特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括。 特別支給の老齢厚生年金とは、支給開始年齢は?繰り下げできる?

特別支給老齢厚生年金請求に必要な書類(配偶者有編) [年金] All About

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括

年金には自分で申請しなければもらえない年金があります。 今回は多くの方が受給対象となっている特別支給の老齢厚生年金について調べてみました。 特別支給の老齢厚生年金とは、昭和 60年の法律改正により、厚生年金保険の支給開始年齢が 60歳から 65歳に引き上げられた際に支給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられた制度です。 特別支給の老齢厚生年金を受け取るためには以下の要件を満たしている必要があります。 ・男性の場合、昭和 36年 4月 1日以前に生まれたこと ・女性の場合、昭和 41年 4月 1日以前に生まれたこと ・老齢基礎年金の受給資格期間が 10年あること ・厚生年金保険に 1年以上加入していたこと ・ 60歳以上であること また、この制度には「報酬比例部分」と「定額部分」の 2つがあり、生年月日と性別により、支給開始年齢が変わります。 定額部分は、昭和 24年 4月 1日以前に生まれた男性と昭和 29年 4月 1日以前に生まれた女性に支給される年金ですが、特別支給の老齢厚生年金の対象者が 60歳~ 64歳のため上記条件に該当する方がいらっしゃらないので、今回は省略させて頂き、比例報酬部分のみを表にまとめてみました。 特別支給の老齢厚生年金は、支給期間が60歳から64歳の間のみ受給できる年金制度のため、年齢と生年月日の条件に外れてしまうと適用外となり、受給することはできなくなります。 申請し忘れた場合は、遡って請求することはできません。 年金には法律により時効が5年と定められています。 5年を過ぎた分は受け取れなくなり、5年を過ぎていない分は一括で受け取るため一時所得となりますのでご注意ください。 また、 通常の老齢厚生年金とは異なり、65歳になるまでに申請しなくても65歳以上の支給額に上乗せされる事もありません。 このため、制度を活用したい場合は忘れずに59歳9か月の時に届く年金受給請求書(緑色の封筒)の申請を行う必要があります。 また、働きながら受給することも可能ですので、一度年金事務所でご確認ください。 私の身近な方にも、申請を行っておらず、67歳の時に申請したものの、年金の時効の5年を経過した60歳~61歳の2年分が時効を迎えていて200万円以上受け取れなかった方がおられました。 但し、給料と年金の合計額によっては支給額が制限される場合がありますのでご注意下さい。 支給停止額の計算式を下に添付しておきますので、ご興味のある方は計算してみてください。 60歳~64歳の方はもちろんですが、時効の過ぎていない65歳~69歳の方で申請を行わず特別支給の老齢厚生年金を受け取っていない方は、早めにお近くの年金事務所に行かれる事をおすすめ致します。 また、親御さんに60歳から69歳の方がいらっしゃる方は、是非、年末年始に帰省された際、申請忘れがないか確認されてみてはいかがですか? 今年から始めたブログも、たくさんの方にお読み頂き、反響頂く事に嬉しさを感じております。 2019年もよりたくさんのお金に関わるブログを発信していきますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。 お客様からの疑問を中心に、お金に関わるテーマを決めて私個人が感じた事をブログにしています。 お客様からの疑問、調べて欲しい!!のお声をお待ちしております。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

65歳になったときの年金の手続きと注意事項

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括

男性なら昭和36年4月1日まで、女性なら昭和41年4月1日までに生まれた人は、特別支給の老齢厚生年金が受給できます。 最近では、年金受給の繰下げを申し出て、年金額を増やすと言うことが話題になっていますよね。 働けるうちは働いて、リタイア後の生活費を少しでも楽にしようとする苦肉の策なのですが、特別支給の老齢厚生年金も繰り下げて、受給額を増やそうと思って、街角の年金相談センターへ行って聞いてみました。 聞いておいて良かったです。 期待していた回答とは、全く違う、ガッカリする説明を受けてきました。 受給年齢(生年月日)内の人は、しっかり理解しておくことをお勧めします。 また、受給年齢(生年月日)よりお若い方も、この内容は十分理解しておいた方が良いと思います。 と言うのも、将来、年金受給年齢が70歳になった時には、同様の考え方が適用されると考えるからです。 年金って、似たような言葉が出て来てサッパリわからないと嘆いている一般庶民には、限りなく情け容赦のない仕組みなんですから!! 目次• 特別支給の老齢厚生年金は繰下げ受給できない 日本年金機構の以下のサイトをご覧ください。 情け容赦なく「特別支給の老齢厚生年金については、繰り下げ支給制度は適用されません。 」の一文だけが書き記されています。 説明もヘッタクレもありません。 ただ一言 適用されません だけです。 nenkin. html 繰り下げ支給の対象外ですから、年齢を引き上げて申し出たからと言って増額されることはありません。 それどころか、申し出は各人の責任ですから、65歳までに受給しなかったとして後日受給することもできません。 つまり、もらい損ね、減額と一緒です! 「特別支給の老齢厚生年金」は、文字通り「特別」なんです!• 日本年金機構のサイトからの引用になりますが、そもそも「特別支給の老齢厚生年金」は• 平成12年の法律改正により年金受給開始年齢により60歳から65歳へ引上げられた。 支給開始年齢の引上げに伴い、該当者は60歳台前半における老齢厚生年金の繰上げ請求ができる。 まぁ~、なんという高飛車な説明なんでしょうか! 特別支給は、「老齢厚生年金の繰上げ請求」なのだそうです。 受給年齢を勝手に65歳に引き上げておいて、繰上げ請求できるって言い方が、そもそも上から目線じゃありませんか! これこそが、「特別支給の老齢厚生年金」の本質なのです。 本来の老齢厚生年金とゴチャゴチャにしないで! 65歳から受給できる年金は、単に「老齢厚生年金」と呼んでいますが、これが本来の年金です。 この年金は、繰下げ受給することができます。 65歳以降70歳までの間に受給の申し出をすることで、受給額の増額が見込めます。 忘れていたとしても遡り申請で、本来の受給額を受け取ることができます。 但し、繰下げ請求は、遺族が代わって行うことはできませんので注意が必要です。 昨今の年金受給年齢の引き上げ報道から見えること 現在65歳で年金を受給することができますが、70歳に引き上げられそうです。 って言うか、政府は色々地固めを始めています。 日本老年学会による「高齢者」の定義を65歳から75歳以上に見直し• 人生100年時代構想• 厚生、年金保険の適用は70歳未満まで• 雇用保険の適用が拡大され、65歳以上も「? 年齢継続被保険者」が適用される• 高度プロフェッショナル制度の悪用 などなど、これまで当たり前だった働き方がガラガラ変わり始めています。 年金は65歳からを思っているとトンデモナイ目に! 現在65歳からと言われている年金受給。 なんだかんだと色々な縛りがあり、満額で貰えるなんてことはマレです。 庶民の不安を駆り立てて働かせて、社会保障・税金は徴収して、年金受給開始は遅らせよう、遅らせようとしているように思えてなりません。 まぁ、そうでもしないと年金が確実に破綻します! 仕事をしているうちは何とかなるけど(何とかしろってことだけど)、仕事が無くなったとたんに窮地に陥るってことですね。 何とかしなきゃです。

次の

特別支給の老齢厚生年金の支給額を自分で計算してみました

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 一括

もらえるものならばもらいたいがもらえないと聞いたので、どうせもらえないものなら請求しても無駄だと思って請求しなかったとおっしゃる方が多いわけですね。 しかし、手続きをしないで放っておくだけでは、請求手続きを忘れているだけなのか、どういうおつもりであるのか日本年金機構の方ではわからないわけですね。 そこで、特別支給の老齢厚生年金の受給権が発生しているのに年金請求手続きを行わないままになっている人に対しては、65到達前に「年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)」が日本年金機構から郵送されてきます。 年金請求書にはご本人(年金を受ける方)の郵便番号、住所、氏名・フリガナ、基礎年金番号、生年月日がすでに印字されています。 この「特別支給の老齢厚生年金」は請求を遅らせても、増額することはありません。 また、時効により年金を受けられるようになったときから5年を過ぎると、法律に基づき、5年を過ぎた分については時効により受け取れなくなりますので、ご注意ください。 退職時か65歳以降かいずれかの日に申請すれば実害は ありません。 でも、お歳を召されれば召されるほどおっくうに なりますね。 年金事務所に行かれればわかりますが 送付された裁定請求書を開封もせず、そのままおこしに なる方が多数いらっしゃいます。 申請書類が整ってないので、再度申請のし直しという パターンが多いです。 簡単にはできないと思ったほうが いいですね。 お暇のあるうちにできれば予約をとっていったほうが いいと思います。 待ち時間なしにすぐ応対してくれます また、しばらく働くつもりでいたとしても長期特例に なっていたりすると働き続けることが損になることも あります。 そういうアドアイスも聞くことができます 多分、先に手続きやっておいて損になるうことは ありません。

次の