天ウェブ検索を利用していない) 新規利用特典 +1,000ポイント 0ポイント 検索山分けポイント(例) 150ポイント 0ポイント ポイント2倍キャンペーン 商品購入300ポイント+2倍特典300ポイント 商品購入300ポイント 合計 1,750ポイント 300ポイント 利用している人と利用していない人では1,450ポイントも差が開いてしまうので、キャンペーンにどんどんエントリーしていった方が圧倒的にお得ということです。 楽天スーパーセール 楽天スーパーセールは年に4回(主に3月・6月・9月・12月)行われる大セールのことです。 広告も大々的に行われるので、見たり聞いたりしたことがある人も多いと思います。 内容としては、若干の差はあるものの主に次のような内容になっています。 事前告知期間に抽選で1万ポイントプレゼント、300万ポイント山分け• セール開始1時間限定クーポン(最大50%オフも)• 半額タイムセールの一部事前公開• 事前配布クーポン• 買いまわり10倍(1ショップ1,000円以上でポイント+1倍) 買いまわりというのは、10店舗までポイントがどんどん加算していくシステムのことです。 利用店舗が増えるごとにポイントも次のように比例して増えていきます。 3店舗それぞれで1,000円以上の買い物をすれば3店舗すべてポイント3倍• 10店舗それぞれで1,000円以上の買い物をすれば10店舗すべてでポイント10倍 上限が1万ポイントになりますが、この 楽天スーパーセールだけでも簡単に楽天ゴールドカードの年会費の元は十分とれてしまうということですね。 楽天スーパーセールは有名ブランドの腕時計や洗濯機、車まで半額になるセールも(過去には日産ノートe-POWERXが1,959,120円のところを979,560円)あり、すぐに売り切れる場合も多いので事前に目玉商品をチェックしておきましょう。 とはいえ、事前にチェックしていても売り切れることもあるので、タイムセール受付開始前に事前にチェックをして、セール受付開始3秒程度前からページの再読み込みをし、決済までをすぐに終わらせることが大切です。 それ以外でも毎日のように何かしらのキャンペーンはありますので、日用品だけでも楽天ゴールドカードで買い物をするとあっという間に2,000円は達成できることでしょう。 これら以外で年会費の元をとるためには、年間4万円を楽天市場を通じて利用すればポイントが2,000円分貯まる計算になります。 スポンサーリンク 楽天カードと楽天ゴールドカードの違い 楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは、次のとおりです。 「利用条件」とは、日本を出国前に航空機や電車、バス、タクシーなどの公共交通乗用具または募集型企画旅行(ツアーなど)の旅行代金を楽天カードで支払う条件がつく、ということです。 年会費やETCカードの年会費の違いはありますが、大きく違うのがポイントの差や海外旅行に行く際の待遇の差と言えます。 楽天ゴールドカードでは、次のように国内空港ラウンジや海外ラウンジの一部がついているので、海外旅行の際に特別気分を味わうのに最適なカードと言えるでしょう。 同伴者は有料になりますが、家族会員は無料でラウンジをりようすることができます。 羽田空港国際線ターミナルは利用することができないので注意が必要です。 「楽天プレミアムカード(年会費10,000円)はちょっと高いな・・・」と思う方にはピッタリのカードと言えるでしょう。

次の