イギリス 苗字 かっこいい。 英語 男性名

最高にかっこいい英語・英単語一覧まとめ100選!

イギリス 苗字 かっこいい

国民の半数以上はキリスト教信仰なので、聖書やキリスト教にまつわる名前が名づけとしてよく使用されます。 イギリスは島国でありながらも、他の近隣の国からも非常に影響を受けています。 ですので、名前もフランス由来だったりオランダ由来のものが多かったりします。 イギリス人の名前のしくみは? イギリス人の名前のしくみ|苗字と名は日本とどう違うの? イギリス人の名前の仕組みとして日本と違うのが、苗字と名前の表記の仕方です。 イギリスでは、名前・ミドルネーム・苗字という順番で表記されます。 苗字を「ラストネーム」、名前を「ファーストネーム」と呼ぶのはここからきています。 イギリス人の名前のしくみ|女性が結婚したら? イギリスでは、女性が結婚した場合は夫の苗字になることが一般的ですが、夫が妻の苗字になることもよくあります。 また、夫婦の名前を2つくっつけて名乗ることも可能なので、非常にフレキシブルでもあります。 ・Liam(リアム) イギリス人男性に多い英語の名前1つ目が、「Liam(リアム)」です。 アイルランドが発祥と言われている男性の名前です。 モダンな名前ですが、近年名づけとして非常に人気が高くなっている名前でもあります。 「毅然とした保護者」という意味を持っています。 ・Noah(ノア) イギリス人男性に多い英語の名前2つ目が、「Noah(ノア)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 聖書に登場する「ノアの箱舟」に出てくる名前でもあります。 「休息」や「癒し」といった意味があります。 ・William(ウィリアム) イギリス人男性に多い英語の名前3つ目が、「William(ウィリアム)」です。 ドイツ語が語源とされていますが、現在では英語の男性の名前です。 「強い意志を持った戦士」という意味がある名前です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前で、「与える者」という意味を持っています。 17世紀のスコットランド国王が「ジェームズ6世」ということから名づけに人気の名前になりました。 ・Logan(ローガン) イギリス人男性に多い英語の名前5つ目が、「Logan(ローガン)」です。 スコットランドが発祥と言われている男性の名前です。 苗字でも見かけることがありますが、男性の名前としても非常にポピュラーです。 「小さな洞穴」という意味を持っています。 ・Benjamin(ベンジャミン) イギリス人男性に多い英語の名前6つ目が、「Benjamin(ベンジャミン)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前で、「右手の子ども」という意味を持っています。 旧約聖書のヤコブの息子として登場する名前でもあります。 「Elijah(エライジャ)」には、「ヤハウェは神である」という意味があり、「Lucas(ルーカス)」には、「光りを与える者」という意味があります。 ・Mason(メイソン)• ・Elijah(エライジャ)• ・Oliver(オリバー)• ・Jacob(ジェイコブ)• ・Lucas(ルーカス)• ・Michael(マイケル)• ・Alexander(アレキサンダー)• ・Ethan(イーサン)• ・Daniel(ダニエル)• ・Matthew(マシュー)• ・Aiden(アイデン)• ・Henry(ヘンリー)• ・Joseph(ジョセフ)• ・Jackson(ジャクソン)• ・Samuel(サミュエル)• ・Sebastian(セバスチャン)• ・David(デビッド)• ・Carter(カーター)• ・Wyatt(ワイアット)• ・Jayden(ジェイデン)• ・Owen(オーウェン) イギリス人男性のかっこいい英語の名前1つ目が、「Owen(オーウェン)」です。 ケルト族の言葉が語源だと言われている男性の名前です。 「若き戦士」という意味や、「良い生まれの者」というような意味があります。 ・Isaac(アイザック) イギリス人男性のかっこいい英語の名前2つ目が、「Isaac(アイザック)」です。 ヘブライ語を語源とする男性の名前です。 「ほほ笑み」という意味を持っています。 旧約聖書の「アブラハム」の息子として登場する名前でもあります。 ・Grayson(グレイソン) イギリス人男性のかっこいい英語の名前3つ目が、「Grayson(グレイソン)」です。 イギリスを起源とする男性の名前です。 中世期の英語では「greyve」は「スチュワード」を意味したため、「Grayson(グレイソン)」は「スチュワードの息子」という意味を持っています。 「Levi(レヴィ)」には「ハーモニー」という意味があり、「Christopher(クリストファー)」には「キリストを運ぶ者」という意味があります。 ・Levi(レヴィ)• ・Christopher(クリストファー)• ・Joshua(ジョシュア)• ・Andrew(アンドリュー)• ・Lincoln(リンカーン)• ・Ryan(ライアン)• ・Jaxon(ジャクソン)• ギリシャ神話に登場する「ポセイドン」の息子の名前としても知られています。 また、ゼウスによって夜空で一番輝く星にもなりました。 名づけとしてはユニークですが、ロマンチックな名前でもあります。 ギリシャ神話に登場する「不死鳥」を意味する名前です。 こちらも非常にユニークな名前ですが、男女ともに使用できるユニセックスな名前でもあります。 ヘブライ語を語源とする男性の名前で、「平和の父」という意味を持っています。 聖書に登場する「アブサロム」の同根語でもあります。 ・Emma(エマ) イギリス人女性に多い英語の名前1つ目が、「Emma(エマ)」です。 ゲルマン語が語源と言われている女性の名前です。 「全て」や「ユニバーサル」という意味を持っており、19世紀から非常に人気となった名前でもあります。 ・Olivia(オリビア) イギリス人女性に多い英語の名前2つ目が、「Olivia(オリビア)」です。 ラテン語が語源とされている女性の名前で、シェイクスピアの「十二夜」の作品の中で登場したのが始まりだと言われています。 「オリーブの木」という意味を持っている名前です。 ・Isabella(イザベラ) イギリス人女性に多い英語の名前3つ目が、「Isabella(イザベラ)」です。 hブライ語を語源とする女性の名前で、「Elizabeth(エリザベス)」という名前の派生バージョンでもあります。 「神に誓う者」という意味を持っています。 ・Sophia(ソフィア) イギリス人女性に多い英語の名前4つ目が、「Sophia(ソフィア)」です。 ギリシャが発祥だと言われている女性の名前です。 イギリスをはじめとするヨーロッパ中で非常にポピュラーな名前で、「知恵」という意味を持っています。 ・Charlotte(シャーロット) イギリス人女性に多い英語の名前5つ目が、「Charlotte(シャーロット)」です。 フランスが発祥と言われている女性の名前です。 「Charles(チャールズ)」という男性の名前の女性バージョンでもあります。 「女性らしい」という意味を持っています。 ・Harper(ハーパー) イギリス人女性に多い英語の名前6つ目が、「Harper(ハーパー)」です。 イギリスが発祥だと言われている女性の名前です。 「ハープを演奏する者」という意味を持っています。 比較的モダンな名前ですが、女性の名づけに人気が高い名前です。 「Emily(エミリー)」は「ライバル」という意味があり、「Scarlett(スカーレット)」には「真紅」という意味があります。 ・Emily(エミリー)• ・Madison(マディソン)• ・Scarlett(スカーレット)• ・Victoria(ヴィクトリア)• ・Grace(グレース)• ・Camila(カミラ)• ・Lillian(リリアン)• ・Aubrey(オードリー)• ・Hannah(ハンナ)• ・Addison(アディソン)• ・Natalie(ナタリー)• ・Savannah(サヴァンナ)• ・Brooklyn(ブルックリン)• ・Zoe(ゾーイ)• ・Paisley(ペイズリー)• ・Violet(ヴァイオレット)• ・Aurora(オーロラ)• ・Lucy(ルーシー)• ・Anna(アナ)• ・Samantha(サマンサ)• ・Stella(ステラ) イギリス人女性のかわいい英語の名前1つ目が、「Stella(ステラ)」です。 ラテン語を語源とする女性の名前で、「星」という意味を持っています。 16世紀頃にはすでに存在していた名前とも言われています。 ・Hazel(ヘーゼル) イギリス人女性のかわいい英語の名前2つ目が、「Hazel(ヘーゼル)」です。 イギリスが発祥と言われている女性の名前です。 「ヘーゼルナッツの木」という意味があります。 また、緑がかった茶色のことも指し、生まれた赤ちゃんの目の色で「Hazel(ヘーゼル)」と決める親も多いです。 ・Skylar(スカイラー) イギリス人女性のかわいい英語の名前3つ目が、「Skylar(スカイラー)」です。 オランダが発祥と言われている女性の名前です。 「学者」という意味があり、名づけとしては17世紀頃から使用されています。 「Claire(クレア)」には「クリアな」という意味があり、「Bella(ベラ)」には「美しい」という意味があります。 ・Claire(クレア)• ・Bella(ベラ)• ・Maya(マヤ)• ・Madelyn(マデリン)• ・Ariana(アリアナ)• ・Elena(エレーナ)• ・Alice(アリス)• 「Anna(アナ)」と「Belle(ベル)」という2つの名前を組み合わせたハイブリッドの名前でもあります。 「愛しい」という意味を持っている名前です。 アイルランドが発祥とも言われている女性の名前です。 「ケネスの息子」という意味がありますが、女性の名前としても徐々に使われるようになってきています。 モダンな名前であるため、最近になって名づけとして使用されるようになってきています。 「慈悲深い」という意味を持っている女性の名前です。 ・Smith (スミス) イギリス人に多い英語の苗字1つ目が、「Smith (スミス)」です。 イングランドが発祥と言われている苗字です。 イギリス国内でも非常にポピュラーな苗字です。 「打つ者」や、「ハンマー」というような意味を持っています。 ・Jones(ジョーンズ) イギリス人に多い英語の苗字2つ目が、「Jones(ジョーンズ)」です。 イギリスやウェールズが発祥と言われている苗字です。 中世期の「Jon(ジョン)」という名前が元になっていると言われています。 ・Moore(ムーア) イギリス人に多い英語の苗字3つ目が、「Moore(ムーア)」です。 中世期の英語が語源だと言われている苗字です。 「未開墾の土地」や「沼」という意味があり、かつてそのような場所に住んでいた人たちを呼ぶのに使用したのが始まりです。 ・Taylor (テイラー) イギリス人に多い英語の苗字4つ目が、「Taylor (テイラー)」です。 ラテン語が語源と言われている苗字で、イギリス諸島で多く見られる苗字でもあります。 「仕立て人」という意味を持っています。 ・Harris(ハリス) イギリス人に多い英語の苗字5つ目が、「Harris(ハリス)」です。 英語やウェールズ語が語源とされている苗字です。 中世期の「Harry(ハリー)」という名前が元になっていると言われています。 ・Thompson(トンプソン) イギリス人に多い英語の苗字6つ目が、「Thompson(トンプソン)」です。 イングランドやスコットランドが発祥と言われている苗字です。 「Thom(トム)の息子」という意味を持っています。 「Robinson(ロビンソン)」には「Robin(ロビン)の息子」という意味があり、「Baker (ベイカー)」は「パン職人」という言葉が由来しています。 ・Robinson(ロビンソン)• ・Walker(ウォーカー)• ・Scott(スコット)• ・Green(グリーン)• ・Baker (ベイカー)• ・Adams(アダムス)• ・Nelson(ネルソン)• ・Turner(ターナー)• ・Campbell(キャンベル)• ・Parker(パーカー)• ・Evans(エヴァンス)• ・Edwards(エドワーズ)• ・Collins(コリンズ)• ・Sanders (サンダース)• ・Watson(ワトソン) イギリス人の名前にはかわいいものやかっこいいものがたくさんある! イギリス人男性・女性の名前103選、いかがだったでしょうか。 今回はイギリス人男性・女性のかっこいいやかわいい名前だけでなく、少し珍しいユニークな名前や一般的な苗字なども一緒にご紹介してみました。 最後に外国人の名前に関する関連記事も載せておくので、是非参考にしてみてくださいね。

次の

アメリカ人の苗字でかっこいい・可愛い・珍しいを集めました!

イギリス 苗字 かっこいい

イギリスの国名の由来とは!? イギリスの正式名所は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国です。 英語ではUnited Kingdom of Great Britain and Northern Irelandとなります。 正式名所がとても長いことについて気になっている人は多いのでは!? それぞれ解説していきますと、 United Kingdom イングランド王国、ウェールズ大公園、スコットランド王国、アイルランド王国これらの国が17世紀にイングランド王を共通の君主に見立て連合したことから、連合国家と言われるようになった。 Great Britain 大ブリテン島のことをいいます。 大ブリテン島とはイギリス本土のことをいい、イングランド王国、ウェールズ大公国、スコットランド王国があります。 Northern Ireland 北アイルランドのことをいいます。 これらの言葉をつなげて、United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandという国名になったんだと言われています。 スポンサードリンク 日本でどうしてイギリスと呼ぶの!? イギリスの正式名所がグレートブリテン及びアイルランド連合王国であることは先ほど紹介した通りです。 ではなぜ日本ではイギリスと呼ばれているのか。 グリートブリテン及びアイルランド連合王国は、• イングランド• スコットランド• ウェールズ• 北アイルランド これらの 4つの非独立国家から構成された連合国家となります。 これら4つの非独立国家の中の一つ、イングランドは英語で表記すると「Inglez」となります。 これが日本に伝わるときにイギリスになったんだとか。 イギリスの地名の由来とは!? イギリスは決して広い国ではありませんが、さまざまな地名があります。 地名にも、それぞれに意味があるということを知っていましたか!? 地名の由来は、歴史やかつての地形を私たちに教えてくれています。 では、イギリスの地名の由来についていくつかチェックしていきましょう。 マンチェスター 古代ローマの領土だった時代のラテン語名「マムシアム」と古英語「ケステル」を合わせたものです。 ロンドン ケルト語である「Lowonida」が語源、幅が広すぎる川という意味があります。 ロンドンといえば、ラムズ川という代表的な川がありますよね。 おそらくこの川が由来となったのでしょう。 イギリスの地名の由来は他にもたくさんありますので、興味を持ったなら調べてみるといいかも! イギリスの国旗の意味や由来とは!? イギリスの国旗は、3つの国の国旗が合わさるよう構成されています。 イングランド• スコットランド• アイルランド これらの国の国旗で構成されているのです。 しかしイギリスにはこれら3つの国に加え、ウェールズという国を含めた4つの国にて構成されています。 それなのになぜ4つの国の国旗で構成されていないのか。 実は今のイギリスの国旗が出来たのは1606年のこと。 当時ウェールズはイングランドに併合されてしまっていたため、ウェールズの国旗を入れることができなかったというわけとなります。 そのためイギリスは3つの国の国旗が合わさるよう構成されているのです。 イギリスに多い苗字やその由来をご紹介! イギリスに多い苗字は、• Smith(スミス)• Williams(ウィリアムズ)• Taylor(テイラー) となります。 それぞれの由来についてここではチェックしていきます。 Smith(スミス) スミスは古英語で職人、特に金属加工の職人のことを言います。 この職業がスミスという苗字の由来となっています。 ちなみにJohn Smithは、日本で言うところの山田太郎のようなものなんだとか。 Williams(ウィリアムズ) ウィリアムという祖先の先に由来する姓のことをいう。 Taylor(テイラー) 仕立てやのティーラー、この職業からが苗字の由来となっています。 このように苗字にも由来があるということが分かりました。 スポンサードリンク イギリスのボクシングデーとはどんな日なの!? 日本と同じようにイギリスにも国民の休日があります。 ここでは、国民の休日の一つである12月26日のボクシングデー(Boxing Day)について、どのような日であるのか注目していくことにしましょう! ボクシングデーの由来とは!? 12月26日、日本ではクリスマスが終わり少し寂しい雰囲気。 年末年始に向けて財布の紐を締めないといけないな~という時期になります。 イギリスの12月26日はボクシングデーです。 ボクシングデーは、イギリスではクリスマスの延長の日となります。 そのためまだまだ買い物欲が高い!という時期となります。 ボクシングデーと聞くと殴り合うボクシングと思われがちですが、実は違います。 ボクシングデーはボックス(箱)に関係があると言われています。 またボクシングデーはスポーツの日でもあります。 そのためこの日にスポーツの試合が開催されたりということがあるんだとか。 まとめ 今回はイギリスについての雑学をまとめていきました。 イギリスの正式名称はグレートブリテン及びアイルランド連合王国• それぞれの国を繋げて名前が付けられた• イングランドは英語でInglez、日本に伝わるときにイギリスとなった• 地名は歴史やかつての地形を教えてくれるもの• イギリスの国旗は3つの国の国旗で構成されている• 1つの国が足りていないのは国旗を作るときにすでに統合されていたため• ボクシングデーはショッピングの日でありスポーツの日でもある いかがでしたか!? イギリスについて知ることができたのではないでしょうか。 イギリスに行こうという方、そうでない人もぜひチェックして下さいね。 スポンサードリンク.

次の

外国人の名前で人気なのは?ミドルネームの意味や由来、順番や表記の仕方もチェック

イギリス 苗字 かっこいい

イギリスの国名の由来とは!? イギリスの正式名所は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国です。 英語ではUnited Kingdom of Great Britain and Northern Irelandとなります。 正式名所がとても長いことについて気になっている人は多いのでは!? それぞれ解説していきますと、 United Kingdom イングランド王国、ウェールズ大公園、スコットランド王国、アイルランド王国これらの国が17世紀にイングランド王を共通の君主に見立て連合したことから、連合国家と言われるようになった。 Great Britain 大ブリテン島のことをいいます。 大ブリテン島とはイギリス本土のことをいい、イングランド王国、ウェールズ大公国、スコットランド王国があります。 Northern Ireland 北アイルランドのことをいいます。 これらの言葉をつなげて、United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandという国名になったんだと言われています。 スポンサードリンク 日本でどうしてイギリスと呼ぶの!? イギリスの正式名所がグレートブリテン及びアイルランド連合王国であることは先ほど紹介した通りです。 ではなぜ日本ではイギリスと呼ばれているのか。 グリートブリテン及びアイルランド連合王国は、• イングランド• スコットランド• ウェールズ• 北アイルランド これらの 4つの非独立国家から構成された連合国家となります。 これら4つの非独立国家の中の一つ、イングランドは英語で表記すると「Inglez」となります。 これが日本に伝わるときにイギリスになったんだとか。 イギリスの地名の由来とは!? イギリスは決して広い国ではありませんが、さまざまな地名があります。 地名にも、それぞれに意味があるということを知っていましたか!? 地名の由来は、歴史やかつての地形を私たちに教えてくれています。 では、イギリスの地名の由来についていくつかチェックしていきましょう。 マンチェスター 古代ローマの領土だった時代のラテン語名「マムシアム」と古英語「ケステル」を合わせたものです。 ロンドン ケルト語である「Lowonida」が語源、幅が広すぎる川という意味があります。 ロンドンといえば、ラムズ川という代表的な川がありますよね。 おそらくこの川が由来となったのでしょう。 イギリスの地名の由来は他にもたくさんありますので、興味を持ったなら調べてみるといいかも! イギリスの国旗の意味や由来とは!? イギリスの国旗は、3つの国の国旗が合わさるよう構成されています。 イングランド• スコットランド• アイルランド これらの国の国旗で構成されているのです。 しかしイギリスにはこれら3つの国に加え、ウェールズという国を含めた4つの国にて構成されています。 それなのになぜ4つの国の国旗で構成されていないのか。 実は今のイギリスの国旗が出来たのは1606年のこと。 当時ウェールズはイングランドに併合されてしまっていたため、ウェールズの国旗を入れることができなかったというわけとなります。 そのためイギリスは3つの国の国旗が合わさるよう構成されているのです。 イギリスに多い苗字やその由来をご紹介! イギリスに多い苗字は、• Smith(スミス)• Williams(ウィリアムズ)• Taylor(テイラー) となります。 それぞれの由来についてここではチェックしていきます。 Smith(スミス) スミスは古英語で職人、特に金属加工の職人のことを言います。 この職業がスミスという苗字の由来となっています。 ちなみにJohn Smithは、日本で言うところの山田太郎のようなものなんだとか。 Williams(ウィリアムズ) ウィリアムという祖先の先に由来する姓のことをいう。 Taylor(テイラー) 仕立てやのティーラー、この職業からが苗字の由来となっています。 このように苗字にも由来があるということが分かりました。 スポンサードリンク イギリスのボクシングデーとはどんな日なの!? 日本と同じようにイギリスにも国民の休日があります。 ここでは、国民の休日の一つである12月26日のボクシングデー(Boxing Day)について、どのような日であるのか注目していくことにしましょう! ボクシングデーの由来とは!? 12月26日、日本ではクリスマスが終わり少し寂しい雰囲気。 年末年始に向けて財布の紐を締めないといけないな~という時期になります。 イギリスの12月26日はボクシングデーです。 ボクシングデーは、イギリスではクリスマスの延長の日となります。 そのためまだまだ買い物欲が高い!という時期となります。 ボクシングデーと聞くと殴り合うボクシングと思われがちですが、実は違います。 ボクシングデーはボックス(箱)に関係があると言われています。 またボクシングデーはスポーツの日でもあります。 そのためこの日にスポーツの試合が開催されたりということがあるんだとか。 まとめ 今回はイギリスについての雑学をまとめていきました。 イギリスの正式名称はグレートブリテン及びアイルランド連合王国• それぞれの国を繋げて名前が付けられた• イングランドは英語でInglez、日本に伝わるときにイギリスとなった• 地名は歴史やかつての地形を教えてくれるもの• イギリスの国旗は3つの国の国旗で構成されている• 1つの国が足りていないのは国旗を作るときにすでに統合されていたため• ボクシングデーはショッピングの日でありスポーツの日でもある いかがでしたか!? イギリスについて知ることができたのではないでしょうか。 イギリスに行こうという方、そうでない人もぜひチェックして下さいね。 スポンサードリンク.

次の