カタリナ 最終。 【グラブル】カタリナ(リミテッド)の評価/最終解放後の性能【グランブルーファンタジー】

はめふら カタリナの結末はどうなる?各キャラ攻略は?最終回までネタバレ紹介

カタリナ 最終

少女と共に帝国へと反旗を翻した女騎士は、 ある時は自己を省みぬ忠臣のように、ある時は慈愛に満ちた姉のように少女を支える。 上限解放 回数 アイテム ルピ 1回目 水の宝珠 1個 青の書 2個 星晶の破片 1個 500 2回目 霧氷の宝珠 1個 濁流の巻 2個 アクア・ジーン 1個 星晶の欠片 2個 星晶塊 1個 1000 3回目 星晶塊 1個 虹星晶 1個 リヴァイアサンのアニマ 3個 栄光の証 3個 2000 4回目 36章クリアで解放可能 虹星晶 3個 リヴァイアサンのマグナアニマ 2個 ミスラのアニマ 2個 栄光の証 3個 10000 5回目 128章クリアで解放可能 虹星晶 10個 覇者の証 10個 5個 5個 5個 50000 特徴・評価 こちらのページで評価がなされています• HP回復、弱体効果の無効化、被ダメージカットなど防御に秀でたキャラクター。 全体的にメインクエスト加入キャラはあまり強いとは言えないが、 このSRカタリナは例外であり、パーティに入れた時の安定感は随一。 水パーティのマウント役として、中級者以上でも編成に入ることがある。 奥義も、メイン加入SRキャラの中ではやや強め。 ただしあまり身軽でないためかダブルアタックの頻度は低め。 より上位の存在としてリミテッドキャラの「」がいるが、 ダメージカットのカット率はこのSRの方が上でありHP回復の方式も違うので、 完全上位互換ではない。 マイページ 「ルリアを守ると決めたんだ。 君には、感謝しているよ」 「美しい剣だろう。 ルカ・ルサというんだ。 君も、刀剣に興味があるのかい?」 「っはは……ビィ君はいつ見ても、愛らしいなぁ」 誕生日限定(ネタバレのため反転) 「誕生日おめでとう。 」 編成時 「準備万端だ!」 「任せろ!」 「よろしくな!」 覚醒時 「っふふふ……剣が疼くな!」 LBクラスアップ時 「フッ……当然だ。 愛剣ルカ・ルサと、私の相性は抜群だからな」 LB強化時 「順調だな」 「よし!」 「」 図鑑台詞 「私の名は、カタリナだ」 「っふふふ……剣が疼くな!」 「我が奥義、お見せしよう!」 誕生日限定 1(ネタバレのため反転) 「誕生日おめでとう。 」 「うーむ……君にお祝いのプレゼントを渡したいのだが、何か欲しいものはあるか?」 「そうだ! 日頃の感謝も込めて今日は私が腕によりをかけた手料理でもてなそうではないか!」 「ん? 料理は遠慮するだと? 大丈夫、君の好みは把握済みだ。 ふっふっふ……楽しみにしていてくれ!」 誕生日限定 2(ネタバレのため反転) 「お誕生日おめでとう。 ……初めて会った時が、なんだか懐かしくなるな。 」 「あの時よりも今、そして今よりも未来、キミはより成長していくことだろう。 」 「前へ進んでいくキミの、支えとなれるよう私も精進しなくてはな。 」 誕生日限定 3(ネタバレのため反転) 「 団長 、誕生日おめでとう! 朝からルリアやビィ君が何やら準備をしていたみたいだぞ。 」 「私はそんなふたりから、 君 をエスコートする大役を仰せつかったというわけだ。 」 「……さぁ、 団長 、こちらへ。 」 「いつもはルリアやビィ君が一緒だから、こうしてふたりで歩くなんて、新鮮だな。 」 「……ん? もしかして……背が伸びたんじゃないか?」 「ふふっ、日々成長しているということか。 」 「これから先、如何なる困難が立ちはだかろうとも、信頼する仲間達と共に進んで行こう。 」 「……とその前に、今日は暫しの休息だ。 この扉の向こうで皆が 君 を待ってるぞ!」 誕生日限定 4(ネタバレのため反転) 「誕生日おめでとう、(団長)。 」 「もう(団長)の誕生日を祝うのも4度目になるのか……」 「いつも(団長)が引っ張ってくれるおかげで、私達は旅を続けられている。 」 「皆がキミを頼りにしているし、キミはその期待に応え続けている。 本当に感謝してもしきれないよ。 」 「だが……時には気疲れすることもあるだろう。 」 「だから今日は、私のことを思いきり頼りにしてくれ!」 「気を張り続けては身体も持たない。 たまには肩の荷を下ろして、ゆっくり過ごさないとな。 」 「さぁ、今日は一日、何でも言うことを聞くぞ!遠慮しなくていいからな。 」 攻撃 「はっ!」 「見切った!」 「でやぁ!」 敵撃破 「おしまいだ」 アビリティ1使用 「大丈夫さ、心配無用だ」 アビリティ2使用 「戦術は一つではないぞ?」 アビリティ3使用 「ここからが勝負だ!」 奥義発動可能 「せめてもの情けだ、安らかに散れ」 奥義発動 「我が奥義、お見せしよう! アイシクルネイル!」 奥義 SKIP時 「アイシクルネイル!」 大ダメージ 「クッ…」 瀕死 「馬鹿な…!」 戦闘不能 「だ、駄目か…」 状態異常付与 「厄介な事を…」 「っ!灼けるようだ…!」 回復 「ふぅ…感謝する」 参戦 「相手として不足はない」 勝利 「ふぅ!片付いたか。 さぁ、先を急ごう」 汎用台詞 「私が相手になろう」 主人公敵撃破 「いいぞ、その調子だ!」 主人公奥義発動可能 「準備はいいか」 主人公瀕死 「無理は禁物だぞ」 主人公戦闘不能 「少し休め」 マイページ 「君に誓おう。 この剣で、これからもルリアを守り続けると」 「私に託されたアレスの力は、少しずつ意識を持ち始めているようなんだ。 奇妙な感覚だが、不思議と悪い気はしないな」 「弱きを守る騎士であれ、私の家の家訓だ。 しかし…思えば少し、囚われすぎていたのかもしれないな」 編成時 「待たせたな」 「大丈夫さ、心配無用だ」 「私がついて行こう」 図鑑台詞 「ルリア、団長。 これからも旅を続けよう。 誰一人欠けることなく、な。 」 「私がルリアを守っているつもりでいたが、いつの間にか、 ルリアの存在こそが、私を守り、支えてくれていたんだな。 」 「アレスから力を託されたからには、私はこれからの旅で、その想いに応えなければな。 」 解放時 「力の全てを、使いこなして見せる」 攻撃 「ふっ」 「くらえ!」 「ここだ!」 敵撃破 「これで終わりだ」 アビリティ1使用 「ここからだ!」 アビリティ2使用 「冷静に行こう」 アビリティ3使用 「流れを変える!」 アビリティ4使用 「我が誓いに、最早迷いは無い!」 奥義発動可能 「この力、誓いの為に」 奥義 「これが、最奥の技の極致!ヴィジョン・ディヴァイン!」 奥義 SKIP時 「ヴィジョン・ディヴァイン!」 大ダメージ 「これ程とは…!」 瀕死 「私は…まだっ…!」 戦闘不能 「すまない…ルリア…」 状態異常付与 「」 回復 「ここから挽回しよう!」 参戦 「手加減は期待してくれるな」 勝利 「さぁ、進もうか。 旅はこれからだ」 汎用台詞 「我が剣は、仲間と共に」 主人公敵撃破 「強くなったな」 主人公奥義発動可能 「冷静に行こう」 主人公瀕死 「まだ立てるか?」 主人公戦闘不能 「後は、私に任せてくれ」 ネタバレ フェイトエピソードやストーリーを進めることによって判明することを書く項目です。 キャラについてのネタバレが含まれますので、閲覧にはご注意ください。 出会い• 帝国に囚われていたルリアを連れ出して逃亡した。 はぐれたルリアが主人公に助けられていたところに合流し、主人公へ戦い方を教え指示をしながら帝国兵に応戦。 明確な目的地を持たなかったが、ルリアと命を共有した主人公がイスタルシアを目指していることで共に空の果てを目指すことになる。 かわいいもの好きでビィがお気に入り、騎空艇を飛ばすが操縦できずに墜落させる、料理の腕が殺人的 比喩ではない という意外な一面を見せる。 アルビオン• アルビオンでは試合によって、星晶獣シュヴァリエと契約しアルビオンを治めると共にアルビオンへ縛られる者が決定する。 カタリナは過去に優勝する実力がありながらヴィーラに意図的な敗北をしていた。 カタリナに代わりアルビオンに縛り付けられていたヴィーラと戦闘することとなり、戦闘の末に和解した。 ヴィーラ、ファラからは心酔されている。 ルリアが自分も共に戦いたいと希望した時、心配するが余りに「訓練用の一番軽い武器」と伝えてルリアに持ち上げられない剣を用意した。 水着など、肌をさらすことへの抵抗が強く、落ち着かない。 戦いに備えるため、普段でも鎧姿で過ごしているようだ。 ローアインからのアプローチにはなんとも言えないリアクションをしている。 彼が「俺の女に手ェ出すなゴラァ!!」と言った際には大袈裟に咳払いをするが、邪険にしたり強く咎めたりすることはない。 教えの最奥 ラカムとティアマト、オイゲンとリヴァイアサン、イオとロゼッタが教えの最奥へ至る中、カタリナは力不足を感じていた。 カタリナ達は幽世の世界で、空図の欠片を持つ星晶獣アレスと邂逅する。 経緯を聞いたアレスはカタリナに自分と最奥へ至る覚悟はあるかと問いかける。 空の世界へ戻るために必要な空図の欠片を具現化するにはアレスの力を十全に発揮する必要があり、そのためには最奥へと至らなければならない。 カタリナは空図の欠片と力を求めてアレスとの契約に挑む。 精神世界の中、アレスは心残りを果たすと星晶獣としての力を全てカタリナに託し、カタリナのことを自分の全てが結実した子だと言い残した。 アレスが過去に騎士としての伴侶であったヴィーラそっくりの女性、星晶獣シュヴァリエの最初の契約者アルビオン。 彼女を抱きしめ、アレスは消えた。 突如、カタリナの前にシュヴァリエ・マリスが顕現する。 カタリナに襲いかかる攻撃を阻んだのはそこに現れた1人の少女、ルリアだった。 カタリナは改めて自分にとって大切な者を胸に刻み、シュヴァリエ・マリスへ挑む。 アレスは声の担当もカタリナと同じ。 最奥へと至ったカタリナは幽世の世界から帰還し、星晶獣アレスの空図の欠片を持ち帰った。 グラブルVS• 日常的にグランへ剣の稽古をしている。 グラブルVSでのカタリナはアレスとの最奥に至った状態であり、アレスはまたストーリーモードで単独で戦う相手としても登場する。 ぐらぶるっ• オイラ ビィのような何か に対して無敵の戦闘力を誇る。 他の団員がわずかなダメージしか与えられないオイラのHPを一撃で10割削りとる。 エイプリルフールイベント• ビィのぬいぐるみを作ったことがある。 ぬいぐるみは「ここどこ!?暗い!オイラどうなってるんだこれ!」と暴れた。 ラカムはある言葉を残している。 キャタピラさん 80話• ビィくん愛好会会員番号一番 132話• なんか随分すっきりとしたイラストになったな。 リミカタの開放がまちどおしい。 うーんかっこいい。 ヴィジョン・ディヴァインずっと見てられるわ。 元々強かったので最終してもキャラの有用さはさほど変わらない。 予想通りだな。

次の

はめふら カタリナの結末はどうなる?各キャラ攻略は?最終回までネタバレ紹介

カタリナ 最終

効果 水属性ダメージ 倍率 5. Lv100強化でディスペルガードが追加され 希少な強化消去対策としての役割も持てるため、厄介な弱体効果や強化消化をしかけてくる強敵相手に活躍できる性能。 ライターA Lv100で再生回復量も1000固定となり、 合計回復量が4000まで増加するため回復性能も一級品と言えます。 更にカタリナはLBサポで被回復上限も伸ばせ最大4800回復まで持っていけるのも強み! 「誓いの剣」で自身の攻防大幅強化 消去不可かつ延長可能で最低4ターン継続する「誓いの剣」が強力。 Lv95まで強化すればTA時に追加ダメが発動し、また前述した「誓いの剣」の効果時間も延長できるため、 総合的に見ても非常に優秀な火力貢献性能を誇る。 様々な状況に対応できる汎用性の高さがあるため、 場面を選ばず起用しやすいキャラと言える。 ライターA 確実に強いですし、PT編成に悩んでいるならとりあえず入れておけば間違いありません。 編成時にカタリナを2番目にセットしておくと、3番目移行のメンバーが効果を得た状態で攻撃できる。 他に全属性ダメカを用意できれば火力UP ファランクスやアテナなど、カタリナ以外にも 全属性ダメカを用意できるとよりアタッカーとしての活躍が期待できる。 特に4凸ミュルグレス カタリナ解放武器 は奥義ごとにダメカを付与できるため相性が良い。 クリアもあるのでさらに状態異常対策も可能。 ただ、奥義効果の水属性攻撃UPが同枠で共存不可な点は注意。 減ったHPも再生効果で回復できるのでヨダルラーハの運用がしやすくなる。 カタリナと相性の良い武器 再生効果やダメージカットにより高いHPを維持しやすく、渾身の効果を活かしやすい。 ここまでは火力面を底上げするための基本形となる。

次の

NEWS

カタリナ 最終

効果 水属性ダメージ 倍率 5. Lv100強化でディスペルガードが追加され 希少な強化消去対策としての役割も持てるため、厄介な弱体効果や強化消化をしかけてくる強敵相手に活躍できる性能。 ライターA Lv100で再生回復量も1000固定となり、 合計回復量が4000まで増加するため回復性能も一級品と言えます。 更にカタリナはLBサポで被回復上限も伸ばせ最大4800回復まで持っていけるのも強み! 「誓いの剣」で自身の攻防大幅強化 消去不可かつ延長可能で最低4ターン継続する「誓いの剣」が強力。 Lv95まで強化すればTA時に追加ダメが発動し、また前述した「誓いの剣」の効果時間も延長できるため、 総合的に見ても非常に優秀な火力貢献性能を誇る。 様々な状況に対応できる汎用性の高さがあるため、 場面を選ばず起用しやすいキャラと言える。 ライターA 確実に強いですし、PT編成に悩んでいるならとりあえず入れておけば間違いありません。 編成時にカタリナを2番目にセットしておくと、3番目移行のメンバーが効果を得た状態で攻撃できる。 他に全属性ダメカを用意できれば火力UP ファランクスやアテナなど、カタリナ以外にも 全属性ダメカを用意できるとよりアタッカーとしての活躍が期待できる。 特に4凸ミュルグレス カタリナ解放武器 は奥義ごとにダメカを付与できるため相性が良い。 クリアもあるのでさらに状態異常対策も可能。 ただ、奥義効果の水属性攻撃UPが同枠で共存不可な点は注意。 減ったHPも再生効果で回復できるのでヨダルラーハの運用がしやすくなる。 カタリナと相性の良い武器 再生効果やダメージカットにより高いHPを維持しやすく、渾身の効果を活かしやすい。 ここまでは火力面を底上げするための基本形となる。

次の