清楚 な フリ を し て ます が。 男性ウケ抜群!「ガチ清楚女子」と「清楚系ビッチ」の違いと特徴とは

清楚とは (セイソとは) [単語記事]

清楚 な フリ を し て ます が

清楚な女子高生の脳の一部に男子中学生の脳を移植した結果、元の人格を残しつつ、男子中学生の性欲が彼女に芽生えてしまいましたという話なのです。 此処に於いて重要なのは「女子の性欲」と「男子の性欲」の違いとはなにかという事なのです。 清楚な女の子に性欲が芽生えてしまいましたというだけでは友人の裸やスキンシップに性欲を感じてしまうという凡庸なギャグ寄りの百合展開以上のものは期待出来ません。 今どき、少女には性欲が無いなどという発想は安易極まるものなので、その性差による性欲のあり方の違いというのを突き詰めていく必要があるのです。 女子の性欲というものが男子とどう違うのかを分析・考察してほしいですね。 作者の身の回りに余りサンプルになる人物が居ないとしても、今や広大なインターネットの海に情報は無数に転がってるわけですから。 本作の主人公のように架空請求詐欺サイトに引っかからない範囲でね。 主人公が男子の事を好きになるものの、彼女の中の男子中学生の性欲が男子との接触を拒絶するとかですね、清楚な本心と勝手に湧いてくるリビドーの間の葛藤とか、もっと話に広がりも欲しいですね。 女子とのスキンシップが続くだけではマンネリ感がありますね。 あとまあ、男子中学生というのは女の子とスキンシップした場合、そこで溜め込んだ感情を発散する必要があるわけなので、そういうところもきちんと描かないと駄目だと思うんですよ。 じゃないと中坊らしくないと思うんだよね。 中坊の性欲というのはそういうものな気がするんですよ。 それこそ猿のように捗るんじゃないかなと。 本作はちょっと健全過ぎますね。 そこまで行ってこそ、主人公の元々の清楚というキャラとの対比が際立つんだと思うのですが、如何でしょう。 それから主人公のJK感が薄いですね。 なんか精神も男子中学生と違わないような気がするのですが。 少女漫画のように女性作家が描く、同性だからこそ出せるJKのリアル感と、男性作家だから描ける男子中学生のリビドーのハイブリッドを獲得した人物となれば、主人公がより魅力的になるんじゃねえかなと思うんですけど、どうでしょうかね。 あとがきを読むと若い作家のようなので、余り高望みをするのも酷かもしれませんが、ありふれたギャグ寄り百合漫画を超えるためにはそこにチャレンジしたほうが良いと思うんですよ。 そうでないと、そんなに印象に残らない漫画のまま、終わってしまう気がするなあ。 1巻の終わりを見ると、百合みたいな方向に行きそうですが、それだと詰まらないかなあ。 まだ若いんだから、失敗は未来への糧ですよ。 頑張って下さい。 主人公は才色兼備の優等生・清羅。 彼女はある日、突然の脳疾患で倒れ、世界初の脳移植手術を受ける羽目に。 提供された脳は女性ではなく、男子中学生の物だった為、男の性欲に振り回されてしまう、という筋立て。 脳移植は現代医学では不可能だが、臓器移植を受けた患者の性格が、臓器を提供したドナーの性格と似るようになったという事例もあり、脳移植が万が一にも実現すれば、本作のような展開もあり得ない話ではないのかも。 男子中学生の性欲に振り回される清羅だが、意外にもエロ描写はソフトで、いやらしさは少ない。 これくらいが良いんだよ。 女子の一挙手一投足に興奮したり、アダルトサイトの架空請求に引っかかったりするのは、思春期の男あるあるで、読んでて清々しささえ感じる。 しかしグランドピアノを女体に見立てて興奮するのはさすがに理解できなかったが。 次巻にも期待。 1冊目としては、話は面白い。 乳首描写あり、パンチラあり。 画力については、要向上。 ギリギリ許容範囲なレベルです。 さて、問題は今後の展開。 脳移植によって生まれてしまった「主人公の性欲」をどう展開させるのか。 有り得るのは、友達との百合展開、もしくは一人エッチで解消パターンといったところだが、どちらも少年誌では難しいのでは? だとすると、2巻目以降も「主人公が一人でドキドキして終わり」という、1巻と同じ展開くらいしか表現できず、2巻目以降は惰性で打ち切りの線が濃厚かと。 作者さんにとっては、初めての単行本だそうですので、頑張って欲しいけれど、先行き不安は拭えません。 2巻目も一応買いますが、画力の向上度合いとストーリー展開次第では、そこでサヨナラかもしれないです。 才色兼備の優等生だった清羅は、ある日突然、脳疾患で手術を行うこととなった。 その手術とは、ドナー、つまり他人の脳の一部を移植することであり、そのドナーとは男子中学生だった。 手術は成功し、学校に復帰した清羅は、ある異変に気付いた。 女性に強い関心を持ち、いやらしい想像をしてしまう自分に気付く。 「普通の男子中学生って、こんなに性欲が強いの?」 戸惑う清羅は、自分の一番身近にいる女子である親友のともよに性的な妄想をするようになってしまって悩む・・・ これがざっとしたあらすじであるが、自分の欲望に苦悩する清羅が気の毒な反面、興味深いところがある。 これって百合漫画なのかな?とも思ってしまう、禁断の物語である。

次の

清楚なフリをしてますが 最新刊(次は3巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

清楚 な フリ を し て ます が

あらすじ 才色兼備な女子高生・楚山清羅は、ある日病に倒れ、脳移植手術を受ける。 移植されたのは、男子中学生の脳の一部…! 翌日から女子をいやらしい目で見てしまうようになった清羅は、唯一の親友・ともちゃんにも欲情してしまい…!? 嫌なのに、煩悩が止まらない…!! JK妄想エロコメディー!! 『清楚なふりをしてますが』の評価は… コメディーとして非常に完成していた漫画だと思います。 ここのところ買った漫画が刺さらなかっただけにうれしかったです。 次巻も買います。 無自覚エロに反応する百合エロコメディー 主人公(女)が脳移植を受けて、女性のありとあらゆるしぐさに性的な目線を向けるというのが、この作品の根幹です。 手術を受ける前は才色兼備で清廉潔白だった主人公が、男子中学生の影響を受けてしまい、友人の無自覚エロに過剰に反応しています。 作者Twitterより 盛りの付いた中学生だってここまでいかんだろう、というレベルまで妄想が加速しています。 主人公にもともと百合属性があったわけではなく、突如湧いてくる性的欲求に困惑しながらも、結局流されていきます。 百合漫画だからこそできるエロ展開が、ある意味で他の漫画と一線を画しているかと思います。 設定の完成度が高い一方で、やや画力に難ありといった印象はぬぐえませんでした。 せっかくだったらもう少しエロい表現力があれば、かなりパンチの効いた作品でした。 逆に言えば伸びしろの高い作品ともいえるでしょう。 これからの展開と成長に期待したいです。 まとめ 画力は若干低いと感じる一方で、話の完成度は非常に高い漫画です。 エロすぎない画風が、繰り返し読んでいると一味出しているとすら感じるくらいです。 Webで3話まで無料で読めるので、それで続きを読んでみるか判断するのが賢い選択だと思います。 個人的には当たりの作品ではあったけど。

次の

清楚なフリをしてますが 最新刊(次は3巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

清楚 な フリ を し て ます が

主人公:清羅の性欲をどう捉えるかで意見が分かれそう ざっくりとした内容は公式サイトのあらすじ通りで、 それまで色恋や性欲といった感情から程遠かった主人公:清羅が脳移植手術を切っ掛けに女性に性欲を覚えるようになるというもの。 ただ欲望に突っ走るのではなく、何とか抑えようとする姿は好印象です。 「清楚なフリをしてますが」第1話より 欲望に負けそうになること幾度 でも、ともちゃんが大切であるが故に自分勝手な欲望をぶつける訳にはいかないと思う=ともちゃんを気遣う想いは好印象 また、ともちゃんが男子と仲良く見えて嫉妬するという王道な展開も有ります と、ここまでなら百合作品として素直に楽しめるのですが、一つどうしても気になる点が。 それは公式あらすじでも言及されている通り、 男子中学生の脳の一部を移植された後から女性を性的な目で見るようになってしまったという設定。 「清楚なフリをしてますが」第1話より 普通じゃない手術という事で作中では詳しく言及されませんが、清羅の女性への性欲が強くなったのは手術後なのは確か 実を言うと管理人は以前にも本作を教えて頂いた事があって知ってはいたのですが、この設定が気になる-これは今回教えて下さった訪問者様も言及されていますが-、 ある種のTSモノであるという見方も出来る作品なんですよね。 なので、清羅の変化の謎やともちゃんとの関係性などに一定の決着が付かないと話題にし辛いかな、と思っていました。 浅日さんは清羅の事情 性欲 の事を聞いて理解を示してくれるお姉さん・・・なのですが、清羅の性欲がM寄りな面を見せた事によってSっ気を刺激され、 相手をしてあげると清羅に対してアプローチを仕掛けて来るようになります。 この辺りまでだとセクシーなお姉さん、で終わりなのですが、最近の展開では勝手な欲望をぶつけるのは浅日さんには失礼だと-踏まれて悦ぶ一面を見せつつも-言い募る清羅を見て、本気になっているのでは?と思わせる場面も。 「清楚なフリをしてますが」第14話より 清羅を好きだと言う浅日さん これが本当に冗談なのか、それとも照れ隠しなのか、かなり気になる展開になってきていますね 上述した通り、清羅の設定はTSモノだと思わせる要素が有り、そこは何とも言えません。 ですが、浅日さんの目からは清羅はしっかり女の子な訳で、そういう点は百合的に素直に楽しめるかな、と思います。 それに脳手術の設定はまだ詳しく出ていないので、元々清羅の性的指向が女性に対して向かっていたという展開になる可能性も有りますしね。 最近の投稿• 2020年6月28日• 2020年6月28日• 2020年6月28日• 2020年6月28日• 2020年6月26日• 2020年6月24日• 2020年6月23日• 2020年6月22日• 2020年6月22日 人気の記事• 142件のビュー• 93件のビュー• 61件のビュー• 40件のビュー• 34件のビュー 最近のコメント• に 百合ゲ好き管理人 より• に 百合ゲ好き管理人 より• に より• に 匿名 より• に 百合ゲ好き管理人 より カテゴリー• 月別アーカイブ 月別アーカイブ リンク.

次の