スマホ 位置 情報 履歴。 自分の行った場所がバレる?Googleのロケーション履歴をON/OFFしたり消す方法(Android / iOS)

iPhoneをよく利用する場所の位置情報「行動履歴」を確認・削除する方法

スマホ 位置 情報 履歴

スマホで行動履歴・移動履歴を確認する方法|Googleマップアプリ スマホのGoogleマップアプリでは、自分自身が立ち寄った場所・移動経路・時間などの行動履歴を記録する「タイムライン」機能があり、以下の方法で確認することができます。 なお、手順内で使用しているスマホはAndroidとなります。 今日の行動履歴を確認• スマホ内にあるGoogleマップアプリを開きます。 アプリ内の右上にあるアカウントアイコンをタップします。 メニューが表示されるので「タイムライン」を選択します。 Googleマップに「今日」の行動履歴が表示され、画面上部は「地図上での移動履歴」、画面下部は「時系列での移動履歴」となります。 今日の「移動履歴」画面。 モザイク処理をしてありますが、画面上部には「地図上での移動履歴」が表示され、画面下部には「時系列での移動履歴」が表示されます 「地図上での移動履歴」、「時系列での移動履歴」をそれぞれ全画面で表示 「移動履歴」画面では、「時系列での移動履歴」の箇所を上下にスライドすることにより、「地図上での移動履歴」、「時系列での移動履歴」を、それぞれ全画面で表示できます。 また、「地図上での移動履歴」では地図のスクロール・拡大縮小もできます。 過去の行動履歴を確認 過去の行動履歴・移動履歴は、上記の「移動履歴」画面から、次の2つの方法で確認できます。 「移動履歴」から確認 「移動履歴」画面にある''を選択することで、日付を1日ずつ前後させ、指定した日の行動履歴を確認できます。 また、「移動履歴」画面を左右にフリックしても、日付を前後させることができます。 「移動履歴」画面。 「時系列での移動履歴」の上部にある''を選択することで、日付を1日ずつ前後させ、指定した日の行動履歴を確認できます カレンダーから確認 「移動履歴」画面の上部にある現在の「日付」をタップするとカレンダーが表示されるので、カレンダー内から日付を選択することで、指定した日の行動履歴を確認できます。 「移動履歴」画面。 上部にある現在の「日付」をタップするとカレンダーが表示されます。 また、直近の日付は「今日」「昨日」と表示されます。 「日付」をタップすると表示されるカレンダー。 行動履歴を確認したい日付を選択します。 また、カレンダーを左右にスライドさせることで「月」を変更できます 行動履歴を削除・OFFにする場合 タイムライン(行動履歴)をOFFにする方法や、記録した過去の履歴を削除する方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

次の

ロケーション履歴とは?Googleの位置情報の履歴を見れるサービスの使い方を解説!

スマホ 位置 情報 履歴

Google はどうやってユーザーの位置情報を取得するのか、気になったことがある人もいるのではないでしょうか。 Google 検索や Google マップの利便性を向上させる、位置情報の取得の仕組みや理由について解説します。 設定方法についても見ていきましょう。 Google が位置情報を利用する理由と仕組み Google 関連のサービスを利用していると、位置情報を取得することに同意を求められることがあります。 これに No と答えても、位置情報を取得しているように思える検索結果がでることもあるでしょう。 サービスの利用が快適になっても、理由がわからなければ気分がよくないかもしれません。 ここでは、 Google が位置情報を利用する理由と仕組みについて紹介します。 なぜ位置情報を集めるのか Google は、インターネット関連のさまざまなサービスを提供する巨大企業です。 日本人がインターネット検索する場合には、ほとんどのケースで Google の検索エンジンを使っています。 Google のユーザーが目にする情報は、 Web サイト上の文字情報だけではありません。 レストランが混雑する時間帯や渋滞を避けた運転ルートなども、 Google が収集する情報によるものです。 世界中のユーザーが位置情報を提供することにより、 Google を利用するすべてのユーザーの利便性が高められていきます。 現在地を認識する仕組み スマホや PC でインターネット接続する際には、各デバイスに『 IP アドレス』が割り当てられます。 これはデバイスのインターネット上の住所にあたり、 IP アドレスからデバイスの接続エリアのおおまかな判断が可能です。 Google 検索を利用するときにはインターネット接続しているため、 IP アドレスが自動的に取得されます。 ほかには、 GPS の位置情報も代表的です。 GPS に関しては、 Google 製のナビゲーションアプリなどを使った際に取得します。 また、 Google 検索での過去の検索履歴も、間接的な位置情報です。 ユーザーが特定の地域の情報を検索すると、そこに関心があるものとしてそのエリアのおすすめ情報が表示されます。 位置情報の設定について ここまで見てきたように、 Google が取得する位置情報の取得には複数の方法があります。 Google 検索を利用するときの IP アドレスや検索傾向は自動的に処理されるため、ユーザーが送信するかしないかを選べません。 デバイスの移動による位置情報に関しては、『ロケーション履歴』の設定でオン・オフの切り替えが可能です。 この切り替え方法と、自宅や職場の位置情報の設定について見ていきましょう。 ロケーション履歴のオン・オフ Google アカウントにログインして現在地送信機能がオンになっていると、デバイスの位置情報の遷移が『ロケーション履歴』に保存されます。 ロケーション履歴は、 Google が検索結果の最適化などを行うための情報です。 Google 純正の OS である Android では、『設定』アプリからロケーション履歴のオン・オフが変えられます。 使っている端末だけでなく、 Google アカウントでひも付けられているすべてのデバイスのオン・オフの切り替えも可能です。 iPhone では、インターネット経由で『アクティビティ管理』にアクセスするか、『 Google アプリ』の内部設定からオン・オフを切り替えます。 自宅や職場の設定 Android のスマホやタブレットでは、自宅や職場を設定して通勤時の混雑情報などを受け取れます。 まずは Google アプリを起動しましょう。 右下のメニューアイコンから『設定』をタップします。 『 Google アシスタント』から『設定』『登録情報』『自宅と職場の場所』の順にタップしましょう。 ここで、自宅や職場の場所を入力できます。 iPhone や iPad の AI アシスタントは Siri であるため、 Google アシスタントとひも付けた設定はできません。 代わりに『 Google マップ』などのアプリで、自宅や職場の場所を設定できます。 位置情報の管理 ロケーション履歴では、任意の期間の位置情報の削除ができます。 この削除方法と、ほかのユーザーと位置情報を共有する方法についても見ておきましょう。 ロケーション履歴の削除 ロケーション履歴は、『 Google マップ』アプリかインターネット経由で削除できます。 Google マップでは、左上のメニューアイコンから『タイムライン』をタップしましょう。 次に、『 … 』アイコンから『設定とプライバシー』をタップします。 『現在地設定』の『指定期間のロケーション履歴の削除』から、任意の位置情報の削除が可能です。 この操作の手順は、 Android でも iPhone でも変わりません。 現在地情報の共有 現在地の情報をほかのユーザーと共有するには、複数の方法があります。 共有相手が Google アカウントを持っている場合は、『 Google コンタクト』に相手のアドレスを追加しましょう。 Google マップを開いてから Google アカウントにログインして、メニューアイコンの『現在地の共有』から、指定の相手に位置情報を送信できます。 共有相手が Google アカウントを持っていない場合は、『現在地の共有』までは同じ手順です。 Android ではクリップボードにコピーして共有、 iPhone では iMessages での送信か別のアプリでの共有を選択できます。 移動情報や到着時刻の共有 移動情報を共有するには、まず Google マップを開いてナビゲーションを開始しましょう。 『移動情報を共有』をタップして、リストから相手を選んで『共有』をタップすれば完了です。 到着時刻を共有したい場合は、ナビゲーションを開始してから『移動状況を共有』をタップしましょう。 あとの手順は同様です。 いずれの場合も、ナビを停止するか目的地に到着すると現在地の共有は停止します。 Android でも iPhone でも操作の手順は同様です。 構成/編集部.

次の

個人情報を守る ! iphone & Android 位置情報サービス 確認・削除方法 ! スマホ(iphone・Android) 位置情報 削除法 !【教えてもらう前と後】

スマホ 位置 情報 履歴

Google の「ロケーション履歴」という機能をご存知ですか? 試しに下のリンクを開くと、あなたが移動した履歴が表示されると思います。 (表示されない人もいますが)• このように「ロケーション履歴」はスマホユーザーがいつ、どこを訪れたのかを Google が記録してくれる機能です。 「ロケーション履歴」は本人しか閲覧できない非公開情報です。 しかし、家庭で共用スマホやPCを使っている場合など、Google アカウントにログインしたままの端末を他人が触れる状況だと、あなたがどこに行ったのかが筒抜けになってしまう原因にもなります。 そのような場合は、ロケーション履歴をOFFにしたり、また、訪問した場所をピンポイントで書き換え・編集することもできます。 ただし、「ロケーション履歴」がOFFになっていると一部の Google 系サービスで支障が出る場合もあります。 基本的にはONにしておいた方が良い機能ですので、Google 系サービスで問題が出ている人は、設定がONになっているか確認することも大事です。 ロケーション履歴をOFFにしたい場合は、この設定だけでOKです。 ロケーション履歴を管理するには、Googleマップアプリの「タイムライン」を開いて、 右上のメニューから「設定」を開きます。 ) この画面でロケーション履歴を「ON」「OFF」すればOKです。 (ただし、iOS 端末の設定は管理できません。 ロケーション履歴が収集した情報は、様々な Google サービスの品質向上や、個別ユーザー向けパーソナライズに活用されています。 具体的には、先に紹介した Google マップのタイムライン機能だけでなく、「Google Now」「Google ローカルガイド」「Google アンケートモニタ」など幅広いサービスで役に立っているのです。 「ロケーション履歴」は、どうも機種変更のタイミングで個別機種毎にOFFになってしまうことがある気がするので、機種変更時には今回の方法で確認しておくと良いでしょう。 ちなみに、WEB版・Android版Googleマップのタイムライン機能を使うと、何月何日の何時にどこに行った。 という情報をピンポイントで編集することもできますよ。

次の