トラウト ミノー。 トラウトフィッシングにおすすめのミノー10選

プロショップオオツカ・トラウト部門 ネット通信販売

トラウト ミノー

もくじ• エリアトラウトミノーのサイズ エリアトラウトで使われるミノーのサイズはだいたい4~6センチほどです。 トラウトで最も使われるのが5センチほどのミノーで、状況を選ばすに使えるので初心者の方でも扱いやすくおすすめです。 4センチほどの小さなミノーはゆっくり泳がせることができるので活性の低いトラウトに効果的です。 逆に6センチほどの大きめのミノーはアピール力が高く、放流直後など活性の高いトラウトを狙うときに使われることがおおいです。 状況によって使い分けれ行くので5センチを基準に4センチまたは6センチをいくつか持っておくと安心です。 エリアトラウトミノーのカラー エリアトラウトで使われるカラーは、茶色や黒といった目立ちにくいカラーと、金や銀・オレンジなどの目立ちやすいカラーを使い分けていきます。 トラウトがスレてないときや活性が高い時は金銀・オレンジのようなアピールカラーへの反応が良く数釣りを楽しむことができます。 しかし、アピールカラーに反応がない時はトラウトがスレているまたは活性が低い証拠ですので、茶色や黒といった目立ちにくいナチュラルなカラーを使います。 アピールカラーや目立ちにくいカラーのなかでも数種類のカラーをローテーションさせて使うのでなるべく多くのカラーを用意しておきましょう。 エリアトラウトミノーのアクション タダ巻き トラウトミノーはただ巻きをしていても左右に大きく振れるローリングアクションや頭を左右に振るウォブリングアクションをするのでアピール力は十分高いです。 ですのでタダ巻きで使っても問題ありません。 ただ、リトリーブのスピードは状況によって早くしたり遅くしたりするのでそこだけ意識しておきましょう。 トゥイッチ トラウトミノーを使うときに最も使うアクションがトゥイッチです。 竿先をチョンチョンと動かしてミノーに小さな動きを付けていきます。 トゥイッチをするとミノーが光を反射してフラッシングするので、その光の反射でトラウトにアピールします。 トラウトでミノーを使うのであればマスターしておきたいアクションです。 ダートアクション ボトムに張り付いたトラウトを狙うときに効果的なのがダートアクションです。 ルアーをボトムに着底させてロッドをチョンチョンと動かすとミノーがボトムを飛び跳ねるように動きます。 これがトラウトには効果的でスレたトラウトでもリアクションバイトさせることができます。 エリアトラウトでは必須のアクションですので是非使ってみてください。 エリアトラウトミノーおすすめ ダイワ ドクターミノー プレッソチューン.

次の

トラウトミノーおすすめ15選とエリア・ネイティブ別の使い方!

トラウト ミノー

もくじ• エリアトラウトミノーのサイズ エリアトラウトで使われるミノーのサイズはだいたい4~6センチほどです。 トラウトで最も使われるのが5センチほどのミノーで、状況を選ばすに使えるので初心者の方でも扱いやすくおすすめです。 4センチほどの小さなミノーはゆっくり泳がせることができるので活性の低いトラウトに効果的です。 逆に6センチほどの大きめのミノーはアピール力が高く、放流直後など活性の高いトラウトを狙うときに使われることがおおいです。 状況によって使い分けれ行くので5センチを基準に4センチまたは6センチをいくつか持っておくと安心です。 エリアトラウトミノーのカラー エリアトラウトで使われるカラーは、茶色や黒といった目立ちにくいカラーと、金や銀・オレンジなどの目立ちやすいカラーを使い分けていきます。 トラウトがスレてないときや活性が高い時は金銀・オレンジのようなアピールカラーへの反応が良く数釣りを楽しむことができます。 しかし、アピールカラーに反応がない時はトラウトがスレているまたは活性が低い証拠ですので、茶色や黒といった目立ちにくいナチュラルなカラーを使います。 アピールカラーや目立ちにくいカラーのなかでも数種類のカラーをローテーションさせて使うのでなるべく多くのカラーを用意しておきましょう。 エリアトラウトミノーのアクション タダ巻き トラウトミノーはただ巻きをしていても左右に大きく振れるローリングアクションや頭を左右に振るウォブリングアクションをするのでアピール力は十分高いです。 ですのでタダ巻きで使っても問題ありません。 ただ、リトリーブのスピードは状況によって早くしたり遅くしたりするのでそこだけ意識しておきましょう。 トゥイッチ トラウトミノーを使うときに最も使うアクションがトゥイッチです。 竿先をチョンチョンと動かしてミノーに小さな動きを付けていきます。 トゥイッチをするとミノーが光を反射してフラッシングするので、その光の反射でトラウトにアピールします。 トラウトでミノーを使うのであればマスターしておきたいアクションです。 ダートアクション ボトムに張り付いたトラウトを狙うときに効果的なのがダートアクションです。 ルアーをボトムに着底させてロッドをチョンチョンと動かすとミノーがボトムを飛び跳ねるように動きます。 これがトラウトには効果的でスレたトラウトでもリアクションバイトさせることができます。 エリアトラウトでは必須のアクションですので是非使ってみてください。 エリアトラウトミノーおすすめ ダイワ ドクターミノー プレッソチューン.

次の

トラウトミノーおすすめ15選とエリア・ネイティブ別の使い方!

トラウト ミノー

最近の渓流ルアーフィッシングはミノーを使ったミノーイングが主流。 特にミノーイングは若いアングラーを中心に人気があり、各メーカーともにトラウトミノーには力を入れています。 それだけにトラウトミノーの種類は多く、自分で選ぼうとするとなかなか大変です。 そこで今回は、これから渓流ミノーイングを始めるという方に向けておすすめのミノーをランキング形式で紹介していきたいと思います! 渓流ミノーのタイプを解説 まずは渓流ミノーのタイプから紹介していきたいと思います。 フローティングミノー フローティングミノーは水面付近を泳ぐタイプの渓流ミノーです。 現在のミノーはシンキングが主流ですが、20年ほど前は浮力の高いバルサ材で作られたこのタイプのミノーが使われてました。 ムシが多く魚が水面を意識している夏の時期に使うと効果が高いです。 シンキングミノー シンキングミノーは、渓流で使われる沈むタイプのミノーです。 ウェイトで言うと、50mm3g程度のものが多いです。 どのような場面でも扱いやすいのが特徴ですが、流れが速かったり深みがあるポイントは沈み切る前に流されてしまうことがあります。 そういうシンキングミノーが苦手とするようなポイントでも使えるミノーとして作られたのがシンキングより1gほど重いヘビーシンキングミノーです。 ヘビーシンキングミノーはどのようなポイントでも扱いやすく、キャストの精度も上がりやすいため、最近ではこちらがトラウトミノーの主流となっています。 サスペンドミノー サスペンドミノーは、水中で浮きも沈みもしないミノーです。 レンジキープ力に優れているため、一定のレンジを泳がせたいときに使います。 サスペンドタイプのミノーはメーカーによってあったりなかったりするので使用頻度はそこまで高くありません。 次は渓流トラウトミノーのおすすめをランキング形式で紹介していきたいと思います! 第10位 バスデイ・シュガーミノー 第1位はスミスのド定番トラウトミノーのDコンタクト。 最近の渓流ミノーでよく使われるヘビーシンキングミノーで、深場や流れの速い場所でも対応できる優れたミノーです。 慣性スライド機能をもっており、アクションを止めても動いてくれるので魚に見切られることなく釣果アップにつながります。 飛距離もかなり出るので、ひとつ必ずは持っておきたいミノーとなってます。 まとめ 渓流トラウトミノーは種類が多くて選ぶのが大変ですが、その分良いものがたくさんあるので自分に合ったミノーを探してみてください。 ミノーは自分の腕次第で釣果に大きく差がでますので、ミノーを使いこなして釣果アップを目指しましょう。 これからも新作のトラウトミノーはドンドン出てくると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

次の