変形性膝関節症 障害年金。 両変形性膝関節症等で障害基礎年金2級を取得、年間約78万円を受給できたケース

両変形性膝関節症で障害共済年金3級を受給できたケース

変形性膝関節症 障害年金

対象者の基本データ 病名 両変形性膝関節症 性別 男性 支給額 年額 約130万円 障害の状態• 両膝に人工関節を挿入• 術後間もないため、リハビリ中• 術後のリハビリ期間中のため仕事は休職• 身体障がい者手帳なし 申請結果 障害厚生年金3級 ご相談までの経緯 50歳の頃より、歩行時に膝に痛みを感じるようになったそうです。 当初は湿布を貼って過ごしてたそうですが、たまたま別疾患にてかかりつけの内科を受診し主治医に『膝が痛む』と訴えたところ鎮痛剤が処方されました。 以降はかかりつけ医を受診する度、鎮痛剤の処方を受けていたとの事です。 しかし発症から約3年後、鎮痛剤も効果を感じられないほど痛みが強くなっていたことから整形外科を受診し『両変形性膝関節症』と診断。 将来的には人工関節置換術を行うということで、経過観察となったそうです。 60歳になると膝の痛みで仕事にも支障をきたすようになったことから、左右の人工関節置換術をそれぞれ実施しました。 術後、リハビリのため整形外科に通院していたところ、医師より『人工関節で障害年金が受け取れる』という話を聞き当事務所にご相談がありました。 申請結果 今回の申請でポイントとなるのは『初診日の特定』です。 そして初診日となり得るのは、以下の2つです。 初診からすでに10年近く経過していたことから、初診の病院にカルテが保管されているか不安がありましたが、連絡したところ保管されており無事に書類を取得。 その後は、診断書取得にて一部訂正等を必要としましたが、比較的スムーズに進み無事に申請を終え、結果は『障害厚生年金3級』に認定されました。 【ポイント1】前駆症状と初診日 病気が起こる前触れとなる症状のこと『前駆症状』と言います。 (例)体がだるい(前駆症状)ため風邪かと思い内科を受診したところ『うつ病』と診断され。 その後に内科からメンタルクリニックに転医してうつ病の治療を行った。 このような場合は『内科』を初めて受診した日が初診日となります。 一見、初診日とは関係ないように感じる症状であっても、前駆症状に含まれる場合があります。 もし初診日がいつか判断できないようでしたら、ぜひ専門家にご相談ください。 【ポイント2】 人工関節でも2級認定の可能性あり 人工関節は複数個所に挿入しても原則的には3級として認定されます。 つまり、障害基礎年金の対象者は不支給となる事が多いという事になります。 しかし、すぐに諦めてはいけません。 人工関節の手術をしても、関節の可動域や、筋力の状態に相当程度の障害が残っているケースでは2級として認められる可能性があります。 【ポイント3】 障害年金の種類 障害年金は「初診日に加入していた年金制度」によって、請求できるものが違います。 請求できる障害年金は主に3つで、以下のとおりです。 初診日による等級の違いは以下の動画でもご説明していますのでご参照下さい。 「入院中なので事務所へ行けない」「家から出られない」「人と話すのが苦手・・・」という場合は、ホームページのお問合せフォーム以外にも電話やLINEなどでお気軽にご連絡下さい。 電話やメール、LINEなどでご質問いただいても、必ず当事務所にご依頼頂かなければいけないということではございません。 お問合せ頂いた後に当センターから営業の電話などをすることもございませんので、その点はご安心下さい。 ゆっくりご検討下さい。 以下のようなご質問の他、どんな些細な事でも結構ですので、お気軽にご相談下さい。 自分がもらえるのかどうか診断して欲しい• もらえるとしたら、いくらぐらい受給出来るのかを知りたい• 何から手をつけたら良いのかわからない• 障害年金にチャレンジしてみたいと思っている• どうすればもらえるのか「方法」を知りたい• 年金事務所に相談したものの、説明が分かりにくかった・・・• 障害手帳を持ってはいるが、障害年金を受給していない 遠方の事務所への依頼がご心配の方へ 以前に障害年金の障害認定に地域差があることが問題となり、2017年4月より日本全国から申請される障害年金の審査業務は全て東京の障害年金センターに一元化されました。 現在では日本全国どこの年金事務所へ提出しても、東京の障害年金センターで審査をされます。 そのため遠方の方が当事務所にご依頼いただいても、遠方だから審査に違いが出るというようなことはございませんので、ご安心下さい。

次の

両変形性膝関節症(人工関節)|障害厚生年金3級

変形性膝関節症 障害年金

変形性股関節症の障害年金|よくあるケース じつは変形性股関節症の場合、障害年金を申請しない又は申請に至らないケースが多く見受けらる疾病です。 患者さんの多くは女性ですが、その場合原因はの後遺症や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が主なもので股関節症全体の80%といわれています。 最近は高齢社会となったため、特に明らかな原因となる病気に罹ったことが無くても年齢とともに股関節症を発症してくることがあります。 (より) 後遺症を抱えたまま成長し、年齢ととも変形性股関節症を発症した場合は、 子供の頃にさかのぼって証明書を取得する必要があります。 こうなるとすでに病院が廃院していたりカルテが破棄されていたりして 初診日を証明することが非常に難しい状況となります。 では申請は「全く不可能なのか?」というとそういうわけではありません。 変形性股関節症の認定基準 今回は認定基準うち「 変形性股関節症に適した基準のみ抜粋」して記載します。 障害等級 障害状態 1級 両方の股関節が【AとB】を満たす場合 A.下記いずれかに該当• 不良肢位で強直• 関節の他動可動域が「」の 2 分の 1 以下に制限、かつ、筋力が半減• 筋力が著減又は消失 B. 歩行時使用不可 2級 左右どちらかの股関節が【AとB】を満たす場合 A.下記いずれかに該当• 不良肢位で強直• 障害の無い側(健側 と比較して、関節の他動可動域が 2 分の 1 以下に制限、かつ、筋力が半減• 【詳細1】認定基準についてさらに詳しく 上記でご紹介した認定基準をわかりやすく解説しています。 どのくらい股関節に可動域制限は、左右いずれかの股関節症の場合は 健側と比較して評価しますが、両方の股関節に症状がある場合は以下の「 肢体の障害関係の測定方法による参考可動域」を基準に評価されます。 また測定方法についても、同様に決まった定めがあります。 関節可動域表示ならびに測定法に関する詳しい情報は、をご覧ください。 変形性股関節症での申請はここがポイント ここからは、変形性股関節症で障害年金を申請するとき「 どのような点に気をつければ良いのか」を解説していきます。 【ポイント1】普段からの症状を医師に伝える 変形性股関節症は進行性のため、症状が不安定となりがちです。 病院を受診した日は多少痛む程度であっても普段の生活上では激痛が伴う場面もあります。 このような日常生活上での症状・状況は 医師も診察時だけでは把握しきれないため、きちんと問診などで医師に伝える必要があります。 普段の生活で 「いつ・どんなときに・どのような症状があるか」をしっかり説明しておくことで、より正確な症状・状態が診断書にも反映されます。 これは障害年金の申請に関わらず、今後の治療を進めるにあたっても重要なことですので日頃から医師とのコミュニケーションをしっかり図るようにしましょう。 【ポイント2】発症からの過程を正確に申し立てる 子供の頃に股関節形成不全が指摘された方はとくに重要なポイントです。 股関節形成不全を指摘された後の過程は、 初診年月日がいつと判断されるかに大きく影響します。 たとえば、学生時代に体育は休むように医師から指示されていた場合は、変形性股関節症の「原因は股関節形成不全のため初診日は子供の頃」と判断される可能性が高くなります。 一方、学生時代は体育に参加・運動部に所属し特に制限もなし、就労後は重労働もこなしその後に変形性股関節を発症した場合、股関節形成不全と変形性股関節症に関連はないため「大人になってから病院を受診した日が初診日」と判断されます。 このように 成長過程を含 むこれまでの経過を申し立てることは、非常に重要な意味を持ちます。 遡及請求ができるかご確認を! 障害年金制度の認知度は他の障がい者手帳などと比較するとまだまだ認知度の低い制度です。 そのため本来であれば受給できたであろう状態であっても、制度を知らずに申請しなかったために障害年金を受給してこなかった方も多くいらっしゃいます。 これを「遡及請求」または「認定日請求」といいます。 もちろんさかのぼって受給するには要件がありますが全てを満たした場合、初回振込み時に最大5年間分の障害年金を一括で受給することが出来ます。 障害年金申請の流れ 障害年金を申請するには多くの作業があります。 また傷病や家族構成などにより必要な書類が変化することから、人それぞれ異なると言っても過言ではありません。 上記はあくまで 一般的な申請までの流れですので、参考としてご覧ください。 どの障害年金を請求するのかは、病気やけがで「 初めて医師の診察を受けたときに加入していた年金制度」により決まります。 ) 必要な書類リスト 障害年金の申請書類は、傷病や家族構成・置かれている状況により異なります。 ここでは 一般的に必要な書類リストをご紹介しますので、参考としてご覧ください。 (また 内縁関係にある場合も生計を同一としていることを証明できれば配偶者加算がつきますので、同様に上記の書類が必要です。 ( 20歳未満で障害の状態にあるお子様がいる場合も同様、子の加算がつきますので同じく上記の書類を添付してください。 よくある質問 Q. 障がい者手帳は持っていませんが申請できるのでしょうか? A. はい、可能です! 障がい者手帳保有の有無に関わらず、障害年金の申請は可能です。 よく誤解されますが「障がい者手帳」と「障害年金」は全く異なる制度のため、手帳のあるなしは影響しません。 しんどくて事務所まで行けません。 それでも対応は可能ですか? A. もちろん、大丈夫です! 当事務所では障害により面談が困難な方のために、ZOOMという通信アプリを用いた TV電話形式による面談を実施しております。 インターネットに接続の出来る環境でパソコン、タブレットPC、スマートフォンがあれば面談が可能となりますのでご希望がありましたらお気軽にお問合せください。 また、インターネット環境が整っていない場合も、 電話により面談を行うこともできますのでご相談ください。 お気軽にご相談ください。 変形性股関節症の障害年金申請に関する無料相談 当センターでは 無料相談を行っております。 お電話、メール以外でも「人と会ったり話したりするのが苦手・・・」という方はLINEでお問合せ下さい。 「ご相談者様の心に寄り添った対応」を心掛けた当事務所のメンバーがご質問にお答えします。 こんなお悩みをお持ちの方はお気軽にご連絡下さい! 「自分は障害年金を受給できる可能性があるのか・・・」 「病気で働けないので経済的に不安・・・」 「障害年金の手続き方法がわからない・・・」 「申請の書類が多くて自分ではできない・・・」 「別の社労士事務所に断られた・・・」 「何をしたら良いのかわからない・・・」 「自分で申請して不許可になった・・・」 など その他、どんな些細なことでも結構ですのでお気軽にお問合せ下さい。

次の

変形性股関節症での障害年金について

変形性膝関節症 障害年金

相談者 相談者:女性 30代 傷病名:両変形性膝関節症 決定した年金種類と等級:障害共済年金 3級 支給月から更新月までの総支給額:年額約58万円 遡及含み更新月まで約200万円 相談時の相談者様の状況 HPを見てご連絡いただきました。 幼少期に膝の半月板の手術を行って以降、治療はせずに大人になって、厚生年金加入中に他の症状で受診の際膝についても受診をしたという背景でした。 人工関節は3級なのですが、年齢のこともあり、置換手術までの期間をなるべく伸ばしたいという主治医の意向もあるため、人工関節はまだ挿入されていない状態でした。 また、幼少期の手術のこともあり、初診日は20歳前だという審査結果になると障害基礎年金の対象となってしまい、受給は難しくなることなどを面談にてご案内し、自身でやるにはハードルが高いということもあり、ご依頼いただきました。 相談から請求までのサポート 診断書に幼少期のことを記載されてもよいように、病歴就労状況等証明書を整備し、社会的治癒を主張するために材料も準備しました。 また、ヒアリングの中から、ヘルニアや頚椎症もあることがわかったため、膝含め、すべての症状を診断書に的確に織り込んでいいただくべく、資料を作成したりして、診断書の作成に臨みました。 結果 障害共済年金3級の受給。 無事に支給が決定しました。 人工関節挿入ではないため、3級が確定しているわけではないことを考えると、理想的な結果となったと思います。 一方で、支給決定に大変時間が掛かりました。 ご連絡をいただいてから、振り込みまでに10か月程度掛かっています。 申請までに時間が掛かったのではなく、審査に時間が掛かってしまったのです。 体感ではありますが、共済組合はどの組合でも基本的に年金機構より審査時間が掛かるように感じます。 また、決定した等級によっては、共済組合が決定したのちに、その結果を年金機構が受けて、年金機構分も決定をすることからも、さらに時間が掛かります。 障害年金の申請を検討されているかたは、経済的な援助がなるべく早く欲しいという方も多いという中で、これだけ審査に時間がかかるというのは問題ではないかと思います。 結果がくるまでに平均的には3、4か月掛かります。 これは、提出してからの時間です。 申請までの期間に加え、審査から疑義照会があったりするとさらに数か月の期間が上乗せされることを考えると、振り込みまでに相当な期間を要するということを頭に入れておかなければなりません。 申請までの時間、審査の時間を短縮するためには申請書類の整備が非常に大切だと思います。 早く提出するだけであれば、本人さんでもできるかもしれませんが、内容はほぼ間違いなく置き去りにされてしまうと思います。 支給開始タイミングの差が出ることや決定等級のことを考えると、実は専門家に依頼するメリットは費用以上にあります。 最速で動いても今回の様に時間が掛かることもあります。 専門家への相談が早ければ早いほど、道が開かれるのも早いと言えますので、おきがるにお問合せくださいね。

次の