アドセンス。 アドセンスとは どんな広告?収益はどれくらい期待できる?

アドセンスとは どんな広告?収益はどれくらい期待できる?

アドセンス

Googleアドセンスの審査にも通り、いざアドセンス広告を掲載しようと思ってもどうやってサイト内に貼ったらいいか分からない・・・ という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 実際インターネット上で、貼り方が分からなくて苦労したという話もよく目にします。 サイトを収益化したくてアドセンスの審査に合格したのに、実際にサイトへの貼り方が分からなくては収益に繋がりませよね。 そこで今回は、Googleアドセンス広告の貼り方について詳しくお伝えしていきます。 また今回は当ブログで「ワードプレス」を使用しているため、ワードプレスへの貼り方を例にしながらご紹介していきます。 記事の内容としては、以下のような内容になります。 ブログ記事内に直接コードを貼る• PHPファイルに直接貼る• ウィジェットを使用する• プラグインを使用する• 自動広告を使用する それではそれぞれの貼り方をご説明していきます。 ブログ記事内に直接コードを貼る ワードプレスにGoogleアドセンス広告を貼る場合は、ブログ記事に内にコードをそのまま貼り付けてしまえば、貼り付けた場所にそのまま広告を表示することができます。 ワードプレスの記事投稿画面で、エディターを赤枠のように[テキスト]を選択して貼り付けてください。 正しいコードを貼り付けられていれば、記事本文内にアドセンス広告ユニットを作成した際の内容で、Googleアドセンス広告が表示されます。 記事内にアドセンス広告を貼る際は、記事本文内にそのままコードを貼れば表示することができます。 しかし上記の貼り方はあまりおすすめできる貼り方ではありません。 あとでアドセンス広告を消したいと思ったときや別のコードの広告に変えたい時などに、各記事ごとにコードを変更しなくてはいけないため、非常に手間がかかってしまいます。 PHPファイルに直接貼る ヘッダーやフッター、サイドバーにアドセンス広告を貼りたいときは、PHPファイルに直接コードを貼る方法があります。 ワードプレス管理画面で、[外観]>[テーマの編集]からPHPファイルを編集することができます。 設定しているワードプレスのテーマごとに、それぞれの箇所に対応したテーマファイルが用意されていますので、該当のファイルにアドセンスの広告コードを貼り付けます。 該当ファイルのコードを確認して、貼り付けたい箇所にコードを貼り付けないといけないため、コードが分からない人には少し難しい貼り方になるかもしれません。 またワードプレスのテーマファイルを編集する際は、ワードプレスの管理画面から編集するのではなく、コードをコピーしてテキストエディタなどで編集するようにしましょう。 誤った箇所を削除してしまったりすると、あとで復旧することが非常に難しくなってしまいます。 ウィジェットを使用する ワードプレスでは使用しているテーマごとに、「ウィジェット」と呼ばれるヘッダーやフッター、サイドバーの表示をカスタマイズできる機能があります。 デフォルトで編集できるエリアはテーマごとに違いますが、テーマファイルの[functions. php]を編集することで、エリアを追加することもできます。 管理画面から[外観]>[ウィジェット]を選択して、アドセンス広告を表示したいエリアのウィジェットにコードを貼り付けます。 当ブログのウィジェットには、以下のエリアが用意されています。 アドセンス広告を表示したいエリアに、[テキストウィジェット]を追加します。 対象のエリアにテキストウィジェットを追加して開くと、記事投稿時と同じテキストエディタが開きます。 記事内に直接コードを貼る時同様に、[テキスト]を選択してアドセンス広告のコードを貼り付けます。 コードを追加したら保存をクリックして、問題なくアドセンス広告が表示されているか確認をしましょう。 無事サイドバーにアドセンス広告が表示されました。 テーマによってはウィジェットが使えない場合もあるので、その点は注意しましょう。 またウィジェットの[タイトル]には、「スポンサーリンク」や「スポンサードリンク」、「広告」というタイトルを入力しましょう。 「おすすめ」など意図的にアドセンス広告のクリックを促すような文言は、アドセンスのポリシー違反に該当します。 ポリシー違反を犯してしまうと、広告の停止やアカウントの削除などの措置が取られる可能性があるので注意してください。 プラグインを使用する ワードプレスには、アドセンス広告を貼り付けるためのプラグインがいくつか存在します。 ここまでにご紹介した方法よりも、比較的簡単にアドセンス広告を貼ることができます。 ここまでの方法が難しくて分からないという人は、プラグインを使ってアドセンス広告を貼り付けることをおすすめします。 プラグインを追加する場合は、管理画面のプラグイン>新規追加から、「AdSense」と検索してみてください。 するといくつかのアドセンス用のプラグインが表示されると思いますので、好きなものを選んで使ってみましょう。 代表的なアドセンス広告を貼り付けるプラグインには、以下のようなものがあります。 Advanced Ads• Ad Inserter• Quick Adsense 当ブログでは「Advanced Ads」を使用して、アドセンス広告を貼り付けています。 「Advanced Ads」と「Ad Inserter」アドセンスを表示する位置を非常に細かく設定できますが、少し設定が複雑です。 それに対して、「Quick Adsense」は表示の位置は細かく設定できませんが、設定が非常に簡単で初心者の方でも簡単にアドセンス広告を貼り付けることができます。 アドセンス広告をどこに表示したいかによって、使用するプラグインを使い分けるといいでしょう。 自動広告を使用する 最後はアドセンスの自動広告を使用する貼り方です。 自動広告はGoogleアドセンス広告の機能で、1つのコードを貼り付けるだけで自動でアドセンス広告をサイトに表示してくれます。 表示する場所もサイトのデータを収集して自動で最適化してくれるので、手動で運用するよりも手間はかなり少なくなります。 自動広告を使用する場合は、まずアドセンス管理画面の[広告]>[サマリー]を開きます。 [サイトごと]のタブを選択して、自動広告を使用したいドメインの鉛筆マークをクリックします。 鉛筆マークをクリックすると、自動広告の設定プレビュー画面が開きます。 右側の[自動広告]のボタンをクリックして、自動広告をONにします。 するとプレビュー画面でどのような感じで自動広告が表示されるか確認できるようになります。 自動広告をONにしたら、右下の[Apply to site]をクリックしてください。 プレビュー設定画面では、更に細かい設定を行うことも可能です。 すでに手動でアドセンス広告を貼り付けている場合は、手動で貼り付けたアドセンス広告も含めて表示を最適化することができます。 最適化したい場合は、[既存の広告ユニットを最適化しますか?]をONにしてください。 [広告フォーマット]では、どの広告フォーマットで自動広告を表示するか設定することができます。 表示したくない広告フォーマットがある場合は、こちらでOFFに設定しておいてください。 次に[広告の読み込み]は、表示する広告の数を制御することができます。 アドセンス広告は、たくさん広告を表示すれば収益が増えるわけではありません。 表示されている広告が多い場合は、1クリックあたりの単価が低くなることが多いです。 また広告が多すぎる場合は、クリック率が低下することもあります。 単価が低すぎたり、クリック率が悪かったりする場合は、[広告の読み込み]から表示数を調節しましょう。 最後に[ページの除外]はサイト内で自動広告を表示したくないページを設定することができます。 何かしらの理由でアドセンス広告を表示したくないページがある場合は、URLを設定することで表示をOFFにすることができます。 ここまで設定ができたら、広告プレビュー画面内の[コードを取得]かサマリー画面の[コードを取得]をクリックして、自動広告用のコードを取得します。 取得したコードをテーマ編集からheadタグ内に貼り付けます。 貼り付けてから最大1時間ほどでサイト内にアドセンス広告が表示されるようになります。 自動広告に関しては、以下の記事で詳しく説明していますので、さらに知りたい方はぜひこちらの記事もご確認ください。 リード文下 ディスプレイ広告• 記事中 ディスプレイ広告• 記事下 関連コンテンツ 様々な広告フォーマットを使って配置を検証しましたが、3箇所にアドセンス広告を表示する配置が1番クリック率が高く、さらに1クリックあたりの単価も高くなりました。 一時期自動広告も使用していましたが、想定外の場所に表示されてしまうことがデメリットに感じたので、最終的に手動でコードを貼り付ける方法になりました。 サイトごとで適切なアドセンス広告の配置は異なると思いますが、もしクリック率がいまいち良くなかったりクリック単価も極端に低くかったりする場合は、今回ご紹介した配置を一度試してみてはいかがでしょうか。 Googleアドセンス広告をサイトに貼り付けるためには審査に合格していなければいけない• ワードプレスへのアドセンス広告貼り方はいくつか方法がある• 初心者の人には簡単に貼り付けられる「プラグイン」もしくは「自動広告」がおすすめ• アドセンス広告の貼り方でクリック率などに差が出るので、最適な配置を検証する必要がある Googleアドセンス広告は、自動で表示する広告を選んでくれるので、初心者の方でも収益化しやすい広告です。 初めてアドセンス広告を利用する方は貼り方もよく分からなくて、広告が表示できないという人もいらっしゃるかと思います。 せっかく審査に合格したのにアドセンス広告を貼り付けないのはもったいないので、ぜひ当記事を参考にして1日も早くアドセンス広告でサイトを収益化してくださいね!.

次の

アフィリエイトVSアドセンス!どっちが稼げるか違いを徹底比較

アドセンス

ブログ初心者はアドセンスを!慣れてくればアフィリエイトに取り組む アフィリエイトをしたいと思ってネットビジネスを始められた方は多いです。 あなたはいかがですか? 始めたばかりの人には、アドセンスをオススメします。 慣れてくればアフィリエイトに挑戦しましょう。 なぜ、この順番がオススメするなのか?理由があります。 アドセンスは、あなたのブログなどにアクセスが集まってPV数(ページビュー)が増えて、広告をクリックしてもらうだけで稼ぐことができます。 必要なスキルはライティングスキルです。 一方、アフィリエイトは、報酬を得るために5つのステップが必要です。 売れる商品を選ぶ 2. アクセスの集まるキーワードを選ぶ 3. アクセスを集める 4. 広告をクリックしてもらう 5. 広告主のLP(ランディングページ)で商品やサービス購入をしてもらう アフィリエイトにはライティングスキルと、セールススキルが必要なので難易度が高くなります。 このような理由から最初はアドセンスで稼ぐ。 その後アフィリエイトを始める。 このパターンが一番良いです。 アフィリエイトとアドセンスは他にも違いがあるのでしょうか?ご紹介しますね。 こちらの記事も参考にしてみてください。 また、アドセンスで稼ぐ場合は、先ほどお伝えしたPV数の多さが、収入に直結します。 簡単にいえば、あなたのサイトのPV数が増えるにつれて、あなたの収入も増えていくということです。 月刊副業では、月間100万PVのサイトを作成するためのインターネット集客術を、無料で公開中!稼いでいる人しか知らない、ある「秘密」を、ぜひ知っておいてください。 \ その「秘密」は、こちらから! / お申し込みは30秒で終わります アフィリエイトとアドセンスの違い アフィリエイトとアドセンスの違いは、広告をクリックしてもらうだけで稼ぐ事が「できる」か、「できないか」基本はこの1点だけの違いですくわしく説明するとアフィリエイトとアドセンスの違いは、「広告をクリックして稼ぐ事」も含めて、3つの違いがあります。 成果報酬型(アフィリエイト)とクリック報酬型(アドセンス) 2. あなた自身で広告を選んで掲載できるか 3. 報酬単価をあなた自身で選べるか 1. 成果報酬型(アフィリエイト)とクリック報酬型(アドセンス) 成果報酬型は、あなたのサイトに掲載した広告をクリックして、さらに商品やサービスを購入してもらい報酬が発生します。 これがアフィリエイトになります。 クリック報酬型は、あなたのサイトに掲載した広告をクリックしてもらうだけで報酬が発生します。 これがアドセンスになります。 あなた自身で広告を選んで掲載できるか アドセンスの場合、あなたのサイトにマッチングした広告を自動で表示するので、配信される広告を選べません。 アフィリエイトの場合、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と契約して、あなた自身で宣伝したい商品やサービスを選ぶことができます。 ASPとは、ASP(Affiliate Service Provider ) アフィリエイトサービスプロバイダの意。 広告主から委託されたアフィリエイト広告を配信している業者です。 広告主と私たちアフィリエイターをつないでくれます。 報酬額をあなた自身で選べるか アドセンスの場合、報酬は1クリック30円前後といわれてます。 (ジャンルによって変動します)報酬額を選ぶことができません。 アフィリエイトの場合、広告を選ぶときに、報酬額を選べます。 数百円のものから数万円以上のものまで選べます。 特単とは、広告主もたくさん売ってくれるアフィエイターを優遇したいので、一般に掲載されている報酬額より高い報酬を払ってくれます。 ・商品をたくさん売った実績をつくる。 ・商品やサービスに直結するビッグキーワードで上位表示している。 実績ができればASPにアピールしましょう。 アドセンスのメリット メリットと思われるものが3つあります。 クリックだけで簡単に稼ぐことができる 2. 広告が自動で表示される 3. 商品・サービスを選ぶ必要がない 1. クリックだけで簡単に稼ぐことができる 報酬を稼ぐだけなら本当に簡単です。 ブログを開設して、ユーザーさんが集まれば数日で稼ぐことが可能です。 アフィリエイトではまず不可能です。 広告が自動で表示される アドセンスはあなたのブログやサイトに合わせて適切な広告を自動表示してくれます。 またはユーザーさんがスマホやパソコンで閲覧してきた他サイトの履歴により、感心のある広告を自動表示してくれます。 あなたは書きたい内容を投稿するだけで、報酬を稼ぐことができます。 商品・サービスを選ぶ必要がない とにかく記事を投稿してアクセスを集めることに集中できます。 アフィリエイトだとこうはいきません。 アフィリエイトの場合、報酬が高くてライバルが少ない商品・サービスを選ぶ。 選び方をしっかりマスターしないと1円にもなりません。 アドセンスのデメリット 1. 稼げる報酬が低い 2. アカウントが停止する可能性がある 3. 稼げないジャンルがある 1. 稼げる報酬が低い 先ほどもお伝えしましたが、1クリック30円前後です。 10万稼ぐにも初心者の方からすると果てしなく遠い道のりです。 最初はバイトした方が時給もいいので、継続できずにあきらめる人も多いです。 アカウントが停止する可能性がある アドセンスは、「あなたの書きたい内容を投稿するだけ」とお伝えしましたが、一部アドセンス広告が掲載できないジャンルがあります。 子供に見せられない内容はアドセンス広告が掲載できません。 稼げないジャンルがある アドセンス広告が掲載できても稼げないジャンルがあります。 ・子供向けのコンテンツ ・芸能関係(グラビア) 子供向けコンテンツは、本当に子供がみる内容です。 クリックされても広告主のサイトで購入されることは100%あり得ません。 まったく売れないのにクリックが多いとアカウント停止になる場合もあります。 しかし、万が一Googleからポリシー違反と判断されると、アカウント停止で稼げなくなります。 出典: アドセンス以外の稼ぐ方法 ここまでご案内しているアドセンスは、Googleアドセンスのことをお伝えしています。 もし、アカウントが停止されたり、広告収入を増やしたい場合、ほかのクリック報酬型広告もあります。 オススメを紹介しますが、広告の多さ、1クリックの報酬単価を考えると、Googleアドセンスが一番いいのは確かです。 nend(ネンド) スマホ専用のクリック報酬型広告です。 1クリック単価は10円前後が多いです。 インライン広告(サイトの指定した位置に埋め込む)と、オーバーレイ広告(スマホ画面の下などに常に追尾してくる)の2種類があります。 Googleアドセンスはインライン広告として使用して、nendをオーバーレイ広告として併用することもできます。 公式サイト: Fluct(フラクト) Googleアドセンスに近い1クリック単価が期待できます。 しかし、審査が厳しいです。 始めたばかりのブログだと審査落ちする可能性が高いです。 ある程度のアクセスが集まったらチャレンジしてみましょう。 公式サイト: 忍者admax 忍者admaxに無料登録して始められます。 特徴は、表示されるだけでも報酬が発生する広告があります。 もちろん、クリックされて報酬する広告もあります。 公式サイト: アドセンスで100万稼ぐためには アドセンスは初心者でも始められますが、アドセンスだけで100万円を稼ぐのは現実的には難しいです。 Googleアドセンスは1クリック単価が平均30円です。 かなり神がかった数字になります。 初心者でも簡単に始められて稼ぎやすいです。 だけど100万円稼ぐならアフィリエイトが必要です。 ある程度のPV数になれば、アフィリエイトを併用していく事が必要になるでしょう。 アフィリエイトのメリット アフィリエイトのメリットと思われるものが3つあります。 稼げる金額が無限大 商品やサービスを選ぶことができる アクセス数が少なくても高い報酬を得られる 1. 稼げる金額が無限大 月に100万円稼ぐ人がたくさんいる業種です。 月に1000万円稼ぐ人もいます。 (法人では無く個人でもいます。 ) 会社の給料と比べると、あり得ない報酬を得ることができます。 商品やサービスを選ぶことができる 商品やサービスを選ぶ手間はかかりますが、「報酬単価が高いもの」、「売りたいと思うもの」 あなたが選んで紹介できます。 そのため、サイトやブログの内容も商品やサービスに特化した内容を書くことができます。 アクセス数が少なくても高い報酬を得られる アドセンスとの違いはアクセス数に比例していないので、少ないアクセスでも商品サービスとマッチングしていれば報酬を得られます。 アフィリエイトのデメリット 一言でいうと、忍耐力と経験が必要になります。 初心者は初報酬までに時間がかかる 売れる商品を見つける必要がある アクセスを集めるキーワード選びまたは広告費が必要 1. 」そういう保証はありません。 アフィリエイトは売れなければ0円です。 100サイト作ったり、100記事書いたり、孤独な作業をしていく必要があります。 売れる商品では無かった場合、努力がむくわれない時もあります。 売れる商品を見つける必要がある アフィリエイトは商品・サービスを見つけてサイトやブログなどで紹介します。 成約できれば報酬を得ることができるシンプルな仕組みです。 しかし、売れる商品で無い場合、いくら紹介しても売れません。 稼げるアフィエイターさんは、商品選びの「目利き」が経験として蓄積されています。 アクセスを集めるキーワード選びまたは広告費が必要 キーワード選びが重要です。 俗に言う「お宝キーワード」です。 商品・サービスととマッチングしているキーワードでも、ライバルが多ければ検索結果の上位にはなれません。 サイトやブログは、検索ユーザーに見てもらわないと意味がありません。 PPCアフィリエイトといって、広告費を使って商品・サービスを紹介する方法もあります。 検索結果の上位になる必要も無く、ユーザーにアピールできますが、広告費も高騰しているのでそれなりの資金が必要です。 アフィリエイトのデメリット番外編、サギ商材に注意 ネットビジネス初心者の場合、「ネットは簡単に稼げる」そう思って参入する人が多いです。 そこを狙って、「サギ商材」や「怪しい塾」を開催したりする人間がいる事を忘れないでください。 コピペだけで素人でも月収10万 速攻で10万のキャッシュを手に入れる方法 全自動であなたの通帳に毎月10万入金 魅力的なキャッチコピーであなたの購買心理を揺さぶってきます。 簡単と書いてあるものは疑っていいでしょう。 アフィリエイトで100万稼ぐためには 最初の数ヶ月は0円が当たり前です。 あなた自身の経験がアップして、さらにサイトやブログのアクセス数が増えてくれば急に100万円を稼ぐ道筋がみえてきます。 商品・サービスとの兼ね合いもありますが、100万円の報酬が得られるようになります。 サイトの信頼性が高まれば放置しても安定した報酬が発生します。 新たな商品サービスを紹介することもできるので、報酬も二次関数的な曲線をえがき増えていきます。 アフィリエイトとアドセンスの作業量を比較 アフィリエイトはアドセンスと違って、作業量と比例して報酬が入るものではありません。 アフィリエイトは最初0円がずっと続き、作業量も多いので挫折してしまう人も多いです。 この辛い時期を乗り越えることができると、稼げるようになります。 稼げるようになれば半自動で報酬を得ることも可能です。 報酬0円でもコツコツ作業をして大きな報酬がほしい人に向いています。 一方、アドセンスは最初から報酬を得られます。 お小遣い程度の稼ぎでいいなら十分な報酬でしょう。 ただ継続して記事を作成する作業が必要です。 報酬はアクセス数とほぼ比例します。 そのため、稼げる金額には多くの場合、限界があります。 継続して記事を書いて、お小遣い程度~給料並の報酬がほしい人に向いています。 こちらの記事も参考にしてみてください。 アフィリエイトとアドセンスの併用について アフィリエイトとアドセンスの併用は可能なので、収入の柱を増やしておいた方がいいです。 ただバランスが重要です。 ・アフィリエイトの商品を紹介している記事にはアドセンス広告を貼らない。 ・同じ記事に両方の広告を掲載するときは、アフィリエイトしたい商品の広告がアドセンス広告で表示されないように設定する ・アフィリエイトの商品を紹介している記事の最後にだけ、アドセンス広告を掲載する クリックされた後、ユーザーさんが商品・サービスを購入するかどうかは広告主のサイトの出来しだいです。 商品購入というゴールを考えた場合、アフィリエイト広告をクリックしてもらった方が報酬が高くなります。 アドセンス広告の収入は減るかもしれませんが、併用するならアフィリエイトを中心にサイトを運営した方がいいですよ。 まとめ アフィリエイトとアドセンスの報酬の違いや、参入のしやすさなどを比較しました。 アドセンス広告は誰でも簡単に始められて初報酬も早い。 しかし、稼げる報酬額が少ないので手軽にお小遣い程度を稼ぎたい人にオススメします。 アフィリエイトは誰でも始められますが初報酬までの道のりは険しいです。 0円が数ヶ月続いても、あきらめない気持ちが必要です。 稼げるようになると、半自動化で100万の報酬を得ることもできます。 継続力があって、大きく稼ぎたい気持ちが強い人にオススメします。 あなたはアフィリエイト、アドセンス、どちらが向いていましたか? とにかく一歩踏み出して自分の未来を変えてみましょう! アフィリエイトとアドセンス、どちらの場合でも、サイトのPV数が多ければ、稼げる額も多くなります。 もし仮に、あなたのサイトが100万PVを集められるようになったとしたら・・・あなたは、たったひとつのサイトから、サラリーマンの給料よりも多くの収入を得られることでしょう。 しかし、100万PVを集められるサイトというのは、そう簡単に作成できません。 なぜなら、PV数を集められるサイトを作成するためには、ある「秘密」が必要だからです。 \ その「秘密」は、こちらから! / お申し込みは30秒で終わります アクセスを集めて、報酬を上げたい人に読んでほしいクリック報酬型のASPは以下にまとまっています。 興味があれば参考にしてください。

次の

Google AdSense

アドセンス

YouTube に動画をアップして広告を表示し収益化をされている方、これから YouTube で収益化をされたい方は今後もどんどん増えていくと思います。 そこで今回は、YouTube の収益化で多くの方が勘違いしていることをご紹介したいと思います。 その勘違いしていることとは「YouTube の収益化 = アドセンス」という 間違いです。 「アドセンスでしょ!?」「YouTube から申請する時にアドセンスアカウント作成するし!」と思われるでしょう。 確かに YouTube から収益受け取りプログラムに参加・申請する際にアドセンスアカウントを作成したり紐付けたりします。 しかし紐付けるだけであって、YouTube の収益化はアドセンスそのものではありません。 このページではテキストでも YouTube とアドセンスの関係についてご紹介していますが、動画でも解説しております。 よろしければご覧ください。 YouTube パートナープログラム ブログなどの Web サイトで広告を表示して収益化したい場合、Google AdSense(アドセンス)に申請を行い承認されることで可能となります。 一方 YouTube の収益化は 『YouTube パートナープログラム』というものに参加し、承認されることで可能となります。 アドセンスと YouTube は全く異なるプロダクト(サービス)なのはご存知の通りだと思いますが、収益化に関しても管理しているところが異なるということです。 審査を行うのも異なる アドセンスのヘルプコミュニティでも「YouTube チャンネルの審査が遅い」という投稿がよくあります。 しかし、収益化するためのチャンネル審査もアドセンスではなく YouTube 側が行っています。 また YouTube の収益化が停止された場合も同様に、その審査や判断はアドセンスではなく YouTube 側が行います。 アドセンスアカウントの役割 アドセンスアカウントに紐付る YouTube チャンネルですが、 YouTube の収益化におけるアドセンスの役割は収益の支払い部分です。 つまり YouTube で計上され確定した収益を、銀行口座に振り込んでもらう時に必要なのがアドセンスアカウントということになります。 収益の確認方法 昔は YouTube の日々の収益もアドセンス管理画面のレポートから確認することが可能でした。 しかし現在はアドセンス管理画面のレポートで YouTube の収益を確認することはできません。 日々の YouTube の収益は YouTube Studio から確認するようにしてください。 スポンサーリンク 収益の確定時期と支払いスケジュール Web サイトで掲載している広告から発生した収益は翌月3日までに確定します。 一方 YouTube で発生した収益は 翌月10日~14日の間に確定し、アドセンスの残高に追加されます。 確定収益を確認するにはアドセンス管理画面の [お支払い]>[ご利用履歴]から可能です。 確定してアドセンス残高に追加され、残高合計が8,000円を超えていればその月の21日~26日に支払われます。 なお支払いは Web サイトも YouTube も合算して行われます。 (残高が8,000円未満は保留され翌月に繰り越される) ポリシーやルール等 YouTube で収益化するのに守らなければならない利用規約(ポリシー)やルール・ガイドラインはいくつもあり、ザックリと下記に例を挙げてみます。 著作権等の法律 YouTube やアドセンスだけでなく、一般的に Web サイト運営者が守らなければならない『ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン』が入っていることに驚いた方もいるかもしれませんね。 Web サイトでもよく言われていることですが、要するに「ユーザーにとって有益な独自性の高いコンテンツを作りましょう」ということです。 最近「再利用コンテンツ」に対して厳しくなってきていますので、Web サイトを運営していない方であっても一度は目を通しましょう。 受けられるサポート アドセンスでは毎月一定以上の収益を挙げているアカウントであれば、メールサポートを受けることが可能です。

次の