那覇 市 ゴミ 収集 日。 那覇市粗大ごみの出し方

那覇市 標準カレンダー用ごみ収集日のダウンロード

那覇 市 ゴミ 収集 日

那覇市の粗大ごみとは? 指定ごみ袋に入らないものが粗大ごみとなります。 那覇市では捨てられないゴミ• リサイクル家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコン)に該当するもの• 事業系の一般廃棄物(店舗、会社、事業所から出るごみ)• 空き地・墓地などの清掃に伴うごみ• 一時多量ごみ(引越しごみ・自宅から出される多量ごみ)• 産業廃棄物(建築廃材など)• 適正処理困難一般廃棄物(耐火金庫、ピアノ、オートバイ、タイヤ、バッテリー、消火器、ガスボンベ、化学薬品、貯水タンク、ボタン型電池、充電式電池、ボート、浄化槽、看板、自動車、火薬類、染料、廃油、劇薬、農薬など)• その他(消火器、充電式電池・ボタン電池、土・石・砂などの自然物) 那覇市の粗大ごみの捨て方 那覇市で粗大ゴミを捨てる場合は「」「」の方法があります。 戸別回収 行政指定業者が自宅や指定の場所まで回収しに来てくれる方法。 持ち込み処分 清掃施設へ直接持ち込む方法。 戸別回収 以下の手順にしたがって申し込みを行いましょう。 1事前に電話申し込み 電話申込時に収集日と受付番号をお知らせします。 (収集までに10日前後かかることがあります。 ) 1世帯で1度に出せる量は6点までです。 申込先 クリーン推進課 電話番号 098-889-3567 受付曜日 平日 受付時間 午前8時30分~午後5時 2そ大ごみ処理券の購入 料金:1枚300円ご案内した金額分のそ大ごみ処理券を、スーパー・コンビニ等で購入してください。 施設名 那覇・南風原クリーンセンター 住所 〒901-1105 沖縄県島尻郡南風原町新川650番地 電話番号 098-882-6701 受付曜日 月~土曜日 受付時間 午前8時30分~正午、午後1時~午後5時 休日 日曜日・1月1日~3日 料金 10キログラムまでごとに60円 沖縄県那覇市 公式ホームページ お困りの粗大ゴミは沖縄片付け110番までご相談ください!• 引越し準備中に思った以上の不用品が出てきてしまった…。 行政に依頼したいが、取り扱ってくれない…。 引越しの日程が決まっていて、自分では処分する時間がない…。 上記お悩みや不安をお持ちのお客様を対象に、沖縄片付け110番は沖縄県という地域限定にて、お客様のご自宅に出張し、不用品、粗大ゴミの搬出から積込み、最終処分まですべてを行っております。 ゴミ屋敷化してしまったお片付けも可能ですので、お気軽にご相談ください。 引越し退去で時間がない、搬出するのが困難など、様々な理由で行政で処分するのが困難だと判断された方はぜひご検討ください。

次の

那覇市粗大ごみの出し方

那覇 市 ゴミ 収集 日

粗大ごみガイドブック 家庭から出るごみには、燃やせるごみ、資源ごみ、リサイクルするプラスチック、陶磁器・ガラスなどのごみ、有害ごみ、粗大ごみ(大型ゴミ)などに分類されます。 地域によってごみの収集分別方法は様々。 お住まいの地域のルールに従いましょう。 家庭ごみは、週の決められた日に出せば持っていってもらえますが、粗大ごみは粗大ごみ回収窓口で受付をしてから、決められた日に決められた場所に出しておく事になります。 粗大ごみを出すときには、皆様が住んでいる自治体のルールに従って出すようにしてください。 また、パソコンは資源有効利用促進法に基づき家庭から排出されるパソコンについても、メーカーが回収・再資源化の義務化がされております。 家電リサイクル法に基づいた処分が必要となる製品 エアコン、ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の排出方法も家電リサイクル法に基づいた処分が必要となります。 これらの製品は粗大ごみで出すことは出来ません。 まず、お住まいの近くのリサイクルショップに買取やリサイクルを依頼してみる。 しかし、買取金額に過度な期待はせずに、引き取ってもらえたら良い位の気持ちで相談してみましょう。 引越しなどで処分したい場合は家電リサイクル法による処理方法以外にも不用品回収業者に依頼することで、不用品をまとめて処分できます。 まだ使える物、新しいものは買取やリサイクルできるものもあります。 パソコンは資源有効利用促進法に基づき家庭から排出されるパソコンについても、メーカーが回収・再資源化の義務化がされております。 古いパソコン処分方法とPCリサイクルマーク デスクトップパソコン本体・ノートブックパソコン ブラウン管(CRT)ディスプレイ・液晶(LCD ディスプレイ ブラウン管(CRT)ディスプレイ一体型パソコン 液晶(LCD ディスプレイ一体型パソコン PCリサイクルマークとは、平成15年10月以降に販売された家庭用PC(パソコン)に付けられているマークのことです。 PCリサイクルマークの貼ってある製品はすでに購入時に費用を支払済みなので、パソコンの回収・リサイクル時には費用を支払う必要はありません。 「PCリサイクルマーク」を剥がしたり紛失した場合は、回収の際に回収・再資源化料金が発生しますのでご注意ください。 パソコン無料回収でパソコンを処分する とにかく0円で処分したい方は 処分費・データ消去・送料すべて無料はこちらへ をご覧ください。 【無料回収の詳細】 回収費・処分費など費用は一切かかりません! 壊れている物・電源が入らない物、メーカー・機種に関係なく無料回収できます。 ノートパソコンなら古くても買取してもらえます。 すべて無料(0円)でパソコンの処分が出来ます。 処分費・データ消去・送料すべて無料はこちらへ をご覧ください。 家電リサイクル法に基づいた処分が必要となる製品 家電リサイクル法による処理方法以外にも不用品回収業者に依頼することで、不用品をまとめて処分できます。 参考になる不用品回収業者 運び出すのが重くて面倒なのでお任せしたいなら。 業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われる こちらの 廃棄する際は粗大ごみでは出せません。 1)購入したお店または買い換えたお店に依頼する方法。 ただし、小売店ごとに収集・運搬料金が、製造業者等ごとにリサイクル料金が異なるため、それぞれの料金は小売店またはメーカーにご確認ください。 消費者が直接メーカーの指定引取場所に運搬する場合は、収集運搬料金は必要ありませんが、最初に郵便局でリサイクル券を購入してからとなります。 これまでに公表されている大手メーカーのリサイクル料金です。 (参考)メーカーのリサイクル料金の例 大手メーカー各社のリサイクル料金は、エアコン3,240円 税抜3,000円 、テレビ2,916円 税抜2,700円 、冷蔵庫・冷凍庫4,968円 税抜4,600円 、洗濯機2,592円 税抜2,400円 となっています。 まだ使える物、新しいものは買取やリサイクルできるものもあります。 スポンサー リンク.

次の

ゴミの分別情報:沖縄市のごみ分別・処分方法を調べる『ごみ分別ナビ:沖縄市』

那覇 市 ゴミ 収集 日

那覇市の特徴は「5種類分別」 沖縄県庁所在地、沖縄でも最も人口や企業が集中している那覇市ではゴミの量も県内随一。 そんな那覇市では定期収集可能なごみを5種類に分別しています。 分別される種類は那覇市のによると以下。 燃やすゴミ• 燃やさないゴミ• 有害・危険ゴミ・電池• 粗大ゴミ• 適正処理困難物のうち市で収集・処分できるもの となっています。 そして 大切なのは「今、我が家にあるゴミは1~5のどれに入るの?」という疑問だと思うので、上記1~5をもう少し詳しく説明しておきます。 生ゴミ• ゴムや皮革製品• CD、レジ袋、発泡スチロールなどのプラスチック といったいわゆる一般的な可燃物、こちらは非常に分かりやすいですね。 ただし注意事項として• 那覇市指定ごみ袋が必要(スーパーやコンビニ等の小売店で購入)• 生ごみは水切りをしてください。 とのこと、特に生ゴミは匂いの元にもなるのでしっかりと水切りをしておきましょう。 金属(なべ、フライパンなど)• 金属を含む混合物• 割れていない陶磁器• 割れていないガラス• 白熱球• 小型の電化製品(ドライヤー、炊飯器、トースターなど) 燃やさないゴミというよりは「燃えないゴミ」といった方がいいかもしれませんね。 金属やガラスといった燃えない素材が含まれているゴミを指します、そしてまたこちらも以下のような注意事項があります。 また小型の電化製品は粗大ゴミではなく燃やさないゴミとして扱われてるところもポイントですね。 那覇市指定ごみ袋が必要(スーパーやコンビニ等の小売店で購入)• 充電式電池やバッテリーパックは取り外してください• 電池は有害・危険ゴミに含まれます とのこと、 特にバッテリーは非常に危険なので必ず取り外す注意が必要ですね。 那覇市では以下の品目を有害・危険ゴミとして指定しています。 【有害】蛍光灯(購入時の包み箱に入れてください)• 【有害】水銀体温計• 《危険》割れガラス、割れびん• 《危険》板ガラス• 《危険》カミソリ、カッターなどの刃物類• 《危険》ライター そして電池類ですね。 ここでの注意点は 割れてないガラス類は「燃えないゴミ」割れたガラス類は「危険ゴミ」というところじゃないでしょうか? 割れたガラスは非常に危険なので、お子様やご老人を怪我させたりしないようしっかりと注意を払う必要がありますね。 さらにこちらの注意点は以下• 種類ごとに分別し、中身が分かるように、透明・半透明の袋に個別にいれて出してください• 白熱灯は包み箱に入れて「もやさないごみ」の日に出してください• 割れガラス、刃物など、刺さる恐れのあるものは、厚紙で包み「キケン」と書いて、袋に入れてください• ライターは、ライターのみを袋にいれて、他のきけんごみと別々の袋で出してください• 充電式電池やボタン電池は販売店へお問い合わせください 特に最後の「充電式電池やボタン電池は販売店へお問い合わせください」という部分は、充電式電池はリサイクルに使えたりパーツとして利用できるところもあるのでお買い求めの店舗やご近所の電気屋さんに相談するのもいいかと思います。 もちろんおきなわ粗大ゴミ回収センターもご相談を承っていますよ。 こうやって書いてもらうと簡単ですね。 とりあえず指定ゴミ袋に入れてみて入らなければ粗大ゴミ。 粗大ゴミについて那覇市では引取も行っています。 面倒な運び出しや解体そして処分代行などは気軽におきなわ粗大ゴミ回収センターをご利用ください! とはいえ、実際に溢れかえった粗大ゴミに処理券を貼って日時指定で処分を依頼し運び出し…その手間とスピードをすべて解消するのが弊社「おきなわ粗大ゴミ回収センター」です。 お電話一本で即お伺いし、粗大ゴミが何点あっても 軽トラックに積み放題の定額でアッという間に引き取ります。 このお手軽さと迅速な仕事で、お引越しや倉庫整理の速度は一段とスピードアップすること間違いなしです。 カン、瓶、PETボトル• 紙、布類 マットレス・ソファ類は粗大ゴミ処理券で代用することはできず、専用の処理券を使用することが義務付けられています。 こちらも粗大ゴミ同様、事前に予約して処理券を貼り付けるという手順は同じですね。 リサイクルできる資源はかならず分別してまとめましょう 草木・かん、びん、PETボトル・紙、布類は 「資源化物」としてくくられています。 こちらはリサイクルできる資源となりますので、面倒と思わずしっかりと分別しましょう。 回収業の業務中に、公共のゴミ置き場を通るとたまに資源ごみが混同して捨てられている場面もあり、やはりちょっと切ない気持ちになったりします。 大量でまとめるのが面倒だったり、処分の労力がどうしても捻出できないときはいつでもお気軽に弊社にご相談くださいね。 こちらはまた別の記事でお伝えできればと思いますが、今回は一般ごみの処分法のためここまでとさせていただきます。 今のところ那覇市のでも記載されていますので、ぜひチェックしてみてください。

次の