コカ コーラ ボトラーズ ジャパン 株式 会社。 コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD、株主優待の廃止 を発表! 従来は自社製品と交換できるポイントがもら えたが、2019年12月分を最後に廃止されることに! (2019年12月20日)

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの売上高や利益、経営指標などの最新業績

コカ コーラ ボトラーズ ジャパン 株式 会社

親会社である(初代)からボトラー事業を委任されていた。 の会員企業である。 2017年4月から12月の解散までの法人は、2017年4月1日に実施された経営統合に伴い、それまでの旧コカ・コーラウエストの事業を継承した企業である。 旧コカ・コーラウエストはこの統合により化し、コカ・コーラボトラーズジャパン(初代)へ商号変更している。 概要 [ ]• 本社 - 箱崎7-9-66(旧北九州コカ・コーラボトリング本社)• 福岡本社 - 福岡市1-2-25 ・ビジネスセンタービル(旧コカ・コーラウエストホールディングス福岡本社)• 大阪本社 - 4-15-10 (旧コカ・コーラウエストホールディングス大阪本社)• 支社 - 広島支社(旧山陽コカ・コーラボトリング本社) 歴史 [ ] 2017年3月までの旧コカ・コーラウエスト(現・コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス)は、元々5つあったボトリング会社が約10年間、数度に亘って合併を繰り返した会社であった。 旧 - 、、• 旧 - 、、、、• 旧 - 、、• 旧 - 、、• 旧 - 、、、 このうち北九州は、地元博多の商業人佐渡島匡男が、日米飲料を立ち上げ日本コカ・コーラに福岡・佐賀・長崎県下での製造・販売のボトリング会社設立を企画した。 しかしコカ・コーラ側は、一地方都市の商業人にすぎない佐渡島個人との契約に難色を示し、佐渡島に、バックアップを受ける形での全国的な財界人を名義人に立てるように要請した。 そこで、佐渡島がの創業者に直談判し、佐渡島自らは副社長、市村清を社長とし(現:)をメインバンクとして日本コカ・コーラの認可を受け日米コカ・コーラボトリング株式会社を設立。 前述の経緯から、同社はの一員となり、現在のコカ・コーラウエストに引き継がれている。 まず、に北九州を存続会社として山陽と合併、「 株式会社」が発足。 それからちょうど7年後、近畿エリアの効率的事業運営を行うため、三笠を子会社化していた近畿とウエストジャパンが経営統合し、持株会社制を導入。 旧ウエストジャパン社は持株会社「 株式会社」と改称し、ウエストジャパン社新社が新たな事業会社として持株会社の下に設立され、近畿は持株会社傘下となった。 経営統合により、従来コカ・コーラウエストジャパンに出資していた米国コカ・コーラ本社も、株式交換の形でこの会社に出資することとなった。 この合併は、日本の人口のおよそ3分の1を占めるこれらの地域のシェア拡大と、組織体制・事業の効率化・収益の向上化の実現、またその他各地にあるコカ・コーラ地域ボトラーとの連携を強化し、全国的な事業構造を構築するためのリーダーシップを育成させること、また経営力・営業力の面でも一層の拡充を図ることを目指した。 合併の実現により、両社と三笠を含めて・中国・の山陽沿いを中心とした14府県を広域的にカバーする日本のコカ・コーラグループ最大のボトラーグループが誕生し、また日本の清涼飲料の販売においてもに次ぐ巨大企業と成った。 これにより事業領域が九州全域までの18府県にまで拡大した。 その後、2013年4月1日に同社は完全子会社となり、2014年1月1日に吸収合併された。 、ボトラー子会社3社をし、「 コカ・コーラウエスト株式会社」に商号変更して一般事業会社となった。 に(、、、を管轄)を完全子会社し、日本のコカ・コーラのボトラーでは過去最多の22府県を統括することとなった。 しかし、この再編の過程において、日本国内におけるコカ・コーラシステム自体が大幅に見直された。 商品販売の一部カテゴリーについては全国を束ねる法人で展開され、実際の商品製造においてもボトラー自社製造から広域製造子会社に移行しつつある。 いずれも、ウエストジャパン発足とその後のリストラによる再編成の産物である。 米本社の直接出資により、商品開発や世界戦略の一翼も担わされており、「」を駆逐した「」(現・ミニッツメイド Qoo)も、ウエストジャパンエリアから広まったとしている。 また、のトップブランド「」も、ウエストジャパンエリアから全国に広まった。 2016年4月26日に旧コカ・コーラウエストと・・を統括するの両社が経営統合に向けた協議を開始することに合意。 その後、詳細の協議を経て、同年9月30日に、翌2017年4月をめどに統合する事と持株会社の名称を『コカ・コーラボトラーズジャパン』とすることが正式に発表された。 2017年4月1日に、旧コカ・コーラウエストがコカ・コーライーストジャパンをにより完全子会社とした上で、事業をにより子会社の新CCW設立準備株式会社に承継して持株会社となった。 同時に旧コカ・コーラウエストが「コカ・コーラボトラーズジャパン」(初代)へ、新CCW設立準備株式会社が「コカ・コーラウエスト」へ商号変更した。 この統合により、グループの売上高は1兆円を超え、の国内事業売上高を抜いて首位となる。 1都2府35県をカバーし国内のコカ・コーラ商品の9割を網羅する巨大ボトラーが誕生した。 事業再編に伴い、2018年1月1日付でコカ・コーラウエストと子会社のコカ・コーラウエスト販売機器サービス、コカ・コーラウエストプロダクツの3社は、コカ・コーライーストジャパンから商号変更されたコカ・コーラボトラーズジャパン(2代)へ吸収合併され、3社は解散した。 同時に、子会社であるコカ・コーラウエストベンディング株式会社をコカ・コーラボトラーズジャパンベンディング株式会社へ、コカ・コーラウエストセールスサポート株式会社をコカ・コーラボトラーズジャパンセールスサポート株式会社へ、 コカ・コーラウエストサービス株式会社をコカ・コーラジャパンベネフィット株式会社へそれぞれ商号変更された他、コカ・コーラボトラーズジャパンベンディング、コカ・コーラボトラーズジャパンセールスサポート、コカ・コーラジャパンベネフィット、株式会社カディアックの4社はコカ・コーラボトラーズジャパン(2代)の子会社となった他、西日本ビバレッジ株式会社、株式会社の2社はFVイーストジャパンから商号変更されたへ吸収合併され、2社は解散した。 沿革 [ ] コカ・コーラウエスト(初代、後のコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス) [ ]• 12月 - にて、日米飲料株式会社として設立。 3月 - 日米飲料株式会社から日米コカ・コーラボトリング株式会社に変更。 7月 - 日米コカ・コーラボトリング株式会社から北九州コカ・コーラボトリング株式会社に商号変更。 7月 - 山陽コカ・コーラボトリング株式会社をし、北九州コカ・コーラボトリング株式会社から株式会社(CCWJ)に商号変更。 4月 - 株式会社(三笠CCBC)の株式を取得し、化。 7月 - により完全子会社(新)コカ・コーラウエストジャパン株式会社(新CCWJ)を設立し、同時に(旧)コカ・コーラウエストジャパン株式会社からコカ・コーラウエストホールディングス株式会社(CCWH)に商号変更。 そして、により株式会社(近畿CCBC)を完全子会社化(実質的にCCWJと近畿CCBCの共同持株会社設立による経営統合)。 4月 - 株式会社と資本業務提携。 により株式を取得し、同社を化。 - 子会社であるCCWJ、近畿CCBC、三笠CCBCの3社を吸収合併し、コカ・コーラウエストに商号変更。 - を買収することを発表。 買収額は359億2200万円である。 - 株式交換により、南九州コカ・コーラボトリング株式会社を完全子会社とする。 1月1日 - 南九州コカ・コーラボトリング株式会社を吸収合併。 4月 - を完全子会社とする。 これにより、近畿・中四国・九州の22府県を統括するコカ・コーラボトラーになる。 1月1日 - 完全子会社でミネラルウォーター専業のコカ・コーラウエスト大山プロダクツを吸収合併、同時にによって大山社の事業を製造子会社のコカ・コーラウエストプロダクツに移管。 - との経営統合で基本合意したと発表。 これにより、1都2府35県の巨大ボトラーになる。 2016年 - 2017年4月に東西2社が統合し、持株会社を「コカ・コーラボトラーズジャパン」とすることを発表。 4月1日 - コカ・コーライーストジャパンを株式交換により完全子会社とした上で、事業を会社分割により子会社の新CCW設立準備株式会社に承継して持株会社化。 同時に株式会社(初代)へ商号変更。 コカ・コーラウエスト(2代) [ ]• 2016年 - 新CCW設立準備株式会社として設立。 2017年4月1日 - 旧コカ・コーラウエストの事業を継承し、コカ・コーラウエスト株式会社へ商号変更。 1月1日 - コカ・コーライーストジャパン株式会社から商号変更されたコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社(2代)へ吸収合併され、コカ・コーラウエスト株式会社(2代)は解散。 関係会社 [ ]• 株式会社 販売会社 [ ]• コカ・コーラウエストベンディング株式会社• 西日本ビバレッジ株式会社• 株式会社カディアック• 株式会社• コカ・コーラウエストセールスサポート株式会社 販売機器サービス会社 [ ]• コカ・コーラウエスト販売機器サービス株式会社 製造会社 [ ] 内は当時の製造所固有記号。 ボトラー投合時に再度変更されている。 株式会社• 滋賀工場 WSI -• 炭酸飲料の小型PET製品の製造が主である。 2009年5月で稼動停止。 主に缶飲料を生産しているが、大型PETボトル製品やポストミックスシロップも生産している。 また、施設内に大規模な工場見学用の設備を持っている。 アセプティック 無菌充填 ラインを有し、茶・コーヒー等の無菌充填PETボトル製品生産の拠点となっている。 2009年5月に操業が停止された滋賀工場の機能を継承した炭酸飲料の小型PETボトル製品の製造ラインが2009年6月から稼動している。 ジョージア缶製品とPETボトル製品の製造がメインである。 他にボトル缶製品のラインも保有。 ウエスト社唯一のミネラルウォーター専門工場、主に西日本に出荷されるやの一部を生産している。 缶製品、PET製品、ガラスびん製品の製造が可能な大規模工場。 近年需要が増している小型PETボトル無菌充填ラインも保有。 容器返却可能()のレギュラーサイズびん製品は、旧ウエスト地域の他に四国や南九州等にも出荷されている。 レトルト缶製品、ボトル缶製品、小〜中型炭酸飲料PET製品の他に全国でも珍しい無菌充填缶コーヒーラインを保有し、主にエンブレムブランドのコーヒーを全国に出荷している。 コカ・コーラウエストサービス株式会社 文化活動 [ ] 支援型自動販売機 [ ] 参照 自販機の売上の一部を、地方自治体 や地方観光協会、スポーツ団体、 など、特定団体の活動支援に当てる事業を展開している。 ネーミングライツ [ ] 以下の3施設の(ネーミングライツ)を取得している。 いずれも、旧CCWHが取得したものである。 (Coca-Cola West スポーツパーク)- から3年契約• (Coca-Cola West 広島総合グランド)- から3年契約、2011年に3年更新。 (コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森)- から3年契約 また、福岡ドームのの一部を「コカ・コーラシート」(詳細は参照)、のテラス席にも「コカコーラテラスシート」をそれぞれネーミングライツしている。 レッドスパークス [ ] このチーム名の部及び部があり、両部ともにCCWJから移管をうけたものである。 ラグビー: - 旧北九州コカ・コーララグビー部が起源。 2005年に国内最高峰リーグであるへの昇格を決め、2006-2007シーズンから参戦している。 ホッケー: - 旧山陽コカ・コーラホッケー部が起源。 2005年に西日本女子リーグを優勝、2006年からはに所属、参戦している。 スポンサーシップ [ ] 前身のボトリング会社のスポンサーシップを引き継ぐ形で以下のクラブのスポンサーとなっている。 - 北九州コカ・コーラボトリングから株式を承継。 2014年まで筆頭株主で、2007年まではがユニフォーム胸スポンサーだった。 - 北九州コカ・コーラボトリングから株式を承継。 - 山陽コカ・コーラボトリングから株式を承継。 ・ - 南九州コカ・コーラボトリングからスポンサーシップを承継。 また、2016年からは・のユニフォーム左袖スポンサーとなっている。 脚注・出典 [ ] []• - 内のページ。 1972年、北九州コカ・コーラボトリング株式会社と社名変更• - ITmedia ビジネスオンライン 2016年4月26日配信、2016年5月5日閲覧• - 2010年8月30日閲覧• - 2013年7月1日閲覧• - 平成27年4月30日• - 平成27年4月30日• - ITmedia ビジネスオンライン 2016年4月26日配信、2016年5月5日閲覧• 日本経済新聞 2016年10月1日• - 2010年01月22日付佐賀新聞• - 2010年10月06日付朝日新聞 関連項目 [ ]• - 福岡県に本社を置くメーカー。 前身企業の北九州コカ・コーラボトリングが一時期資本参加していた。 - に本社を置くメーカー。 旧南九州コカ・コーラボトリングが一時期資本参加していた。 外部リンク [ ]•

次の

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (7296)

コカ コーラ ボトラーズ ジャパン 株式 会社

親会社である(初代)からボトラー事業を委任されていた。 の会員企業である。 2017年4月から12月の解散までの法人は、2017年4月1日に実施された経営統合に伴い、それまでの旧コカ・コーラウエストの事業を継承した企業である。 旧コカ・コーラウエストはこの統合により化し、コカ・コーラボトラーズジャパン(初代)へ商号変更している。 概要 [ ]• 本社 - 箱崎7-9-66(旧北九州コカ・コーラボトリング本社)• 福岡本社 - 福岡市1-2-25 ・ビジネスセンタービル(旧コカ・コーラウエストホールディングス福岡本社)• 大阪本社 - 4-15-10 (旧コカ・コーラウエストホールディングス大阪本社)• 支社 - 広島支社(旧山陽コカ・コーラボトリング本社) 歴史 [ ] 2017年3月までの旧コカ・コーラウエスト(現・コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス)は、元々5つあったボトリング会社が約10年間、数度に亘って合併を繰り返した会社であった。 旧 - 、、• 旧 - 、、、、• 旧 - 、、• 旧 - 、、• 旧 - 、、、 このうち北九州は、地元博多の商業人佐渡島匡男が、日米飲料を立ち上げ日本コカ・コーラに福岡・佐賀・長崎県下での製造・販売のボトリング会社設立を企画した。 しかしコカ・コーラ側は、一地方都市の商業人にすぎない佐渡島個人との契約に難色を示し、佐渡島に、バックアップを受ける形での全国的な財界人を名義人に立てるように要請した。 そこで、佐渡島がの創業者に直談判し、佐渡島自らは副社長、市村清を社長とし(現:)をメインバンクとして日本コカ・コーラの認可を受け日米コカ・コーラボトリング株式会社を設立。 前述の経緯から、同社はの一員となり、現在のコカ・コーラウエストに引き継がれている。 まず、に北九州を存続会社として山陽と合併、「 株式会社」が発足。 それからちょうど7年後、近畿エリアの効率的事業運営を行うため、三笠を子会社化していた近畿とウエストジャパンが経営統合し、持株会社制を導入。 旧ウエストジャパン社は持株会社「 株式会社」と改称し、ウエストジャパン社新社が新たな事業会社として持株会社の下に設立され、近畿は持株会社傘下となった。 経営統合により、従来コカ・コーラウエストジャパンに出資していた米国コカ・コーラ本社も、株式交換の形でこの会社に出資することとなった。 この合併は、日本の人口のおよそ3分の1を占めるこれらの地域のシェア拡大と、組織体制・事業の効率化・収益の向上化の実現、またその他各地にあるコカ・コーラ地域ボトラーとの連携を強化し、全国的な事業構造を構築するためのリーダーシップを育成させること、また経営力・営業力の面でも一層の拡充を図ることを目指した。 合併の実現により、両社と三笠を含めて・中国・の山陽沿いを中心とした14府県を広域的にカバーする日本のコカ・コーラグループ最大のボトラーグループが誕生し、また日本の清涼飲料の販売においてもに次ぐ巨大企業と成った。 これにより事業領域が九州全域までの18府県にまで拡大した。 その後、2013年4月1日に同社は完全子会社となり、2014年1月1日に吸収合併された。 、ボトラー子会社3社をし、「 コカ・コーラウエスト株式会社」に商号変更して一般事業会社となった。 に(、、、を管轄)を完全子会社し、日本のコカ・コーラのボトラーでは過去最多の22府県を統括することとなった。 しかし、この再編の過程において、日本国内におけるコカ・コーラシステム自体が大幅に見直された。 商品販売の一部カテゴリーについては全国を束ねる法人で展開され、実際の商品製造においてもボトラー自社製造から広域製造子会社に移行しつつある。 いずれも、ウエストジャパン発足とその後のリストラによる再編成の産物である。 米本社の直接出資により、商品開発や世界戦略の一翼も担わされており、「」を駆逐した「」(現・ミニッツメイド Qoo)も、ウエストジャパンエリアから広まったとしている。 また、のトップブランド「」も、ウエストジャパンエリアから全国に広まった。 2016年4月26日に旧コカ・コーラウエストと・・を統括するの両社が経営統合に向けた協議を開始することに合意。 その後、詳細の協議を経て、同年9月30日に、翌2017年4月をめどに統合する事と持株会社の名称を『コカ・コーラボトラーズジャパン』とすることが正式に発表された。 2017年4月1日に、旧コカ・コーラウエストがコカ・コーライーストジャパンをにより完全子会社とした上で、事業をにより子会社の新CCW設立準備株式会社に承継して持株会社となった。 同時に旧コカ・コーラウエストが「コカ・コーラボトラーズジャパン」(初代)へ、新CCW設立準備株式会社が「コカ・コーラウエスト」へ商号変更した。 この統合により、グループの売上高は1兆円を超え、の国内事業売上高を抜いて首位となる。 1都2府35県をカバーし国内のコカ・コーラ商品の9割を網羅する巨大ボトラーが誕生した。 事業再編に伴い、2018年1月1日付でコカ・コーラウエストと子会社のコカ・コーラウエスト販売機器サービス、コカ・コーラウエストプロダクツの3社は、コカ・コーライーストジャパンから商号変更されたコカ・コーラボトラーズジャパン(2代)へ吸収合併され、3社は解散した。 同時に、子会社であるコカ・コーラウエストベンディング株式会社をコカ・コーラボトラーズジャパンベンディング株式会社へ、コカ・コーラウエストセールスサポート株式会社をコカ・コーラボトラーズジャパンセールスサポート株式会社へ、 コカ・コーラウエストサービス株式会社をコカ・コーラジャパンベネフィット株式会社へそれぞれ商号変更された他、コカ・コーラボトラーズジャパンベンディング、コカ・コーラボトラーズジャパンセールスサポート、コカ・コーラジャパンベネフィット、株式会社カディアックの4社はコカ・コーラボトラーズジャパン(2代)の子会社となった他、西日本ビバレッジ株式会社、株式会社の2社はFVイーストジャパンから商号変更されたへ吸収合併され、2社は解散した。 沿革 [ ] コカ・コーラウエスト(初代、後のコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス) [ ]• 12月 - にて、日米飲料株式会社として設立。 3月 - 日米飲料株式会社から日米コカ・コーラボトリング株式会社に変更。 7月 - 日米コカ・コーラボトリング株式会社から北九州コカ・コーラボトリング株式会社に商号変更。 7月 - 山陽コカ・コーラボトリング株式会社をし、北九州コカ・コーラボトリング株式会社から株式会社(CCWJ)に商号変更。 4月 - 株式会社(三笠CCBC)の株式を取得し、化。 7月 - により完全子会社(新)コカ・コーラウエストジャパン株式会社(新CCWJ)を設立し、同時に(旧)コカ・コーラウエストジャパン株式会社からコカ・コーラウエストホールディングス株式会社(CCWH)に商号変更。 そして、により株式会社(近畿CCBC)を完全子会社化(実質的にCCWJと近畿CCBCの共同持株会社設立による経営統合)。 4月 - 株式会社と資本業務提携。 により株式を取得し、同社を化。 - 子会社であるCCWJ、近畿CCBC、三笠CCBCの3社を吸収合併し、コカ・コーラウエストに商号変更。 - を買収することを発表。 買収額は359億2200万円である。 - 株式交換により、南九州コカ・コーラボトリング株式会社を完全子会社とする。 1月1日 - 南九州コカ・コーラボトリング株式会社を吸収合併。 4月 - を完全子会社とする。 これにより、近畿・中四国・九州の22府県を統括するコカ・コーラボトラーになる。 1月1日 - 完全子会社でミネラルウォーター専業のコカ・コーラウエスト大山プロダクツを吸収合併、同時にによって大山社の事業を製造子会社のコカ・コーラウエストプロダクツに移管。 - との経営統合で基本合意したと発表。 これにより、1都2府35県の巨大ボトラーになる。 2016年 - 2017年4月に東西2社が統合し、持株会社を「コカ・コーラボトラーズジャパン」とすることを発表。 4月1日 - コカ・コーライーストジャパンを株式交換により完全子会社とした上で、事業を会社分割により子会社の新CCW設立準備株式会社に承継して持株会社化。 同時に株式会社(初代)へ商号変更。 コカ・コーラウエスト(2代) [ ]• 2016年 - 新CCW設立準備株式会社として設立。 2017年4月1日 - 旧コカ・コーラウエストの事業を継承し、コカ・コーラウエスト株式会社へ商号変更。 1月1日 - コカ・コーライーストジャパン株式会社から商号変更されたコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社(2代)へ吸収合併され、コカ・コーラウエスト株式会社(2代)は解散。 関係会社 [ ]• 株式会社 販売会社 [ ]• コカ・コーラウエストベンディング株式会社• 西日本ビバレッジ株式会社• 株式会社カディアック• 株式会社• コカ・コーラウエストセールスサポート株式会社 販売機器サービス会社 [ ]• コカ・コーラウエスト販売機器サービス株式会社 製造会社 [ ] 内は当時の製造所固有記号。 ボトラー投合時に再度変更されている。 株式会社• 滋賀工場 WSI -• 炭酸飲料の小型PET製品の製造が主である。 2009年5月で稼動停止。 主に缶飲料を生産しているが、大型PETボトル製品やポストミックスシロップも生産している。 また、施設内に大規模な工場見学用の設備を持っている。 アセプティック 無菌充填 ラインを有し、茶・コーヒー等の無菌充填PETボトル製品生産の拠点となっている。 2009年5月に操業が停止された滋賀工場の機能を継承した炭酸飲料の小型PETボトル製品の製造ラインが2009年6月から稼動している。 ジョージア缶製品とPETボトル製品の製造がメインである。 他にボトル缶製品のラインも保有。 ウエスト社唯一のミネラルウォーター専門工場、主に西日本に出荷されるやの一部を生産している。 缶製品、PET製品、ガラスびん製品の製造が可能な大規模工場。 近年需要が増している小型PETボトル無菌充填ラインも保有。 容器返却可能()のレギュラーサイズびん製品は、旧ウエスト地域の他に四国や南九州等にも出荷されている。 レトルト缶製品、ボトル缶製品、小〜中型炭酸飲料PET製品の他に全国でも珍しい無菌充填缶コーヒーラインを保有し、主にエンブレムブランドのコーヒーを全国に出荷している。 コカ・コーラウエストサービス株式会社 文化活動 [ ] 支援型自動販売機 [ ] 参照 自販機の売上の一部を、地方自治体 や地方観光協会、スポーツ団体、 など、特定団体の活動支援に当てる事業を展開している。 ネーミングライツ [ ] 以下の3施設の(ネーミングライツ)を取得している。 いずれも、旧CCWHが取得したものである。 (Coca-Cola West スポーツパーク)- から3年契約• (Coca-Cola West 広島総合グランド)- から3年契約、2011年に3年更新。 (コカ・コーラウエスト鳥栖市民の森)- から3年契約 また、福岡ドームのの一部を「コカ・コーラシート」(詳細は参照)、のテラス席にも「コカコーラテラスシート」をそれぞれネーミングライツしている。 レッドスパークス [ ] このチーム名の部及び部があり、両部ともにCCWJから移管をうけたものである。 ラグビー: - 旧北九州コカ・コーララグビー部が起源。 2005年に国内最高峰リーグであるへの昇格を決め、2006-2007シーズンから参戦している。 ホッケー: - 旧山陽コカ・コーラホッケー部が起源。 2005年に西日本女子リーグを優勝、2006年からはに所属、参戦している。 スポンサーシップ [ ] 前身のボトリング会社のスポンサーシップを引き継ぐ形で以下のクラブのスポンサーとなっている。 - 北九州コカ・コーラボトリングから株式を承継。 2014年まで筆頭株主で、2007年まではがユニフォーム胸スポンサーだった。 - 北九州コカ・コーラボトリングから株式を承継。 - 山陽コカ・コーラボトリングから株式を承継。 ・ - 南九州コカ・コーラボトリングからスポンサーシップを承継。 また、2016年からは・のユニフォーム左袖スポンサーとなっている。 脚注・出典 [ ] []• - 内のページ。 1972年、北九州コカ・コーラボトリング株式会社と社名変更• - ITmedia ビジネスオンライン 2016年4月26日配信、2016年5月5日閲覧• - 2010年8月30日閲覧• - 2013年7月1日閲覧• - 平成27年4月30日• - 平成27年4月30日• - ITmedia ビジネスオンライン 2016年4月26日配信、2016年5月5日閲覧• 日本経済新聞 2016年10月1日• - 2010年01月22日付佐賀新聞• - 2010年10月06日付朝日新聞 関連項目 [ ]• - 福岡県に本社を置くメーカー。 前身企業の北九州コカ・コーラボトリングが一時期資本参加していた。 - に本社を置くメーカー。 旧南九州コカ・コーラボトリングが一時期資本参加していた。 外部リンク [ ]•

次の

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社の評判・口コミ|転職・求人・採用情報|エン ライトハウス (7296)

コカ コーラ ボトラーズ ジャパン 株式 会社

2018年1月1日にコカ・コーライーストジャパンから現社名へ商号変更。 コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社は、傘下の、・・・・・・(を除く)・の1都2府35県における製品の製造・販売を行っている日本最大のコカ・コーラ。 子会社としてコカ・コーラ社製品および他社製品を取り扱う自動販売機オペレーション事業等を行う子会社株式会社を持つ。 法人格としては、コカ・コーライーストジャパン発足時からの株式会社(初代)を引き継いでいる。 本項では前身の コカ・コーライーストジャパン株式会社についても記述する。 概要 [ ] 日本の清涼飲料メーカーは、少子高齢化などの影響で成長が見込めにくい上、同業他社との経営競争が激しい為、経営基盤を強化することを念頭に 、関東・東海地方を営業基盤とするコカ・コーラボトラー4社((初代)、、、)の経営を方式で統合することとなった。 、コカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)が他の3社をで完全子会社化するとともに、コカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)の事業部門を新設会社のコカ・コーラ セントラル ジャパン(2代目)に新設分割。 持株会社となったコカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)は社名をコカ・コーライーストジャパンに変更した。 これに伴い、コカ・コーライーストジャパンは、コカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)の法人格を引き継ぎ東京・名古屋の両証券取引所 名証は現在上場廃止 の上場を維持したが、東証に上場していた三国コカ・コーラボトリングは2013年をもってとなった。 、を株式交換方式により事業統合し、南東北(福島、宮城、山形)が担当区域に加わった。 また、コカ・コーラ社製品および他社製品を取り扱う自動販売機オペレーション事業や飲食店運営事業を行っていた子会社8社を統合した100%子会社、が発足し、コカ・コーライーストジャパン発足時に26法人に及んだグループ会社は4法人となった。 、との経営統合へ向け協議を始めると発表。 統合により、1都2府35県に展開する売上高1兆円、国内のコカ・コーラ製品の9割を担う巨大ボトラーが誕生する。 から日本法人である社長に就任したティム・ブレットは、「東西のボトラーの統合に関して、最終的に判断するのはボトラーで、私は答える立場にありませんが、統合により市場でより効率的な運営ができるのであれば、われわれはサポートしたいと思っています。 」ととの取材において述べている。 2016年、持株会社「コカ・コーラボトラーズジャパン」の下で経営統合する契約の締結を発表。 2017年4月1日、当社は株式交換により、従来のコカ・コーラウエストの完全子会社となるとともに、コカ・コーラウエスト(初代)がコカ・コーラボトラーズジャパン(初代)へ商号変更することにより、経営統合を実施した。 2018年1月1日付で、コカ・コーラウエスト(2代)並びに、、コカ・コーラウエスト(2代)の子会社であるコカ・コーラウエスト販売機器サービス、コカ・コーラウエストプロダクツの5社を吸収合併した上で、商号をコカ・コーラボトラーズジャパン(2代)へ変更した。 これにより、コカ・コーラボトラーズジャパン(2代)は、1都2府35県をカバーすることになった。 さらに、2015年度の決算説明会において、2015年度の当初予定の業績未達の影響も踏まえ、2016年度の営業利益目標を140億円とし、毎年20億円ずつ増加させ、2018年度には営業利益180億円を目指すという目標に変更することを明らかにした。 担当区域 [ ]• 神奈川県、山梨県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、埼玉県、群馬県、新潟県、千葉県、茨城県、栃木県、東京都、福島県、宮城県、山形県(旧コカ・コーライーストジャパンの区域)• 福岡県、佐賀県、長崎県、広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県(旧コカ・コーラウエストの区域)• 香川県、徳島県、愛媛県、高知県(旧四国コカ・コーラボトリングの区域) 沿革 [ ]• コカ・コーライーストジャパン発足。 製造子会社4社を株式会社に統合。 三国ワイン株式会社をスペインの社に譲渡。 7月1日 物流子会社3社、機器メンテナンス子会社4社をコカ・コーライーストジャパンプロダクツ株式会社に統合。 1月1日 旧ボトラー社(コカ・コーラ セントラル ジャパン(2代目)、東京コカ・コーラボトリング、三国コカ・コーラボトリング、利根コカ・コーラボトリング)をコカ・コーライーストジャパンに吸収合併。 4月1日 を株式交換方式により事業統合。 FVイーストジャパン株式会社発足にともない、コカ・コーラ社製品および他社製品を取り扱う自動販売機オペレーター事業等を行う子会社8社を統合。 1月1日 - 仙台コカ・コーラボトリングを吸収合併・仙台社の子会社4社をCCEJ子会社2社に統合。 - との経営統合で基本合意したと発表。 - 東西2社が統合し、持株会社を(初代)とすることを発表。 持株会社の本社機能は東京に、本店は福岡市に置くこととした。 - コカ・コーライーストジャパンプロダクツ株式会社を吸収合併。 4月1日 - 株式交換によりコカ・コーラボトラーズジャパン(初代、コカ・コーラウエストを商号変更)の完全子会社となる。 - コカ・コーラウエスト(2代)、、コカ・コーラウエスト販売機器サービス、コカ・コーラウエストプロダクツ、の5社を吸収合併した上で、コカ・コーライーストジャパンの商号をコカ・コーラボトラーズジャパン(2代)へ変更。 同時に、コカ・コーラアイ・ビー・エスの2社を、、ボトラー各社の共同出資会社から、コカ・コーラボトラーズジャパン(2代)の子会社とする。 - 広島工場()の稼働開始。 災害で水没した本郷工場の代替施設であり、旧本郷工場は本郷倉庫として存続。 工場 [ ]• 近年では特に、炭酸飲料の1. 5PET製品はこの工場で大部分が生産されている。 いまや利根コカ・コーラ管轄外でも販売されている名物の250g缶の大部分はこの工場で生産され各地に出荷(マックスコーヒー500mlPET製品は無菌充填ラインが小型に対応していない関係で海老名工場等で生産されている)。 の専用製造ラインも所有している。 埼玉工場に隣接している関係から缶製品の製造に特化し、あらゆる液種・サイズの製造に対応可能で、缶製品も製造可能。 関東及び東海地方出荷分の炭酸飲料の缶製品は現在この工場で集中的に生産されている。 2011年に稼働率が低かったPETラインをリプレースし、無菌充填マルチPETラインに改修。 2019年リキュールの酒類製造免許を取得 、缶チューハイ「」の製造を開始。 この工場はコカ・コーラとその派生商品の中~大型PETの生産が大部分を占める。 2014年に同工場5つ目の新ラインが稼働し、現在はファンタの1. 5L PETボトルの製造も多い。 2015年に旧三国アセプティック社の無菌充填ライン 2ラインが更新された。 2016年3月現在、関東、および等の各工場のリターナブル瓶製品ラインが当工場に集約・統合された結果、当該製品の生産設備は日本でもトップクラス。 5L)、関東の他工場にないボトル缶コーヒーを有する。 2014年から2015年にかけて、既存のPET3ラインをリニューアル。 主に茶製品を生産している。 い・ろ・は・すシリーズ(天然水/みかん/もも)を生産。 同サイズの茶飲料も生産可能。 2015年にボトル缶充填ラインを増設。 2000年に大型PETボトル無菌充填ライン、2007年には小型PETボトル無菌充填ラインも導入された。 また、施設内に大規模な工場見学用の設備を持っている。 2009年5月に操業が停止されたコカ・コーラウエストプロダクツ滋賀工場の機能を継承した炭酸飲料の小型PETボトル製品の製造ラインが2009年6月から稼動している。 他にボトル缶製品のラインも保有。 2018年7月、平成30年7月豪雨による浸水で製造設備3ラインと隣接の物流拠点が被害を受け操業を停止。 2018年11月に三原市内の旧シャープ三原事業所跡地を取得し、2020年の完成を目指して広島工場を建設することが発表されている。 缶ラインでは埼玉工場同様、ミニッツメイド缶製品も製造可能。 2月から生産能力を増強した新PETボトルラインを稼働。 従来の炭酸・非炭酸飲料に加え、アセプティック充填による茶飲料の生産が可能となった。 製造可能なサイズも増加。 かつてはボトル缶製品も生産していたが、現在は行なっていない。 近年需要が増している小型PETボトル無菌充填ラインも保有。 容器返却可能()のレギュラーサイズびん製品は、旧ウエスト地域の他に四国や南九州等にも出荷されている。 関連会社 [ ]• コカ・コーラアイ・ビー・エス• カディアック• コカ・コーラボトラーズジャパンベンディング• コカ・コーラボトラーズジャパンセールスサポート• コカ・コーラジャパンベネフィット• 三国サービス 脚注 [ ]• コカ・コーラ セントラル ジャパン時代の2011年より株式を保有• (2012年12月14日 日本経済新聞 同12月15日閲覧)• - [東洋経済]オンライン、2016年4月26日配信・2016年5月5日閲覧。 - ITmedia ビジネスオンライン 2016年4月26日配信、2016年5月5日閲覧。 日本経済新聞. 2016年4月27日. 2016年5月8日閲覧。 週刊ダイヤモンド編集部 2016年4月27日. ダイヤモンドオンライン. 2016年5月8日閲覧。 - コカ・コーライーストジャパン公式ウェブサイト、2015年6月15日配信・2016年5月8日閲覧• 日本経済新聞 2016年10月1日• - コカ・コーライーストジャパン公式ウェブサイト、2016年5月13日配信・2016年10月2日閲覧• 「コカ、三原の新工場稼働 被災の旧本郷工場の代替施設」『中國新聞』2020年6月2日 9面• 関連項目 [ ]• - オフィシャルパートナーを務める。 - 利根コカ・コーラボトリング時代からのユニフォームスポンサー。 - 四国コカ・コーラボトリングからスポンサーを引き継ぐ(2018年シーズンのみ)。 外部リンク [ ]•

次の