わざわざご丁寧にご連絡。 「わざわざ」は目上の方に失礼ですか?

「ご連絡ありがとうございます」の敬語・使い方・例文|先輩/会社

わざわざご丁寧にご連絡

冒頭でも述べたように、社会人は敬語や丁寧な言葉遣いでのやり取りが、必須だと言われています。 そのため、「ご丁寧にありがとうございます」というフレーズについても、敬語や丁寧な言葉遣いへの言い換えをする必要があると言えるでしょう。 そこで続いては、「ご丁寧にありがとうございます」の敬語への言い換えについて、考察していきます。 結論から言うと、「ご丁寧にありがとうございます」という表現も、十分丁寧な言い回しだと言えそうです。 しかし、より丁寧に表現したい場合は、「ご丁寧に」と「ありがとうございます」の間に、何に対してのお礼の言葉なのか、相手にしてもらったことなどを入れることをおすすめします。 その際に、「ご連絡をいただきまして」や「お電話をいただきまして」といった言葉を敬語で付け加えることで、「ご丁寧にありがとうございます」を敬語で使用することができると考えられそうです。 続いては、目上の人に対して「ご丁寧にありがとうございます」を使用する場合の、使い方について考察していきます。 目上の人に対して、「ご丁寧にありがとうございます」という言いまわしを使う場合も、上記でご紹介したような、敬語表現や丁寧な言い回しを心掛けることをおすすめします。 一例としては、「大変ご丁寧なご指摘、ありがとうございます」「ご丁寧なアドバイスをいただき、ありがとうございます」といった言い回しが考えられそうです。 「ご丁寧にありがとうございます」の類語.

次の

「わざわざありがとう」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

わざわざご丁寧にご連絡

語源|態態し(わざわざし)からきている 「わざわざ」の由来は、古語の「わざわざし(態態し)」から来ています。 「意識して、わざとらしく」の意味があり、昔はあまり良くない意味で使われてきました。 よく聞く「わざと」という言葉も、「故意に」などの同じ意味で使用されていますね。 初めは否定的な意味で使用されていた「わざわざ」が、最近では「あえてしなくても良いことをしてくれた」という肯定的な意味も持つようになりました。 そのため、「わざわざ」を敬語として使用してよいか迷う人が多くなっています。 2.「わざわざ」の正しい敬語表現と使い方 「わざわざ」の正しい敬語表現を見ていきましょう。 使い方によっては失礼にあたる場合があるので、正しい表現方法を覚えておくことが大切です。• <例文> 細かい修正まで、 ご丁寧にしていただき大変助かりました。 「ご丁寧」も相手に敬意を示した表現ではありますが、「わざわざ」同様に嫌味や皮肉に取られてしまいがちな表現でもあります。 決して 「わざわざご丁寧に~」などと、嫌味に取られてしまうかもしれない表現は使いすぎないように注意しましょう。 まとめ 「わざわざ」は「特にそのためだけに行うこと」を表す言葉です。 他に用事がないにも関わらず、行動をしてくれた相手への感謝を伝えるときに使用したい言葉でもありますね。 ただし、 お断りするときや遠慮するときには使うと嫌味に聞こえてしまう可能性があるので、注意が必要です。 困ったときには言い換えの表現なども取り入れて、を増やしていきましょう。

次の

ご連絡ありがとうございますの英語|ビジネスやメールでも役立つ8例文

わざわざご丁寧にご連絡

このページのまとめ• 敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類• 丁寧な対応へのお礼は「ご丁寧にありがとうございました」• 「ご丁寧に」は「詳細にわたる」「ご配慮いただき」などに言い換えられる• 連絡に対するお礼は「ご連絡ありがとうございました」 就活では、OB・OGや企業とコミュニケーションをとる機会があります。 敬語表現が分からないとき、メールであればWebサイトなどで調べてから書けますが、電話や対面の場合は焦ってしまうかもしれません。 ここでは、「ご丁寧に」「ご連絡」に着目し、表現の例や注意点を解説。 当コラムを読み、敬語の基礎知識を身につけましょう! 敬語の種類 敬語は、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類に大別できます。 まずは尊敬語と謙譲語の特徴を見ていきましょう。 尊敬語と謙譲語の間違えやすい例として挙げられるのは、「ぜひ拝見してください」という表現。 「拝見」は謙譲語であり、相手の動作に対しては使えません。 この文の場合、正しい表現は「ぜひご覧になってください」です。 上記にもあるとおり、尊敬語は相手の動作、謙譲語は自分の動作に対して使うということを覚えておきましょう。 次に、丁寧語の使い方や表現例をご紹介します。 このような場面で丁寧な対応をしてもらったとき、お礼を言う場合は「ご丁寧にありがとうございました」と表現するのが適切。 「丁寧にありがとうございました」でも意味は通じますが、「敬意が感じられない」と思う人がいるかもしれないので注意してください。 そのほか、「ご丁寧に」は下記のような表現でも使えます。 ・この度はご丁寧にご指導いただき、誠にありがとうございました ・ご丁寧にお知らせいただき、ありがとうございます ・ご丁寧な対応をしていただき、ありがとうございます ・ご丁寧な報告をいただき、感謝しております 上記の言い回しは就職後も使うため、今のうちから覚えておきましょう。 「ご丁寧に」を言い換えると? 前項でご紹介した「ご丁寧に」は、下記のように言い換えることもできます。 ・詳細にわたる ・ご配慮いただき ・十分に ・丁重に ・きめ細やかな ・手厚い 上記から「詳細にわたる」「ご配慮いただき」をピックアップし、例文をご紹介します。 ・詳細にわたるご回答をありがとうございます ・格別のご配慮をいただきまして、誠にありがとうございます 「ご丁寧に」の言い換え例を見ても分かるように、同じ意味を持つ言葉は多くあるため、1つの文中で重複して使わないよう注意が必要です。 たとえば「詳細にわたるご丁寧なご回答をありがとうございます」という表現は、一見丁寧な表現のように見えますが、くどい印象を与える可能性があります。 「より丁寧な文にしたいから、たくさん敬語を使った方が良いのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、この文の場合「詳細にわたるご回答を」「ご丁寧な回答を」のどちらか一方にするのが無難です。 「連絡」の敬語表現 就活の際、「連絡」という言葉を使う機会も多いですが、どのような表現にすれば良いか迷う人もいるでしょう。 先述のとおり、「連絡」は「ご連絡」にすると丁寧な表現になります。 自分と相手のどちらが連絡する場合でも、「ご連絡」にして問題ありません。 「ご連絡」を使った表現の例は、下記のとおりです。 自分が連絡する場合 ・確認した後、ご連絡させていただきます ・後ほどご連絡申し上げます ・ご連絡が遅くなってしまい、申し訳ございません 相手が連絡する場合 ・早速のご連絡ありがとうございます ・ご連絡くださいましてありがとうございます ・お手すきの際にご連絡いただけますと幸いです ・ご連絡いただけますよう、お願い申し上げます ・お忙しい中ご連絡くださり、誠にありがとうございました 連絡へのお礼を伝えるタイミングですが、メールや電話の冒頭で氏名を言った後、「ご連絡ありがとうございます」と続けるのが自然な流れです。 お礼を最後に言いたいときは、「ご連絡ありがとうございました」と過去形にすると良いでしょう。 ここまで「ご丁寧に」「ご連絡」の使い方を確認しましたが、いかがでしたでしょうか。 正しい敬語表現を使うことは、相手と良好な関係を築くために大切です。 就活の際も、正しい言葉遣いができていれば「基本的なビジネスマナーが身についている」と企業側に判断してもらえます。 敬語に苦手意識のある人や普段使う機会があまりない人も、少しずつ身につけていきましょう。 「就活のマナーについてアドバイスをもらいたい」「一人で就活を進めるのが不安」という方は、キャリアチケットに相談してみてはいかがでしょうか。 キャリアチケットは、新卒者の方を対象に就活支援を行う就職エージェントです。 就活アドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介します。 当サービスは、応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマンで実施。 就活アドバイザーとはチャットツールで連絡をとれるので、「電話するのは億劫…」という人も気軽に相談できます。 当サービスのご利用は、すべて無料。 就活に不安がある方は、ぜひご相談ください。

次の