バッファロー ハンプ。 首の付け根のコブ バッファローハンプ

中心性肥満、満月様顔貌、buffalo humpの原因

バッファロー ハンプ

クッシング症候群で中心性肥満となる機序 【クッシング症候群とは】 クッシング症候群とは糖質コルチコイドが異常に産生されてしまう症候群であり、特徴的な体つきや代謝異常を生じる。 クッシング症候群はその原因によりいくつかに分類されている。 例えば副腎腺腫からコルチコイドが腫瘍性に産生されることもあれば、下垂体でACTHが腫瘍性に産生された結果、副腎でコルチコイドが異常に産生されてしまう場合、あるいはステロイド(コルチコイド)の長期投与による医原性の場合もある。 【過剰なコルチコイドとそれに拮抗するインスリン】 コルチコイドには抗インスリン作用がある。 インスリンというのはお馴染みの同化ホルモンであり、グルコースをグリコーゲンにし、脂肪細胞ではグルコースから脂肪を作り出し、更には筋肉でグリコーゲン産生に加えてアミノ酸からのタンパク合成を促進する。 つまりインスリンには小さな生体材料を組み立て大きなものにする働きがある。 コルチコイドはそのインスリンの働きに拮抗し、大きな部品を分解する異化作用がある。 コルチコイドがたくさん作られるクッシング症候群では膵臓も負けじとインスリンを沢山作るのでカラダの中で コルチコイドVSインスリンの戦いが起こるのである。 その勝敗は場所によって異なり、顔や体幹ではインスリンが勝って異化が進み、末梢組織ではコルチコイドが勝ち同化が進む。 その結果の表現形として、 顔が大きく(満月様顔貌) 肩に脂肪がたまり(バッファローハンプ=野牛肩) カラダは太っているのに四肢は痩せている(中心性肥満) となるのである。 画像引用元: 満月様顔貌…? tsunepi.

次の

アクセス解析

バッファロー ハンプ

体幹部・顔面に脂肪が沈着する 中心性肥満 central obesity と 満月様顔貌 moon face 、後頚部に脂肪沈着が起きる buffalo hump バッファローハンプ、野牛肩 は、どれも cushing症候群や ステロイドの副作用として現れる症状。 この原因の1つとして、脂肪の合成と分解のアンバランスが挙げられている。 コルチゾール vs. インスリン 糖質コルチコイドの作用として、脂肪細胞に働いてグルコースの取り込みを阻害、中性脂肪の生合成を抑制し、さらに遊離脂肪酸とグリセロールを放出させる、というものがある。 =脂肪分解 ただ、糖質コルチコイドにによる高血糖の影響で、インスリン分泌が増える。 インスリンは筋・脂肪組織でのグルコース取り込みを促進し、脂肪細胞における中性脂肪の合成を促進する。 =脂肪合成 つまり、糖質コルチコイドとインスリンは拮抗関係にあり、一部の組織では糖質コルチコイドが優位に働き脂肪分解が、一部では逆に脂肪合成が促進される、という風に体脂肪の異常分布が起きる。 その結果、体幹や顔面にのみ肥満が起き、四肢は痩せる特徴的な体型となる。 より buffalo hump 上 と本物のバッファロー 下。 より okotono.

次の

アクセス解析

バッファロー ハンプ

体幹部・顔面に脂肪が沈着する 中心性肥満 central obesity と 満月様顔貌 moon face 、後頚部に脂肪沈着が起きる buffalo hump バッファローハンプ、野牛肩 は、どれも cushing症候群や ステロイドの副作用として現れる症状。 この原因の1つとして、脂肪の合成と分解のアンバランスが挙げられている。 コルチゾール vs. インスリン 糖質コルチコイドの作用として、脂肪細胞に働いてグルコースの取り込みを阻害、中性脂肪の生合成を抑制し、さらに遊離脂肪酸とグリセロールを放出させる、というものがある。 =脂肪分解 ただ、糖質コルチコイドにによる高血糖の影響で、インスリン分泌が増える。 インスリンは筋・脂肪組織でのグルコース取り込みを促進し、脂肪細胞における中性脂肪の合成を促進する。 =脂肪合成 つまり、糖質コルチコイドとインスリンは拮抗関係にあり、一部の組織では糖質コルチコイドが優位に働き脂肪分解が、一部では逆に脂肪合成が促進される、という風に体脂肪の異常分布が起きる。 その結果、体幹や顔面にのみ肥満が起き、四肢は痩せる特徴的な体型となる。 より buffalo hump 上 と本物のバッファロー 下。 より okotono.

次の