シェーン ビーバー。 クリーブランド・インディアンス MLB2020戦力分析 ~ア・リーグ/中地区~

シェーン・ビーバーがインディアンスの開幕投手に指名!元GMが選ぶWBC米国代表はドリームチームに選出!

シェーン ビーバー

経歴 [編集 ] の4巡目(全体122位)でから指名され、プロ入り。 契約後、傘下のA-級でプロデビュー。 8試合(先発7試合)に登板して防御率0. 38、21奪三振を記録した。 86、162奪三振を記録した。 は開幕をAA級アクロンで迎え、5月3日にAAA級に昇格した。 5月25日にはAAA級(傘下)を相手に7回雨天コールドながらを達成している。 自らの23歳の誕生日である5月31日、メジャー契約を結んで入りした。 メジャーデビューとなった同日の戦では先発し、5. 2回を投げて4失点だった(勝敗付かず)。 この試合後にAAA級コロンバスへ降格したが、再昇格した6月17日の同カードでメジャー初勝利を挙げると、そこから先発ローテーション入りして7月3日の戦まで4連勝した。 その後は炎上することもあったが投げ抜き、20試合で11勝5敗、防御率4. 55の成績で終えた。 は前半戦に8勝3敗、防御率3. 45と安定した成績を残し、に代替選出された。 地元クリーブランド開催の試合で5回表に登板すると3者連続三振を奪い、に選ばれた。 投球スタイル [編集 ] 平均92. 7(約149. 詳細情報 [編集 ] 年度別投手成績 [編集 ] 20 19 0 0 0 11 5 0 0. 688 485 114. 2 130 13 23 0 2 118 5 0 60 58 4. 55 1. 33 34 33 3 2 2 15 8 0 0. 652 859 214. 1 186 31 40 1 6 259 6 1 86 78 3. 28 1. 05 :2年 54 52 3 2 2 26 13 0 0. 667 1344 329. 0 316 44 63 1 8 377 11 1 146 136 3. 72 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別守備成績 [編集 ] 年 度 球 団 試 合 2018 CLE 20 6 5 0 1 1. 000 2019 34 12 14 0 0 1. 000 MLB 54 18 19 0 1 1. 000• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 表彰 [編集 ]• :1回() 記録 [編集 ]• 選出 : 1回() 背番号 [編集 ]• 57(2018年 - ) 脚注 [編集 ].

次の

【MLB】人気歌手J・ビーバーが同姓右腕に粋な計らい 特製ユニ「シェーンじゃない方」(フルカウント)

シェーン ビーバー

インディアンス右腕シェーン・ビーバーのニックネーム「NOT JUSTIN」に反応 MLBは24日(日本時間25日)から3日間、恒例となった「プレイヤーズ・ウィークエンド」を開催した。 選手は期間限定ユニフォームを着用し、背番号に表記される名前もニックネームに変更になった。 選手がニックネームで試合をするというユニークな企画。 今季のオールスターでMVPに輝いたインディアンス右腕シェーン・ビーバー投手は「NOT JUSTIN」というニックネームで登場した。 これに対してジャスティン・ビーバー本人が「シェーンじゃない方」という特製ユニフォーム姿を披露する粋な計らいを見せた。 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が伝えたところによると、ジャスティン・ビーバーが自身のインスタグラムでバイクを運転する様子を公開。 ウィリー走行を披露するなど破天荒ぶりも光ったが、最大の注目はその上着にあった。 ビーバーが着ていたのはプレイヤーズ・ウィークエンド仕様の黒のインディアンスのユニフォーム。 そして、背中には「NOT SHANE BIEBER(シェーン・ビーバーじゃない方)」の名前が。 背番号は右腕と同じ57番。 記事では「ジャスティン・ビーバーは惑星で最も有名な人間の1人だ。 世界的知名度を誇るシンガーで、何百万人の人に愛される文化的な象徴でもある。 彼はクリーブランド・インディアンスのピッチャーではない」と伝えている。 先日ビーバー投手のベースボールカードの名前の表記が「Justin」になっていたアクシデントから、2人はSNSで交流。 シェーンが、表記の間違いのカードをツイッターに投稿して「ナイス」とつぶやくと、ジャスティンが「僕たちには特別な繋がりがあると感じるね」と応じたばかりだった。 シェーンとジャスティンの2人のビーバー。 今後はどんなコラボが実現するのか。 その行方にも注目だ。 (Full-Count編集部) 外部サイト.

次の

クリーブランド・インディアンス MLB2020戦力分析 ~ア・リーグ/中地区~

シェーン ビーバー

インディアンス右腕シェーン・ビーバーのニックネーム「NOT JUSTIN」に反応 MLBは24日(日本時間25日)から3日間、恒例となった「プレイヤーズ・ウィークエンド」を開催した。 選手は期間限定ユニフォームを着用し、背番号に表記される名前もニックネームに変更になった。 選手がニックネームで試合をするというユニークな企画。 今季のオールスターでMVPに輝いたインディアンス右腕シェーン・ビーバー投手は「NOT JUSTIN」というニックネームで登場した。 これに対してジャスティン・ビーバー本人が「シェーンじゃない方」という特製ユニフォーム姿を披露する粋な計らいを見せた。 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が伝えたところによると、ジャスティン・ビーバーが自身のインスタグラムでバイクを運転する様子を公開。 ウィリー走行を披露するなど破天荒ぶりも光ったが、最大の注目はその上着にあった。 ビーバーが着ていたのはプレイヤーズ・ウィークエンド仕様の黒のインディアンスのユニフォーム。 そして、背中には「NOT SHANE BIEBER(シェーン・ビーバーじゃない方)」の名前が。 背番号は右腕と同じ57番。 記事では「ジャスティン・ビーバーは惑星で最も有名な人間の1人だ。 世界的知名度を誇るシンガーで、何百万人の人に愛される文化的な象徴でもある。 彼はクリーブランド・インディアンスのピッチャーではない」と伝えている。 先日ビーバー投手のベースボールカードの名前の表記が「Justin」になっていたアクシデントから、2人はSNSで交流。 シェーンが、表記の間違いのカードをツイッターに投稿して「ナイス」とつぶやくと、ジャスティンが「僕たちには特別な繋がりがあると感じるね」と応じたばかりだった。 シェーンとジャスティンの2人のビーバー。 今後はどんなコラボが実現するのか。 その行方にも注目だ。 (Full-Count編集部) 外部サイト.

次の