授乳 中 風邪 薬 市販 おすすめ。 授乳中でも使用できると考えられるお薬|株式会社ナチュラルファーマシー ファミリー薬局

授乳中に風邪をひいてしまったら?赤ちゃんへの影響は?【看護師が解説】

授乳 中 風邪 薬 市販 おすすめ

知らず知らず疲れがたまって風邪をひいてしまうママ、とても多いんです。 そんなとき、気がかりなのが「母乳から風邪が感染する? 」「風邪薬を飲んだら赤ちゃんに悪影響? 」など、母乳育児中のママの病気や服用した薬の赤ちゃんへの影響です。 そこで、授乳中のママが風邪をひいたときの対処法や飲んでOKな薬のこと、自宅でできるケア方法まで、助産師の小澤千恵先生と妊娠と薬相談外来・授乳と薬相談外来を担当する薬剤師の長谷川まゆみ先生にお話を伺いました。 コンテンツ (1)母乳から感染しない? 風邪をひいたとき授乳はOK? 赤ちゃんへの影響を考える 1:風邪をひいたときはミルクにすべき? 2:赤ちゃんに感染させないポイントは? ママの受診は何科? (2)授乳中の風邪薬、飲んでOK? 母乳は中断? 薬を入手するとき・飲むときの注意点 1:授乳中の風邪薬、飲んでも大丈夫? 2:すぐに受診できない… 市販薬を買うとき・飲むときの注意点を教えて! 3:風邪薬と栄養ドリンクの併用は「無水カフェイン」の過剰摂取に注意を! 4:授乳中に風邪をひいたとき、飲んでOK・NGの市販薬が知りたい! (3)風邪症状を和らげるおすすめの対処法15選 (4)先輩ママはどう乗りきった? 授乳中の風邪、おすすめの対処法は? 母乳から感染しない? 風邪をひいたとき授乳はOK? 母乳はママの血液からできているため、母乳を通じて風邪の菌やウイルスが赤ちゃんにうつってしまうのではないか、と心配になりますね。 でも、ママが大変だと思わなければ、授乳はいつもどおりに続けて大丈夫です。 エイズウイルスやHTLV-1ウイルスを除き、風邪やインフルエンザ、胃腸炎などのほとんどの病気では、母乳を介してうつることはないので、授乳を中断する必要はありません。 安心してくださいね。 ただし、つらい症状のときやせきや鼻水などが飛沫して感染する恐れがある場合は、パパなどにお願いして一時的に搾乳した母乳やミルクを哺乳瓶で与える方法もあります。 赤ちゃんに感染させないポイントは? ママの受診は何科? ほとんどの病気では、その菌やウイルスが母乳に移行することはありませんが、せきやくしゃみなどで感染させてしまうことはあります。 赤ちゃんとかかわるときは、事前の入念な手洗い・うがい、マスクの装着などでしっかりと感染予防をします。 いちばん大事なことは、「風邪かな? 」と思ったら、できるだけ早く受診すること。 パパや家族に赤ちゃんのお世話を任せたり、自治体の育児サービスや一時保育を利用するなどして、診察を受けるように心がけましょう。 授乳中のママが風邪症状などで受診するときは、可能であれば産前・お産入院でお世話になった産婦人科に行くのがおすすめです。 発熱の症状は乳腺炎などが原因の場合もあります。 そのため、内科ではなく産婦人科で診てもらうと安心でしょう。 授乳中の風邪薬、飲んでOK? 母乳育児中のママの服薬は赤ちゃんに影響があるのか、薬を入手するとき・飲むときに注意したいことを解説します。 授乳中の風邪薬、飲んでも大丈夫? ママが薬を服用すると、ほとんどの薬は母乳中に移行するといわれています。 でも、その大半の薬は、移行する量としてはごくわずか。 母乳を飲んだ赤ちゃんの体に吸収される成分量は少ないので、薬を飲みながら授乳を続けることができます。 受診する際は、授乳中であることを医師に伝え、薬を飲むときの注意点などを聞いておくと安心です。 授乳中でも問題なしと判断された薬はきちんと服用し、休息をとって手洗い・うがい・マスクの装着なども心がけましょう。 また、下記のサイトでも、服薬に役立つ情報を得ることができるので、参考にしてもいいでしょう。 【母乳育児と薬についてのサイト】 国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター:授乳とお薬 国内外の最新の医学的研究報告に基づき、「授乳中でも安全に使用できると思われる薬」と「授乳中の治療に適さない薬」を紹介しています。 すぐに受診できない… 市販薬を買うとき・飲むときの注意点を教えて! ドラッグストアなどで手軽に入手できる市販薬の添付文書には、「投与中は授乳を中止する」「授乳を避ける」と書いてあることがほとんどです。 受診して医師から処方される薬と同様に、授乳中のママが服用すると母乳に薬の成分は移行しますが、多くの薬はその量がとても少ないです。 日本では、母乳育児の薬の服用に関する統一されたガイドラインがないため、念のために授乳の中止を注意喚起するケースが多いのです。 ただし、自己判断での服薬はNG! 市販薬やサプリメントを購入する際は、必ず授乳中であることを薬剤師に伝え、相談した上で正しく服用することが大切です。 総合風邪薬の添付文書の一部 せき止め薬の添付文書の一部 風邪薬と栄養ドリンクの併用は「無水カフェイン」の過剰摂取に注意を! 風邪をひいたときの栄養補給に栄養ドリンクを服用するママもいるかもしれませんね。 これには注意点があります。 風邪薬、栄養ドリンクに共通して配合されている成分として「無水カフェイン」があります。 「無水カフェイン」は、市販の風邪薬1日量で約75~100㎎、栄養ドリンク1日1本で約50㎎程度含まれています。 コーヒー1杯中には約40~100㎎、紅茶1杯中には約50㎎含まれており、緑茶なども同様に含まれています。 母乳中へのカフェインの移行量が多くなってしまうと、赤ちゃんが神経過敏になって泣きやまない、眠る時間が少なくなるなどの報告があります。 栄養ドリンクと風邪薬と併用する場合は、1日のカフェイン摂取量が過剰にならないよう注意しましょう。 コーヒーや紅茶の飲みすぎにも留意します。 できればカフェインレスの飲料の利用をおすすめします。 授乳中に風邪をひいたとき、飲んでOK・NGの市販薬が知りたい! よく服用される市販薬で安全と考えられるものとしては、解熱鎮痛薬 アセトアミノフェン、イブプロフェン、ロキソプロフェン、ジクロフェナクナトリウム 、抗アレルギー薬があります。 授乳中に飲んでOK・NGの市販薬は、国立成育医療研究センターが発信する「授乳中に安全に使用できると思われる薬」と、「授乳中の治療に適さないと判断される薬」が参考になるでしょう。 薬の成分がわからない場合には、医薬品医療機器総合機構のホームページも参考になります。 体調を悪化させないだけでなく、病気予防や母乳育児にも役立つ、おすすめの対処法を伝授します。 妊娠・出産・育児にまつわるママの口コミサイト「ウィメンズパーク」でも、対処法にまつわる先輩ママの実体験情報がいっぱい! その中から選りすぐりのお話も紹介します。 上手に取り入れてみてくださいね。 おすすめの対処法1 無理は禁物! つらいときはだれかに頼る おすすめの対処法2 空気の入れ替えと室温・湿度の最適化 おすすめの対処法3 横になって体を休める おすすめの対処法4 体を温める おすすめの対処法5 栄養バランスがよく、消化のいい食事をとる おすすめの対処法6 こまめな水分補給&マスクで乾燥予防 おすすめの対処法7 入浴時間は短めにする おすすめの対処法8 手洗い・うがいの徹底 おすすめの対処法9 搾乳した母乳やミルクを哺乳瓶であげる おすすめの対処法10 つらい鼻詰まりは枕を高くする 先輩ママはどう乗りきった? 授乳中の風邪、おすすめの対処法は? 1日中マスクを装着! 飲み物もうがいも緑茶で乗りきる(4歳のママ) 自分が風邪をひいたときだけでなく、子どもやパパが体調を崩したときも1日中マスクをして過ごします。 就寝中もず~っとマスクを装着。 テレビの情報番組を見ていたのがきっかけですが、緑茶をたくさん飲んだり、緑茶でうがいもします。 緑茶は飲むことでのどの保湿なるみたいですよ。 湿度管理と首まわりを温めるのがコツ!? 首まわりが開いているトップスは、体が冷えやすいので、首まわりの詰まったウエアを着るようにしました。 子どものお世話が大変な時期は、寝不足になりがち。 しっかり睡眠時間を確保できるように、パパに仕事から早く帰宅してもらうなどしてきちんと眠るようにしました。 全室の窓を開けて空気の入れ換えをする! (18歳と15歳のママ) できるだけすべての部屋の窓を開けて、30分ほど空気の入れ換えをしました。 こうすると部屋に浮遊している私の風邪の菌が外に出ていくかなと思って…。 ただ、窓を開けたあとの部屋は季節によってはとても寒い。 そんなときは、体が冷えないように布団を1枚多くかけて寝ていました。 今も同じようにしています。 とにかく寝る! 育児に家事に、さらにお仕事をしているママなら、疲れがたまって具合が悪くなるのは自然な流れかと思うんです。 だから、風邪をひいたときは、パパに育児や家事を頼んで、ゆっくり休んで寝るのがいちばん! 私もそうやって回復しましたよ。 子どもたちは保育園に預けて休養(6歳と4歳のママ) 私が体調不良のときは、通園中の保育園に時間を短縮して預けます。 普段は7時30分~17時ですが、具合が悪いときは9時~16時に。 フラフラになりながら2人の子どもを送ると、先生方が「お母さん、ゆっくり休んでくださいね」と言ってくれて助かりました。 親の体調不良は早く治すのがベスト! それが子どもの健康管理にもつながると思うから、1人で頑張りすぎず、だれかに頼ることも大切かな~。 赤ちゃんが風邪をひいても大変ですが、ママが風邪をひくのもしんどいですね。 ほとんどの薬は母乳への影響を心配することはなさそうですが、服薬するときは、自己判断せずに医師や薬剤師に相談することが大切ですね。 ママの笑顔は赤ちゃんの心の成長につながります。 症状が悪化しないように、家族などの力を借りて休養を取るなどして、赤ちゃんのためにも万全の体調に整えていきましょう。 (取材・文/茶畑美治子) 監修 Profile:小澤千恵先生(埼玉医科大学総合医療センター 総合周産期母子医療センター 母子胎児部門 副看護師長 アドバンス助産師) 助産師歴24年。 母乳指導やママの心や体の悩みに関するカウンセリングも担当。 ママに寄り添った丁寧なアドバイスが人気。 8歳の女の子のママ。 Profile:長谷川まゆみ先生(埼玉医科大学総合医療センター薬剤部 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師) 薬剤師歴13年。 2005年より現職。 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師として妊娠と薬相談外来、授乳と薬相談外来を担当。 6歳の男の子のママ。

次の

授乳中の風邪で飲める薬って?市販薬や病院の処方薬についても【母乳ママ必見!】|母乳育児のすすめ♪

授乳 中 風邪 薬 市販 おすすめ

この記事の目次• 「授乳中に薬を飲んだらダメ」はウソ!? 本当に、授乳中に薬を飲んではダメなのか、調べてみましょう。 まず飲み薬を服用すると、 薬の成分は、主に小腸で吸収されて、肝臓を経由してから、心臓へと達します。 心臓からは、血液に乗って全身へと広がり、効き目をあらわします。 皆さんもご存じの通り、母乳は血液から出来ています。 血液を材料に、おっぱいの乳腺で母乳が作られるため、 薬を服用していると、薬の成分が血液に乗って母乳に移行してしまうのです。 その母乳を飲むと、必然的に赤ちゃんの体に、薬の成分が取り込まれてしまいます。 赤ちゃんは肝臓や腎臓の働きが不十分で、薬を排出する能力が低いので、思わぬ症状を起こす可能性があるのです。 やっぱり、授乳中は薬を飲んだらダメなのか…いえいえ、薬の成分が母乳に移行したからといって、赤ちゃんに即影響があるというわけではありません。 授乳とお薬の関係について詳しい 国立成育医療研究センターによると、 世の中にあるほとんどの薬は、授乳中に服用すると、母乳中に移行するけれども、そこに含まれる薬の成分量は非常に少ないと説明しています。 8割ほどの薬は、 母乳が作られる時に、薬の成分がかなり薄くなることが分かっています。 またそれ以外の数少ない薬は、薬の成分が濃くなりますが、実際に 赤ちゃんが薬の入った母乳を飲んで、赤ちゃんの血液に届き、体のどこかに薬が働いてしまうまでには、たくさんの道のりがあります。 この道のりを経て、赤ちゃんに影響を及ぼす薬は、とても限られています。 ですから、 授乳のために、薬をやめる必要はないのです。 もし具合が悪いのに、薬を飲まずに、病状が悪化してしまえば、子育てどころではありません。 さらに病気が、赤ちゃんや家族にうつる可能性もあります。 薬を飲んで、早く体調が回復することは、赤ちゃんのためにもなるんですね。 【授乳中OK】抗ヒスタミンを含まない総合風邪薬 ¥ 1,317 眠くなったり、尿が出にくくなる抗ヒスタミン薬や、便秘を起こしやすいジヒドロコデインリン酸塩が入っていないので、授乳中でも安心して飲むことができます。 のどの粘膜を修復する生薬・ 麦門冬湯乾燥エキスや、喉の痛みを和らげる アセトアミノフェンが配合され、 のどの痛み、せき、たん、頭痛、発熱、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛みに効果があります。 鼻水、鼻づまりに効く成分は入っていないので、鼻風邪には使えません。 また 同じパブロンシリーズでも、他の商品は、授乳中に服用しないよう注意書きがあるので、購入する際には要注意です。 ¥ 880 5才児から家族全員で服用できるファミリー向けのかぜ薬。 のどの痛み、せき、たん、鼻水、発熱、悪寒に効果があります。 抗ヒスタミン薬は入っていないのですが、無水カフェインを含んでいるので、赤ちゃんが興奮気味になったり、普段よりも眠らない可能性もあります。 無水カフェインを含んだ風邪薬を服用する際は、 コーヒーや緑茶といったカフェインが含まれる飲み物を、極力とらないようにしましょう。 同じメーカーの 『新エスタックW』も、授乳中に飲める総合風邪薬です。 『エスタックイブシリーズ』は、授乳中の服用は避けるような注意があるので、取り間違えないようにしてください。 ルルアタックFX(第一三共ヘルスケア) ¥ 1,482 メジャーな総合風邪薬ルルですが、そのほとんどに、授乳中の服用は避けたいジヒドロコデインリン酸塩を含んでいるため、ルルシリーズは授乳中にはむきません。 そんなルルシリーズで唯一、医師、薬剤師、登録販売者に相談してから、服用可能なのが 『ルルアタックFX』です。 ジヒドロコデインリン酸塩を含まず、主な成分の 麻黄エキスやケイヒ、アセトアミノフェンが、熱を発散して下げる役割をして、 発熱、寒気、喉の痛み、鼻水、鼻づまりの症状に効果があると言われています。 【授乳中OK! 】赤ちゃんの下痢を引き起こすセンナと大黄を含まない便秘薬 新ビオフェルミンS(ビオフェルミン製薬) ¥ 797 妊婦が控えたほうがいいのは、センナと大黄が含まれる便秘薬。 どちらも授乳中に服用すると、赤ちゃんが下痢をしやすくなります。 その点、 「ヒト由来の乳酸菌で、赤ちゃんからお年寄りまで服用できる」というCMでおなじみの 『新ビオフェルミンS』は、センナと大黄を含まず、 3種類の乳酸菌が効くので安心です。 コーラック(小林製薬) ¥ 1,008 便秘薬の定番『コーラック』は、ビサコジルという成分が、腸の働きを助けて便秘を改善してくれます。 同じシリーズでも 『コーラックハーブ』と 『コーラックファイバー』は センナを含むので、授乳中には向きません。

次の

風邪の喉の痛みの市販薬について!授乳中に使えるものは?

授乳 中 風邪 薬 市販 おすすめ

Sponsored Link 喉の痛みと咳の薬を選ぶ際のポイントは? 喉の痛みや咳は、ウィルスに感染したことが原因でおこる場合が最も多いといわれます。 しかし喉の痛みや咳は、風邪だけが原因ではありません。 インフルエンザや空気の乾燥、花粉症やハウスダストやダニなどのアレルギーが原因になることもありますし、気管支炎や肺炎などの病気が原因であることもあります。 まずは 喉の痛みや咳の出ている原因が何なのか、しっかり把握しなくてはいけませんね。 熱があるときや自分で判断がつかないときは、病院を受診して詳しく調べてもらうと良いでしょう。 咳の症状といっても、コンコンという乾いた咳の場合やゴホンゴホンという湿った咳とでは、適した薬が違うことがありますので、市販の薬を買う時は、薬剤師さんに相談してみると良いですね。 また、 市販薬を選ぶときは、喉の痛みに効く成分、咳を鎮める成分が入っているかどうかも選ぶときの重要な要素になります。 喉の炎症や痛みを鎮める成分には、塩化リゾチーム、トラネキサム酸などがあり、 喉を殺菌する成分には、ポビドンヨード、塩化ベンザルコニウムなどがあります。 そして 咳を鎮める成分には、リン酸ジヒドロコデイン、塩酸メチルエフェドリンなどがあります。 このような有効成分が含まれていれば、つらい症状の緩和が期待できますので、しっかり自分の症状に合わせて選ぶことが大切ですね。 Sponsored Link 喉の痛みと咳におすすめの薬は? では、症状別におすすめの薬をご紹介します。 喉の痛み、腫れにおすすめの薬 風邪による喉の痛みの他、咳、鼻水、熱などがあるときにおすすめなのが「ルルアタックEX」です。 引用: 喉の炎症を抑えるトラネキサム酸と解熱鎮痛効果のあるイブプロフェンを配合した総合風邪薬です。 喉の痛みからはじまる風邪や、熱を伴う喉の痛みによく効きます。 咳におすすめの薬 しつこい咳には「アネトン咳止めZ液」がおすすめです。 いろいろな原因で起こる咳を鎮め、痰の切れを良くします。 引用: リン酸コデインが咳中枢に直接作用し咳を鎮め、メチルエフェドリン塩酸塩が気管支を拡張し、気管支のけいれんを抑えることで咳を抑えます。 ちなみに3か月の赤ちゃんから服用することができます。 授乳中でも使える薬はある? 市販の薬でも、授乳中にも飲める薬がいくつかあります。 体への影響が心配な場合は、 薬剤師などに確認するか、薬についている「使用上の注意」を読んで、授乳中でも飲めるかどうかよく確認をしてみましょう。 授乳中でも安全という記載があっても、100%安全とは言い切れませんので、体の異常を感じたりした場合は、すぐに服用をやめ医師に相談するようにして下さいね。 ペラックT錠 引用: 喉の炎症や腫れを抑えるトラネキサム酸やカンゾウ乾燥エキスが配合された、喉の痛み専用に作られた薬です。 扁桃炎、咽頭炎などによるつらい喉の痛みを和らげる、眠くなりにくい薬です。 授乳中でも使用できるとの記載がされています。 なお、熱を下げる作用や咳止めの成分は含まれていませんので、 熱や咳の症状もあるときは医師に安心して飲める薬があるか相談してみると良いかもしれませんね。 症状が辛く薬をどうしても飲みたい場合には、授乳をいったん止めることも必要になってきます。 市販の薬はそんなに効き目が強くないから飲んでも大丈夫という考えもありますが、やはり体への影響が心配ですよね。 「葛根湯」は妊婦さんや授乳中の方にも飲むことができます。 咳への効果は薄いかもしれませんが、体が温まりますし、風邪の初期症状におすすめです。 また、薬を飲まなくても、 うがいや飲み物、のど飴、喉スプレーなどでも喉の痛みや咳をケアすることができますよ。 とくにうがいは、喉の殺菌と保湿の効果があるため、こまめにおこなうとより効果的です。 まとめ 喉の痛みや咳の症状におすすめの薬をご紹介しました。 薬を飲んだからといって安心というわけではなく、しっかり睡眠と食事をとり、うがいをこまめにしたりマスクを着用したりといった対策も忘れずにとることが大切ですね。 喉の痛みや咳の症状が出る病気は、30種類以上もあるといわれています。 長期にわたって症状が治らないときは、ただの風邪ではなく病気にかかっているかもしれませんので、早めの受診をおすすめします。 Sponsored Link•

次の