お力添えのほど。 ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

お力添えのほど

尽力は基本的には「力を尽くす」が本来の意味であり、精一杯努力するというイメージです。 何かに対して、できる範囲のことに精一杯の努力をする意味を込めているのが尽力であり、それに対して尊敬の意味を付加するとご尽力という言葉になります。 そのため、目上の人が努力をしてくれた際にお礼の気持ちをもってご尽力という言葉を使用するのが一般的です。 また、尽力という言葉は自分の努力に対しても使用することができます。 大半の場合には努力という言葉で置き換えができますが、ビジネスシーンでは尽力の方がよく用いられます。 目上の人に対して使用する際には、全力を費やしてくれたという感謝の意味が込められ、自分に対して使用する場合には、ただの努力ではなく全身全霊でがんばっていくんだという気持ちを伝えられるからです。 そのため、基本的には目上の人に対するお礼の文脈と、自分がこれから努力をする決意を示す場面で用いられるのが尽力という言葉であると理解しておきましょう。 「力を添える」というのがもともとの意味であり、より「助ける」に近い意味があります。 手助けをするイメージを持っておくといいでしょう。 力添えは助力、援助、協力といった言葉で置き換えられるのが一般的であり、その謙譲語として目上の人に対して使用するときにお力添えを使用します。 文脈として目上の人に対するお礼やお願いの場面で用いられるのがお力添えの特徴であり、ビジネスシーンではどちらの場合にも頻繁に用いられる言葉です。 ご尽力との違いは自分に対して使用することがない代わりにお願いの文脈でも使用できるという点です。 お礼の文脈ではご尽力とお力添えは置き換え可能な場面がほとんどであり、細かな使い分けを気にする必要はさほどありません。 むしろ気をつける必要があるのが、お願いの文脈ではお力添えを使用し、自分に対して使用する場合には尽力を使用するという点です。 意味の違いから理解しておけば、いざというときに区別をつけて使用できるでしょう。

次の

ビジネスメールで使える! 「ご尽力」と「お力添え」の意味の違いと正しい使い方とは?

お力添えのほど

「お力添え」の意味 「お力添え」の意味は助けること 「お力添え」は、助けることを意味する「力添え」に、丁寧あるいは尊敬を示す接頭辞「お」を付けて表現した言葉です。 助けてもらったときや、相手に力を貸してもらいたいときに使用します。 「お」を付けない「力添え」は、目上の方以外からの援助に対して使うもので、友人や後輩などからの助けに対して「皆さんの力添えがあってこそ達成できました」というように表現できます。 一方、目上の方に対しては「お」を付けて、「お力添えいただき、ありがとうございました」などと使います。 よく使われる類語は「尽力」 「お力添え」の類語としてよく使われるものとしては、「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などです。 「ご尽力を賜りました」「ご協力ください」「ご支援に感謝します」というように「お力添え」の代わりに使うことができます。 ただし、「ご尽力」以外の言葉は「お力添え」に比べると少しカジュアルな表現になるため、フォーマルな場面では使用を控えたい言葉です。 「援助」「助力」「応援」なども類語 「お力添え」はサポート・フォロー・アシストという意味合いがある言葉です。 類語に多用されている漢字は「援」「助」「力」で、例として「援助」「助力」「応援」「助太刀」などが挙げられます。 そのほか「加勢」「加担」「助勢」「味方」なども言い換えが可能なもので、どれも助けるという意味がある言葉です。 「お力添え」の使い方 「お力添え」は自分に対して使えない 「お力添え」の意味は助けることですが、助けてもらう側が使うものであって、助ける側が使う言葉ではありません。 助けていただく側が、相手の助力を婉曲に指して使います。 つまり、相手の力を少しだけ貸していただくという言い方をすることによって、相手を立てることに結びつけた表現が「力添え」です。 したがって自分の行為に対しては、たとえ「お」をつけない「力添え」であっても、「力添えさせていただきます」というような使い方はできません。 自分に使える「お力添え」以外の言葉 「お力添え」の類語として挙げた「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などは、「ご」を外すことで力を貸す側も使うことができます。 例を挙げると、「尽力させていただきます」「協力させてください」「支援します」というような、自分の言動に対しても使える言葉です。 また「ご尽力いただきました」「ご協力をお願いします」「ご支援を賜ります」というように、相手の言動に対しても使用できます。 「尽力」には努力が含まれる 「尽力」は文字通り力を尽くすことで、単に力を貸すだけではありません。 ものごとに対して精一杯力を注ぐという状態を指します。 そのため援助をお願いするときではなく、助けていただいたときのお礼の言葉としてふさわしいものといえます。 注意したい点は、「尽力」を使うときに「尽力を尽くす」と言ってしまわないようにすることです。 「尽力」は力を尽くすことを意味するため、「尽力を尽くす」という言い回しでは「尽くす」が重なってしまうからです。 「お力添え」を使ったビジネスでの例文 お礼を述べる「お力添え」を使った例文 「お力添え」はよく使われるシーンは、援助をいただいたことへのお礼を述べるときです。 使用例としては以下のようなものがあります。 「このたびはお力添えを賜りありがとうございました。 」 お礼を述べるときには、「ご尽力」で言い換えできます。 「このたびはご尽力を賜り、心より感謝申し上げます。 」 というように、そのまま置き換えても問題はありません。 援助をお願いするときの例文 援助をお願いする場合にも「お力添え」を使うことができます。 「今後ともお力添えをいただきますよう、お願いいたします。 「重ねてのお力添えを、お願い申し上げます。 」 目上の方に援助をお願いする場合には、「お力添え」を「ご尽力」と言い換えることは避けます。 「尽力」には努力を強いる意味合いがあるため、尊敬語としてふさわしくないからです。 自分が力を貸す側のときの例文 自分が力を貸す側のときには「尽力」を使うことをおすすめします。 改まった場所でも失礼にならず、使いやすい言葉だからです。 以下に例文を挙げて置きます。 「誠心誠意、尽力させていただく所存です。 「微力ながら、尽力して参ります。 」 まとめ 「お力添え」が尊敬語であることを覚えておくと、誤った使い方を避けられます。 類語である「ご尽力」などの使い方とともに例文といっしょに覚えておくと、ビジネスの現場で落ち着いて対処できるでしょう。 尊敬語と謙譲語を正しく使いこなして、失礼のない言葉遣いをしてください。

次の

「お力添え」の意味や敬語の使い方!メールやビジネスの場面を例文で解説

お力添えのほど

「お力添え」の意味 「お力添え」の意味は助けること 「お力添え」は、助けることを意味する「力添え」に、丁寧あるいは尊敬を示す接頭辞「お」を付けて表現した言葉です。 助けてもらったときや、相手に力を貸してもらいたいときに使用します。 「お」を付けない「力添え」は、目上の方以外からの援助に対して使うもので、友人や後輩などからの助けに対して「皆さんの力添えがあってこそ達成できました」というように表現できます。 一方、目上の方に対しては「お」を付けて、「お力添えいただき、ありがとうございました」などと使います。 よく使われる類語は「尽力」 「お力添え」の類語としてよく使われるものとしては、「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などです。 「ご尽力を賜りました」「ご協力ください」「ご支援に感謝します」というように「お力添え」の代わりに使うことができます。 ただし、「ご尽力」以外の言葉は「お力添え」に比べると少しカジュアルな表現になるため、フォーマルな場面では使用を控えたい言葉です。 「援助」「助力」「応援」なども類語 「お力添え」はサポート・フォロー・アシストという意味合いがある言葉です。 類語に多用されている漢字は「援」「助」「力」で、例として「援助」「助力」「応援」「助太刀」などが挙げられます。 そのほか「加勢」「加担」「助勢」「味方」なども言い換えが可能なもので、どれも助けるという意味がある言葉です。 「お力添え」の使い方 「お力添え」は自分に対して使えない 「お力添え」の意味は助けることですが、助けてもらう側が使うものであって、助ける側が使う言葉ではありません。 助けていただく側が、相手の助力を婉曲に指して使います。 つまり、相手の力を少しだけ貸していただくという言い方をすることによって、相手を立てることに結びつけた表現が「力添え」です。 したがって自分の行為に対しては、たとえ「お」をつけない「力添え」であっても、「力添えさせていただきます」というような使い方はできません。 自分に使える「お力添え」以外の言葉 「お力添え」の類語として挙げた「ご尽力」「ご協力」「ご支援」などは、「ご」を外すことで力を貸す側も使うことができます。 例を挙げると、「尽力させていただきます」「協力させてください」「支援します」というような、自分の言動に対しても使える言葉です。 また「ご尽力いただきました」「ご協力をお願いします」「ご支援を賜ります」というように、相手の言動に対しても使用できます。 「尽力」には努力が含まれる 「尽力」は文字通り力を尽くすことで、単に力を貸すだけではありません。 ものごとに対して精一杯力を注ぐという状態を指します。 そのため援助をお願いするときではなく、助けていただいたときのお礼の言葉としてふさわしいものといえます。 注意したい点は、「尽力」を使うときに「尽力を尽くす」と言ってしまわないようにすることです。 「尽力」は力を尽くすことを意味するため、「尽力を尽くす」という言い回しでは「尽くす」が重なってしまうからです。 「お力添え」を使ったビジネスでの例文 お礼を述べる「お力添え」を使った例文 「お力添え」はよく使われるシーンは、援助をいただいたことへのお礼を述べるときです。 使用例としては以下のようなものがあります。 「このたびはお力添えを賜りありがとうございました。 」 お礼を述べるときには、「ご尽力」で言い換えできます。 「このたびはご尽力を賜り、心より感謝申し上げます。 」 というように、そのまま置き換えても問題はありません。 援助をお願いするときの例文 援助をお願いする場合にも「お力添え」を使うことができます。 「今後ともお力添えをいただきますよう、お願いいたします。 「重ねてのお力添えを、お願い申し上げます。 」 目上の方に援助をお願いする場合には、「お力添え」を「ご尽力」と言い換えることは避けます。 「尽力」には努力を強いる意味合いがあるため、尊敬語としてふさわしくないからです。 自分が力を貸す側のときの例文 自分が力を貸す側のときには「尽力」を使うことをおすすめします。 改まった場所でも失礼にならず、使いやすい言葉だからです。 以下に例文を挙げて置きます。 「誠心誠意、尽力させていただく所存です。 「微力ながら、尽力して参ります。 」 まとめ 「お力添え」が尊敬語であることを覚えておくと、誤った使い方を避けられます。 類語である「ご尽力」などの使い方とともに例文といっしょに覚えておくと、ビジネスの現場で落ち着いて対処できるでしょう。 尊敬語と謙譲語を正しく使いこなして、失礼のない言葉遣いをしてください。

次の