時任 裕史。 宇美町議会議員名簿

宇美町に激震 現職町議、大麻譲渡疑いで逮捕:【公式】データ・マックス NETIB

時任 裕史

高校生が摘発されたことに、県教育庁は「県外の元町議が県内の高校生への提供に関わっていたことに衝撃を受けると同時に憤りを感じている。 引き続き危機感を持って児童生徒の薬物乱用防止に努める」とのコメントを発表した。 県警によると、時任容疑者が知人から大麻を仕入れ、2017年2月ごろから知人の米軍属の男(39)に販売。 その軍属が知人ら少なくとも10人に大麻を売りさばいていた。 自宅に呼んで直接手渡ししていたという。 時任容疑者は以前県内でバーを経営しており、その時に軍属と知り合ったという。 軍属は大麻所持のほか自宅で大麻草6株を栽培。 高校生だった軍属の息子が、近くに住む日本人高校生2人に大麻を販売していたとされる。 県警が押収した乾燥大麻は220グラム(末端価格115万円相当)。 逮捕されたのは軍属3人や軍属の息子、当時高校生だった日本人の男子生徒1人を含む17人。 残り3人は書類送検だった。 県警は時任容疑者を10月24日に大麻取締法違反(営利目的譲渡)容疑で逮捕。 宇美町議会事務局や議員控室などを家宅捜索した。 時任容疑者は「売上金は議員活動に使った」などと供述しているという。 同町議会事務局によると時任容疑者は14年2月に初当選し2期目だった。 事件は沖縄署、県警組織犯罪対策課、九州厚生局沖縄麻薬取締支所が合同捜査した。

次の

福岡県宇美町の町議は誰?時任裕史容疑者の顔写真あり!経歴やプロフィールは?【大麻流通】

時任 裕史

時任裕史経歴名前:時任裕史(ときとうひろのり)年齢:42歳(逮捕時) 出身:福岡県糟屋郡宇美町 住所:福岡県太宰府市(だざいふし)? 学歴: 1983年:宇美町立 原田保育園卒 1989年:宇美町立 原田小学校卒 1992年:宇美町立 宇美東中学校卒 1995年:福岡県立 須恵高等学校卒 経歴: 2014年:宇美町町議に初当選 2018年:2期目当選 町議を務めていた宇美町(うみまち)出身のようですが 現在は太宰府市に住んでいるという情報もありました。 保育園から宇美町の公立保育園に通い、 高校卒業も福岡県立の須恵高等学校です。 Facebook YouTube 引用:Facebook こちらが、時任裕史(ときとうひろのり)氏のFacebookと 思われます。 活動内容などが不定期に投稿されており、 最新の投稿は、2016年12月11日です。 Facebookを積極的に活用していた様子ではありません。 時任裕史氏はYouTubeチャンネルをお持ちでした。 その中の一人の少年のリュックから大量に『物』が発見。 『物』は別の10代の少年と共に共同購入していたことが発覚。 二人の入手ルートもやはり10代の少年で その父親がアメリが軍属の男(39)だったようです。 この親子は所持だけでなく、栽培の容疑でも逮捕されています。 この親子からは、沖縄県の常連客に流れており、 顧客リスト11名の中には、アメリカ軍属(2名) ミュージシャン(自称)や運送業の男などがいたようです。 このルートから浮上したのが、時任裕史容疑者。 今年10月24日、委員会の最中に沖縄県警から 捜索が入ったという一方が入りました。 議会事務局の本人の控室、ロッカーとか車の捜索に 7~8人の刑事が来て捜査を始めたのです。 そして休憩を挟んだ後、委員会再会の時に仕事熱心なはずの 時任裕史容疑者が議会に戻って来なかったのです。 実は、そのときに、沖縄県警から事情聴取を受けており、 そのまま逮捕。 宇美町町長や役場や委員会も何も知らされず、 時任裕史被告は勾留が解けて一旦は帰って来られるのかなと 考えていたようですが、勾留延期になりそれ以来 宇美町町長は、一度も時任裕史被告と会っていないようです。 時任裕史被告は11月に宇美町町議を辞職しています。 売買のきっかけは? 今回、時任裕史容疑者は逮捕されましたが 売人だった疑いがあるようです。 時任裕史容疑者は、先に逮捕された靏英樹(つるひでき)被告と 共に売買を行っていました。 靏英樹容疑者が、時任裕吏容疑者に販売。 時任裕吏容疑者がアメリカ軍属の親子に発送。 しかし福岡県で町議をしていた時任裕史容疑者と アメリカ軍属に勤めている父親とその子供と 何の繋がりがあるのでしょうか。 一部情報では、時任裕史容疑者は宇美町町議当選以前に 沖縄県で飲食店を経営しており、その場所でこの親子と出会ったと言われています。 時任裕史被告は、売買に関わっただけでなく 2017年2月頃から自分でも使用していたようです。 取締法違反 《不法所持・譲渡・譲り受け》 5年以下の懲役 《営利目的の場合》 7年以下の懲役または情状により懲役と200万円以下の罰金の併料 食育や環境問題に特に力を入れており 未来の子供たちへの活動に熱心で 真面目な町議に見えたと町民は話します。 何とも残念な話です。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

時任裕史 顔画像や経歴は?元町議がまさかの大麻“販売”で逮捕・起訴

時任 裕史

この町議は大麻を売りさばいていた容疑が掛けられており、2019年10月末に逮捕されていました。 福岡県宇美町で大麻流通に関わった時任裕史の顔写真と経歴 現職町議が大麻を売りさばいていたという前代未聞のこの事件は、ネットメディアでも大きく報道されています。 大麻の譲渡や所持などに絡む一連の捜査で沖縄県警が7日までに、大麻取締法違反の疑いで県内の高校生ら未成年を含む約20人を摘発していたことが分かった。 捜査関係者によると、県内の1人の捜査過程で、福岡県宇美町の現職町議で40代男が県内での流通に関与していた疑いが浮上し、県警が10月末に町議を大麻取締法違反(譲渡)容疑で逮捕した。 出典: 沖縄タイムズでは実名は確認できませんでしたが、NET IB NEWSで確認できました。 福岡県糟屋郡宇美町の現職町議・時任裕史容疑者(42)が大麻取締法違反(譲渡)の疑いで沖縄県警に逮捕されたことを受け、宇美町議会は11月14日、時任容疑者の辞職届を受け取ったことを明らかにした。 宇美町議会事務局の担当職員は、10月24日の沖縄県警による捜査の際、捜査令状に時任容疑者の名前と逮捕容疑(大麻取締法違反)が書かれていたことから、報道が出る直前に逮捕を匂わすような動きがあったことを明らかにし、「(時任容疑者は)午前中行われた町議会広報委員会の途中休憩時、いったん議場の外に出てその後議場に戻ってこず、連絡もつかなくなっていた。 どうやら議場から出てきた時任容疑者に沖縄県警が任意同行を求め、そのまま逮捕に至ったようだ」と話した。 辞職届は11月15日に古賀ひろ子議長によって許可され、現在、許可の通知書が国選弁護人宛に送られている。 国選弁護人が通知書を受け取った時点で正式に辞職が確定となる。 出典: 名前 時任裕史(ときとうひろのり)容疑者 年齢 42歳 容疑 大麻取締法違反 流通経路 大麻の流通経路の全容は分かっていないが、町議が一定量の大麻を県内のバイヤーに売りさばき、そこから知人友人同士のつながりで拡散したとみられる。 譲渡の際のやりとりで、会員制交流サイト(SNS)は主に使われていないという。 出典: 逮捕のきっかけ 県内の1人の摘発を端緒に芋づる式に次々と関与者が浮上し、県外の町議逮捕につながった。 出典: 逮捕後の動き 福岡県糟屋郡宇美町議会は11月14日、時任容疑者の辞職届を受け取った Facebookアカウントも確認されましたが、経歴やプロフィールは一切記載されていませんでした。 時任裕史容疑者の経歴 時任裕史容疑者の経歴に関しては、詳細情報は公開されていません。 2014年に当選し、現在2期目となっています。 いつから大麻流通に関与していたのかも含めて、わかり次第共有していきたいと思います。 大麻流通に関与した福岡県宇美町議に対する世間の反応 町議の報酬が安いとか言ってる方がいますが、事件の町議の月額報酬は二十七万五千円です。 他にも期末手当に文書交通費も付くので全国の激安いのところよりはマシなほうです。 田舎だと十七万ってところもありますから。 彼は宇美町の時任議員、二期目だそうですね。 出典: ほら、この人は薬物を売りさばいてた「元締」の立場なのに、実名さえ出ない。 一方で、ポーチに薬物錠剤が2錠入ってただけで、使用したかどうかさえ分かってないのに連日顔出しで大々的に報道される人もいる。 薬物の取締りってのは本当に公権力の胸先三寸なんだよ。 もちろんマスコミも含めて。 出典: 町議ような末端であれど、まがりなりにも政治家が流通に関与していたとなると、供給源が何処の国かによっては違法薬物を用いての策謀の疑いもあるので、公安や内調にも協力を仰いで捜査を拡大するべきだと思います。 出典:.

次の