剣盾 サザンガルド。 【ポケモン剣盾】サザンドラの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモンソードシールド】サザンガルド パーティー 考察【ポケモン剣盾】

剣盾 サザンガルド

構築経緯 万能ダイマックスのトゲキッス トゲキッスは攻撃以外の種族値が600族並みに高く、現環境最強技「ダイジェット」が使える 非常にタイマン性能の高いポケモンです。 また、技「エアスラッシュ」と特性「てんのめぐみ」のコンボによって 相手の受けポケモンを崩す性能も環境随一です。 これに加えて、 道具「いのちのたま」を持たせることによって採用率の高いポケモンほぼ全てに対して確定数を変化させられるため、相手の想定を崩す初見殺し性能を確保することができます。 以上のように超ハイスペックポケモンであるトゲキッスを使わない手はないと思い、このポケモンを軸としました。 対面選出の確保• トゲキッスを初手に出してダイマックスさせた場合、その圧倒的タイマン性能で得た数的アドバンテージを活かして戦いたいため、 ダイマックスせずとも相手のダイマックスと打ち合うことのできるギルガルドとミミッキュを採用し、『対面構築』的選出を可能にしました。 サイクル選出の確保• ここまで採用した3体、特に軸であるトゲキッスが相手のロトム 炎 に弱く、この3体の選出では相手のダイマックスロトム 炎 と打ち合った結果数的不利を取るとそのディスアドバンテージを覆せず負けてしまいます。 そこで、 相手のロトムに強くトゲキッスの不利対面をカバーでき、ギルガルドとのタイプ相性補完でサイクル戦を行うことで数的不利を取ってしまった場合でも挽回できるサザンドラを採用しました。 また、「こだわりスカーフ」を持つことでトゲキッス軸の天敵であるスカーフヒヒダルマの上から行動でき、場合によっては「だいもんじ」で一撃で倒すことができます。 TOD性能の確保• トゲキッスは基本的に相手のダイマックスポケモンとの打ち合いで勝利することができますが、その トゲキッスと対等に打ち合ってくるダイマックスポケモンとしてギャラドスとドリュウズが挙げられます。 そこで、この2体のポケモンとトゲキッスが 対面した時の引き先としてナットレイを採用しました。 上記の対面でナットレイに引き 相手のダイマックスを受け流すことで、こちらのトゲキッスでより全抜きしやすくなります。 さらに、ナットレイとタイプ相性が良く、 2体で合わせてTODを仕掛けることができるドヒドイデを採用しました。 初手をダイマックスさせて受けポケモンに引いて時間を使うことで判定勝ちを狙う、せつないさんのTOD特化構築のような動きも可能になりました。 個別紹介 トゲキッス 特性 てんのめぐみ 性格 ひかえめ 持ち物 いのちのたま 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-x-115-189-135-132 技 エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ くさむすび 調整意図 ・CS振り切り 解説 高いタイマン性能 トゲキッスは使わない種族値 トゲキッスの場合は攻撃 を除いた実質種族値が現環境TOP5に入るほど高く、さらに広い技範囲により多くの相手と撃ち合えます。 また、今作最強技「ダイジェット」のおかげで自身より速い相手に対して素早さ関係を逆転させて行動回数を増やすことも可能です。 これらの要素のおかげで ダイマックスを使用した際のタイマン性能は環境随一で、対等に張り合えるのはギャラドス・ドリュウズ・ミミッキュ・ドラパルト程度でしょう。 「いのちのたま」による確定数の変化 トゲキッスは採用率が高く常に警戒の対象で、耐久調整などで露骨に対策されてしまう ことがあります。 しかし「いのちのたま」を持たせることでダイマックスドラパルトやミミッキュ、カバルドンなどの確定数が劇的に変化するため、 メジャーポケモンでは本来持ち得ない相手の想定を崩す性能を得ることができます。 ミミッキュ 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 アッキのみ 努力値 HP:148 攻撃:92 防御:12 特攻:0 特防:4 素早さ:252 実数値 149-122-102-x-126-162 技 ゴーストダイブ ドレインパンチ かげうち つるぎのまい 調整意図 HB:防御1段階上昇時、177 252 ギャラドスの 「いのちのたま」持ち 「ダイジェット とびはねる 」を93. さらにダイマックスターンを稼ぐのに使える「ゴーストダイブ」を覚えさせているので、 「ばけのかわ」・1発耐える・「ゴーストダイブ」というようにこのポケモン1体で相手のダイマックスターンを枯らすことができます。 また、ダイマックス同士の撃ち合いで負けてしまうドリュウズに対しても「じゃくてんほけん」を活かして殴り合うことができ、 トゲキッスを展開する前に投げることで事前にトゲキッスの弊害となるポケモンを取り除くことが可能です。 サイクルとタイマンの両立 ギルガルドといえば「じゃくてんほけん」や「きあいのタスキ」を活かしたタイマン性能の高さに注目されがちですが、トゲキッスや後述するサザンドラとの優秀な タイプ相性補完を活かしたサイクル戦も得意とするので、相手のパーティ・選出に合わせた柔軟な対応が可能です。 サザンドラ 特性 ふゆう 性格 おくびょう 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 167-112-111-177-110-165 技 りゅうせいぐん あくのはどう だいもんじ とんぼがえり 調整意図 C:なるだけ高い火力を出したいため振り切り S:同族やヒヒダルマを意識して最速 解説 「とんぼがえり」で対戦をコントロール ポケモンHOME解禁前である 現環境においてサザンドラより速いポケモンはかなり限られており、その中でも「こだわりスカーフ」を持つことがあるポケモンというとドラパルト程度であるため、その他のポケモンはぼ全てに対して「とんぼがえり」から有利なポケモンを繰り出すことが安定します。 「だいもんじ」を耐えることもあるヒヒダルマに対しても「とんぼがえり」から入りギルガルドで氷技を受けることで、次サイクルでのヒヒダルマの処理が望めます。 「あくのはどう」でスイープ 現在のシングル環境で悪技を半減以下に抑えてくるポケモンはトゲキッスとニンフィア、バンギラス程度しかおらず一貫性が高いです。 前述した 「とんぼがえり」で試合をコントロールし相手を削り、最終的に「あくのはどう」を上から連打することで全抜きすることを目指します。 ナットレイ 特性 てつのとげ 性格 のんき 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 181-114-201-x-137-22 技 ジャイロボール ボディプレス やどりぎ てっぺき 調整意図 HP:総合耐久をできる限り高めるため振り切り B:役割対象のギャラドスとドリュウズと打ち合うことを考えて特化 解説 「てっぺき」+「ボディプレス」 本サイトで何度も紹介している「てっぺき」+「ボディプレス」のコンボが強力です。 また、通常の鋼+草の攻撃範囲では相手のドリュウズに「つるぎのまい」を許してしまいますが、この技構成ならば 「てっぺき」から入ることで「じゃくてんほけん」をケアしながらも迅速な処理をすることができます。 ドヒドイデ 特性 さいせいりょく 性格 ずぶとい 持ち物 くろいヘドロ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 157-61-224-73-163-55 技 ねっとう どくどく くろいきり じこさいせい 調整意図 HP:総合耐久をできる限り高めるため振り切り B:役割対象であるミミッキュから受けるダメージをできる限り抑えるため特化 解説 ナットレイとの受け選出 ナットレイとのタイプ相性補完が優れており、受けて完封したり特性「さいせいりょく」を活かした交代連打でTODを狙うことができます。 今シリーズはTODのルートを確保しているかそうでないかが非常に重要で、 このポケモンを採用するだけで本来は勝てない相手にも判定勝ちを狙うことが可能になります。 選出・立ち回り ドリュウズを見たらナットレイの選出を優先する、ロトム 炎 がいたらサザンドラの選出をするなどといった多少の決め事はありますが、それ以外はほとんど決まっておらず 相手のパーティと状況を見て柔軟な選出と立ち回りを行います。 柔軟な立ち回りを行うにあたって 何よりも重要なのは知識で、どういったパーティ・型が流行しているか把握しどれだけ警戒する必要があるかを判断する ことで初めてスタンダードなパーティで高い勝率を出せるようになります。 終わりに 以上が最終23位のトゲキッス軸スタンダード構築の紹介となります。 相手に合わせて選択を行う『スタンダード構築』なので選出や立ち回りについて詳しく言及できなかったのは申し訳ないのですが、上位構築の紹介記事などを見て知識を付けた後にレンタルチームを使ってその対応力を実感していただければと思います。

次の

【ポケモン剣盾】最終23位 サザンガルド入りトゲキッス スタンダード【構築記事】

剣盾 サザンガルド

マスターボール級プレイヤー『とりのす』さんについて マスターボール級昇格時の順位 現在(11月20日)の順位 『とりのす』さんは当サイトのDiscordサーバーに参加しているプレイヤーの1人です。 サーバー内で最速マスターボール入りを果たし、管理人のインタビューに快く応じてくれました。 なんとマスターボール級までの勝率は8割、現在でも6割以上の勝率で勝ち進めています。 本人はTwitterやブログもやっていないとのことですが、これほど強いプレイヤーが当サイトのDiscordサーバーに参加してくれたのは非常にありがたいことです。 「でんじは」の具体的な役割として、ギャラドスが勝てないS95族のポケモンや、スカーフサザンドラで抜けないスカーフ持ちに対する有効打となります。 非常に環境に刺さっているポケモンであり、選出をすることも相手をすることも多いそうです。 ゴースト・ドラゴンを両方半減以下に抑えられるのはこのポケモンならではです。 更に先制みがわりはダイマックスポケモンへの回答にもなっており、ダイマックスを枯らすことができます。 遅いギルガルドでは不利になるミミッキュやドラパルトにも役割を持てるようです。 はがねタイプなので「すなあらし」への耐性も持っており、タスキ枠としての役割を完遂しやすいという特徴もあります。 こだわり持ちはダイマックス中に道具が無効化され、サザンドラの場合は素の素早さと耐久力もそこそこ恵まれているのでダイマックスとも好相性です。 ポケモン剣盾の対戦環境で強いポケモンの紹介 『とりのす』さんから、現在の環境で良く見るポケモンや強いと思っているポケモンについて話を聞くことができました。 よく見る並び、強いと思う新ポケモン、意外と強い既存ポケモンについて紹介していきます。 これらは対策が必須と言えるので、構築の中で明確な突破手段を用意しておきましょう。 強いと考える新ポケモンはドラパルト ドラパルトのステータス 種族値 88. 120. 100. 142 タイプ ドラゴン・ゴースト 特性1 クリアボデイ 特性2 すりぬけ 夢特性 のろわれボディ ・技範囲と種族値から止められるポケモンがいない ・フェアリータイプでも止まらない ・構築内ではサザンドラ対面オーロンゲバックなどで対処している 強いと考える新ポケモンは『ドラパルト』であり、環境でかなり見かけることが多いようです。 その強みは優秀な種族値と、優秀な特性、優秀な技範囲にあります。 相手の防御を下げることができるダイマックス技『ダイホロウ』の存在から、フェアリータイプだからと言って受けられる訳ではありません。 『ゴーストダイブ』によってダイマックスの時間稼ぎもできるので、間違いなく今作における最強格のポケモンでしょう。 ヌメルゴンは優秀な技範囲と耐久力で知られるポケモンであり、ダイマックスに噛み合った性能と言えます。 特に4倍弱点を持つポケモンからすると天敵のようで、ナットレイもダイバーンによる天候変化からの攻撃は受けが成立しないとのことです。 ダイマックス登場による環境の変化について ・技範囲が広く、耐久のあるポケモンが活躍しやすい ・ひこうタイプの技を使えるポケモンは可能性がある ・4倍弱点を持つポケモンは強引に突破されやすい ・ダイマックスによる役割破壊が成立している ・だだし見てから対処はできる ダイマックスは 技範囲と耐久を兼ね備えたポケモンが運用しやすいとのことで、受けとして使うよりも攻めとして使うほうが強いようです。 今作ではめざめるパワーが廃止されましたが、それでも ダイマックスによって役割破壊は成立しています。 4倍弱点を持つポケモンがダイマックスによって突破されることも少なくないと語ってくれました。 ただしめざめるパワーと違って予想外の技は飛んでこないので、相手の技構成さえ把握していれば見てから対処はできるそうです。 当サイト運営ポケモン剣盾Discordサーバーの紹介 このように対戦に真剣に取り組む上位勢の方も参加してくださっており、Discordサーバーは連日盛況となっています。 対戦攻略雑談部屋・構築の相談・初心者向けの質問部屋・交換募集部屋など、様々なニーズに答えられる部屋を用意しています。

次の

【ポケモン剣盾】「サザンガルド構築」の他の相棒たちを考えてみた「サザンドラ」+「ギルガルド」【ポケモン構築】

剣盾 サザンガルド

11位 12位 13位 14位 15位 16位 17位 18位 19位 20位 21位 22位 23位 24位 25位 26位 27位 28位 29位 30位 ランキングの解説 環境が落ち着いてきた 新環境が始まり、2週目ということもあってかランキングに大きな変動は見られない。 特に上位陣10位に関しては動きが無いため、環境が全体的に落ち着いてきたと言っても良いだろう。 いちげきの型の採用が微増 上位陣というわけではないが、ウーラオス いちげきの型 の採用が微増している。 環境全体に通りが良い悪技をタイプ一致で撃てる+強力な先制技「ふいうち」を撃てる点も魅力だ。 いちげきの型の採用技・持ち物 持ち物 きあいのタスキ:34. 選出画面の見た目では環境上位にいる「れんげきの型」と見分けがつかないので、相手の構築でどちらの型か予想orどちらにも対応できる選出が必要だろう。 上位の新ポケモンも変動はなし 環境上位に入っている新ポケモンも順位は停滞中。 とはいえ、環境の上位に居ることは間違いないので、技や持ち物、特性の採用率は参考にしておこう。 ポリゴン2の持ち物・技・特性の採用率 持ち物 しんかのきせき:99. 「じこさいせい」でHP管理をしつつ、相手を倒していく型が使用されているようだ。 ウーラオスの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 きあいのタスキ:26. 5 型 れんげきの型 採用技 :99. ダイジェットなどで倒されずに仕事を確実に遂行するためだろう。 とはいえ、こだわりハチマキとの差は微々たるものなので、どちらも警戒しておくのが良いだろう。 ジバコイルの持ち物・技・特性の採用率 持ち物 たべのこし:34. てっぺきとボディプレスを採用していると、環境上位に入っているポリゴン2に対して強く出られるのがポイントだ。 シーズンごとのポケモンランキング.

次の