あつ森 かどまん。 【あつ森】おしゃれなカフェのレイアウト集

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第2回 ナゼ、かぶるのか

あつ森 かどまん

「」より 3月20日に任天堂より発売された「 Nintendo Switch」(以下、スイッチ)用ゲームソフト「 あつまれ どうぶつの森」(以下、あつ森)。 大人気シリーズ「どうぶつの森」の新作で、今回のテーマは、無人島に移住した主人公がどうぶつたちと島を開拓しながら、自由気ままなスローライフを送るというものだ。 コロナ禍の巣ごもり需要とも重なって高い人気を見せ、スイッチのゲームソフトとしては歴代1位となる初週販売本数を記録。 同時に、スイッチ本体の需要も高まり、中古品が高額転売されたり、本体を譲ると騙る詐欺被害が起きたりと、さまざまなトラブルも見受けられた。 禁止行為の「リアルマネートレード」の被害も また、あつ森内でのトラブルも多数散見された。 ゲーム業界関係者のA氏は、トレードトラブルの内容をこう説明する。 たいていはアイテム同士、住民同士、または今作から登場した『マイル旅行券』というチケットを通貨代わりに交換するのですが、この交換において詐欺行為が増えているのです。 また、現金でゲーム内のアイテムを取引する『リアルマネートレード』という禁止行為も多く行われているようで、リアルマネートレードでの詐欺行為も起きているといいます」(A氏) トレードなどをめぐるゲーム内でのトラブルは以前からあるが、あつ森は特に被害件数が多い。 その背景にあるのが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた巣ごもり需要の高まりと、それにより、普段はゲームをやらない人もプレイしている点だという。 「あつ森が発売されたのは、コロナ禍でゲームの需要が高まったタイミングでした。 また、あつ森は難しいルールや激しいバトルシーンもなく、キャラクターや世界観もかわいらしいため、普段ゲームをやらない人でも『プレイしてみたい!』と思える、万人ウケするゲームです。 コミュニケーションツールとして、さらには外出できないなかでも季節の行事が楽しめる手段として、コロナ禍での人々のさまざまな欲求を満たしてくれました」(同) 実際、あつ森発売前は週に5万台前後だったスイッチの出荷台数が、発売週は40万台にまで増えたという。 スイッチを持っていない、つまり、普段は積極的にゲームをやらない人があつ森目当てに本体ごと購入した結果、出荷台数が飛躍的に増加したと推測できる。 人気住民の「amiibo」は2万円近くに高騰 あつ森は日常的にゲームに慣れ親しんでいない人もプレイするケースが多く、そうしたプレイヤーはSNS上で持ちかけられる取引への警戒心が薄いため、ターゲットになりやすいというわけだ。 「特に、今作から島で暮らすどうぶつたち、つまり『住民』を交換できるシステムを見つけだした人がいて、ネット上では住民の交換が盛んに行われています。 住民は家具などのアイテムと比べて入手できる機会が少ない上、移住してくる住民をプレイヤーが選ぶことはできません。 そのため、欲しい住民を確実に手に入れるために、トレードを求める人が多いのでしょう」(同).

次の

【あつ森】「いらない花が捨てられない」の巻 / 第6回「あつまれ どうぶつの森」日記

あつ森 かどまん

またこれに伴い、Nintendo Switch本体の販売台数もうなぎのぼりで、3月だけでじつに、83万6094台を記録。 プレイステーション4が6万4000台ほどなのでいかに売れているかがよくわかるが、一方で店頭在庫が少なくなってきて、品切れのお店が目立ってきたと聞く。 新型コロナウイルスの影響で自宅待機を余儀なくされている人も多いので、場所を選ばずゲームで遊べるNintendo Switch(と、『あつ森』)の需要にブーストがかかっているのだろうが、これに供給が追い付いていないのは何とも歯がゆい話。 1日でも早く欲しい人にいきわたって、ゲームの中だけでもほがらかなスローライフを堪能してほしいなぁ……と思う次第である。 さてそんな『あつ森』を、俺も毎日のようにプレイしている。 ……んにゃ、正直に言おう。 とくに急ぎでやることもないのに、気が付けばNintendo Switchのスリープモードを解除して、パタパタと島の中を走り回っている。 本当に、ただ走っているだけ。 もちろん、ときには魚釣りをしたり木材を拾ったりもするけど、それほど資材に困っているわけでもない。 ただ走ることが目的。 俺、48歳のおっさんなのに。 本当に自由なのか それにしても、なんで『あつ森』はこんなに人を惹きつけるのだろうか? しかも、ふだんからゲームに親しんでいるコアなファンだけじゃなく、そういったものとは縁遠かった女性や年配の方にまでプレイヤー層を広げて。 確かに、『あつ森』の物量は凄まじい。 俺なんて早くも、「出てくるアイテムを網羅するのは……あきらめた^^;」と匙を投げているくらいで、「よくぞまあ、これだけのデータをブチ込んだなぁ……」とプレイするたびに呆れているレベルだ。 でも、実際に深く遊んでいると、ところどころで「おや?」と思うシーンがある。 そして、 「それほど……自由というわけじゃないな」 と感じさせられてしまうのだ。 素材を集めて任意で道具や家具を作れる……という機能だけど、よく壊れてしまうスコップや釣り竿なんかは、10本とか20本の単位でまとめて作ってしまいたくなる。 これらは序の口で、じつは要所で、 「ここ、もっと便利にできるのになー」 と思わせられるポイントがある。 「うーむ。 コレがわからぬ開発陣が、こんなスゴいゲームを作れるわけがない」 道具を1個1個作りながら、俺は考えた。 そして、ハタと気づくのである。 「まあでも、手作業でスコップ100個をまとめて作るなんて、不可能だもんな」 「材料を収納にブチ込んだままじゃ、作業に入れないよな」 と……。 そこはかとないリアルさと、モノ作りの手触りを演出するために。

次の

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第2回 ナゼ、かぶるのか

あつ森 かどまん

大塚角満の熱血パズドラ部 第1021話 突如として実装されたそのモンスターを見て、俺は思わず 持っていた釣り竿を投げ捨てた(あつ森のだけど)。 そして、たまらず悲鳴を上げる。 「ににに、肉球ぅぅぅうううう!!!><」 我が家の肉球はこちら。 いやあ、これはたいへんなモンスターが来ましたぜ。 チャコルの実力 この肉球に付随(?)して、 チャコルはその性能もすばらしかった。 加えて覚醒スキルに、コンボ強化と無効貫通が2個ずつあって、さらに お邪魔耐性+まで……!! これはもう、木属性使いであるなら、 どんな手を使ってでも手に入れなきゃいけない逸材!! 「な、なんなら、課金も……!!」 と思い掛けたところで、同僚のたっちーからSkypeが飛んできた。 彼女は言う。 「おい!! フェス限ヒロインガチャに導入された新しい木属性のモンスター、強いっぽいな!! ……でも、 課金したらあかんで。 そこはキサマの最後の砦や。 ええな?? 絶対に課金すんなよ!!!」 お見通しかーーーーい!!!>< ってことで、今回も実力でチャコルを手に入れることにした。 フェス限ヒロインガチャ! 無料の結果は チャコルを手に入れるには、始まったばかりの フェス限ヒロインガチャで引くしかない。 というわけで、さっそく回してみたぞ! まずは……メールで届いた無料ガチャから!! 出てきたのは……! ふむふむ。 予定調和過ぎて、 くくく、悔しくもなんともないわ(震え声)。 ちなみに、中身は……! おおお?? これ、持っていなかったミトではないか。 へーーー。 これは、 ハズレの中の俺的な当たりだな(どっちだよ)。 うんうん。 無料でコレなら、ぜんぜんいいわ!! 意外な出会いに満足しつつ、勝負の魔法石10個投入だ。 フェス限ヒロインガチャ! 本番! さあ、ここからが本番だ。 フェス限ヒロインガチャは、なんと魔法石10個を要求。 学園ヴァレリアのせいで魔法石を使いまくってしまったいまの俺では、よくて3回しか回すことができない。 でも……チャコルのためならば、有り金すべて突っ込むことに迷いはない!! では2回目!! 出てきたのは……!! キターーーーー!!! ダイヤタマゴ!!! 果たして、中身は……! おおお??(本日2回目) これ、じつは持っていなかったロミアではないか!! チャコルを引けなかったら、 「せめて、ロミアぐらいは持ち帰りたい……」と思っていたので、 こいつは俺的に大当たり! ぜひアシスト進化させて、誰かに付けよーっと!! 何気にここまで、個人的には悪くない結果だ。 やっぱり先日から、ガチャ運は上げ潮な気がする。

次の