ダンシー あずさ。 日本一の美ボディをつくる食事とは?フィットネスビキニダンシーあずさ選手インタビュー

【大会リポート】全11階級230名以上が参加して頂点を目指す!~11/4(月・祝)開催 第11回北区オープンボディビル・フィットネス大会

ダンシー あずさ

ダンシーあずさ パーソナルトレーナー、フィットネスビキニ選手 大学卒業後、アパレルショップでの勤務の後、スペインへ留学。 帰国後フィットネスジムでトレーナーとなる。 現在はパーソナルジムや個人でトレーナーを行っている。 名前や顔立ちからハーフなのかと伺ったところ、純粋な日本人とのこと。 ありがとうございます。 とにかくやれることやりつくして一番ベストな状態で挑みました。 今年はからだづくりだけでなく表情の作り方、ポージングなどもかなり練習しました。 大学卒業後はアパレルの仕事をしていたのですが、3年前にスペインに留学に行ったときにホストマザーが日頃からトレーニングをしていて、その生活が素敵だったので私もトレーニングをするようになりました。 普段出てくる食事もからだづくりのことを考えた食事でした。 日本に帰国した後、語学学校の先生になろうと思い就職活動をしていたのですが、なんとなく違和感を感じていました。 今回は2年目です。 もともとパートナーも日頃からトレーニングをしている人なので影響はありませんでした。 私も彼も日常生活の中にトレーニングが含まれているので、一緒にジムに行ったりしています。 1日4食たべます、それとプロテイン。 朝はオムレツ(卵白2個、卵黄1個)とツナ缶と玄米です。 タンパク質は鶏むね肉か魚、脂質はアーモンド、糖質は玄米を食べます。 減量初期は色々な味付けをしますが、減量末期は鶏むね肉を茹でてクレイジーソルトをかけたものを毎回食べていました。 筋肉の張りがなくなってきたら1週間から10日に1回ラムやサーロインなど脂の多いお肉を食べます。 今回の減量では途中から糖質を玄米からさつまいもに変えて、そこから3kgほど落ちました。 タンパク質は1日100~120gとることを意識していますが、脂質や糖質はからだを見ながら調整して食べています。 減量末期カルニチン、サーモピュアも撮ります。 野菜が足りないときはビタミンBが入っている青汁も飲みます。 でも、私は本当にトレーニングが好きなんだと思います。 トレーニングをしているときは爆音で音楽を聴いていて無心になれます。 リフレッシュできます。 いつもトレーニングをしたいと思っているので海外旅行などでトレーニングができないと嫌ですね。 そして自分1人でやらず、トレーナーをつけるなど、人に聞きながらからだづくりをしてください。 そこで結果が出ればそれ以降も続くと思います。 私はトレーナーをやっていますが、まず1か月~2か月は必ず通ってもらいますが、その後はずっと通い続けられるジムを一緒に探したりしています。 1か月でトレーニングや食事の知識をお伝えして、しっかり結果を出して、自立していけるようにサポートしています。 パーソナルジムは高額なイメージでなかなか始められない方も多いと思いますが、1か月だけであればトライしやすく、一人で闇雲に間違ったからだづくりをするよりも効果的。 ダンシーあずささんはとてもポジティブで愛情深く、お客さん想いな素敵なトレーナーさんでした。 今後は競技者向けにもトレーニングやポージング指導をしたり、個人でのトレーナー活動も増やしていくそう。

次の

ダンシー・シャノン美沙のインスタとwiki経歴、所属事務所がこちら!MDMAの入手経路も判明か

ダンシー あずさ

28歳モデルを逮捕 日テレニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。 去年12月、都内の自宅で合成麻薬MDMAを1錠所持していたとして、28歳のモデルの女が30日、逮捕された。 麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで30日に逮捕されたのは、東京都豊島区のモデル、ダンシー・シャノン美沙容疑者。 神奈川県警によると、ダンシー容疑者は去年12月、豊島区の自宅で合成麻薬MDMAを1錠所持した疑いが持たれている。 去年12月に警察が自宅を家宅捜索し、押収した錠剤を鑑定したところ、MDMAの成分が検出されたという。 ダンシー容疑者は雑誌や広告などのモデルとして活動していたという。 調べに対し、ダンシー容疑者は「自分のものに間違いありません」と容疑を認めているという。 出典: 名前:ダンシー・シャノン美沙(みさ) 英語名表記:Shannon Dancy 年齢:28歳 身長:166cm スリーサイズ:B85cm-W62cm-H87cm 職業:モデル 在住:東京都豊島区 SNS:Instagramアカウント「」 所属事務所「」 ダンシー・シャノン美沙容疑者は、去年12月、豊島区の自宅で合成麻薬MDMAを1錠所持した疑いで逮捕された人物で、モデルとして活躍をしているのだと言います。 アイルランド系アメリカ人の父親と、日本人の母親とのハーフであり、抜群のスタイルとルックスであることからも、ランジェリーブランドのモデルなどをしていることでも知られています。 出典: そのほかにも女性向けのファッション雑誌や、広告に数多く出演をし活躍してきたトップモデルとしても知られているのです。 日本在籍の当時、所属事務所には海外に拠点を移したいという思いから「redmodelling」というタイの事務所に一時的に所属をしているのだそうで、2018年の1月頃に現地タイを訪れた際は特に変わった様子は見られなかった言います。 その際の動画がこちらです。 もしかしたらMDMAによる作用によってワークアウトの効果が得られており、体に変化でも起きていたのでしょうか? 入手経路に関しては、これは現代ではダークウェブなどに存在するECサイトで購入するか、知人から譲り受けるということが考えられますし、タイの事務所に籍を置いていたということもあって、現地で調達した可能性も十分に考えられるでしょう。 MDMAは、通称、エクスタシーやEとか、X、あるいはEXCなどと呼ばれ、日本では、丸い錠剤が多いことから玉(たま)、もしくはXから転じてバツ、ペケとしても知られております。 作用としては、脳内の幸福物質とされているセロトニン等を過剰に放出させることによって、人間の精神に多幸感、他者との共感などの変化をもたらすことが出来るため、心的外傷後ストレス障害 PTSD に対し、MDMAを併用した心理療法の臨床試験がアメリカ合衆国で進行しているという医療目的の側面も持ちああせております。 MDMAを口から摂取すると30分から1時間ほどで精神が幸福感で満たされ、4~6時間程度持続するとされるのですが、その後強い幻覚作用や制御できないという不安などの副作用を催すことがあります。 MDMAを服用すると、前述のセロトニンのほか、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質と共に脳内に電気的な火花を飛ばし、幸福感に加えて社交性や共感力が高くなり、眠らなくても平気となるため、MDMAは「パーティにぴったりなドラッグ」としての認知されているそうです。 人体ではこのような報告はまだされていないそうですが、猿やネズミなどに投与した臨床試験では、少量のMDMAを投与した段階でも脳細胞の末端部分を破壊して半永久的な脳機能障害を引き起こすことが判明しているため、ダンシー・シャノン容疑者も少なからず脳みそにダメージが及んでいることと思われます。 日本の芸能界で言えば、過去プロ野球で大活躍をした清原和博さんや、大物アーティスのチャゲ&飛鳥の飛鳥涼さんなどが覚醒剤使用で逮捕され、芸能から姿を消していますし、MDMAと言えば俳優の押尾学さんなどが所持・使用で逮捕されています。 いずれも軽い気持ちで手を出していると思われますが、一度薬物に手を染めてしまった以上、世間からのイメーシや好感度が一番重要なである広告業界では、ダンシー・シャノン容疑者今後スポンサーからの契約は打ち切られるでしょうし、モデルの仕事も無くなることと思われます。 もちろん自業自得なのでしょうが、そうなる前にこの麻薬に手を染めてしまえば自分がどのようになるのかという未来予想図を描けなかったのか疑問であります。 BrandNewSは、2016年10月より運営をしており、ココロに届く新鮮な話題をお届けします」をモットーに、日々起こる様々な事件や出来事において、TVメディアでは報じらていないニュースの裏側などを積極的に掘り下げて皆様にお伝えしております。 BrandNewSとは「真新しい・新鮮な」という意味の英語Brandnew(ブランニュー)とNews(ニュース)を掛け合わせた造語で、弊サイトでは、他社メディアさんよりも新鮮でホットな話題を独自の切り口で書いている記事が多いのも特徴であります。 記事の修正や削除依頼、取り上げて欲しいネタや話題の提供などがございましたら、お問い合わせよりご連絡お願い致します。

次の

スポルテックカップ2019フィジーク・フィットネスビキニ結果

ダンシー あずさ

ダンシーあずさ パーソナルトレーナー、フィットネスビキニ選手 大学卒業後、アパレルショップでの勤務の後、スペインへ留学。 帰国後フィットネスジムでトレーナーとなる。 現在はパーソナルジムや個人でトレーナーを行っている。 名前や顔立ちからハーフなのかと伺ったところ、純粋な日本人とのこと。 ありがとうございます。 とにかくやれることやりつくして一番ベストな状態で挑みました。 今年はからだづくりだけでなく表情の作り方、ポージングなどもかなり練習しました。 大学卒業後はアパレルの仕事をしていたのですが、3年前にスペインに留学に行ったときにホストマザーが日頃からトレーニングをしていて、その生活が素敵だったので私もトレーニングをするようになりました。 普段出てくる食事もからだづくりのことを考えた食事でした。 日本に帰国した後、語学学校の先生になろうと思い就職活動をしていたのですが、なんとなく違和感を感じていました。 今回は2年目です。 もともとパートナーも日頃からトレーニングをしている人なので影響はありませんでした。 私も彼も日常生活の中にトレーニングが含まれているので、一緒にジムに行ったりしています。 1日4食たべます、それとプロテイン。 朝はオムレツ(卵白2個、卵黄1個)とツナ缶と玄米です。 タンパク質は鶏むね肉か魚、脂質はアーモンド、糖質は玄米を食べます。 減量初期は色々な味付けをしますが、減量末期は鶏むね肉を茹でてクレイジーソルトをかけたものを毎回食べていました。 筋肉の張りがなくなってきたら1週間から10日に1回ラムやサーロインなど脂の多いお肉を食べます。 今回の減量では途中から糖質を玄米からさつまいもに変えて、そこから3kgほど落ちました。 タンパク質は1日100~120gとることを意識していますが、脂質や糖質はからだを見ながら調整して食べています。 減量末期カルニチン、サーモピュアも撮ります。 野菜が足りないときはビタミンBが入っている青汁も飲みます。 でも、私は本当にトレーニングが好きなんだと思います。 トレーニングをしているときは爆音で音楽を聴いていて無心になれます。 リフレッシュできます。 いつもトレーニングをしたいと思っているので海外旅行などでトレーニングができないと嫌ですね。 そして自分1人でやらず、トレーナーをつけるなど、人に聞きながらからだづくりをしてください。 そこで結果が出ればそれ以降も続くと思います。 私はトレーナーをやっていますが、まず1か月~2か月は必ず通ってもらいますが、その後はずっと通い続けられるジムを一緒に探したりしています。 1か月でトレーニングや食事の知識をお伝えして、しっかり結果を出して、自立していけるようにサポートしています。 パーソナルジムは高額なイメージでなかなか始められない方も多いと思いますが、1か月だけであればトライしやすく、一人で闇雲に間違ったからだづくりをするよりも効果的。 ダンシーあずささんはとてもポジティブで愛情深く、お客さん想いな素敵なトレーナーさんでした。 今後は競技者向けにもトレーニングやポージング指導をしたり、個人でのトレーナー活動も増やしていくそう。

次の