韓国 経済 ウォン。 世界で通用しないウォンの悲哀!!|韓国経済.com

韓国は経済大国から押し出される!ウォンが紙屑になりそう!韓国の5月上旬の輸出が昨年の半分に減少 韓国の反応

韓国 経済 ウォン

韓国は経済大国から押し出される!ウォンが紙屑になりそう!韓国の5月上旬の輸出が昨年の半分に減少 韓国の反応 5月初旬、韓国の輸出が前年同期の半分になった。 まだ10日間の実績であり月間の実績はこれより良いかもしれないが、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の悪影響が少なくとも上半期まで続くという見通しが出ている。 3%も減って先月同期(-18. 6%)より減少幅が拡大したのは、休日の影響が大きい。 操業日数は昨年同期より5日少ない5日しか無く、「サンドイッチ連休」に自動車など一部の業種は5日まで休みながら、事実上操業が正常に行われなかった。 今月1か月間の輸出実績は、十日間の実績とは大きく異なる可能性がある。 半導体をはじめとする多くの業種の輸出が月末に集中するからである。 しかし、操業日数を考慮した一日平均輸出額の減少率も30. 2%に達し、懸念を醸し出している。 先月初旬に18. 6%、4月中に17. 4%減少したことよりも、減少幅がはるかに大きいからである。 月末になれば輸出の減少幅が減る可能性もあるが、減少傾向は続くことが確実視されている。 これにより、3月に微々たる水準で減った韓国の輸出は先月(-24. 3%)に続き、今月も比較的大幅減少が予想される。 産業通商資源部は1〜3月の輸出は、コロナ19の事態にも比較的善戦したと評価したが、コロナ19が米国、欧州などの需要国に拡散して、先月から韓国の輸出への悪影響が徐々に本格化していると評価した。 主な品目は、船舶(55. 0%)を除いた半導体(-17. 8%)、無線通信機器(-35. 9%)、石油製品(-75. 6%)、乗用車(-80. 4%)などの輸出が大幅下落した。 国別では、中国(-29. 4%)、アメリカ(-54. 8%)、欧州連合(EU・-50. 6%)、ベトナム(-52. 2%)、日本(-48. 4%)、中東(-27. 3%)など主要市場がすべて萎縮した。 具体的な輸出増減率の数値には大きな意味を置かなくても、コロナ19の影響が品目と市場を問わず広く影響を及ぼしていることが分かる。 1〜10日の収入は95億5000万ドルで、前年同期比37. 2%減少した。 輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の規模は約26億3000万ドルの赤字だった。 先月の同じ期間の赤字額24億3000万ドルよりも赤字幅は2億ドル拡大した。 先月の貿易収支は9億5000万ドルの赤字を出して、99ヶ月ぶりに黒字を停止した。 今月も、輸入より輸出が多く落ちる傾向が続けば、黒字転換が可能かどうか断言するのは難しい。 貿易協会のムンビョンギ首席研究員は、「コロナ19が2、3月には、中国とアジアを中心に影響を与えたが、3月以降には、アメリカ、EUでの影響が本格化している」とし「4、5月にもヨーロッパ、米国内の工場シャットダウン(一時ダウン)、消費販売の減少などによる影響が自動車やスマートフォンを中心に表れている」と分析した。 それとともに「今月も二桁の減少率が予想され、四半期別には第2四半期を底とし、下半期に入って徐々に回復する傾向を示すだろう」と展望した。 文在寅共産党を下野させてなければ経験したことのない大韓民国になるはず。 韓国のウォンは紙くずになりそうに見える。 覚めよ、韓国人よ! 遅くなると全てがつぶれる。 お前は心配もせずに天下太平だね。 daum. でも、韓国はIMFもどこの国も助けてくれません。 そこでアメリカはFRBを介していくつかの国に米ドルを支給しましたが、韓国はこれを湯水のように使いました。 後で担保にした米国債があるから大丈夫だろうという考えです。 しかし、FRBは支給した米ドルは返還しなくてはなりません。 さらに米国債をアメリカに没収されれば、キャッシュの外貨が手に入りません。 外貨が泣ければ、輸入が出来ず輸出もできません。 あれほど韓国の外貨準備高はジャンク債だと言ってあげたのに、準備高があるから大丈夫だとホルホルしていた人はどうしたのでしょうか。 ウォンは世界ではただの紙切れです。 役に立ちません。 イランには石油代金、ベトナムからは損害賠償、インドからも損害賠償、これでは国が成り立つはずはありませんね。 カテゴリー• 1,047• 245• 220• 451• 2,221• 569• 556• 419• 181• 248• 105• 102• 1,167• 546•

次の

世界が韓国の「実力低下」を危惧…ウォン売りがいよいよ止まらない(真壁 昭夫)

韓国 経済 ウォン

投げ売りされた韓国経済 今回は「韓国経済がこのまま破綻する…」とまで思わせた、悪夢の1週間を振り返る。 先々週の投げ売りだって信じられないレベルのひどさだったのに、先週はそれを軽く塗り替えて、最安値の更新を連発である。 では、まずは1週間の動きを見よう。 86 1,226. 0 504. 5 232. 95 -6,845億 17日 1,672. 44 1,243. 5 514. 73 226. 88 -10,093億 18日 1,591. 20 1,245. 7 485. 14 215. 85 -5,895億 19日 1,457. 64 1,285. 7 428. 35 201. 15 1,246. 5 467. 75 213. 38 -5,920億 これが悪夢の1週間の動きである。 19日に、米韓為替スワップ600億ドル締結がなければ、20日はもっと売られていたと思われる。 サムスン電子、時価総額116兆円を喪失 そもそも、なんでこんなことになっているのか。 実は17日以降、時間外取引で韓国の通貨防衛の抵抗がなくなって、ドルが枯渇したのではないかとネットで騒がれていた。 そして、韓国メディアは4,000億ドルの外貨準備高があるにもかかわらず、日米に通貨スワップ協定を結ぶべきだとしつこく報道。 それによって外資は韓国の外貨準備高のドルは尽きたことを悟った。 それが18日・19日のスーパー投げ売りタイムである。 空売りも禁止されているのでサムスン電子や、大韓航空などが売られていく。 最もほぼすべての銘柄が売られたが、結局、サムスン電子の時価総額が大きすぎるので、サムスン電子が売られれば売られるほど恐ろしい速度でKOSPIが大暴落していった。 ページ内の商標は全て商標権者に属します。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

韓国経済、【全くのデタラメ】急激なウォン安ドル高も…韓国政府が積極介入しない理由

韓国 経済 ウォン

韓国政府は、危機に陥っている企業のために約8兆8000億円(100兆ウォン)規模の金融支援を表明したほか、韓国銀行(中央銀行)は基準金利を0. 5ポイント引き下げて0. 75%に変更することを決定しました。 それほど今回の韓国経済の不振は深刻なもので、地獄のような大不況に陥る可能性もあります。 なぜでしょうか。 一つは、韓国が貿易依存度の高い経済構造であるため。 韓国はGDPの40%強を輸出が占めるほど貿易依存度が高い国。 グローバルレベルでの往来ができない今、輸出が落ち込むだけではなく、サムスンやヒュンダイなどは売り上げの半分以上が米国と欧州であるため、大きな打撃となっています。 この状況を受け、韓国の株安とウォン安が急速に進行し、一時は対ドルで1290ウォン台と、ウォンは約10年ぶりの安値となりました。 これを受けて、韓国銀行は3月19日、米国FRBと約6兆6600億円(600億ドル)規模の通貨スワップ協定を締結しました。 これで韓国の準備高は約4600億ドルとなっていますが、それでも外国人投資家による韓国市場からの資本逃避がさらに本格化してもおかしくありません。 朝鮮日報は、社説で「米国との通貨スワップが直ちに韓国の金融市場を安定させる効果をもたらした」と報道していますが、事態はさらなる悪化が懸念されます。

次の