ロッテ 佐々木。 ロッテ・佐々木朗希「金屏風会見」でまさか… 球団が弁償するハメに

【佐々木朗希】ロッテ佐々木は素晴らしい 掛け値なしの逸材だけに危ない|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

ロッテ 佐々木

「想像では、球種を伝えなければ打てそうにないと思った」 ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木朗希投手が27日、プロ入り後2度目の打撃投手を務め、初めて打者相手に変化球を交えて投げた。 見守った吉井理人投手コーチは「高卒で入ってきた18歳が、いきなりあんな風にバッピ(バッティングピッチャー=打撃投手)をできるものではない。 変化球もそこそこストライクが入っていたし、あれだけ注目されてしっかり投げられるのはすごい」とこれまで通り、賛辞を並べた。 初めて打撃投手を務めた24日から中2日で変化球を解禁した。 スライダーは井口監督も驚かせるキレだったが、フォークは抜ける場面もあった。 吉井投手コーチは「(フリー打撃前の)ブルペンと比べると、直球は変わらなかったが、変化球はブルペンの方がバランスよく投げていた。 どんな投手でも、打者が立つと、よりいいところに投げようと思うので、フォークが抜けていた。 そういうところは、普通の高校生だなと思いました」と振り返った。 安田、山口が交互に打席に入った。 佐々木朗は計40球を投じたが、ちょうど半分の20球を終えたところで休憩を入れさせた。 吉井コーチは「あの子はテンポが速いんで、惰性になって最後にバランスを崩さないように、休憩を入れてじっくり投げさせました」と説明した。 佐々木朗はこの日も、2種類のスライダーを投げ分けていた。 ストライクを取るものと、ストライクゾーンからボールゾーンへと曲がり空振りを誘うものだが、打撃投手はあらかじめ球種を伝えてから投げるので、後者に対して相手打者はまず振ってこない。 吉井コーチは「佐々木もブルペンでそのことを気にしていて、『バッター、振ってこないっすよね?』と言っていた。 『今日は相手が振ってくる振ってこないに関係なく、思い通りの球を投げてみい』と伝えた」という。 そこで楽しみになるのが実戦形式のシート打撃の登板である。 1週間後の4月3日に予定されている。 「球種を教えないでやった時の、相手打者の反応が分かる」と吉井コーチ。 吉井投手コーチは「やってみないと分からない」と言いつつ、「想像では、打てそうにないと思った」と付け加えた。 吉井コーチは「(佐々木朗には早く打者と勝負したい気持ちが)あったと思うが、『投げたい投げたい』とは言わず、我慢して一生懸命投げていた」と評した。 令和の怪物が着実に実戦モードに近づいている。

次の

佐々木朗希投手(ロッテ)は契約金1億円で年俸1600万の満額契約か?背番号の予想も

ロッテ 佐々木

佐々木はロッテで飛躍できるか 【広瀬真徳 球界こぼれ話】「令和の怪物」こと佐々木朗希(17=大船渡)のロッテ入りが間近に迫ってきた。 ドラフトで4球団競合の末、ロッテが抽選で交渉権を獲得。 以来、松本尚樹球団本部長を中心に超高校級右腕の受け入れ態勢を着々と整えているという。 チームどころか球界の至宝になり得る佐々木。 受け入れ側が慎重になるのも当然で、現場を預かる井口監督も「しっかりプランを立てながら育成をやっていく」と浮かれた様子はない。 だが、こうした球団の姿勢とは対照的に、球界関係者からは「本当にロッテは佐々木を大成させることができるのか?」という不安の声が後を絶たない。 実際、どうなのか。 個人的な見解で言わせてもらえば、私は成功すると信じている。 根拠はチームの投手陣を束ねる吉井理人投手コーチ(54)の存在である。 同コーチは、1983年に和歌山・箕島高からドラフト2位で近鉄に入団。 現役時代に日米7球団を渡り歩き、引退後は日本ハム、ソフトバンクでのコーチを経て現在ロッテで指導を続けている。 培った投球論と指導力には定評があり、その信条は「まず選手の意見を聞き、その後選手に合った指導法を提示する」というもの。 決して上から目線ではなく、選手の特性、個性を第一に考えるため選手側からの評判もいい。 以前、指導法について吉井コーチが持論を交えながらこんな話をしてくれた。 「投手というポジションは一つだけど、一人ひとりの体の大きさや投げ方、スタミナは違う。 それなのにどの選手にも同じ指導はあり得ない。 それにプロ野球はコーチが毎年のように代わることがある。 自分も現役時代、コーチやチームによって言われることが変わることが多々あった。 だからこそ、選手自身が考えながら成長していく方法を見つけ出してあげないといけない」 最速163キロの直球を誇る佐々木は潜在能力がある半面、肉体、精神面はまだプロレベルではないと言われる。 事実、高校時代は故障回避のため、連投や球数を制限してきた。 そんな右腕には筑波大大学院でコーチング理論を研究し、選手、コーチとして実績もある吉井コーチが指導者として適任だろう。 吉井コーチが蓄積した知識や情報量は取材陣もうなるほど。 それを吸収できるロッテに佐々木が身を置くことになるのも何かの縁かもしれない。 良き指導者との出会いは選手の人生を左右する。 剛腕と名コーチの融合で逸材はどう育つのか。 今から楽しみが尽きない。 大学在学中からスポーツ紙通信員として英国でサッカー・プレミアリーグ、格闘技を取材。 卒業後、夕刊紙、一般紙記者として2001年から07年まで米国に在住。 メジャーリーグを中心に、ゴルフ、格闘技、オリンピックを取材。 08年に帰国後は主にプロ野球取材に従事。 17年からフリーライターとして活動。

次の

佐々木千隼

ロッテ 佐々木

ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木朗希投手が公式戦開幕前の1軍の練習試合での登板が見送られることが決まった。 井口資仁監督は4日、ZOZOマリンスタジアムで「5月26日にシート打撃で投げてから、体調面で戻らないところがある。 今回の練習試合は見送ろうと思う」と述べた。 当面はノースローで、1軍に同行して調整する。 佐々木朗は岩手・大船渡高3年だった昨年4月に最速163キロをマークして脚光を浴びた。 プロ入り後は5月26日に初めて実戦形式のシート打撃に登板し、160キロを2度記録。 実戦での初登板に期待が高まっていた。 吉井理人投手コーチは「160キロぐらいを出してしまうと、今の体ではたぶん持たないと思う。 強度が上がると、大きな故障につながる可能性がある」と説明。 キャッチボールの再開時期については「メディカル部門の者と相談しながらやっていく」と話した。 〔共同〕.

次の