私は今シンガポール。 シンガポールの大学について教えてください!!

私がシンガポールを批判しない理由

私は今シンガポール

著: シンガポールは、都市か、それとも国か?シンガポールが独立国家として世界的に認識された今、この質問は、ばかげていると思うかもしれない。 しかし、シンガポールの法務大臣であるにとっては、シンガポールは都市として扱われるべきであるのだ。 この意見は、インターネット上で議論を引き起こした。 ニューヨーク州弁護士会国際セクション(New York State Bar Association International Section)の会議における講義の中で、シャンムガム氏は、シンガポールを他の国々と比較するからシンガポールの政治は一党支配型だという批判的な世論が大勢を占めようになるのだ、と述べている。 彼は、シンガポールを都市と見なすべきだと、主張している。 「…ニューヨークでは、民主主義かどうかは誰も疑問に思わない…これは多くの人が間違えるところである。 私は、シンガポールは違うのだと説明しようとした。 シンガポールは国ではなく、都市だ。 」 カヴァリエリオは、シンガポールの独裁主義ルールを正当化するための「ねじり論理」の法務大臣を責めた。 そして今、宝石のような国を作ろうと骨身を惜しまず努力してきたのに、結局、シンガポールは国ではないと伝えられた。 それは野卑に聞こえたし、責任転嫁のようにも聞こえた。 また、職務怠慢のようだ。 シンガポールよ、国でないのであれば、一体何なのだ? シャンムガム氏の動機は、そこまで高尚なものではない。 彼はシンガポールの政治システムは、「普通の国」の基準で評価すべきでない、普通の国の基準で見れば、シンガポールの政治システムはきっと非民主的に見えるだろう、普通の国と比較するのではなく、シカゴ、サンフランシスコ、ニューヨークのような「都市」と比較すべきであると、主張した。 そして、これらの都市は、従来から一党支配を認めてきたし、民主的な都市であると言っている。 私たちが問題の核心に到達する時、私たちは度々、それがまた新味のない話であることに気づく。 つまりそれは、支配者の都合の良いように理論を捻じ曲げて民主主義を装った、独裁主義的支配者のご都合主義的な昔からある陳腐な話なのである。 結局は、シャンムガム氏が先週アメリカ人のゲストにもたらしたシンガポールのプレス、司法制度、政治システムについての答えは、本当の答えでなかったのだ。 きちっと答えてもらいたい質問に対しては、合理的な答えのように見えるが答えになっていない答弁を隠れ蓑にして、はぐらかされてしまった。 レイチェル・ゼン氏は、このような考え方を理解できなかったため、シャンムガム氏に要点を詳細に述べるよう。 個人的に、話をそのまま受け入れるのは少々難しいと考える。 シンガポールが国ではなく都市だとしたら、私たちの都市はどの国に所属するのだろうか…。 私は納得していない。 私たちの敬愛するK・シャンムガム氏は、シンガポール市の統治の役割を担うために、高い給料をもらっているのだ。 だから、彼が誠意をもって私たちを啓蒙してくれるのならば、私は心から彼に感謝したい。 このブログ投稿を論評して、アノン氏は、シャンムガム氏の主張である「シンガポールは、国ではなく都市だ」という文脈を正しく理解するためには、評論家はまず彼の講演の全台本を読むべきであると。 台本を読んでみたまえ。 シャンムガム氏は、シンガポールについて「国」ではなく「都市」であると論評した。 そのとき、シンガポールには自由で公平な選挙制度があるにも関わらず、なぜシンガポールの選挙はひどく歪められているのか、その理由を説明していた。 彼はシンガポールとアメリカの都市を比べ、いくつのアメリカ都市が数十年に渡って一党支配選挙を行ってきたかを比較した。 彼がシンガポールは「国ではない」と言ってはいるものの、本当に言葉通りに考えているわけではないのだ! クレメント・タン氏は、新世代のリーダーであるシャンムガム氏が、このような物議を醸し出す主張をあえてしようとしたことに失望した。 私は、シンガポールの法務大臣が述べたことにとても困惑している・・・少なくともリー・クアンユー氏と守旧派が政権をとっていた時代には、彼らの政策に賛同するかどうかはさておき、彼らに何を期待したらよいのかは分かっていた。 しかし、シンガポールの政治指導者の中の新世代の一員であるK・シャンムガム氏については、自分が主張していることを本当に信じ理解しているのか、そして何に関連付けているのか、私にはさっぱりよく分からない。 (訳注:シンガポールの政府が所有する投資会社テマセク・ホールディングの年次報告書)はシャンムガム氏の主張のを分析する。 シャンムガム氏は「うっかりミス」すなわち、フロイト的失言をしたのだろうか?シンガポールが国ではないならば、私たちはまだ主権のある独立国家として考えられているだろうか?それでは、どの国がシンガポールの都市の主権を持つのだろう? シンガポールは、国であり、同時に都市であるという意味では、ユニークである。 シンガポール閣僚内の重要な大臣として、シャンムガム氏の言葉は強い影響力を持つ。 国家でなく都市を防衛するだけなのに、シンガポールの男性はなぜ兵役に服しているのか。 シンガポールの首相は誰に対して報告義務を負うのか。 ピンクのICカード(訳注:)を持つことにどんな価値があるのだろうか。 私たちは国民なのか、それとも都市の住民なのだろうか。 シンガポールは常に都市である。 Journey of a Decadeは、そう確信している。 私の言うことをよく聞いてほしい・・・上記の文は多くのシンガポール人を怒らせたように見える・・・事柄を整理してみよう・・・誰もシンガポールに関しては、国だとは言っていない。 シンガポールは以前からずっと都市だったのだ。 シンガポールは、以前からずっと島の都市国家だった。 国防を特に取り上げて議論しているのをしばしば耳するので、議論しているとは知っている・・・しかし、その議論は全く間違っている。 都市の防衛について議論されるべきなのだ。 This article was originally published. Read Translated by. Proofreading:.

次の

ちょっとイタリアンが食べたくなりました

私は今シンガポール

私は今ベッドの上で寝ながらこのブログを書いている。 私はもうすぐ死ぬ。 あと2、30年で。 もしかしたらもっと早く死ぬかもしれませんが、とりあえず今回は大事には至りませんでした。 実は昨日から頭痛が出て、身体が重く食欲もなくなりました。 これは間違いなく、風邪の諸症状。 今私がいかなる対処をしようが、明日は必ず悪化して本格的な風邪の症状が出て来るだろう。 と思ったのですが意外や意外、今朝起きたら体が楽になって食欲も戻っていました。 100%、なんなら108%、風邪になると思っていたので、本当に狐につままれたようです。 そんな歌ありませんでしたっけ? 荒井由美の、狐につままれたなら? いくつになっても、どれだけ世の中の事がわかったように思っても、まだまだ予測できない事がいっぱいおっぱい。 昨日は何か今までと違った事をしたかなと思い返してるんですが、日本酒をラッパ飲みしたことでしょうか。 いやあれじゃあない気がする。 もうこれはどうあがいても絶対風邪になるなと覚悟を決めた事が原因のような気がする。 その覚悟を決めた事によって、なにか違った行動をして、それがいい方向に転んでくれたと。 こんなどうでもいい事を考えて毎日過ごしています。 しかしちょっと心配だったのは、 これで発熱でもして、周りの誰かに無理矢理病院でも連れてかれてコロナの検査でもさせられたらどうしよう!っていう心配がちょっとありました。 私実は ある情報を入手しまして(ひそひそ)、コロナに感染しているかどうか判断する、 PCR検査っていうのありますよね。 あれが、 コロナに感染していなくても、免疫が低くなって体が弱っている状態だと陽性と出てしまう、そんな情報をちらっと耳にしました。 これ笑っちゃダメなの? PCR検査ってたぶん、世界中でこれが感染の有無を判断する基準となってますよね。 ですからそれが間違っているとなると、世界中の高尚で有名なお医者様や科学者様がみんなアホだと言ってることと同じなので、さすがに半信半疑なのですが、私が以前考えていた妄想とピッタリ同じ説だったので、ちょっと気になって、一応頭の片隅においてあります。 もう一度言いますが、 免疫が低いとPCR検査で陽性と出てしまう、という説ですね。 気になる方はご自分でチェケラってみてください。 そういう事が頭の片隅にあったので、風邪引いた状態でPCR検査なんて受けたら、陽性と出てしまって、セントーサのホテルに閉じ込められて、監視員の隙を見て部屋から抜け出したところ、ちょうど隣りの部屋から出てきた美しい女性に出会い、二人は恋に落ちてしまう、なんて事を妄想したりしなかったり。 じゃあとっとと風邪ひけよって話ですね。 でもどうなんでしょう、この PCR検査は健康状態が低いと陽性と出てしまう説だと、あの狭い寮に閉じ込められ、祖末なプロセスフードばっかり食べさせられて(私の勝手な妄想です)ろくに運動もできない外国人労働者に陽性が出まくるのも、ちょっと腑に落ちる?落ちない?落ちなくない? まぁとにかく、私は陽性になりたくないんです!(ちょっと大きい声で) 妖精にはなりたいですよ。 そしてこの汚い世界から、天の国へと飛んで帰りたい。 そうそう、私最近ヒマなんで色んな事考えるんですが、PCRの妄想の他にももう一つ 「実はこの世が地獄」説というのを発見したんですが、いかがでしょう。 天国と 地獄が対になっているのはバカでもヤンピンでもわかると思うんですが、これは漢字でごまかされていて、これを平仮名にすると てん-ごく と じ-ごく。 天の国があの世で、地の国はこの世 天ごくが、争いのないみんなが幸せな世界なら 地ごくは、争いが絶えずみんなが苦しむ世界 嗚呼 間違いなく地獄とは今わたしが生きているこの世界じゃあないですか(泣 地獄って死んでから行くとこだと思ってたよ。 誰も教えてくれなかったね。 授業料返せや。 じゃあ 輪廻転生ってのはあれですね、 この地獄で現世利益を貪って、自己利益のみを追求し、悟りを開けなかった人は、死んでからまた地獄に戻ってきちゃうし、 我れ先にという本能を押さえ込み、自らの運命に向き合い全うし、自己犠牲を払い、悟りを開いた人のみが、死んでから天国にとどまり続けることができるということですね。 妄想しすぎ? ちなみに自己犠牲とネットで検索すると、 自己犠牲をしない事を促す記事がずらーーーっと出てきました。 さすが地獄!笑 地獄の引力は凄まじいですね。 天国行きか 地獄行きか というフレーズがありますが、実は 天国行きか 地獄戻りか が正しい? 魂はこの世に生まれ変わる度に、過去の記憶を消され、自己の利益を優先してしまう本能という性質を持たされ、ここが地獄だとはわからず、逆に死の向こうにあるのが地獄だと思わされ、生きている間は少しでも多く利益を貪って死にたいと思う。 しかし自己利益を求めた先にあったのは虚無のみであった。 そして死ぬ間際、耳元で誰かがこう囁く 実はここが地獄だったんだよ と。。。。 こわッ!! しかも、この観点から考えると延命治療ってマジでヤバいね!! はい、まさにメジャーリーグ級の妄想ではないでしょうか。 こんな事を言っていると、周りの誰かが、ヤンピンさんそれ面白いよ!本か何かにすれば大ヒットして印税ガッポガッポだよ! ああまた地獄に戻ってきて欲しい悪魔の囁きが!!(笑 というわけで、以上の妄想絶好調な文章からもわかるように、私は快方に向かっています(ピース) もし記事が面白かったら、下のバナーをクリックお願いします~ yangpingsan.

次の

意外!世界一健康な国、シンガポール生活を始めて改善されたこと

私は今シンガポール

シンガポール料理に飽きてイタリアンが食べたくなったらどうするのか。 みなさん、こんにちは。 札幌とてもよかったです、PQTomです。 今、私は北海道は札幌駅、新千歳空港へ向かっている電車の中でこのブログを執筆しております。 この4日間、私は北海道に来ておりました。 北海道に来るのはたぶん6年ぶり?くらいかな。 月日が過ぎるのはとても早く、前回来たのがつい先日のことのようです。 北海道は日本なので、別に記事にしなくてもよいかな?海外の方向けに英語で書いてみるのもありですかね。 では、本題に入っていきましょう。 前回、シンガポールで南国気分をちょっと楽しめるレストランを紹介しました。 オーチャード付近の調べなきゃわからないお店でした。 で、今回はその続き。 そろそろ日本への帰国が近づいてきました。 では〜行ってみよう。 シンガポールでイタリアンが食べたーい シンガポールで南国感味わえるレストランで食事をし、この日はリトルインディアのホテルに戻りました。 次の日、時間は流れあっという間にまた夜に笑 本当に日中の期間は毎日仕事仕事で、特に記事にすることがないんですよ。。。 昼のランチについての語り尽くしちゃったし。 なので、許してオクレ。 もうシンガポールに来て4日目です。 どんなに大好きなシンガポール料理、チリクラブでも、流石に2日連チャンで頂くのは。 なんかシンガポール料理じゃないものでも食べたくない?って話になりました。 そこで、私が向かったのがこちら! Pasta Fresca Da Salvatore イタリアンのお店です。 この周辺は中華や和食、その他いろいろな料理屋さんが並んでいる通りでした。 その中でも、このイタリアンを選んだ理由は、テラス席があり、夜風に当たりながら景色を見渡せたことと、結構お客さんで賑わっていたからです。 お客さんが入っているお店にハズレはないと信じるタイプの人間なんですよ。 単細胞です シンガポールで有名なタイガーを片手に、まず シーフードピザと鶏肉サラダ を頂きました。 もう完全にイタリアンです。 唯一、シンガポール感があるとしたら、シーフードを使用しているところでしょうか笑 ここで、鶏肉サラダを頼んで、タンパク質を摂取している意識の高いところは自分を褒めてあげたいですね。 流石です。 次にこの2つ。 なんだっけな。 名前忘れました。 調べもしません。 唯一覚えていることは、この黒い粒がキャビアってことだけです。 もう2ヶ月前のお話なので許してください。 最後のシメにこの二つ。 一つ目がイカリングのような料理で、これはイタリアンではない?らしく、シンガポールで有名な料理の一つだそうです。 この赤いスパイスがいかにもシンガポールって味がしました。 二つ目は、シメのマルゲリータです笑笑 シメラーメンとか〆チャーハンは聞いたことありますが、まさかの〆マルゲリータ バジルなし なかなか悪くなかった。 ちょこっと散歩 このPasta Fresca Da Salvatoreが面している シンガポール川 Singapore River と言う、マジで名前がそのまんまな川周辺をちょっと散歩してみました。 この左に並んでいるお店はほとんどが料理屋さんで、右にシンガポール川が流れており、各お店がテラスを川沿いに作ってある状態。 お店が並んでいるハジまでやってきました。 高層ビルの都会感が伝わってきますね。 都会の中にも植木があるだけで、未来感が出るんだなって思いましたとさ。 まとめ 今回、シンガポールでイタリアンを食べた話をしました。 イタリアンに限らず、シンガポールに来て各国の料理が食べたいって人がいたらこのシンガポール川 Singapore River 沿いの通りで探してみてはいかがでしょう。 ちょっと記憶が所々抜けてますね。 どんな感じだったか忘れていることが。 記事は早めに書くべきですね。 では、このへんで。 でわでわ。

次の