バイト 1 ヶ月 で やめる。 バイト初めて1ヶ月でやめるのってどう思う?

バイト応募のタイミングはいつ?1〜2ヶ月後から働きたいというのはアリ?

バイト 1 ヶ月 で やめる

2019. 21 「入社1ヶ月の新人アルバイターだけどもう辞めたい……」 働き始めて1ヶ月くらいでバイトを辞めたくなるケースがあります。 正社員でないとはいえ、短期間でバイトを辞めてしまって大丈夫なのでしょうか? 揉めごとにならないか心配する人もいるでしょう。 「辞める理由を何にすればよいかわからない」という人も多いはずです。 そこでこの記事では、以下の3つのトピックを解説していきます。 これから法律を交えてわかりやすく説明していきますよ。 ぜひ参考にしてください。 入社1ヶ月でバイトを辞めてもよいか法律を交えて解説 入社1ヶ月でバイトを辞めることは可能なのでしょうか? すぐに辞められるかどうかは、雇用期間の定めの有無や退職理由によって異なります。 ルールを守らずに出勤しなくなると損害賠償を請求される可能性も。 これから解説する内容によく目を通して、自分はどれに当てはまるか確認してください。 今のバイト先を辞めたいと考えているなら、まずやむを得ない理由があるかどうかを考えてみてください。 雇用期間があるかどうかによって適用される法律が異なるからです。 基本的には、定めている期間中は働かなければならないからです。 とはいえ、労働契約期間の初日から1年以上経っている人はいつでも退職できます。 労働基準法第137条 期間の定めのある労働契約を締結した労働者は、(中略)民法第628条の規定にかかわらず、当該労働契約の期間の初日から1年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる。 参考:e-Gov「」 しかし、バイトを始めて1ヶ月しか経っていない場合は当てはまりません。 そこで先ほど解説した民法第628条に注目しましょう。 民法第628条では「当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由がある時は、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる」とあります。 つまり、やむを得ない理由があれば有期契約者でも雇用期間中に辞められるということです。 トラブルに発展すると損害賠償を請求されるケースがありますが、辞めることはできます。 参考:弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表 佐々木亮「」 店長や責任者と揉めずに辞めるためには、就業規則に従ったやり方で辞意を伝えて、互いに納得がいくまで話し合うことが大切です。 ばっくれたり、「今日でラストにしたいです」と今後のシフトを考慮せずに退職を強行したりする行為はトラブルのもと。 円満に辞められるように、店長と話し合いをしましょう。 民法第627条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ) 当事者が雇用の期間を定めなかった時は、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。 この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。 参考:e-Gov「」 法律では、バイト先の同意がなければ退職できないという旨は記されていません。 基本的には、2週間前までに辞意を伝えれば辞められるのです。 たとえバイトを始めて1ヶ月であっても、雇用期間の定めがない場合は2週間前までに申し出れば辞められます。 ただし、事前に就業規則を確認してください。 就業規則で「1ヶ月までに申し出る」など2週間より長い期間を設けている場合は、それに従ったほうが無難です。 特に揉めごとは避けたいところです。 そこで、この章ではバイトを始めて1ヶ月しか経っていない人が円満に辞めるコツを伝授します。 たとえば、 ・教授の指示で学業が忙しくなった ・家族で遠方へ引っ越すことになった ・家庭の事情でバイトする時間を設けられなくなった などです。 反対に「受験勉強をしなければならない」といった応募する前からわかっていることを理由にすると印象がよくありません。 急にやむを得ない事情ができて働けなくなったという理由なら、バイトを始めて1ヶ月ほどで辞意を申し出ても受け入れられやすいのではないでしょうか。 退職希望日の1ヶ月前には、店長や責任者へ辞意を伝えたほうが親切でしょう。 あなたが辞めて欠員が出ることになれば、人員補充の手配を始めなければなりません。 新しいスタッフが入ってくるまでは、短くても1ヶ月程度かかるのではないでしょうか。 自分が辞めても人手不足にならないようにするため、退職する意思を早めに伝えることが大切なんです。 ここでは、バイトを続けるか辞めるか悩んでいる時に確認しておきたいポイントを紹介します。 バイトを始めて1ヶ月なら、今のバイト先に慣れてなくて当然。 新人なら当たり前のことなので、特に気にする必要はありません。 これから時間をかけてほかのスタッフと親睦を深め、業務に慣れていけばよいのです。 もう少しがんばってみませんか? わからないことがあれば先輩や店長に確認して、仕事上でのコミュニケーションを積極的に行えば、自然と馴染んでいけるはずです。 その際は声をハキハキと発することで、好印象を持ってもらえるでしょう。 これからのバイトライフで意識してみてください。 たとえば、 ・希望シフトを無視して出勤を強要され、学業との両立が厳しい ・6時間を超える勤務なのに休憩をもらえない ・ミスをすると自腹や弁償を強いられる ・仕事のやり方をろくに教えてもらえず、できないと罵声が飛んでくる といったケースは、よくあるブラックバイトの労働環境といえるのではないでしょうか。 「改善してほしい」と店長や責任者にお願いしても聞き入れてもらえないなら、まず専門の相談機関に話してみましょう。 全国の都道府県に設置されている「」に相談することをオススメします。 また、「もう耐えられない」といった時は辞めることを検討したほうがよいでしょう。 この記事でのまとめは以下の通りです。 揉めないためには就業規則に従ったやり方で辞意を伝え、互いに納得がいく退職日を決めること。 もう少しがんばってみよう。 辞める時は残りの期間を気持ちよく働けるように、退職理由やタイミングを練らなければなりません。 バイトを円満に辞め、次のステップを目指してください! 以下の記事では、バイトが続かない人へ送る「長く勤めるための3つの処方箋」を紹介しています。 バイトを続けるメリットや続かない原因を探ることで、すぐに辞めたくなってしまう気持ちを落ち着かせられるかもしれません。

次の

転職時のつなぎにバイトする場合の注意点や選び方、おすすめのバイト

バイト 1 ヶ月 で やめる

新しくバイトを始めてみると、1ヶ月くらいで思っていた仕事と違うと感じることや、行きたくない、辞めたい…と考えてしまうこともありますよね。 正規雇用ではないとはいえ、バイトって、すぐに辞めてしまってもいいんでしょうか?今回は、そんな疑問にお答えします。 一般的には1ヶ月で辞めるのは早いが事情にもよる そのアルバイトが、3ヶ月以上の長期で働くことを前提とした求人だったとすると、入って1ヶ月や2ヶ月で辞めてしまうというのは、仕事も慣れる前かもしれませんし、 一般的には早い方だと言えるでしょう。 どういった理由で、辞めようと考えているのでしょうか。 学校や家庭の事情など、自分の力ではどうにもならない理由があるのなら、早いとはいえ、仕方がないと言えます。 できるだけ早い段階で、責任者の方にその旨を伝えましょう。 そして、雇い入れた側には少なからず労力がかかっているわけで、同僚や先輩にも迷惑をかけてしまいますから、その際は、申し訳ないという気持ちをきちんと伝えること、誠意をもって事情を話すことが大切です。 急な事情の変化などであれば納得もしてもらえやすいでしょう。 また、 仕事内容や人間関係など、バイトをする上での悩みがあって辞めたいと考えている場合は、辞めてしまう前にまず、バイトの先輩や、社員の方に相談してみることをおすすめします。 話したりアドバイスをもらうことで、気持ちが前向きになるかもしれません。 それでも辛いという場合は、完全に辞める前に、クールダウンの時間を設けるのも良いかもしれません。 責任者の方に事情を話したうえで、短期間だけ勤務を休ませてもらうよう交渉してみるのも良いでしょう。 合わなければ辞めるのもあり 1ヶ月や2ヶ月で辞めてしまうのは早いかもと思うと思いますが、実際働いてみてその仕事に興味がまったくなかったり、人間関係が難しそうだったり、上司が苦手だったりといった理由で辞めたいと思うのは普通にありえます。 そういった場合に嫌々続けてもバイトが楽しくなるのは難しいかもしれません。 どうしても合わないと思った場合は、すっぱり辞めるものありです。 そこは社員ではなく、アルバイトというところのメリットでもあります。 合わないと思ったらさっと辞めて次のバイトを探すというのも、アルバイトだからできることでもあります。 仕事内容についてが理由であれば、慣れてくることで解決するかもしれませんが、人間関係の場合はなかなか解決できません。 まして上司や先輩が原因である場合は、相談もしづらいので辞めるという選択も十分ありだと言えるでしょう。 ブラックバイトなら早めに辞めるほうが良い もし、そのバイトを辞めたいと思う理由が バイト先での違法行為や悪質な環境であれば、働き続けることで自分自身の心身の健康を害するおそれもありますので、早急に退職したほうが良い場合もあります。 残念な話ですが、世の中には「ブラックバイト」と呼ばれる、違法法為、違法状態が蔓延しているバイト先が存在しています。 従業員による暴言、暴行、パワハラ、セクハラや、アルバイトスタッフへの残業代の未払い、サービス残業の強制といったトラブルは、しばしばニュースでも取り上げられています。 そういった事態に巻き込まれてしまった場合、まずは早急に相談先を探してください。 バイト先に相談窓口が設けられている場合はそちらでも良いですし、各都道府県の労働局内に設置されている「」も利用できます。 なお、労働基準法では、退職希望日の2週間前にその意思を伝えれば、労働者は自由に退職できると定められています。 できれば1か月前くらいには伝えたいところですが、状況により仕方がない場合もあるでしょう。 バイト先に引き留められていたとしても関係ありませんし、不当に退職を認めなければ、それは違法行為にあたりますので、きっぱりと辞めてしまいましょう。 退職は労働者の権利ですが、アルバイトも立派な労働者です。 まずは、 あなたの身の安全を優先させてください。 ブラックなバイト先に居続けて心身を壊してしまうのは、とてももったいないことです。 続けられそうなバイト先を探すためには? 退職の手続きをして心に余裕ができたら、改めて、今回の退職について振り返ってみましょう。 まずは応募の段階から、どうしてそのバイト先を選んで応募したのか、その仕事を通じて気付いた自分の長所や短所や、 どんな悩みが解消されたら、そのバイトを続けられたかなど、色々な角度から分析してみてください。 そして、次にバイトを始める時はどんなことに気をつけたらいいのか、自分自身で整理しておきましょう。 多くの職場を経験するのは悪いことではありませんが、長期的に働くことで、初めて身につくスキルもあります。 次こそ、いいバイト先を見つけるぞ!長く続けるぞ!という気持ちを持って、新しいスタートを切れるように応募先を選びましょう。 併せてこちらの記事もCheck! 実際に辞める手続きについては口頭で伝える方法、書面で伝える方法がありますが、バイト先に行くにも辛いという場合には、退職届を郵送するという方法もあります。

次の

バイトをすぐやめるべきか、1ヶ月待つべきか

バイト 1 ヶ月 で やめる

バイトを1〜2ヶ月で辞めるか迷っています。 ですが、「すぐに辞める人はどこ行っても使えない」とか「どこ行ってもダメ」みたいな空気感があり不安です。 私はどこ行ってもダメな人間なのでしょうか? こんにちは。 クジラノスズキカです。 辞めたいけど辞められないのは辛いですよね…。 私は大学生の時、バイトは最短だと1ヶ月くらいで辞めていました。 会社は2年で辞めました。 なかなか続けていくのは難しいです…。 ぜひ最後まで読んでみてください! バイトを辞めたいけど、辞められなくて困っていませんか? そのような方におすすめなのが、退職代行です。 退職代行を使えば、バイトを辞める連絡を代わりにしてもらえるので、それに関わるストレスを軽減できます。 以下の記事でおすすめの退職代行業者を比較していますので、気になる方はどうぞ。 『』 目次 【経験談】バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めることは悪いことか? 結論としては、 バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めるのは悪いことではないです。 気にせずに辞めましょう。 理由は以下の3つです。 そもそも辛抱強さ自体に意味はない まず、そもそも辛抱強さ自体に意味はありません。 「飲み会で上司のつまらない話を聞く」「毎日意味もなく怒鳴られる。 パワハラがきつい」「セクハラがきつい」など…、 これら全て人生において不要です。 なぜなら、他のまともなバイト・会社に移動すれば、存在しないからです。 嫌なことを耐えることが辛抱強さでありません。 必要なことを耐えるのが辛抱強さです。 必要な辛抱強さと不要な辛抱強さ 逆に、例えば、東京大学に行きたいのなら、辛くても受験勉強しなければなりません。 私はブログで生活していきたいので、こうして毎日ブログを書いています。 朝から夜まで書いている日もありますが、全然しんどくないです。 ブログを書きたくない人がこの生活をしたらしんどすぎて発狂すると思います。 それくらいブログを書いています。 人それぞれ個性があって、やりたいことや向いていることは違います。 あなたが頑張れるとこで頑張ればいいんです。 まとめますと、必要なのは自分が目指している方向への辛抱強さです。 早く気づいた方が優れている バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めることが悪いことではない理由として、早く気づいた方が優れていることがあります。 例えば、学校でクラス40人に数学の問題が出したとします。 1番最初に答えを出した人が1番優秀です。 バイトも同じで1番最初に問題点に気づいた方が優れているわけです。 1〜2年もバイトして、「もっと早く辞めればよかったな…。 」って思っても時間は戻ってきません。 同様に、就職した会社がブラック企業だと気づいたら、さっさと辞めるのが「正解」です。 就活の時点で、ブラック企業であることに気づくのは難しいです。 隠されていますので。 しかし入社後に少しずつブラック企業であることのヒントが出てきます。 10のヒントで気づく人より1のヒントで気づく人の方が優秀ですよね。 そして答えに気づいて、「早く動ける」人の方が優秀なんです。 受験勉強も就職活動もそうですよね。 早く動いた方がチャンスは多いです。 早く自分の向いていることを見つけられる 微妙なバイトは1〜2ヶ月ですぐに辞めた方が早く自分の向いていることが見つけられます。 早く自分の向いていることを見つけましょう。 時間は戻ってきません。 例えば、野球をやりたい人とテニスをやりたい人がいます。 野球をやりたい人がテニスの素振りをして、テニスをしたい人が野球の素振りをしていたら、お互いしんどいですよね。 逆に野球をやりたい人が野球の素振り、テニスをしたい人がテニスの素振りをするのは、同じ努力であっても、全然しんどさが違うわけです。 あなたが目指す方向への努力をしましょう。 自分に向いていることってなんだろう…って方 一方で、自分に向いていることってなんだろう…って方も多いと思います。 私もそうでした。 大学4年間、社会人2年間の合計6年間、全くやりたいことがなく、だらだらしていました。 結論としては、 いろいろ試してみるのが大事です。 極端な話、100個のことを試してみたら、1個くらい真剣に取り組みたいことが見つかると思います。 バイトを辞めたいけど、辞められなくて困っていませんか? そのような方におすすめなのが、退職代行です。 退職代行を使えば、バイトを辞める連絡を代わりにしてもらえるので、それに関わるストレスを軽減できます。 以下の記事でおすすめの退職代行業者を比較していますので、気になる方はどうぞ。 『』 バイトを辞めたくても辞められない時はどうすればいいか? バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めて困るのは誰か? よく、「バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めるのは悪いことだ」とか「そういう人はどこ行ってもダメ」とか言われますが、気にすることはないです。 あなたがバイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めることで困るのは、あなたではなく、バイト先です。 バイト先の本音と建前 本音:代わりのバイトを採用したり、また仕事を教えるの面倒…。 建前:「バイトを1〜2ヶ月で辞めるのは悪いことだよ!」 気にせず辞めましょう。 時間は戻ってきません。 繰り返しますが、自分が向いていないことをしている時間はもったいないです。 「すぐ辞める人はどこ行ってもダメ」なんてことを言われますが、そんなことないです。 1〜2年同じバイトをして向いていなかったら、1〜2年無駄です。 私自身も大学4年間と会社2年間で、したいこともなく漫然と過ごし、時間を無駄にしてしまいました。 あの6年間でブログを書いておけばよかったと反省しています。 バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めたいけど辞められない時はどうすればいい? とはいえ、バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めたくても辞められない時もありますよね。 例えば、上司が怖いとか、周りの目が怖いとか、いろいろありますよね。 そういう時は、 退職代行サービスを使いましょう。 退職代行サービスとは、代わりに退職の連絡をしてくれる業者のことです。 退職代行サービスをうまく使えば、仕事やバイトを辞める時のストレスを軽減することができます。 例えば、退職代行ニコイチの公式ホームページには以下のように書いてあります。 ご依頼当日から職場に行く必要はありません。 ご本人様が会社の上司に退職の意思を伝えたり、出向いて手続きをしなくていいように出来る限り対応するように心掛けておりますのでご安心くださいませ。 LINEで無料相談できます アルバイトの方も使えます! 退職代行サービスはこんな方におすすめ 退職代行サービスを使えば、自分でバイトを辞めたいと言わなくて大丈夫です。 なので、「店長が怖い」とか「バイト先の先輩が怖い…」とか「なんか気まずい…」って方に特におすすめです。 おすすめの退職代行業者は以下の記事で紹介しています。 サービスの質は?最安値は?まで徹底的に比較しています。 『』 バイトを1〜2ヶ月ですぐに辞めることは悪いことではない って感じで、バイトも仕事も何でも続ければいいわけではないです。 向いていないことは、すぐに辞めましょう。 1〜2ヶ月でも良いです。 私も大学生の時は、1〜2ヶ月でバイトをすぐに辞めることも何回かありましたが、元気に生きています。 あなたの向いていることを探していきましょう。 感想や質問があれば、ブログのコメント欄かTwitterアカウントまでどうぞ。 最後までお読みいただきありがとうございます。 バイトを辞めたいけど、辞められなくて困っていませんか? そのような方におすすめなのが、退職代行です。 退職代行を使えば、バイトを辞める連絡を代わりにしてもらえるので、それに関わるストレスを軽減できます。 以下の記事でおすすめの退職代行業者を比較していますので、気になる方はどうぞ。

次の