麻 婆 豆腐 オイスター ソース。 本格的な麻婆豆腐 作り方・レシピ

麻婆豆腐のレシピ/最小限の材料で美味しく!:白ごはん.com

麻 婆 豆腐 オイスター ソース

概要 [ ] の辛さである「辣味」(ラーウェイ)との痺れるような辛さである「麻味」(マーウェイ)を特徴とする。 四川省では、花椒は粒で入れるほか、仕上げにも粉にひいたものを、表面が黒くなるほど大量に振りかける。 日本では従来は辛みを抑えるためや、材料を入手するのが難しかったことから花椒を抜いたり、本場の舌の痺れるほどの量をいれている店はほとんど存在しなかったが、近年の激辛ブームやグルメブームにより、本場とほぼ同じレシピで作る店も登場している。 また、本場風の味付けと日本で一般的な味付けの両方から選択できる店もある。 「麻婆」(マーポー)とはあばたのあるおかみさんの意で、後述する劉氏があばた面だったことに由来する。 「麻婆」のの発音は濁らないマーポー(mapo)だが、日本ではこれをマーボー(mabo)と濁らせて呼んでいる。 日本では、やが派生料理のように扱われて普及しているが、本来はそれぞれ「 」(ユーシアンチエズ)と「 」(マーイーシャンシュ)という別の風味ので、麻婆豆腐とは関係ない。 本品の特徴は、麻(マー)、辣(ラー)、燙(タン)、酥(スゥ)、嫩(ネン)、鮮(シェン)、香(シャン)に注意を払うことであるとされる。 また焼(シャオ、油とスープの煮込み)に似た、少ないスープで材料の水分を抜き出す、四川の方言で「火毒」(火ヘンに毒、ドン)という調理法である。 「麻」「辣」は前述通りで四川料理に特徴的なスパイスの使い方。 ひき肉を炒め周囲が焦げるくらい火を通す工程で肉の生臭みが消え、カリカリとし香ばしくなる。 これを「酥」という。 豆腐はエッジが立つ硬さではなく、しかし崩れぬよう湯通しした柔らかな食感を「嫩」という。 「燙」は強い加熱。 出汁の旨味を「鮮」といい、香り高いことを「香」という。 歴史 [ ] のの治世(以降)に、の北郊外の万福橋で陳興盛飯舖を営む陳森富の妻の劉氏が材料の乏しい中、有り合わせの材料で来客(労働者)向けに作ったのが最初とされる。 陳劉氏の顔にはあばた(麻点)があったため、「陳麻婆」と呼ばれていたので、彼女が作る名物の豆腐料理も「陳麻婆豆腐」と呼ばれた。 当初の麻婆豆腐は、先にでを熱してから、唐辛子の粉を入れて辛みと香りを出してからオプションの牛肉とトウチを入れ、豆腐と水少量を入れて混ぜ、蒸らして味を吸わせてから、最後に花椒の粉を加えたという。 清の周詢は『芙蓉話旧録』に「北門の外に陳麻婆という者がおり、豆腐をうまく料理する,豆腐代に調味料と調理代を含めて、ひと碗の値段は八文。 酒や飯も合わせて売っており、もし豚肉や牛肉を入れたければ、客が持参するか、代金を払って用意して貰うことも可。 店の屋号は知る人が多くないが、陳麻婆と言えば知らない者はいない。 そこまで町から4、5(2余り)あるが、食べに行く者は遠くても気にしない。 」という内容を記している。 後に店の名前も「陳麻婆豆腐店」と呼ばれるようになり、この陳麻婆豆腐店は成立後に成都市飲食公司の所有する国営企業となり、商標となってからは国の許可を得た民間の店舗も成都に存在する。 また、成都市飲食公司の認可により近年日本にも店舗を出した。 では以降に"古い因習を打破するため"と味の成り立ち 上記の通り系の"辣"と系の"麻"の二種類の辛味を用いる為 とから「麻辣豆腐」と改称するように提唱されたこともあるが、現在は「麻婆豆腐」と称する方が一般的である。 日本では、四川省出身の料理人が、日本人の味覚で受け入れ易く調製して、に店舗およびNHKのTV番組『きょうの料理』で披露して、一般家庭でも広まっていった。 肉やスープの素などの素材がされていて豆腐と水だけで作れる「麻婆豆腐の素」も日本で商品化され普及している。 (昭和46年)にが「麻婆豆腐の素」を開発・商品化したのが最初であり、他の食品メーカーも追従する形となった。 その後、やでも類似の商品が発売され、中国にも類似の商品がある。 本場成都の陳麻婆豆腐店も激辛のレトルトパック調味料を販売しており、日本にも輸入されている。 頃より、前述の丸美屋食品工業からも(主として)限定で陳麻婆豆腐(具入り)が発売されている。 近年では本場風に郫県豆板醤を使用して花椒を強く効かせたものを「四川麻婆豆腐」または「陳麻婆豆腐」と称し、陳建民が日本人向けにアレンジした「麻婆豆腐」と区別する傾向があり、頃からは1階に出店した茶寮(閉店)などの老舗や大手、新参の中華料理店が挙って本場四川風の麻婆豆腐に力を入れるようになり、麻婆豆腐専門店も登場している。 一方、大衆的な店舗では丼飯の上にこれをかけ、 麻婆丼の名で提供している。 日本式の作り方(4人分) [ ]• 10gと(大蒜)10gをにしておく。 または50gほどを、にする。 で多めのを熱して、赤唐辛子は1本(小)と花椒を数個入れ、油に香り移しする。 赤唐辛子を鍋から出し種を取ってにする。 花椒は擦っておく。 2丁(600gほど)を約2分間湯通ししたあと、水気を切って1. 5cm角に切る。 沸騰したてのお湯に10分ほど漬けると灰汁抜きになる。 中華鍋で牛または豚の(約200g)を色が変わるまでしっかりと炒めた後、1. と豆板醤(大さじ1と半分)を加えて香りが出るまで炒める 炸醤 ザージャン:肉味噌のこと を作る。 青ねぎは2. の半分量を入れて炒める。 (小さじ1杯)、(大さじ1杯)、(カキ油。 大さじ1杯)、(大さじ1杯)を加え、挽き肉と満遍なく馴染んだらカップ1杯の鶏がらスープと豆腐を加えて軽く煮る。 (大さじ半分)を水溶きして加え、を鍋肌から加えて、サッと煮る。 器に盛り、2. の青ねぎの残りと粉花椒(少々)を散らす。 をトウチの代用品とすることは、陳建民が発案した。 を使う場合もある。 四川式の作り方(2人前) [ ]• 豆腐1丁()を2cm弱のサイコロに切り、2分ほどする(煮崩れ防止と歯ごたえ向上のため)。 を作る。 (トウチ)小匙1(好みに応じて)、(大蒜)みじん切り大匙2、四川産唐辛子の粉大匙1杯から2杯(日本産の時は辛味が強いので大匙1杯に減らす) 、小匙1、大匙1、少々、と一つまみを混ぜておく。 に大匙2を強火で熱し、豆板醤大匙1と半分を香りが立つまで炒める。 香りが出たら牛100gを入れ、ぱらぱらになるまで炒める。 より拘るなら、100gを約7~8mm角に刻んだものを少々干してからカリカリになるまで炒める。 の合わせ調味料を入れて肉を調味して少し炒めた後に、鶏がらスープ180ccを注ぐ。 ニンニクの葉(葉大蒜)40gを1cmの斜め切りにして加え、1. の豆腐を加える。 豆腐を加えたら弱火にして、2分弱煮込む。 水溶きを加えて強火にしてとろみを付け、大匙3杯と花椒油(花椒10gを250mlで30分ほど弱火で煮出したもの)大匙1杯を回しかけて一混ぜし、火を止める。 器に盛り、花椒の粉(できれば四川山椒)を大匙3杯振りかける。 脚注 [ ].

次の

麻婆豆腐に合うおか9選と副菜やスープ、おすすめ献立メニュー!|献立寺

麻 婆 豆腐 オイスター ソース

日本人で「麻婆豆腐(マーボーどうふ)」を知らない人がいるだろうか? 「中華の神様」こと料理人の陳建民氏が日本風にアレンジして広めたもので、1970年代に普及。 いまや幼稚園や保育園の給食にも登場するほどで、国民的中華と言っても過言ではない。 さて、そんな「麻婆豆腐」だが、中国には一文字違いの 「麻辣豆腐(マーラーどうふ)」というものがあるのをご存知だろうか? 一文字違うだけで、結構異なる? 「婆」と「辣」って何が違うのさ!? まずは元中国住みの沢井メグが実際に食べていたものを紹介したい。 中華だしの素でOK。 お湯でも没問題。 ・水溶き片栗粉:大さじ2 【作り方】 1.豆腐を一口サイズに切り、鶏がらスープでゆでる。 なければお湯でもOKだ。 2.トウガラシを輪切りに、ネギ、ニンニク、ショウガをみじん切りにしておく。 3.フライパンに油をしき、トウガラシと花椒を入れてから点火。 4.香りが立ってきたらニンニク、ショウガ、豆板醤を炒める。 5.豆腐を入れる。 続いて醤油、オイスターソースを投入。 鶏がらスープ(お湯)を少し足し、調味料が豆腐に絡むようにひと煮立ちさせる。 6.火をとめ、最後に水溶き片栗粉を入れて完成。 そう! 私が中国の食堂で食べていた「麻辣豆腐」は、平たく言えば「肉なしマーボー」! 調味料のウマミ、辛さ、豆腐のクリーミィさが渾然一体となり、実にウマイ! 肉が入っていなくても、物足りなさを感じはしないのだ。 通っていた食堂の最安メニューであり、お金のなかった留学生活はコイツに支えられたと言ってもいいだろう。 社会人になりひき肉くらい買えるようになったが、やっぱり今食べても美味しいなぁ。 ・結局、麻辣豆腐って麻婆豆腐と何が違うの? さてそんな麻辣豆腐は麻婆豆腐と一文字違うが、何の意味があってこうなってしまったのだろう? そもそも麻婆豆腐の「麻婆」は、発明者の姿「あばた(麻)のオバさん(婆)」を意味することは有名な話だ。 一方、「麻辣」の麻は「痺れる辛さ」であり、辣は「日本でいうところの辛い」だ。 そう、婆と辣ばかりか「麻」の意味まで違ったのだ。 では、料理としてはどう違うのか。 私は、通っていた店のお姉さんに「麻辣豆腐は麻婆豆腐の肉なしバージョンだよ」と説明されたことがある。 ネット上でも同様の意見があるものの、実は諸説あるよう。 それらをまとめると…… 説1:麻婆は四川料理、麻辣は東北料理。 説2:麻婆は固有名詞、麻辣はあの料理自体をさす一般名称。 説4:麻婆は肉あり、麻辣は肉なし。 「説2」については少し説明が必要だろう。 聞けば、四川省の店のみが「麻婆豆腐」であり、本来ほかの店が出すあの料理は「麻辣豆腐」と呼ばなければならない。 が、あまりに有名になりすぎて麻婆が一般化してしまった……ということらしい。 商標ほど厳密ではないが、たとえるなら「宅急便」がクロネコヤマトの宅配サービスのみをさし、他社の類似サービスは「宅配便」と呼ばなければならない、と似ているのかもしれない。 私個人は友人などからも「説4」を聞くことが多かったのだが、皆さんはどうだろう? ただひとつ言える事実は……マーボー的なあの辛い豆腐料理は、肉がなくても結構ウマイということだ。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

中華調味料一覧|業務用製品事業|富士食品工業株式会社

麻 婆 豆腐 オイスター ソース

こんにちは、マイルス・スマイルです。 今回検証する料理は「 麻婆豆腐」 さまざまなレシピ、作り方の情報をもとに、美味しい麻婆豆腐を作る方法を調べ上げました。 ひき肉から出てくる白い脂が透明になるまで、しっかり炒めること。 豆板醤は、油で炒めることで風味が引き立つ。 2.にんにく、生姜、長ねぎをみじん切りに、青ねぎを小口切りにする。 3.水溶き片栗粉を用意する。 片栗粉小さじ2に水小さじ4を加えてまぜ合わせる。 4.熱したフライパンに油を引いて、中火でにんにくと生姜を炒める。 5.にんにくと生姜の香りが立ったら、ひき肉を加えて、白い脂が透明になるまでしっかり炒める。 6.豆板醤を加えて炒める。 8.煮立ったら豆腐を加えてさっと加熱する。 9.長ねぎを加えて火を弱火にして、水溶き片栗粉を加えてよくまぜ合わせる。 10.火を強めて煮立たせ、とろみを定着させる。 仕上げにごま油を加える。 11.皿に盛り付けて、青ねぎを添え、お好みで粉山椒をふる。 さて、お味のほどはどうでしょうか? 味が複雑でおいしい!本格的な麻婆豆腐! ひき肉、香味野菜、各調味料、さまざまな旨みが混ざり合い、実に豊かで複雑な味わいの麻婆豆腐です! テンメンジャン、紹興酒が奥深い風味を生み出しています。 ごはんにかけて食べると、もう止まらない! 麻婆豆腐は、中華料理の基本を学ぶのにも最適な料理だと思います。 水溶き片栗粉を加えてから、火を強めて煮立たせるのも大きなポイント。 こうしないと、とろみが定着せず、水っぽくなってしまいます。

次の