エン クロン クリーム。 【販売終了しました】●エンクロン クリームEX 12g: 医薬品・医薬部外品クリエイトSDネットショップ

エンクロン軟膏EX

エン クロン クリーム

それぞれに有効期限がありますのでご注意ください。 JAPAN IDとの連携が必要です。 Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウント連携が済んでいない場合、PayPayボーナスライトは未連携残高となります。 なお、未連携残高の状態ではPayPayボーナスライトは利用できません。 注文内容確認画面で、合計獲得予定特典を必ずご確認ください。 キャンペーンにより、100円未満(税込)の商品および酒類、ノンアルコール飲料については特典付与対象外になりますのでご注意ください。 商品名 エンクロン UFクリームEX 12g JANコード 4903301293675 メーカー名 リスク分類 第二類医薬品 商品分類 皮膚用薬 作用と特徴 非ステロイド系抗炎症剤ウフェナマートに、かゆみを抑えるジフェンヒドラミンと殺菌消毒作用のあるベンゼトニウム塩化物を配合していますので、皮膚炎、湿疹、おむつかぶれなどの皮膚の炎症症状に優れた治療効果を発揮します。 <用法・用量に関する注意> (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。 (2)目に入らないよう注意してください。 万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。 なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。 (3)外用にのみ使用してください。 (4)患部を清潔にした後、塗布してください。 成分・成分量 1g中 成分・・・分量 ウフェナマート・・・50mg ジフェンヒドラミン・・・10mg グリチルレチン酸・・・3mg トコフェロール酢酸エステル・・・5mg ベンゼトニウム塩化物・・・1mg 添加物として、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、ワセリン、ジメチルポリシロキサン、流動パラフィン、スクワラン、ステアリン酸ポリオキシル、ステアリン酸グリセリン、グリセリン、1,3-ブチレングリコール、クエン酸、クエン酸Na、パラベンを含有します。 使用上の注意 <相談すること> 1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 (3)湿潤やただれのひどい人 2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位・・・症状 皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ、はれ、刺激感(ヒリヒリ感)、熱感、乾燥感 3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 保管および取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。 ) 問い合わせ先 お買い求めのお店又は下記にお問合せください ライオン株式会社 お客様センター 電話番号・・・0120-813-752 電話受付時間・・・9:00〜17:00(土、日、祝日を除く) 添付文書 備考 【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。

次の

ヨドバシ.com

エン クロン クリーム

ステロイドの強さ 脱ステロイド支援アトピー対策の部屋 > ステロイドの強さ 当HPは脱ステロイドの情報交換・悩み相談のための場所です。 また、副作用の強いステロイドを使わない非ステロイド療法でのアトピーの治療の紹介をおこなっております。 MENU コンテンツ 軟膏 サプリメント 自然製品等 LINK ステロイドの強さの種類 ステロイド強さはStrongest、Very Strong、Strong、Medium、Weakの5つにわかれています。 デルモベートとジフラールは最も強いStrongestであり、 ネリゾナとトプシムとパンデルとリンデロンDPとマイザーは次に強いVery Strongであり、 リンデロンVとベトネベートとフリコートとプロパデルムはその次の強さであるStrongであり、 ケナコルトとレダコートとロコイドとアルメタとキンダーベートは中間の強さであるMediumであり、 プレドニゾロンとコルテスはいちばん弱いWeakとして分類されています。 強いステロイドほど湿疹治療に強力な効果がありますが、 その分、強い副作用があります。 強いステロイドを長期間塗り続けるのは非常に危険です。 アトピー患者にとってステロイドの使用はステロイド性皮膚炎に陥る危険があります。 ステロイド処方薬を強さ別に表にまとめました。 表の見方は以下になります。 吸収率は前腕部を1. 0として頭が3. 5、前頭が6. 0、下顎が13. 0、背中が1. 7、 腋が3. 6、前腕の伸側が1. 1、手のひらが0. 83、足関節が0. 42、足底が0. 14です。 陰嚢がいちばん高く42です。 弱いステロイドだからといって吸収率が高い場所に使っていると 強いステロイドを塗っているのと同じ分の副作用が心配されます。 顔や外陰部は吸収率が高いので注意しましょう。 普通に薬局で販売されている市販薬にもステロイドを含むものがあります。 以下にステロイドが入ってる市販薬を載せます。 上記のステロイドのリンクを見てみても weakランクのステロイドでは数百件(重複含む)の商品がヒットしてます。 皮膚炎の薬の他に、虫刺されの薬や痔の薬、口内炎の薬、花粉症の薬などでステロイドを含むものがあります。 脱ステロイド中の人は注意しましょう。 Copyright C 脱ステロイド支援アトピー対策の部屋 2003 All Rights Reserved 累計 今日 昨日.

次の

かゆい時に頼りになるアイテムが、売り切れておったので

エン クロン クリーム

次の部位には使用しないでください。 1 水痘 水ぼうそう 、みずむし・たむし等又は化膿している患部 2 目の周囲、粘膜 例えば、口唇等 2. 長期連用しないでください。 次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。 1 医師の治療を受けている人 2 本人又は家族がアレルギー体質の人 3 薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人 4 患部が広範囲の人 5 湿潤やただれのひどい人 6 妊婦又は妊娠していると思われる人 2. 次の場合は、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。 1 使用後、次の症状があらわれた場合 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤、かゆみ、はれ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感 皮ふ 患部 :みずむし・たむし等の白癬症、にきび、化膿症状、持続的な刺激感 3. 5~6日間使用しても症状が良くならない場合• 5mg:湿疹、皮膚炎等の炎症を抑えます。 ジフェンヒドラミン塩酸塩:20mg:湿疹、かぶれ等に伴うかゆみを抑えます。 クロタミトン:50mg:湿疹、かぶれ等に伴うかゆみを抑えます。 トコフェロール酢酸エステル:5mg:血行を促進し、治療を助けます。 イソプロピルメチルフェノール:1mg:患部の感染を防ぎ、症状の悪化を防ぎます。 セトステアリルアルコール、中鎖脂肪酸トリグリセリド、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ステアリン酸グリセリン、メチルパラベン、プロピルパラベン、プロピレングリコール、エデト酸Na水和物、l-メントール、pH調節剤2成分、その他1成分.

次の