ピアゴ 香貫。 ピアゴ香貫店|「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ

ピアゴ香貫店│「イイこと、プラス。」 アピタ・ピアゴ

ピアゴ 香貫

(愛知県名古屋市にあるアピタ千代田橋店) (岐阜県関市片倉町にあるピアゴ関店) 両スーパーを展開しているのは、サークルKサンクス等も運営している、ユニーファミリーマートホールディングス 9月1日に、コンビニファミリーマートとサークルkサンクスが経営統合した為に、ユニーファミリーマートホールディングスと会社名が変わったが、統合前は、ユニーグループ・ホールディングスとして、アピタピアゴなどの総合スーパー、サークルkサンクス(コンビニ)、ユーホーム(ホームセンター)等、主に総合小売業として活躍してきたユニーグループ。 国内の総合小売業としては、イオン、セブン&アイ・ホールディングスに次いで、国内第3位の売上高をほこる。 又財務体質も良いことから、社債格付けはセブン&アイホールディングス(イトーヨーカ堂)、平和堂、イズミに次ぐ高さを誇っている会社である。 そんな小売業界にとっての大型店が大量閉店をしてしまう理由について紹介します。 アピタ・ピアゴ大量閉店の理由 総合スーパーである、アピタ・ピアゴを運営するユニーファミリーマートホールディングスは、同事業の見直しを進めており、不採算店(利益が出ない店)の退去。 逆に高収益の店舗、収益が見込める店舗に対しては、投資をするという方針を示し、その一環で一部の不採算店が大量閉店という形で公表されました。 総合スーパーの大量閉店は、イトーヨーカドーも同じように進めています。 大手スーパー事業は、今後収益が見込めないと予想しているのでしょう。 このことは、ファッションビルを展開するPARCOや百貨店も同様の事を進めており、今後本格的な高齢化社会に突入する中、小売業の市場は、縮小の一途をたどることが想定されているのでしょう。 今まで経済の成長に合わせ、出店を繰り返してきましたが、今は踊り場を超え、下り坂に入っていく場面。 何か違う形で収益を確保することができない限り、今後も同様の事例が数多く出てくるものと思われます。 アピタ・ピアゴ閉店予定店舗と閉店が見込まれる店舗一覧 総合スーパーのアピタとピアゴについて、公表されている事実と、ネット上などで噂されている点を盛り込み、現店舗並びに閉店店舗、閉店予定店舗について一覧を作成しました。 9月1日にファミリーマートと経営統合する流通大手のユニーグループ・ホールディングス(GHD)が、不採算店に大ナタを振るった。 傘下のコンビニエンスストア、サークルKサンクス(CKS)約6250店のうち約1000店を、店舗移転も含めて2019年2月期末までに閉鎖すると8月9日に発表。 また、現在216店ある総合スーパー(GMS)も、19年2月期末までに約25店を閉鎖する。 ユニーGHDは、該当するCKSの店舗の詳細を明らかにしていないが、対象となるのは経営統合でファミマという新ブランドに転換しても、収益改善が難しいと判断された店舗だとしている。 ただ、CKSはここ数年にわたり、移転も含め毎年350店程度を閉鎖しており、「2年半で1000店の閉鎖は驚くようなペースではない」(ユニーGHD)。 このときと比べれば、今回発表された閉鎖店舗の割合は小さく、「経営統合しても、店舗数は減らさない」と強調してきた、統合新会社で社長に就任するファミマの上田準二会長の意向が反映された格好だ。 GMSに残る赤字店舗 ユニーGHDは今回のリストラに伴い、店舗の減損など総額720億円の特別損失と棚卸し資産評価損を、17年2月期上半期決算に計上する。 ただし、CKSに関連するものは約80億円で、大半はGMSに起因する損失である。 このうち閉店する約25店の閉鎖に伴う費用や固定資産の減損は120億円程度。 それを除いた430億円は、今回閉鎖対象とはならなかったものの売り上げや利益などの営業計画を下回る店舗の固定資産の減損に伴うものだ。 新規出店や改装など、直近2年の投資分が主だといい、「今のうちに減損しておけば、減価償却費などの固定費が減り、統合後にGMS事業の利益が出やすくなる」とユニーGHDの幹部は語る。 ここ2年のGMSの取り組みが失敗だったと半ば認めたユニーGHDだが、衣料品や住宅関連用品の売り場の圧縮や、食品の総菜部門の強化などの改革のため、今後3年で総額150億円を投じて75店を改装する計画だ。 つまりユニーGHDには、統合前に先手を打ってリストラ案を示すことで、祖業のGMS事業については統合新会社での主導権を握り、口を出されたくないという思惑があるのだ。 だが、今回閉鎖対象とならなかったGMSの中にも「赤字の店は残っている」(前出の幹部)という。 スーパーマーケット含む流通業は、もう完全に供給過剰状態になっているように感じます。 日本の人口もそうですが、消費が少ない割に、供給面が多い。 となると、今後は生き残りをかけて、壮絶なお客の奪い合いになると思います。 もう既にネットがある一定のお客を取ってしまっている中、今後は、家電業界のように、 大手しか残らない世の中になってしまうのかと思います。 そういう意味では、ドンキホーテという大きな傘の中に入れる分、 まだ良い位置にいるのではないかと思います。 今は時代のスピードが速いので、今後もどんどん変革がなされると思いますが、 アンテナ張って、前向きに、何とか生き延びていきましょう。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の

ベルナール 香貫「先日、イオン袋井店の中のベーカーシェフで買った高級...」:沼津南口・沼津港・沼津南

ピアゴ 香貫

(愛知県名古屋市にあるアピタ千代田橋店) (岐阜県関市片倉町にあるピアゴ関店) 両スーパーを展開しているのは、サークルKサンクス等も運営している、ユニーファミリーマートホールディングス 9月1日に、コンビニファミリーマートとサークルkサンクスが経営統合した為に、ユニーファミリーマートホールディングスと会社名が変わったが、統合前は、ユニーグループ・ホールディングスとして、アピタピアゴなどの総合スーパー、サークルkサンクス(コンビニ)、ユーホーム(ホームセンター)等、主に総合小売業として活躍してきたユニーグループ。 国内の総合小売業としては、イオン、セブン&アイ・ホールディングスに次いで、国内第3位の売上高をほこる。 又財務体質も良いことから、社債格付けはセブン&アイホールディングス(イトーヨーカ堂)、平和堂、イズミに次ぐ高さを誇っている会社である。 そんな小売業界にとっての大型店が大量閉店をしてしまう理由について紹介します。 アピタ・ピアゴ大量閉店の理由 総合スーパーである、アピタ・ピアゴを運営するユニーファミリーマートホールディングスは、同事業の見直しを進めており、不採算店(利益が出ない店)の退去。 逆に高収益の店舗、収益が見込める店舗に対しては、投資をするという方針を示し、その一環で一部の不採算店が大量閉店という形で公表されました。 総合スーパーの大量閉店は、イトーヨーカドーも同じように進めています。 大手スーパー事業は、今後収益が見込めないと予想しているのでしょう。 このことは、ファッションビルを展開するPARCOや百貨店も同様の事を進めており、今後本格的な高齢化社会に突入する中、小売業の市場は、縮小の一途をたどることが想定されているのでしょう。 今まで経済の成長に合わせ、出店を繰り返してきましたが、今は踊り場を超え、下り坂に入っていく場面。 何か違う形で収益を確保することができない限り、今後も同様の事例が数多く出てくるものと思われます。 アピタ・ピアゴ閉店予定店舗と閉店が見込まれる店舗一覧 総合スーパーのアピタとピアゴについて、公表されている事実と、ネット上などで噂されている点を盛り込み、現店舗並びに閉店店舗、閉店予定店舗について一覧を作成しました。 9月1日にファミリーマートと経営統合する流通大手のユニーグループ・ホールディングス(GHD)が、不採算店に大ナタを振るった。 傘下のコンビニエンスストア、サークルKサンクス(CKS)約6250店のうち約1000店を、店舗移転も含めて2019年2月期末までに閉鎖すると8月9日に発表。 また、現在216店ある総合スーパー(GMS)も、19年2月期末までに約25店を閉鎖する。 ユニーGHDは、該当するCKSの店舗の詳細を明らかにしていないが、対象となるのは経営統合でファミマという新ブランドに転換しても、収益改善が難しいと判断された店舗だとしている。 ただ、CKSはここ数年にわたり、移転も含め毎年350店程度を閉鎖しており、「2年半で1000店の閉鎖は驚くようなペースではない」(ユニーGHD)。 このときと比べれば、今回発表された閉鎖店舗の割合は小さく、「経営統合しても、店舗数は減らさない」と強調してきた、統合新会社で社長に就任するファミマの上田準二会長の意向が反映された格好だ。 GMSに残る赤字店舗 ユニーGHDは今回のリストラに伴い、店舗の減損など総額720億円の特別損失と棚卸し資産評価損を、17年2月期上半期決算に計上する。 ただし、CKSに関連するものは約80億円で、大半はGMSに起因する損失である。 このうち閉店する約25店の閉鎖に伴う費用や固定資産の減損は120億円程度。 それを除いた430億円は、今回閉鎖対象とはならなかったものの売り上げや利益などの営業計画を下回る店舗の固定資産の減損に伴うものだ。 新規出店や改装など、直近2年の投資分が主だといい、「今のうちに減損しておけば、減価償却費などの固定費が減り、統合後にGMS事業の利益が出やすくなる」とユニーGHDの幹部は語る。 ここ2年のGMSの取り組みが失敗だったと半ば認めたユニーGHDだが、衣料品や住宅関連用品の売り場の圧縮や、食品の総菜部門の強化などの改革のため、今後3年で総額150億円を投じて75店を改装する計画だ。 つまりユニーGHDには、統合前に先手を打ってリストラ案を示すことで、祖業のGMS事業については統合新会社での主導権を握り、口を出されたくないという思惑があるのだ。 だが、今回閉鎖対象とならなかったGMSの中にも「赤字の店は残っている」(前出の幹部)という。 スーパーマーケット含む流通業は、もう完全に供給過剰状態になっているように感じます。 日本の人口もそうですが、消費が少ない割に、供給面が多い。 となると、今後は生き残りをかけて、壮絶なお客の奪い合いになると思います。 もう既にネットがある一定のお客を取ってしまっている中、今後は、家電業界のように、 大手しか残らない世の中になってしまうのかと思います。 そういう意味では、ドンキホーテという大きな傘の中に入れる分、 まだ良い位置にいるのではないかと思います。 今は時代のスピードが速いので、今後もどんどん変革がなされると思いますが、 アンテナ張って、前向きに、何とか生き延びていきましょう。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の

ベルナール 香貫「先日、イオン袋井店の中のベーカーシェフで買った高級...」:沼津南口・沼津港・沼津南

ピアゴ 香貫

(愛知県名古屋市にあるアピタ千代田橋店) (岐阜県関市片倉町にあるピアゴ関店) 両スーパーを展開しているのは、サークルKサンクス等も運営している、ユニーファミリーマートホールディングス 9月1日に、コンビニファミリーマートとサークルkサンクスが経営統合した為に、ユニーファミリーマートホールディングスと会社名が変わったが、統合前は、ユニーグループ・ホールディングスとして、アピタピアゴなどの総合スーパー、サークルkサンクス(コンビニ)、ユーホーム(ホームセンター)等、主に総合小売業として活躍してきたユニーグループ。 国内の総合小売業としては、イオン、セブン&アイ・ホールディングスに次いで、国内第3位の売上高をほこる。 又財務体質も良いことから、社債格付けはセブン&アイホールディングス(イトーヨーカ堂)、平和堂、イズミに次ぐ高さを誇っている会社である。 そんな小売業界にとっての大型店が大量閉店をしてしまう理由について紹介します。 アピタ・ピアゴ大量閉店の理由 総合スーパーである、アピタ・ピアゴを運営するユニーファミリーマートホールディングスは、同事業の見直しを進めており、不採算店(利益が出ない店)の退去。 逆に高収益の店舗、収益が見込める店舗に対しては、投資をするという方針を示し、その一環で一部の不採算店が大量閉店という形で公表されました。 総合スーパーの大量閉店は、イトーヨーカドーも同じように進めています。 大手スーパー事業は、今後収益が見込めないと予想しているのでしょう。 このことは、ファッションビルを展開するPARCOや百貨店も同様の事を進めており、今後本格的な高齢化社会に突入する中、小売業の市場は、縮小の一途をたどることが想定されているのでしょう。 今まで経済の成長に合わせ、出店を繰り返してきましたが、今は踊り場を超え、下り坂に入っていく場面。 何か違う形で収益を確保することができない限り、今後も同様の事例が数多く出てくるものと思われます。 アピタ・ピアゴ閉店予定店舗と閉店が見込まれる店舗一覧 総合スーパーのアピタとピアゴについて、公表されている事実と、ネット上などで噂されている点を盛り込み、現店舗並びに閉店店舗、閉店予定店舗について一覧を作成しました。 9月1日にファミリーマートと経営統合する流通大手のユニーグループ・ホールディングス(GHD)が、不採算店に大ナタを振るった。 傘下のコンビニエンスストア、サークルKサンクス(CKS)約6250店のうち約1000店を、店舗移転も含めて2019年2月期末までに閉鎖すると8月9日に発表。 また、現在216店ある総合スーパー(GMS)も、19年2月期末までに約25店を閉鎖する。 ユニーGHDは、該当するCKSの店舗の詳細を明らかにしていないが、対象となるのは経営統合でファミマという新ブランドに転換しても、収益改善が難しいと判断された店舗だとしている。 ただ、CKSはここ数年にわたり、移転も含め毎年350店程度を閉鎖しており、「2年半で1000店の閉鎖は驚くようなペースではない」(ユニーGHD)。 このときと比べれば、今回発表された閉鎖店舗の割合は小さく、「経営統合しても、店舗数は減らさない」と強調してきた、統合新会社で社長に就任するファミマの上田準二会長の意向が反映された格好だ。 GMSに残る赤字店舗 ユニーGHDは今回のリストラに伴い、店舗の減損など総額720億円の特別損失と棚卸し資産評価損を、17年2月期上半期決算に計上する。 ただし、CKSに関連するものは約80億円で、大半はGMSに起因する損失である。 このうち閉店する約25店の閉鎖に伴う費用や固定資産の減損は120億円程度。 それを除いた430億円は、今回閉鎖対象とはならなかったものの売り上げや利益などの営業計画を下回る店舗の固定資産の減損に伴うものだ。 新規出店や改装など、直近2年の投資分が主だといい、「今のうちに減損しておけば、減価償却費などの固定費が減り、統合後にGMS事業の利益が出やすくなる」とユニーGHDの幹部は語る。 ここ2年のGMSの取り組みが失敗だったと半ば認めたユニーGHDだが、衣料品や住宅関連用品の売り場の圧縮や、食品の総菜部門の強化などの改革のため、今後3年で総額150億円を投じて75店を改装する計画だ。 つまりユニーGHDには、統合前に先手を打ってリストラ案を示すことで、祖業のGMS事業については統合新会社での主導権を握り、口を出されたくないという思惑があるのだ。 だが、今回閉鎖対象とならなかったGMSの中にも「赤字の店は残っている」(前出の幹部)という。 スーパーマーケット含む流通業は、もう完全に供給過剰状態になっているように感じます。 日本の人口もそうですが、消費が少ない割に、供給面が多い。 となると、今後は生き残りをかけて、壮絶なお客の奪い合いになると思います。 もう既にネットがある一定のお客を取ってしまっている中、今後は、家電業界のように、 大手しか残らない世の中になってしまうのかと思います。 そういう意味では、ドンキホーテという大きな傘の中に入れる分、 まだ良い位置にいるのではないかと思います。 今は時代のスピードが速いので、今後もどんどん変革がなされると思いますが、 アンテナ張って、前向きに、何とか生き延びていきましょう。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の