あわ あわ 手洗い の 歌。 「あわあわゴッシーのうた」で手を洗おう!~手洗い犬ゴッシーをよろしく!~

「あわあわゴッシーのうた」で手を洗おう!~手洗い犬ゴッシーをよろしく!~

あわ あわ 手洗い の 歌

「アワのうた」の誕生 天神6代目のオモタル(男神)とカシコネ(女神)の時に、両神(ふたかみ)は全国を巡って農業開発に努力しました。 民の糧も豊かに、政事も行き届いた平和な国です。 残念ながら世嗣子に恵まれず、死後国は再び乱れ無秩序な状態になっていました。 そんな時、高天原(たかまがはら)から指名を受けた、タカヒト君(きみ)とイサコ姫はツクバのイサ宮で愛でたく結婚され、イサナギとイサナミとして即位し7代目の皇位を継承します。 両神は先ず、葦原中国(アシハラナカクニ・滋賀)で、天神から引き継いだ矛(ほこ)をシンボルに生産力の落ちた農業を復活させます。 同時に、国民の言葉が大層なまってお互い通じなくなったのを心配し正そうとされます。 男神・女神は声を合わせ、カダガキ(楽器)をかき鳴らしながら、上 二十四音をイサナギが歌い、下 二十四音をイサナミが歌って音声の標準化を図り、農業普及と共に国の再建をしていきました。 ア カ ハ ナ マ イ キ ヒ ニ ミ ウ ク フ ヌ ム エ ケ ヘ ネ メ オ コ ホ ノ モ ト ロ ソ ヨ ヲ テ レ セ ヱ ツ ル ス ユ ン チ リ シ ヰ タ ラ サ ヤ ワ このサイトはが運営・管理を行っております。 このサイトの転載及び掲載は自由ですが、コンテンツを販売するといったような直接の商用利用はご遠慮ください。 転載・掲載をする場合、までご連絡ください。 また、 出典 株式会社 日本翻訳センター URL: URL: を必ず明記してください。

次の

あわ あわ 手洗い の 歌 ダウンロード

あわ あわ 手洗い の 歌

正しい手洗いの方法 院内感染防止にご協力をお願いします ~その1:正しい手洗い~ 医療の高度化、高齢化に伴い、病院には重症の基礎疾患をもつ易感染者(バイ菌が体内に侵入した時に排除しようとする機能の働きが非常に弱く感染にかかりやすい人)が大勢います。 『手』がバイ菌を運ぶ最大の原因であることが分かっており、感染防止のために手洗いが最も有効とされています。 手指衛生には石鹸と流水、病室前の擦式アルコール製剤を用いる方法がありますが、どちらでも結構です。 ただし、汚れがあるとその下には消毒薬が浸透しないため、汚れがある場合は石鹸と流水を用いた手洗いを行います。 また、便には多くのバイ菌が含まれ、アルコールの効かないものもあるため、排泄後も石鹸と流水を用いた手洗いを行います。 診療科のご案内 内科系診療部• 外科系診療部• 周産期母子医療センター 周産期科• 救命救急センター• 中央診療部• その他• 診療サポートチーム•

次の

正しい手洗いの方法|感染制御室|診療科のご案内|自治医科大学附属さいたま医療センター

あわ あわ 手洗い の 歌

神から人へ。 人から神へ。 神は教えを終えなんとする。 なればそなたも準備せよ。 心浄めて、高めて待てよ。 そのとき近し。 訪れなんを。 神への感謝と誠を持ちて、神に捧げよ。 己の帰依を。 神への献身、誠の奉仕、さにて心も高められ、 神へのお役に立つこと適わん。 さにて本日何を問うや。 (「あわのうた」は「いろは」「ひふみ」と同じ言霊の 力を 持つのですか。 それを謳うと、何が適うのですか) では教えん。 「あわのうた」とは昔の祈り。 人の唱えし神への祈り。 音の全てを組み合わせ、神へ捧げし、祈りのことなり。 なれば、言霊、にて、心を高め、感謝を深め、 心の浄化を適えるなれば、神は喜び、そを受け取りて、 人への恵みを下ろされぬるを。 なれば、祈りも交流ならん。 神と人との心の交流。 命の捧げと恵みの交換。 さにて人は神に感謝し、 さらに己の身を粛然と正し、浄めてさらに精進。 神と人との交信交流。 さなる意味なり。 力なり。 「あわうた」そもまた言霊強き、浄めの力を持つ なれば、日々に唱える、そもよからん。 なれど、最も強き言霊、霊力持つは「いろは」と 「ひふみ」。 その二つこそ、神に捧げる全ての 大本、根本なれば。 「あわうた」そもまた正しく唱え、心高める言霊 なれど、「いろは」「ひふみ」に及ぶものなし。 なれば、人の間に広く伝えるべきは「いろは」 「ひふみ」なり。 (ホツマの文字は、神様と人との交信のための文字 なのでしょうか。 ) 神世の昔の多くの文字は、今に残さるものは少なし。 なれど神世の交信に、ホツマをはじめ、多くの文字が 人の作りしにはなくて、神の与えし文字として、 使われ、書かれ、読まれしを。 今の文字にも幾つか残る、世界各国、文字に偲ばる、 神世の文字の始めの形よ。 なればホツマも、神世文字も、全てを読みて、 意味を知り、神のご意図を読み解かば、 必ず歴史も読み解かれ、過ち間違い正されなんを。 さにて始めの過ちを、正して始めに返すべし。 神世の昔の間違いのもと、ことばを乱し、波動を 低め、物質世界に囚われし、言霊失う原因なり。 言霊残ることばを守り、世界に広げて覆いつくせよ。 地球の軸の乱れを正し、正しき回転、周期に戻し、 宇宙の根本、大本の銀河の星の一 つとなりて、 神の世界の表れとして、神のご意図そのままの、 狂いも乱れも亡き地球。 本来神が降り立つための、星の一つが地球なり。 なれば、ことばの波動が乱れ、地軸を狂わせ、 乱せしなれば、ことばを直し、文字を直し、 波動を高めてゆくこと急げよ。 なればホツマも、 学び直して、神の波動を受け取るべし。 神の声を伝える人 ひふみともこさん著書 「神誥記」「続神誥記」より ひふみともこさんHP 狭井神社 の巫女「真理の御霊」 hikarinomirai.

次の