オゾンガス 発生 装置。 オゾン発生器やオゾン発生装置による殺菌と脱臭!

業務用オゾン発生器

オゾンガス 発生 装置

患者さんの信頼を得て、快適で安全な病院を目指すためには、 院内感染(MRSA)の予防・対策 や脱臭は絶対に避けられない重要な問題です。 さらに、最近クローズアップされてきた、 病院機能評価 (医療機能評価)で認定されるためにも、 院内感染管理 や空気環境の整備は必須項目となってます。 そこで、 院内感染(MRSA)防止にお薦めなのが、 オゾン発生器(装置)による除菌です。 オゾンは、 ホルマリンのような残留性がなく、環境にやさしい除菌剤なので、 病院機能評価 (医療機能評価)に則した院内感染(MRSA)の予防、対策ができるだけでなく、臭気対策である 療養環境の整備の項目まで解決してくれるため、一石二鳥の効果があります。 病院などの医療施設、 特別老人ホームなどの福祉施設から、福祉用具の除菌、消毒まで、是非、低コストで安全な オゾン発生器(装置)を利用しませんか? オゾンは、 消防庁の新型インフルエンザ対策 の一環として、日本の主要な空港での配備が一般入札されたことから、 新型インフルエンザへの効果 があること が認められています。 さらに、奈良県立医科大学から、 オゾンは新型コロナウイルスを不活性化させる 、という画期的な実験結果が報告されました。 現在、感染症の予防対策としては、手洗いの徹底やマスク装着が推奨されておりますが、同時に、 ウイルスを細胞レベルで分解するオゾンを利用すれば、 空間の除菌 をすることになり、さらに 予防効果を高める ことができます。 是非、院内感染対策に、 メンテナンスも楽で、ランニングコストがほとんどかからないオゾン発生器を導入下さい(但し オゾンの濃度やご使用の条件により、効果は異なりますので、ご了承下さい)• オゾンガスを使用するため、 使用空間の隅々までオゾンが到達をして、どの場所でも均等な効果が得られます *手間がかかる、 壁、天井の殺菌が、簡単にできます• 反応後は 酸素に戻るため、残留性がありません * ホルマリン、EOGガスとの決定的な違いです。 現在、数多く使用されているホルマリンやEOGガスは、環境汚染による規制が厳しくなってきており、今後は、ますますオゾンのニーズが増えるというのが、専門家の見解です• 空気が原料なので、 ランニングコストは月々の電気だけで済みます *さらに、清掃作業も楽になり、人件費の低減にもつながります•

次の

オゾン殺菌による院内感染(MRSA)の予防や対策

オゾンガス 発生 装置

患者さんの信頼を得て、快適で安全な病院を目指すためには、 院内感染(MRSA)の予防・対策 や脱臭は絶対に避けられない重要な問題です。 さらに、最近クローズアップされてきた、 病院機能評価 (医療機能評価)で認定されるためにも、 院内感染管理 や空気環境の整備は必須項目となってます。 そこで、 院内感染(MRSA)防止にお薦めなのが、 オゾン発生器(装置)による除菌です。 オゾンは、 ホルマリンのような残留性がなく、環境にやさしい除菌剤なので、 病院機能評価 (医療機能評価)に則した院内感染(MRSA)の予防、対策ができるだけでなく、臭気対策である 療養環境の整備の項目まで解決してくれるため、一石二鳥の効果があります。 病院などの医療施設、 特別老人ホームなどの福祉施設から、福祉用具の除菌、消毒まで、是非、低コストで安全な オゾン発生器(装置)を利用しませんか? オゾンは、 消防庁の新型インフルエンザ対策 の一環として、日本の主要な空港での配備が一般入札されたことから、 新型インフルエンザへの効果 があること が認められています。 さらに、奈良県立医科大学から、 オゾンは新型コロナウイルスを不活性化させる 、という画期的な実験結果が報告されました。 現在、感染症の予防対策としては、手洗いの徹底やマスク装着が推奨されておりますが、同時に、 ウイルスを細胞レベルで分解するオゾンを利用すれば、 空間の除菌 をすることになり、さらに 予防効果を高める ことができます。 是非、院内感染対策に、 メンテナンスも楽で、ランニングコストがほとんどかからないオゾン発生器を導入下さい(但し オゾンの濃度やご使用の条件により、効果は異なりますので、ご了承下さい)• オゾンガスを使用するため、 使用空間の隅々までオゾンが到達をして、どの場所でも均等な効果が得られます *手間がかかる、 壁、天井の殺菌が、簡単にできます• 反応後は 酸素に戻るため、残留性がありません * ホルマリン、EOGガスとの決定的な違いです。 現在、数多く使用されているホルマリンやEOGガスは、環境汚染による規制が厳しくなってきており、今後は、ますますオゾンのニーズが増えるというのが、専門家の見解です• 空気が原料なので、 ランニングコストは月々の電気だけで済みます *さらに、清掃作業も楽になり、人件費の低減にもつながります•

次の

オゾン発生器・オゾン発生装置・オゾン発生機一覧

オゾンガス 発生 装置

前回、オゾン発生器を購入してオゾンの発生方法を探ってみました。 自作する場合は必ず自己責任で、感電しないように気を付けましょう。 感電は場合によっては命に関わります。 またこのブログは決して装置の自作を推奨するものではございません。 装置の動作中はオゾンガスが発生します。 高濃度のオゾンガスは中毒症状を起こします。 室内で動作させる時には換気に気をつけましょう。 小さ様やペットのいる部屋では使わないようにしましょう。 原理 オゾン発生装置は電極をガラスで隔てた「無声放電」という放電方法でオゾンを発生させる原理のものが多いようでしたが、購入した安価なものは特にガラスで電極も隔てられておらず、簡単な「」を用いてオゾンを発生させているということが判明しました。 <市販品のオゾンガス発生装置> 要するにどのような方法でも「大気中で放電させればオゾンは発生する」ということです。 とうことで、家にある廃材で使えそうな物を利用してもっと効率の良いオゾン発生器をすることにしました。 構造 大気中で放電させるためには数千ボルトの 高電圧が必要です。 (大雑把に、1000Vで約1mmの放電が起きると言われています) 「 コッククロフト・回路」という回路を組むと、交流電源から直流の高電圧を発生させることができます。 <1段の回路> これを繋げることで段々に高電圧を得られるようになります。 しかし、元からある程度電圧の高い交流の電源が無いと非効率なので、入力電源として使い捨てカメラのフラッシュ回路や古いに使われていた等がよく利用されています。 材料 僕の手元には古いスキャナー(たぶん)を分解したときに取り出したの回路がありました。 基板には「」という表記があるものの、詳細は不明のものです。 の入力電圧等も不明でしたが、いろいろ試しましたら古いプリンターから取り出した32V電源を繋いでみた所バッチリ点灯しましたのでこの組み合わせで作ることにしました。 の出力電圧も不明ですが、コードの耐圧が3kVと書いてあります。 Webでいろいろ調べてみるとがだいたいの1kV前後の物が多いようなので、まあ特段変わったものも使われていないだろうと踏んで1kVとして他の部品を選定することにしました(詳しい人が見たら怒られそうなぐらい適当)。 」 ということが以下のブログで紹介されています。 0A ・ピーク順電流:30A ・順電圧:1. 1V ・端子間容量:15pF ・パッケージ:アキシャルリード 上のブログ中ではFR107が紹介されてますが、手に入りにくいということでESJA57-04を使っているようです。 5A ・順電圧:15V ・逆回復時間:0. 08us ・端子間容量:2pF ・パッケージ:アキシャルリード 4kV耐圧は良さそうですが、1段につき2つ必要なので1つ100円は高すぎます。 他に選択肢が無いかと探してみると、耐圧は低くなりますが1kVの超高速スイッチング用としてUF2010を発見しました。 0A ・ピーク順電流:60A ・順電圧:1. 実際で使われている周波数は一般的に数十kHzなので〜、周波数と周期の計算が必要ですが僕はこれが苦手!! ということで便利なサイトを使います。 <周期計算サイト> 余裕をもって100kHzの時の周期を計算させると周期は10,000n秒ですので、切り替わりのタイミングはその半分の5,000n秒。 つまり、逆回復時間が5,000n秒以内のであれば充分なので、上ののスペックはオーバースペックと言えます。 もっと安い物はないか?と調べますと、「PS2010」というものを発見しました。 こちらのは逆回復時間が500n秒ですが、これで充分使えそうです。 しかも10個で80円、1個8円て、安っ! ただ、耐圧が1kV。 入力電圧の2倍程度が理想なのでこれを二個直列で繋ぐことにします。 これなら1段に4つ使っても32円で済みます。 1V ・逆回復時間:500ns ・端子間容量:35pF ・パッケージ:DO-15 はの端子間容量の35pFより以上のものを選択する必要があるので2kV、1000pFのものを選択しました。 <> 届いたパーツたち ちょっと発注をミスしてしまっての数が足りなかったのですが、これらで回路を組んでいきます。 <コロナ対策関連記事> DreamerDream.

次の