神津カンナ 結婚。 AM1422kHz ラジオ日本

神津カンナ(作家)の両親、兄弟は?結婚や執筆作品まで徹底調査!

神津カンナ 結婚

本日、NHK『ごごナマ』に登場! 2歳で子役として芸能界に入り、作曲家の神津善行さんと結婚後も、女優として活躍し続けてきた中村メイコさん。 仕事でも家庭でも変わらずパワフルなメイコさんのことを、娘のカンナさんとはづきさんは「規格外の母」と言います。 はづき 一般的な「お母さん」というイメージはないものね。 カンナ 私は4歳の時、友だちの家に遊びに行くようになって、うちがよそと違うのを感じた。 お父さんは作曲家だからいつも家にいて、お母さんはほとんどいない。 しかも出かける時にはハイヒールを履くとか、つけまつげをするとか、なんだかよそとは違う。 はづき 外で仕事をして家に帰ると、女優から「お母さん」に切り替わるんだけど、それがわかりやすい。 まず形から入るのね。 洋服から紬の着物に着替えるとか。 (声色を変えて)「はい、疲れたでしょう」「あら、庭の梅が咲いたわね」。 ん? 誰のマネ? って。 カンナ そうそう、紬の着物! あと桜茶を出すとか。 いちいちドラマみたいだった。 お母さんは2歳半から役者をやっているから、「普通のお母さん」というのも「役」の一つだったんだろうねえ。 メイコ 自分ではできる限り「普通のお母さん」をやっていたつもりだけど、こうしてあなたたちの話を聞くと、変なお母さんと思われていたみたいね。 たしかに、役柄から入っていくクセはあった。 結婚したら、ごく平凡な「いい妻・母」をやろうと思ったのよ。 いいお母さん役が上手だった女優さんって、杉村春子先生をはじめとして、森光子さん、京塚昌子さん、八千草薫さんもそうだけど、実生活ではお子さんがいらっしゃらない。 つまり、照れずに、客観的に母を演じられるの。 はづき だから、そういう女優さんと同じようにやれば、「お母さん」としてハズレがないと思ったのね。 しかも季節とか、家に来るのがどういう友だちかで、「母親」としてのキャラクターが変わるのよ。 ある時はきりっと厳しい山岡久乃さん。 カンナ 自分が学校に通えなかったこともあって、子どもの学校に行くのが好きだった。 参観日はお母さんのほうが楽しみにしてたでしょう。 メイコ カンナから「『この問題がわかった人』と先生が言っても、お母さんは黙っているように」と事前に指示されていたのに、「は~い」と手をあげて、先生に「お母さま、お静かに」と注意されちゃった。 (笑) はづき 「ムリしないで」と言っているのに、私たちの学校行事には舞台公演の合間でも来たよね。 だから顔は白塗り状態。 それで、「はーちゃん、来たわよ」と言われてもね(笑)。 お弁当も毎日、たとえ舞台の初日でも作ってくれた。 中学生にもなると、「今日はパン買ってね」と300円渡されたほうが嬉しいのに。 この時のお母さんは、「初日を控えているのに、お弁当を一所懸命に作る母」の役に浸りきっていたんだと思う。 カンナ お弁当といえば、そもそもお母さんはお料理で味見をすることがないわ。 だからお砂糖と小麦粉を間違えても気づかない。 まずいというより、得体の知れないシロモノがいろいろと出てくる……。 はづき 食事中、お父さんがポケットからこっそりビニール袋を出して、「ここに入れろ」って。 子どもたちで回した後、お父さんが回収してたの、知らないでしょ。 (笑) メイコ そんなことあったの? 私はいつも「これで大丈夫?」「ちゃんとできてるかな」とほんとにドキドキ気分だったのに。 まさか、あなたたちがガマンしてたなんて。 カンナ うん、ガマンしてた。 jp 「『芝居じみているな』とは感じているけど、家を飛び出す場面までやらないと、話が終わらない」(メイコさん) はづき お父さんは、「女優・中村メイコ」を妻にするつもりで、結婚したのよね。 メイコ 誰よりも私を見抜いていた。 だから、ないものねだりはしないでおこう、と思ったんでしょう。 はづき お母さんが謎の「お母さま役」を演じていることも含めて、お父さんは「やりたいようにやらせとけ」としょっちゅう私たちに言ってたもの。 カンナ 「よそのお母さんみたいなことを望んでも無理」という教育を受けたよね。 まあ、「まいったな」と思うことは時々あったけど、お母さんが変わっているからといって、傷ついた感覚はなかったな。 自由な母でも子はちゃんと育つ。 各自、やりたいように生きている。 (笑) はづき 私は「お母さんのようになってはいかん」と奥歯をみしめてやってきたのに、血は恐ろしい。 (笑) メイコ うふふ、お気の毒に。 やるべきことがないと、それはそれで大変 はづき 女優業に専念したいと思ったことはなかったの? メイコ いいえ、一度もないのよ。 カンナ 家でのいろいろな「役」を面白がっていたのかな。 メイコ そうね。 でも、神津さんと大ゲンカして、「ふんっ、面白くない! もうイヤ!」と思ったことは何千回とありましたよ。 お酒の勢いで家を飛び出したことだって。 はづき 心配して探しに行くと、近くのディスコで踊っているんだもの。 私が中学生の頃、夜中にネグリジェのまま家を飛び出して、おまわりさんと帰ってきたこともあった。 メイコ 橋のたもとで泣いていたら、おまわりさんに捕まったのよ。 はづき ネグリジェ姿でフワフワ歩いているから、最初は幽霊が出たと思ったみたいよ。 それで、「いやだぁ!」「放してよ!」なんてギャーギャー言いながら、腕をつかまれたまま家に帰ってきた。 おまわりさん、そこで初めて中村メイコだと気づいたのね。 「あ、メイコさんでしたか」と言われたとたん、お母さんはすました顔で、「はづき、お茶を出して差し上げて」。 ……萎えるよね。 (笑) メイコ 役者というのは自分をコントロールするのがうまいの。 でね、「ここらあたりでものすごいことをやってみせないと、この芝居は終わらないぞ」と思っちゃうのよ。 はづき いや、世の妻というのはね、洗い物をしながらスーッと泣いて、台所の窓に映る自分の涙を見るものなのよ。 メイコ そうなの? でも、誰も見てないじゃない。 カンナ だから、見せなくていいんだって!(笑) メイコ 私も長年、「普通の妻」とか「普通の母」をやっていて思うんだけど……。 カンナ ま、普通じゃないけどね。 (笑) メイコ いいから聞きなさい。 自分の行動の3分の1くらいは、「芝居じみているな」とは感じているわよ。 でもね、家を飛び出す場面までちゃんとやらないと、話が終わらない。 カンナ お芝居の視点で考えること自体、やっぱり女優だなー。 はづき でも、家の中で爆発してなかったら、お母さん、きっとどこか具合悪くなってたでしょう。 メイコ うん、絶対になってた。 カンナ はづきは、家庭で「もうやってられない」と思うことはない? はづき 頭をよぎるのが、さっきも出たお母さんのプチ家出。 でも、だんだん面倒くさくなってきて、結局、「う~ん、悔しい」で終わってる。 カンナ お母さんのおかげ? はづき それがよかったのかどうかは、わからない。 もっと爆発させてもよかったのかも。 メイコ そうよ! 派手にやらなきゃあ。 はづき でも、これはお母さんの影響かもしれないけど、あまり人に愚痴ったりはしなかった。 私の同世代のママ友たちは、夫が定年退職したり、親の介護をする歳になったりしているでしょ。 「毎日、夫のごはんを作るのがイヤ」「姑の面倒をみてるのに、夫のきょうだいは何もしない」とか、文句の内容が決まっている。 だけど、愚痴る人はそのことに依存しているんじゃないかなって最近は思う。 メイコ どういう意味? はづき 夫のごはんを作るのがイヤなら、作らないで出かけてもいいわけでしょ。 夫だって、お腹がすけば、戸棚を開けてカップ麺でも見つけるだろうし。 何もなければ外に食べに行くだろうし。 カンナ そりゃそうだ。 はづき 依存というのは変な言い方かもしれないけど、自分のやることが決まっていると、結局、ラクなの。 イヤだと思いつつ夫のごはんを作る。 でも、いざ免除されると、どうしたらいいかわからなくなるんじゃないかな。 自分が何をしたいのかを真剣に考えるって、それはそれでけっこう大変なことだもの。 カンナ はづきと違って私はひとりものだから、誰かにごはんを作らなくてもいい。 自由ではあるけれど、本当の自由って、規則があってはじめて感じるものなのね。 だから私は、自分で規則を作ることにしている。 「何時以降はお風呂に入らない」とか、「夜寝る前にはこれをする」とか。 自分なりの枠を作ったうえで自由を満喫する。 「家族や家に縛られている」と不満を抱く人もいるけれど、一方で、規則があることを羨ましいと感じている人間もいるのよ。 〈後編に〉.

次の

中村メイコ、娘との距離の取り方「親だから、子だからといって、縛りあいたくない」〈後編〉(婦人公論.jp)

神津カンナ 結婚

2020年7月のゲストは、 映画字幕翻訳の第一人者、 戸田奈津子 さんです。 戸田奈津子(とだなつこ)さん 東京都出身。 津田塾大学英文科卒業。 生命保険会社勤務ののち、 フリーで通訳・翻訳の仕事を開始。 故・清水俊二(しみず・しゅんじ)氏に手ほどきをうけた。 1970年、「野性の少年」で映画字幕デビュー。 その後、フランシス・フォード・コッポラ監督の不朽の名作 「地獄の黙示録」を 担当。 以降も「E. T.」「インディ・ジョーンズ」「タイタニック」 「007」など の大作・話題作の字幕を手がけられました。 また、ハリウッドスターとの親交が深いことでも知られています。 (やましたひでこ)さん 学生時代に出会ったヨガの行動哲学 「断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)」に 着想を得た「断捨離」を日常の片付けに落とし込み、 誰もが実践可能な自己探訪メソッドを構築。 「新・片付け術『断捨離』」を始めとするシリーズの書籍は、 累計500万部を超えるミリオンセラーに。 また全国各地でのセミナーや講演では、 圧倒的な支持を得ていらっしゃいます。 2020年5月のゲストは、 弁護士の住田裕子 (すみた ひろこ)さんでした。 住田裕子(すみた・ひろこ)さん 1951年(昭和26年)兵庫県生まれ。 東京大学法学部卒業。 女性初の法務省民事局付検事、大臣秘書官などを経て、 1996年に弁護士に。 内閣府の男女共同参画会議委員、獨協大学特任教授も務められました。 日本テレビ「行列のできる法律相談所」に出演経験を持つなど 多方面でご活躍中。 また、同業のご主人とのあいだにお二人のお子様がいらっしゃいます。 2020年4月のゲストは、 国際政治学者の 三浦瑠麗(みうら・るり)さんでした。 三浦瑠麗(みうら・るり)さん 1980年(昭和55年)神奈川県生まれ。 東京大学農学部卒業、東京大学大学院 法学政治学研究科修了。 博士(法学)(はくし・ほうがく)。 東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、 現在はシンクタンク、株式会社山猫総合研究所の代表でいらっしゃいます。

次の

中村メイコ、娘との距離の取り方「親だから、子だからといって、縛りあいたくない」〈後編〉(婦人公論.jp)

神津カンナ 結婚

神津カンナさんの両親は? 神津カンナさんの父親は 神津善行さん、 母親は 中村メイコさん。 神津善行さんは、 作曲家で早稲田大学理工学部特別研究員です。 また東京交響楽団理事、日本民謡協会理事をしています。 中村メイコさんは、 女優、 歌手、 タレント。 旧芸名は中村 メイ子。 本名は神津五月) 5月17日 日 の放送は、以前ゲストでお越しいただいた伊東四朗さんと綾小路きみまろさんの名場面集をお届けします。 聞き逃していた方、もう一度聞きたかったという方、この機会にぜひお聞きください TBSラジオでの放送は、今夜5月17日(日) 23:00〜です。 — サンスター 文化の泉 ラジオで語る昭和のはなし showa954905 中村メイコさんは2歳で映画デビューした天才子役でした。 その後、歌手デビューし数多くの映画やドラマなどに出演しました。 神津カンナさんの兄弟は? 弟は画家の 神津善之介さん。 妹は女優の 神津はずきさん。 義理の弟にあたる神津はずきさんの夫は 俳優の 杉本哲太さんです。 弟の神津善之介さんは、 スペインのバルセロナで画家として活動しています。 栗原美季 ブログを更新しました。 妹の神津はずきさんは 1983年に花王名人劇場「わが家はカタログ」で女優デビューしました。 1992年には俳優の杉本哲太さんと結婚し、現在3児の母です。 神津カンナさんの作品一覧とあらすじ感想 年下の彼 芸能一家に生まれた著者が、描く恋愛小説。 繊細でありながら鋭利な心理描写で、思わず読み手を唸らせる。 7つのラブストーリー。 大部屋役者の意地。 新人たちの夢と挫折。 劇場の舞台事務所で働き始めた、 大部屋女優の娘・圭子が知る、哀切な人間模様。 こんな長女的性格の典型だという著者が 自己分析しながら綴る楽しいエッセイ。

次の