紫外線 ライト。 紫外線とブルーライトの違いは?紫外線カット眼鏡はブルーライトカットも出来る?

爬虫類の飼育で使用する自然光・保温球・紫外線ライトの知識

紫外線 ライト

ブラックライト光の波長スペクトルの例 を使うブラックライトは、使用されるが異なる以外は通常の蛍光灯と同じように製造される。 また、通常の蛍光灯では蛍光管のはだが、ブラックライトでは必要に応じて ()と呼ばれる深いのガラスを用いて波長400 以上の可視光線をカットする。 のように可視光線も必要な場合、ウッドガラスは使わない。 ウッドのガラスを用いたブラックライトの場合、ピーク波長は365 nmになる。 のバルブにウッドガラスを用いただけでも、簡易ブラックライトになる。 これは紫外線を得るため、最初期に実際に使われていた方法である。 しかしながら、白熱電球のから放出される光の大部分はからであり、その効率は極端に悪い。 また、の殆どがになってしまうため、電球が過熱して危険であるという難点もある。 これら以外に、紫外線を用いる方法もある。 用途 [ ] 偽造防止のために不可視印刷が施された ブラックライトは、屋内における視覚効果のほか、・・・鑑定の分野や、真贋判定でも利用されている。 には、蛍光物質を持つものがあるため、ブラックライトを当てることにより、それらのの繁殖を確認できる。 この性質を利用し、などのの一種は、ブラックライトを使った確定診断が可能になっている。 ブラックライトは、・・各種証明書・・・の真贋鑑定にも使われる。 多くの紙幣には、やを防止するため、UV(紫外線蛍光インク)を使った模様が描かれているからである。 ブラックライトを使うと、の有無が確認できるので、食品衛生や衣料品などの蛍光チェックに利用できる。 または蛍光するので、の飛び散りなど掃除のチェックにも使用できる。 ブラックライトは、やよりも早くできるため、蛍光塗料を用いた物質の蓄光に用いられる。 の識別のため、日本ではやにはが添加されている。 このため、クマリンが添加された重油や灯油にブラックライトを照射すると、液体が白く濁り、と灯油を判別できる。 紫外線で硬化するUVレジンの硬化用の光源としても使用され、ホビー(アクセサリーや模型)、やで利用されている。 紫外線の安全性 [ ].

次の

紫外線

紫外線 ライト

概要 [ ] が熱的な作用を及ぼすことが多いのに対し、紫外線は化学的な作用が著しい。 このことから 化学線とも呼ばれる。 紫外線の有用な作用として、殺菌消毒・の合成・生体に対しての血行やの促進、あるいは皮膚抵抗力の昂進(こうしん)などがある。 波長による分類として、波長 380—200 nm の近紫外線 near UV 、波長 200—10 nm の遠紫外線もしくは(far UV FUV もしくは vacuum UV VUV )、波長 121—10 nmの極紫外線もしくは極端紫外線 extreme UV,EUV or XUV に分けられる。 また、人間の健康や環境への影響の観点から、近紫外線をさらに UVA 400—315 nm 、 UVB 315〜280nm 、 UVC 280 nm 未満 に分けることもある。 や技術において、遠紫外線 deep UV DUV は前記のFUVと異なり波長 300 nm 以下の紫外線を示す。 の中には、UVA、UVB、UVCの波長の紫外線が含まれているが、そのうちUVA、UVBはを通過、地表に到達する。 UVCは、よる吸収が著しく、でなければ通過することができない。 物質のは、入射した光の波長に依存する。 光学部品(光学窓やなど)の素材としてよく用いられるは、紫外線の波長域ではが著しく増大し、が急激に減少する。 このため、ガラスを使った光学部品で、紫外線光を取り扱う事は困難であり、特殊な材料を使用した専用の光学部品が使用される(例えば、[波長 200 nm 以上で使用可]や、[150 nm 以上で使用可])。 語源 [ ] 人間の視覚は、の短いを「紫色光」として感じとるが、その下限は 360 - 400 付近とされ、それより波長の短い光は知覚できない。 すなわち紫外線である。 の ultraviolet も「を超えた」という語から来ている(の ultra は、英語の beyond に相当)。 では、紫外線と呼ぶのが一般的であるが、 violet をスミレ色とも訳すことから、 菫外線(きんがいせん)と呼ばれることもある。 菫外線の表記は、紫外線より少ないものの、以前は学術用語としての用例 があるが、1960年代以後の用例 は極めて希である。 紫外線の波長ごとの特徴 [ ] 近紫外線 (波長 200—380 nm) UV-A (波長 315—380 nm) 由来のもののうち、5. 冬季及び朝夕でもあまり減衰しない。 の真皮層に作用しをさせる。 皮膚の弾性を失わせ老化を促進する。 細胞の物質交代の進行に関係しており、細胞の機能を活性化させる。 また、UV-Bによって生成された色素を酸化させて褐色に変化させる。 日焼けとしては色素が沈着し皮膚が黒くなる、いわゆる suntan と呼ばれる日焼けを引き起こす。 UV-B (波長 280—315 nm) 太陽光線の由来のもののうち、0. 表皮層に作用し、色素細胞がメラニンを生成し防御反応を取る。 これがいわゆる日焼けである。 この際ビタミンDを生成する。 日焼けとしては皮膚が赤くなり痛む、いわゆる sunburn と呼ばれる日焼けを引き起こす。 なお、こちらの日焼けの場合も最終的には色素の沈着と黒化を引き起こす。 UV-C (波長 200—280 nm) で守られている地表には到達しない。 強い作用があり、生体に対する破壊性が強い。 系物質によりが発生すると、地表に到達して生物相に影響が出ることが懸念されている。 遠紫外線、真空紫外線 VUV, Vacuum UV (波長 10—200 nm) 分子や分子によって吸収されるため、地表には到達しない。 真空中でないと進行しないため「」 vacuum ultraviolet と呼ばれる。 極端紫外線 (波長 10—121 nm) 極紫外線とも呼ばれる。 極端紫外線は、物質の電子状態の遷移により放出される。 X線との境界はあいまいである。 30 nm 近辺の波長は、の電子がに遷移する際に放出されるのに対し、それより短い波長のものは、内側の核電子のエネルギー状態の変化により放出される。 4 nm である。 波長の短いものはによっても放出される。 この領域の紫外線は、と分類されることもある。 紫外線の発見 [ ] に、がを用いて、がからに至る多数の色の光線から成り立っていることを証明したが、その後、この見える光線のほかに、見えない光線が存在すると考えられるようになった。 、のによってが発見され、この考えが立証されるとすぐ、の物理学者が、スペクトルの反対側である、紫より短いスペクトルを探し始めた。 、リッターは光に反応するを塗った紙を使用して、紫の外側の目に見えない光を発見した。 これは化学光 chemical light と呼ばれた。 その頃、リッターを含めた科学者は、光は「酸化発熱要素」(赤外線)、「照明要素」(可視光)、「水素化還元要素」(紫外線)の三つから構成されていると結論づけていた。 スペクトルの他の領域との統合は、らの研究まで分からなかった。 その間、紫外線は、「化学線放射 actinic radiation 」とも呼ばれていた。 その後、にドイツのヴィクトール・シューマンによってが発見された。 紫外線による健康への影響 [ ] 人間が、太陽の紫外線に長時間さらされると、皮膚、、へ急性もしくは慢性のを引き起こす可能性がある。 大気を透過しないUVCは、過去ほとんど注意が払われていなかったが、高エネルギーであるためUVAやUVBよりはるかに危険である。 例えば、UVCを使用する浸漬型紫外線などは装置の外で紫外線光源のスイッチを入れれば被曝の危険性がある。 「」も参照 紫外線はたんぱく質を変性させるため、皮膚に紫外線が照射されるとおよび弾性繊維にダメージを与えて皮膚を加齢させる。 波長の長いUVAの危険性は近年まで軽視されてきたが、皮膚の加齢、へのダメージ、へのリスクはゼロではない。 このうち特に、皮膚の加齢は、波長が長くUVBより深く皮膚の中に浸透し、皮膚の張りを保つ弾性繊維を徐々に破壊する主要因となっている。 また、一度破壊された弾性繊維は回復しない。 UVAはUVBと比べて、大気中での減衰が少なく、UVBの減少する冬期や朝夕でも比較的多く降り注いでいる。 のうちサンバーンを引き起こすことはないがサンタンを引き起こす。 日焼けサロンで照射されるのは、主にUVAである。 ただし、その際に皮膚の老化を加速していることも忘れてはならない。 UVAはSPFテストで測定することができない。 UVBはのうちサンバーンを引き起こす。 UVCは最も波長が短く危険であるが、大気中で減衰し、ほとんど地上には届かない。 UVB、UVCは、皮膚がん発現のリスクを伴う。 生物のDNAは吸収スペクトルが 250nm 近辺に存在している。 DNAに紫外線が照射されるとDNAを構成する原子がされる。 この励起はDNA分子を不安定にして螺旋構造を構成する「はしご」を切り離して隣接する塩基同士で-チミン、-シトシン、-ウラシル等のを形成する。 この二量体が中のを乱れさせ、の不正配列、の中断、ギャップの生成、複製や転写のミスを発生させる。 このことにより正常に遺伝子が機能しなくなった場合に等のを引き起こす。 紫外線による突然変異は、において簡単に観察される。 これは、地球環境問題でやの破壊が懸念される理由の1つである。 紫外線照射に対する生体の防御反応として、人間の体では茶色ののを分泌して皮膚表面に沈着させる(これを「日焼け」という)ことにより、それ以上の紫外線の皮膚組織への侵入を防ぎ、より深い皮膚組織へのダメージを軽減させようとする。 この分泌度は人種によって異なっているため、このことがの違いによる人種の区別をもたらしている。 市販の日焼け止めローション・クリームも紫外線の進入を防ぐ効果を利用している。 これらの製品では、「SPF値」「PA」と呼ばれる紫外線防御効果が記載されている。 SPF値は Sun Protection Factor ので、主に日焼けの原因であるUVBの遮断率を表している。 PAは protection of UVA の略で、UVAの遮断に対する効果を表している。 PAがSPFと異なり、数値で表記されないのは、UVAのブロック率を評価する良い分析法が存在しないためである。 目 [ ] 強度の強いUVBは目に対して危険で、雪眼炎(雪目、雪眼)や紫外眼炎(電気性眼炎)、、翼状片と瞼裂斑形成になる可能性がある。 は、紫外線(特に短波長の紫外線)にさらされる環境で働く場合(電気作業)や、その様な環境(雪山やスキー場のゲレンデなど)にいる場合には有効である。 保護メガネで覆われていない横から目に入る紫外線を防止するために、高高度のが使用するような状の完全に覆われた保護メガネを使用したほうが曝露に対するリスクが減少する。 登山家は、高高度では地表に比べて大気による減衰が小さくなり、や氷による反射が存在することにより、通常より高いレベルの紫外線にさらされるため、そのような完全に覆われた保護メガネを使用している。 通常のは、わずかの保護効果がある。 ガラスはUVAに対して透明であるのに対し、プラスチックは通過率がガラスより低いため、プラスチックレンズは、ガラスのレンズより保護効果があり、材質 例えば、 によっては、ほとんどの紫外線が妨げる場合もある。 ただし、いくら良いレンズによる保護措置を行ったとしても、レンズ以外の経路を経由した紫外線からは目を完全に守ることはできない。 眼鏡に十分な紫外線対策を期待するならば、フレームの形状も考慮するべきである。 上部からの紫外線の侵入を減らすため、外出時はつば付きのの併用が奨められる。 レンズ以外の経路を経由する光を確認するには、レンズの部分をのような不透明なもので覆って、明るい光のそばに立つことで確認することができる。 ほとんどのは紫外線を吸収し、を保護する。 ただし、紫外線カットの眼鏡やコンタクトレンズの日常的な使用については、の臨床研究で近視の進行を招く可能性が示唆されている。 紫外線カットの眼鏡やコンタクトレンズが近視抑制作用のあるバイオレット光までカットしてしまっているからだと慶応大学医学部では考えている。 紫外線による利点 [ ] 詳細は「」を参照 や重要な証明書(例えば、、、)には、偽造防止のため、紫外線照射時に見ることの出来るマークを含むものがある。 ほとんどの国が発行しているパスポートは、紫外線感度の高いを含むインクで偽造防止の細い線が書かれている。 例えば、のスタンプとステッカーは、通常の可視光の元の裸眼では見えないが、紫外線照射時に見ることの出来る大きくて詳細な紋章が書かれている。 また、アメリカ合衆国により出されるパスポートは、最後のページのに沿って紫外線の感度の高い偽造防止の細い線が存在する。 暗所で紫外線を照射することにより、これらのマークが光を発して浮き上がって見える。 カラーやでは、これらを再現することが出来無いので、偽造品を見分けることができる。 またでも、の横に紫外線感度の高い蛍光物質を含むインクで、顔写真と旅券番号が印刷されている。 公衆便所での薬物乱用の阻止 [ ] ブラックライトは、一部の国のや公共の輸送機関での乱用の阻止を目的として設置されている。 これらのライトの青い色は、皮膚の蛍光と組み合わさって、薬物常習者がを見つけることを困難にする。 しかし、麻薬常習者が公衆便所の外で静脈の位置に印をつけ、中でその印を確認できることから、このライトの有用性は疑われている。 抑止効果に関しての裏づけとなる証拠はない。 蛍光灯 [ ] 詳細は「」を参照 は、低圧のをイオン化することにより紫外線を作り出す。 蛍光管の内側のは、紫外線を吸収しそれを可視光線に変える。 水銀蒸気の放射する紫外線はUVC領域であり、蛍光物質を塗布されていない水銀アーク灯からの放射を防備なしに皮膚や目に受けることは非常に危険である。 一般的な蛍光灯のガラスはUVC領域の透過性の悪いガラスが使われているため蛍光物質が部分的に剥がれても危険は生じないが意図的にUVC領域を放射させる事を目的としたは透過率が極めて優れるガラスが使用されているため直視することは大変危険である。 水銀灯の光は、離散的な波長で構成されている。 より、連続発光スペクトルに近い紫外線源としては、(太陽光のシミュレータに使用される 、ジュウテリウムアーク灯、水銀キセノンアーク灯、金属-ハロゲン化物アーク灯とタングステンハロゲン白熱灯等がある。 またやも発光管に石英ガラスが使われており外側のバルブが破損状態で点灯しているのもUVCが強力に放射されているため直視は極めて危険である。 死亡者もいる [ ]。 の北極点の。 ハッブル宇宙望遠鏡により紫外線で見ることができる 天文学 [ ] において、非常に熱い物体は紫外線を放射する。 しかし、地上から紫外線観測を行うことは、の存在により難しいので、ほとんどの観測は宇宙から行われることになる。 紫外線を用いた害虫駆除 [ ] 紫外線を用いた駆除装置が、羽虫などの昆虫駆除に使用される。 紫外線(誘虫灯)により引き寄せられてきた昆虫は、装置ので死亡するか、罠により捕獲される。 可視分光光度法 [ ] は、化学構造解析のような化学分析技術として広く使用されている。 紫外線照射は、試料に蛍光剤が存在するかを確認のために、可視分光光度法において使用される。 鉱物の解析 [ ] 紫外線ランプは、やを調べたり、さまざまな含有物の検証を行う際に使用される。 これらの含有物は可視光の元でも確認できるが、紫外線を照射した際、長波長と短波長の紫外線では、異なるを示すことがある。 このように紫外線による蛍光を利用した紫外線蛍光色素は、様々な用途に使用されている たとえば、的用途や犯罪捜査の用途。 蛍光たんぱく質 ,Green Fluorescent Protein は、遺伝学でのマーカーとして使用される。 たんぱく質の様な多くの物質は、紫外線に対して吸収帯域を持ち、これは生物化学分野もしくは関連する分野で関心がもたれている。 その様な研究には、紫外線吸収分光光度計が使用される。 フォトリソグラフィ [ ] 半導体 、 の工程において、微小パターン形成には、波長の短い光を用いた露光が必要となる。 このには、紫外線が使用される。 フォトリソグラフィでは、半導体表面に塗布された、と呼ばれる感光性の樹脂に、と呼ばれるガラス板上に描かれた図形を通して紫外線を照射し、マスク上に書かれた構造をフォトレジスト上に転写する。 その後、この様に形成されたレジストをさらにマスクとして、、メタル形成、酸化膜形成等を行い、目的の構造を作成する。 初期のフォトリソグラフィでは、光源にg線 436 nm が使用されていたが、その後、加工構造の微細化に伴い、i線 365 nm 、KrF 248 nm 、ArFエキシマレーザー 193 nm 、F 2エキシマレーザー 157 nm と短波長化が進み、更に短波長化を進めるため、これらのエキシマレーザーも開発されている。 研究段階ではEUV()、X線を用いたもある。 この様なフォトリソグラフィは半導体やICのみならず、の製造においても使用されており、紫外線はエレクトロニクス産業では広く使用されている。 電気的絶縁のチェック [ ] 紫外線の新たな用途として、電気試料上のコロナ放電 単に「」と呼ばれる を観測することがある。 試料の絶縁の劣化や汚染はコロナを引き起こす。 そのコロナでは高電界が空気をイオン化し、窒素分子を励起し、紫外線の放射を引き起こす。 コロナは試料のを低下させる。 コロナはとわずかなを作り出し、酸化窒素は、周囲の空気中の水分と反応しもしくはの蒸気を作りだす。 殺菌 [ ] 紫外線ランプは生物学研究所と医療施設で場所や道具のに使用される。 の紫外線に対するは、約 265 nm と約 185 nm の2箇所にピークを持ち、この 254 nm は、その片方とよく一致する。 185 nm の紫外線は、DNAへの吸収率としては良いが、空気中の酸素や、ランプに使用される石英ガラスが、185 nm に対して不透明であるため、この用途には使用されない。 これらの殺菌用の波長の紫外線は、DNAの隣接したを二量体化する。 微生物のDNA上にこれらの欠陥が十分に蓄積すれば、(たとえその微生物が死滅しないとしても)、微生物の増殖は抑えられ、無害になる。 実際には、紫外線の照射の隙間や影により、照射されない微生物が存在するため、これらのランプは他の殺菌技術の補助として使用される。 上水道の殺菌 [ ]• 紫外線は効果的な殺、殺菌効果を有している。 これを施設のみでなく、の殺菌処理に使用するということが、で実施されている。 SODISと呼ばれる工程は、の研究機関により広く研究され、少量の水の処理には利用可能であることが証明された。 この工程では、汚染された水を透明なビンに入れ、6時間強烈な日光を浴びせる。 汚染された水は2つの同期した装置においてこの処理を行われ、UVA 波長320-400nm の照射を受け、水温が上昇する。 水温が50度より上昇すれば、殺菌工程は3倍の速度になる。 日本ではによるを行っているが、後半から、と水中のの反応によるによるの生成が問題となり、紫外線による消毒が注目をあびている。 日本の上水道基準はWHO基準より厳しく、発がん性が問題となるほど塩化物は含有されていないが、浄水器メーカーなどが危険性を煽っている事が多い。 次亜塩素酸ナトリウムによる水道水の殺菌は、塩素が残っている限り持続するが、紫外線の殺菌は瞬間的であるため、時間経過により細菌が増殖する。 特に汲み置きは危険である。 この紫外線殺菌は、紫外線からDNAを守る等を持っている(例えば、)と比較して、むき出しに遺伝情報を持っているバクテリアやウイルスに対して有用であると考えられていた。 しかし、近年、紫外線が微生物であるの駆除に効果的であるということが発見された。 その報告結果では、実際に飲料水を処理する方法として、2つの米国の特許と紫外線を利用している。 実験はジアルジアがexcystationの状態であるより、infectivityの状態にあるとき、UVCの放射に非常に影響されやすいことが判明した。 これにより、原生生物は高照射のUVCに対して耐性があるが、低照射で殺菌されることが判明した。 食品加工 [ ] 消費者による「新鮮」もしくは「新鮮に近い」の要求により、手法に的な方法を使用する要望が増加している。 更に、に対する危険を避けるための食品加工方法の改善要求も存在する。 紫外線は、不要なの除去のために、食品生産において使用されている。 例えば、の低温殺菌工程では、強度の強い紫外線の照射が使用されている。 この工程の効果はジュースの紫外線 に依存する。 火災報知機 [ ] には、紫外線の検知器が用いられる。 物質は燃焼する際に特有のスペクトルを放出するが、ほとんどの物質 例えば、、、、、、等 は紫外線領域と赤外線領域両者にを持つ。 例えば、水素が燃える炎は、185—260 nm の範囲で強く、赤外線領域で弱く発光が存在する。 一方、石炭の炎は非常に弱い紫外線と非常に強い赤外線の波長の光を放出する。 このように火災検知器は、紫外線と赤外線両者の検知器を備えた方が、紫外線のみの検知器より信頼性が向上する。 全ての炎には、多少の差はあるがUVBの放射が存在する。 一方、におけるこのバンドの紫外線は地球の大気により吸収される。 その結果、紫外線検知器は、太陽の光に反応し警報をならさず 「太陽に対して不感」 、検知器は室内外どちらにおいても使用可能である。 火災以外の用途として、紫外線検知器は、、電気火花、、に使用されるX線、の検知にも使用される。 紫外線吸収ガスや蒸気は、炎からの紫外線を減少させ、炎の検知能力を減少させる。 同様に霧状のオイル(オイルミスト)の存在や、検知器上へのオイルの皮膜の付着は同様の効果をもたらす。 これらの紫外線検知器は、 SiC と AlN を用いた、固形デバイスを用いたものと、の原理を利用したガス管を用いたものがある。 光反応性の樹脂 接着剤等 [ ] 一部のと保護膜は、光反応性のを成分としている。 特定の波長の紫外線を適切な量と強さで照射することにより、 が生じる。 接着剤等の樹脂は硬くなるか、分解される。 この反応は非常に早く、数秒もかからない。 用途は、ガラスやの接着、光ファイバーの保護、床の保護、の紙仕上がりと歯の充填材、フォトリソグラフィーに使用されるフォトレジスト等が存在する。 工業製品における3D光造成技術や活版印刷にも使われている。 EPROMの消去 [ ] など 消去可能プログラマブル読み込み専用メモリ:Erasable Programmable ROM の一部は紫外線の照射によりメモリ内容の消去が可能である。 EPROMは電源を切っても記憶内容が消えないとして使用できるが、チップに紫外線を照射することでメモリの消去が可能である。 書き込みと消去にはストレスがかかるため、通常、書き換え可能回数は20回前後であると言われている。 低表面エネルギーポリマーの前処理 [ ] 紫外線はの小さいを接着する際の前処理に利用される。 紫外線を浴びたポリマーは酸化し、ポリマーの表面エネルギーが上昇する。 ポリマーの表面エネルギーの上昇により、接着剤とポリマー間の結合は強くなる。 医療分野での期待 [ ] 牛海綿脳症(BSE)などで取り上げられるプリオンの分解性について、赤道直下の日照地帯における罹患率と両極地域付近では差異は見られるものの、脳内に沈着しているとされるアミロイドについて、血液脳関門を通過させる薬剤と脳内で結合反応をさせて、頭蓋骨に微小な穴を開け、そこから光ファイバー等で紫外線を沈着部位全体に照射するなどして、分解するという発想や構想を持つことができるが、そのような事例はない。 地球環境と紫外線の増加 [ ] 1970年代以降、上空のの減少により、とくに上空においてが発生するようになり、南半球南部、とくにやなどにおいて紫外線量が急増した。 オゾンホールはごろに発見され、半ばまでは急速に広がったものの、それ以降は1987年のによるの国際的な生産・使用規制などによってオゾン層の破壊のスピードが弱まり、規模の拡大はほぼ止まった。 しかし一度拡大したオゾンホールの規模は縮小することはなく、に入っても大規模なまま推移しており 、紫外線量も上記地域において増加したままである。 また、日本などの中緯度地帯においても、や付近のデータでは、1990年代以降紫外線は緩やかにではあるが増加傾向を示している。 こうした紫外線の増加とそれによる被害の増加を受けて、(WHO)などが紫外線の強さをいくつかの段階によってあらわしたUV指数を開発し 、それに基づいて日本ではは防災情報のひとつとして紫外線情報を発出し、市民に注意喚起を行っている。 脚注 [ ] []• 「地球と人間の歴史9 汚染と破壊」p269(週刊朝日百科 動物たちの地球141)朝日新聞社 1994年3月20日発行• 安藤義路「実験レポート 菫外線針孔写真」『』第50巻第6号、、東京都、1992年6月、 94-96頁、 、 :、:。 、、のWebサイトでキーワード「紫外線」または「菫外線」で検索した結果の出版年ごとの件数より• 「地球と人間の歴史9 汚染と破壊」p269(週刊朝日百科 動物たちの地球141)朝日新聞社 1994年3月20日発行• 「初歩から学ぶ紫外線殺菌 工業用水から上水道まで」p8 浦上逸男 工業調査会 2005年12月20日初版第1刷• 2019年5月7日閲覧。 「オゾン層の破壊に歯止め、フロンガス全廃の取り組み奏功 国連」AFPBB 2010年9月17日 2019年6月27日• 「オゾンホールの経年変化」 気象庁 2015年1月22日閲覧• 「紫外線の経年変化」 気象庁 2015年1月22日閲覧• WHO 2019年9月2日閲覧• 「紫外線情報の解説」日本国気象庁 2019年9月2日閲覧 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ]• 日焼け止め• (しみ) 外部リンク [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

【通販モノタロウ】

紫外線 ライト

紫外線の分類 一般に紫外線と呼ばれるものは、可視光線に隣接した短波長側領域にあり100nm~400nmの波長を持つ電磁波の総称である。 紫外線は波長により、さらに3つの領域に区分されており、それぞれUV-A(315~400nm)、UV-B(280~315nm)、UV-C(100~280nm)と呼ばれている(IEC国際電気標準による)。 いずれの紫外線にも蛍光作用がある。 紫外線の区分と主な作用・用途 区分 波 長 nm 主な作用・用途 UV-A 315~400 色素沈着。 日焼けサロン、印刷、複写。 *ブラックライトとも呼ばれる UV-B 280~315 ビタミンD生成、DNA損傷、眼炎、紅斑。 UV-C 100~280 オゾン生成。 殺菌、脱臭、空気洗浄。 *100~200nmを真空紫外線 V-UV と区別する場合もある。 太陽光に含まれる紫外線 太陽光線には、本来可視光線ばかりでなく紫外線・赤外線などかなり広い範囲の電磁波が含まれている。 しかし、太陽光は地表に達する前に、オゾン層を通過するため、太陽光に含まれる短波長の紫外線(UV-C)は、このオゾン層でほとんど吸収され、地表に到達する紫外線は比較的波長の長いUV-A・Bだけになる。 人体に対する影響 太陽光線の場合、地上まで到達する紫外線はUV-Aがほとんどであること、人体は太陽光線を利用し適合するようにつくられていることなどにより、過剰な暴露・体質的な不適合を除けば通常あまり障害を受ける事はない。 しかし、人工光源から発生する紫外線は光源の種類によりUV-A~UV-Cの全域あるいは特定波長の紫外線を発生するため、利用にあたっては安全上の注意が必要である。 人体に悪影響を及ぼすといわれている紫外線の波長は、320nm以下の短波長側(UV-B・UV-C)にあり、目の障害(眼痛・充血・角膜の炎症など)・紅斑や皮膚のDNA損傷による癌の誘発などがあげられる。 溶接アーク光には250nm以上のUV-B・UV-Cが大量に含まれており、また殺菌灯は250nm付近のUV-Cを主波長としており、これらの光源を裸眼で見たり、無防備で人体を光源に曝すことは危険な行為である。 一方、UV-Aのみを選択的に発生させているブラックライトは蛍光発光などに利用されており、エネルギーのピークが波長365nmにあるため、300nm~400nmの範囲全域の紫外線を発生している太陽光線に比べても短波長成分が少ないので、より安全な光源といえる。 ただ、日焼けの作用があるのでこれを好まない人は、サンスクリーン剤・手袋の着用など直接皮膚に紫外線が当たらないようにすると良い。 また、光源を直接覗き込むことは厳禁である。 ブラックライトは可視光線による眩しさを感じないため、うっかり直視してしまいがちであるが、高エネルギー光源であることに変わりはないので注意が必要であるため、作業中は紫外線防護のメガネ・ゴーグル着用が望ましい。 ACGIHの勧告値 ACGIH(American Conference of Governmental Industrial hygienists:米国労働衛生専門官会議)の勧告では、ほとんどの労働者が健康上の悪影響を受けずに紫外線の下で労働できるUV照射条件についてTLV(Threshold Limited Values:閾値)を定めている。 この中で、近紫外線(320~400nm)領域については、16分以上照射を受ける場合は裸眼に対して1. また、さらに顕微鏡等を介して観察する場合は光学系での反射・吸収、斜光入射・拡大倍率による減衰により大幅に減少します。

次の