白鳥 コロナ。 たんぽぽ白鳥がコロナで感染経路はどこ?濃厚接触者や症状は?|akiko's blog

新型コロナ感染の白鳥久美子、24日に健康観察解除「とても元気になった」|オリコンニュース|上毛新聞ニュース

白鳥 コロナ

腎盂炎の治療をしていた宮藤は、3月31日夜に陽性が判明。 6日にはラジオ番組にコメントを寄せ「少しずつ快方に向かっております」と報告した。 黒沢は3月21日に発熱し、4月3日夜にPCR検査陽性と判定され、4月4日に感染を公表。 現在は自宅で療養している。 ゴリけんは、3月29日朝に37. 3度の発熱症状が見られ、3月30日午前中には解熱。 咳やのどの痛み、味覚、嗅覚の異常症状などもなかったが、4月4日朝に再度38. 0度の発熱症状が見られたため、かかりつけの医療機関を受診。 医師の指導に従って、福岡県内の医療機関 にて、PCR検査を受診するに至った。 その結果、4月5日夜に陽性の診断を受けた。 白鳥は3月29日に嗅覚異常を感じたが、アレルギー性鼻炎持ちであるため、判断がつかずにいたという。 しかし、4月3日夜、親しい知人から、新型コロナウイルスの陽性と診断されたと連絡を受け、改めて自身の症状をみると嗅覚異常のほか発熱もあり、4月4日以降は外出を控え、自宅待機のうえ、保健所と連絡をとっていた。 4月7日にPCR検査の結果、陽性と診断。 現在は熱、せきなどの症状はなく、嗅覚も徐々に戻っており、保健所の指示を待ちながら、自宅待機している。 速水は4月3日に発熱症状が見られ、咽頭痛・せき・痰・体の痛みなどの症状が続いたため、4月6日に居住地近くの医療機関を受診。 胸部レントゲンでは所見なしの診断であったものの、PCR検査を受診するに至り、4月7日午後に陽性が判明した。 ラジバンダリ西井は、4月3日に発熱、4月4日の夜になっても発熱が続き、救急で医療機関を受診。 新型コロナウイルスへの感染の疑いがあるとの診断を受けたが、医師の指示により帰宅し、自宅待機した。 その後、医師からの指示により、4月6日にCT検査・PCR検査を受診、4月7日夜に陽性の診断を受けた。 現在、ラジバンダリ西井の症状は、発熱、頭痛、腹痛、下痢、せき、全身痛、食欲減退、味覚を感じづらいという症状が続いており、自宅での療養を経て行政機関指定の病院にきょう8日に入院した。 藤原は、4月1日に発熱症状がみられ、即時保健所に連絡したのち、外出を控え自宅で療養。 3日にPCR検査を行ったところ、4月6日夜に保健所より陽性と診断された。 現在は症状の改善が伺えるものの、保健所からの指示のもと自宅療養を継続している。

次の

芸能界…新型コロナ感染報告続く 白鳥久美子、速水けんたろう、ラジバンダリ西井ら陽性と診断(オリコン)

白鳥 コロナ

新型コロナウイルスに感染していたお笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(38)が27日、自身のブログを更新。 保健所の指示で自宅療養を続けていたが、24日をもって健康観察が解除となったことを発表し、「身体は回復して、とても元気になった」と報告した。 白鳥は「4月8日から、保健所の指示で自宅療養を続けてきましたが、4月24日をもって健康観察が解除となりました。 以降、不要不急の外出を控えながらの生活を続けて下さいと指示を受けました。 再検査はしない方針と説明を受けています」と経緯を説明。 体調は回復しているが「今後は自主的に自宅待機をし、大事を取り、お仕事ももう少しお休みをさせて頂こうと思っています」としている。 また夫のチェリー吉武について「今まで互いに隔離して生活はしていましたが、念のため、私の解除後、約2週間は健康観察が続くと保健所から説明を受けております。 主人も症状もなく元気に過ごしています」と報告。 「主人にはここまで生活の全てを任せてしまい、本当に色々と助けてもらいました。 これからも夫婦で力を尽くしながら、この状況を乗り越えていきたいと思っています」と言葉に力を込めた。 「支えてくださった先輩や友人知人、仕事関係の皆さま、本当にありがとうこざいました。 温かいお心遣いに元気をたくさん頂きました。 ブログなどでも応援のコメントくださった皆さま、本当にありがとうございました。 医療従事者の方々には心から感謝いたします。 宅配業の皆さまもありがとうございます」と謝意を示した。 最後に「色々な不安に苛まされてしまいますが、心をしっかりもって、皆さまもお気をつけてお過ごし下さいね。 これからも、頑張ります!」と結んだ。 白鳥の所属事務所は4月8日、白鳥が新型コロナウイルスに感染したことを報告。 白鳥は3月29日に嗅覚異常を感じたが、アレルギー性鼻炎持ちであるため、判断がつかずにいたという。 しかし、4月3日夜、親しい知人から、新型コロナウイルスの陽性と診断されたと連絡を受け、改めて自身の症状をみると嗅覚異常のほか発熱もあり、4日以降は外出を控え、自宅待機のうえ、保健所と連絡をとっていた。 7日にPCR検査の結果、陽性と診断され、自宅待機を続けていた。

次の

新型コロナ感染の白鳥久美子、24日に健康観察解除「とても元気になった」|オリコンニュース|上毛新聞ニュース

白鳥 コロナ

お笑いコンビとして活躍中のたんぽぽ白鳥さんが新型コロナウイルスに感染したという情報が入ってきました! 先日お亡くなりになった志村けんへの哀悼をブログに収めていたのですが、ご自身が感染しているということでショックを受けられているかもしれません。 芸能界でもテレビの収録やロケが中止となっている現状で、白鳥さんがどのように感染してしまったのかとても気になりますね。 今回はたんぽぽ白鳥がコロナで感染経路はどこ?濃厚接触者や症状は?について調査してみました。 akiko-no-blog. akiko-no-blog. たんぽぽ白鳥の感染経路はどこ? たんぽぽ白鳥さんのコロナ感染経路についてはまだ情報が出ていませんので、わかりません。 ただ、親しい友人からのコロナ感染の連絡があり、そこから自身へも疑いを強めたようです。 4月3日に親しい友人から感染したと連絡があり、改めて自身の症状をみると発熱もあり、4日以降、仕事を控えて、自宅待機のうえ、保健所と連絡をとっていた。 『 』より この文章から考えられるのは、 白鳥さんがコロナに感染したという親しい友人と接触していたということでしょう。 ご友人からの感染も一つの経路として見られるでしょうね。 また、現在白鳥さんはコンビの相方川村さんとのラジオやテレビ出演もあり、地方へ行くことも少なくないでしょう。 無症状の感染者も確認されているので、感染経路を辿るのは容易なことではないと考えられます。 たんぽぽ白鳥さんの出演ラジオ・テレビ番組はこちらです。 お笑い芸人での感染は、お亡くなりになった志村けんさんと森三中の黒沢かずこさんに次いでの感染確認となります。 出演番組を見ると黒沢かずこさんとの接点はないようなので、別のところからの感染が考えられます。 今後、白鳥さんの詳しい感染経路が分かり次第、更新いたします! 濃厚接触者は誰? 一番に濃厚接触者として考えられるのは相方の川村エミコさんです。 相方のは、症状はないが、自宅待機しているという。 『 』より ニュース記事にもありますが、川村さんは現在症状は出ていないものの、自宅待機しているということです。 最低でも2週間の自宅待機期間が設けられるでしょう。 また、白鳥さんはお笑い芸人のチェリー吉武さんと結婚しているということで、 チェリー吉武さんも自宅待機状態であると考えられます。 白鳥さんのコロナ感染は4月7日 火 に確認されたのですが、 3月29日 日 ごろから嗅覚異常を感じていたようです。 ただ、ご本人がアレルギー性鼻炎を持っているためコロナ感染への判断がつかなったようです。 4月4日 土 以降の仕事を控えているということですが、それ以前にコロナに感染していたなら、その間に行った現場で感染を広げている可能性も否めません。 どうか一刻も早く詳しい感染経路がつかめるよう切に祈ります!!! 症状は? たんぽぽ白鳥さんの症状は少しずつ回復しているということです。 現在は熱、せきなどの症状はなく、嗅覚も徐々に戻っており、保健所の指示を待ちながら、自宅待機している。 『 』より 重症になっていないということで安心しました。 白鳥さんの症状の経過はこちらです。 ・3月29日 日 嗅覚異常を感じる。 保健所へ連絡 ・4月7日 火 PCR検査で陽性反応が出る。 現在は熱、咳などの症状はなく、嗅覚も徐々に戻ってきている。 もし3月29日の嗅覚異常がすでにコロナに感染していて発症したなら、その2週間ほど前から感染し、潜伏期間があったとも考えられます。 4月3日に親しいご友人からのコロナ感染の連絡とありますが、ご友人から感染したのか、白鳥さんが先に感染していてご友人にうつしてしまったのか、両方とも可能性としてはありますね。 最近の感染者の症状の傾向としては年齢層が低めで、味覚や嗅覚異常を訴える例が多いですね。 コロナの症状として覚えておきましょう。 たんぽぽ白鳥がコロナで感染経路はどこ?濃厚接触者や症状は?のまとめ 4月7日 火 にたんぽぽ白鳥さんのコロナ感染が確認され、8日 水 にメディアに公表されました。 感染経路の詳しいところはわかっていませんが、親しいご友人からの感染か、白鳥さんがどこかで感染したのをご友人にうつしてしまったか、またはテレビやラジオの収録などで行った先で感染したか、色々な経路が考えられます。 濃厚接触者としては相方の川村エミコさんと夫のチェリー吉武さんが一番に考えられます。 症状は現在よくなってきているようですが、嗅覚異常や発熱があったとのことです。 早く嗅覚が戻り回復されることを願います! 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の