負け ない で zard 本人。 食卓ON楽

ZARD

負け ない で zard 本人

歌手のが11月27日放送の音楽特番「ベストアーティスト2019」(日本テレビ系)に出演するも、その歌唱力をめぐって辛辣な声が寄せられている。 同特番にて倉木は、1993年にリリースされたのヒット曲「負けないで」をカバーするも、冒頭からその声は震え、高音キーの際には辛そうに絞り出しているかのような印象となり、ZARDのボーカルであるが持つ透明感や力強い躍動感とは対照的な、か細い、囁くような歌声であったことから、やや違和感を伴うカバーとなってしまった。 本来、ハスキーなウィスパーボイスを持ち味とする倉木がなぜ坂井泉水の『負けないで』を選んだのかという疑問はあるが、本人は「坂井泉水さんの『負けないで』という想いが届けば良いなという気持ちでリスペクトを込めました。 自分自身にもプレッシャーに『負けないで』という気持ちで歌わせていただきました」とコメントしており、曲が持つ雰囲気やリズム感よりも、そのメッセージ性を好んで選んだことを示唆している。 「倉木は過去にも何度か同曲をカバーした経験がありますが、高音のパートでは苦しそうに息が続いていないような印象もあり、視聴者からは『倉木さんのささやくような歌い方だとしっくりこなくて、違和感しかなかった』『心を込めて歌ってるんだろうけど、ちょっと残念ではありました』『曲や声質が坂井泉水さんとは別物。 すまんが歌わないでほしかった。 歌が始まってすぐ番組を見るのをやめた』『歌わない方が良かった。 声が辛そうで聞いていて不快』と散々な言われようです。 敢えて尊敬するZARDの曲を選んだのでしょうが、ヒット曲を多く抱える倉木だけに、『良い持ち歌があるんだからそっちを歌った方が国民は満足すると思うよ』との声もありました。 (木村慎吾).

次の

【ZARD】最初で最後の全国ツアー映像を特別上映 / いま改めて感じる坂井泉水という人間の真価

負け ない で zard 本人

人物 20代前半まではやとして活動していたが、歌手になるという強い希望を持ち続け、2月、自身によるソロプロジェクト「」のボーカルとして歌手デビューを果たす。 多くのを生み出した。 かつてビーインググループでは、女性アーティストのメディア露出を極力抑えるメディア・コントロール戦略 がよく取られていたこと、また坂井が極度のだった ことにより、特に6th「」で大ブレイクしたあとは、ほとんどに登場せず、また、もほとんど行われなかった。 経歴 デビュー以前 (昭和42年)にに生まれ 、同市および同県(小学校4年より)で育つ。 秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、卒業。 中学時代は部で活動をするかたわら、ギタークラブでも活動していた。 高校時代は硬式部に所属。 (現)を卒業後、・の総務部にて約2年間として勤務した。 モデル時代• 倉木麻衣の父親であるにスカウトされ、に所属し、本名「蒲池幸子(かまち さちこ)」の名義でモデル活動を行う。 モデル時代の公式プロフィールは生まれとなっていた。 、「春燈」(系の新春3時間スペシャルドラマ、原作・)に、東北地方から売られてきた少女役で初出演。 にかけ、山下直美とともに「クイーン」となる。 カラオケビデオ(の「」、の「CARIBBEAN」、の「23才」、の「」、の「未練〜STILL〜」)に出演。 カラオケ機器の販売促進用のパンフレットにも写真が掲載される。 東映カラオケのPR活動などで地方のカラオケ店を巡業する。 この企画はでの歌手デビュー後の1991年3月まで続いた。 、「」(系)の「見返り美人」のコーナーで、「カラオケクイーンに選ばれたのは誰」という設問として取り上げられる。 「」(フジテレビ系)の「」にて、マリナ()の知人役で出演(第40話()「恐怖シャワー男」と第49話()「恐怖ゴルフ男」)。 のフルロードキャンペーンのキャンペーンガールを務めた。 にかけて、日本エアシステム系のJAS CARGOのキャンペーンガールを務めた。 1990年(平成2年)• レーシングチーム(2輪)の。 は同期。 系ドラマの「渋谷・青春坂・ラブホテル」で端役で出演。 、『Body Works』(、トップモデルシリーズ)発売。 、ビデオ『SEXY SHOOTING』(サザンクロスビデオアーツ)発売(森村咲、大林美可と共演)。 、セミヌード写真集『NOCTURNE』(撮影:清水清太郎、)出版。 冬にフジテレビ系番組「」のグラビア美少女のコーナーに出演。 その他、雑誌などに多数掲載される。 歌手として 「」も参照• 1990年8月にのであったに社長であるを紹介され、の音楽コーラス隊(B. クィーンズシスターズ、のちの)のオーディションを受ける。 オーディションでは落選するも長戸に才能を認められ、以後「坂井泉水」として音楽ユニット「ZARD」結成の準備に入る。 (平成3年)• 、シングル「」でデビュー。 以降、音楽活動を続け「」「」「」など9作でを記録。 90年代アーティスト・トータル・セールス:女性ボーカル・アーティスト1位(オリコン調べ)に輝いた。 1997年の長者番付歌手部門で8位、1999年の長者番付歌手部門で5位となる。 闘病生活• 以降、、卵巣のう腫、と次々に病気を患い、通院の日々が続いた。 2000年に自曲「」がの放送時のテーマ曲になった縁からの出演に前向きだったと報じられたが、その後「体調がすぐれないため」として出場を辞退した。 4月、仕事中に体調が悪化したため、病院で検査を受けたところが発見される。 にで病巣の摘出手術を受け、7月に退院。 4月、肺へのが見つかり再入院。 入院中はを受け、治療後の製作とツアーに向けてを行うなど、再始動を目指していた。 死去とその後• 2007年(平成19年)• 、入院先の慶應義塾大学病院内のスロープ状になっている高さ約3メートルの地点から転落し 、駐車場で仰向けに倒れているところを通行人に発見される。 その後で緊急処置を受けたが、後頭部強打によるのため 、午後3時10分に死去した。 40歳没。 、所属事務所は坂井が亡くなったことを発表し、「坂井泉水が数々のヒット曲とともに、いつまでも皆様の心の中に生き続けることを願ってやまない」とのコメントを出す。 、バンド編成時代のZARDにとして在籍していた町田文人が系「」に元メンバーとして出演する。 ZARDのヒット曲の多くをした、詞の提供を受けた、同じビーイングに所属していた らが坂井の死を悼むコメントを出す。 、東京都町田市の斎場で、近親者のみによる密葬で葬儀・告別式が営まれる。 は、当初は「 澄響幸輝信女(ちょうきょうこうきしんにょ)」であったが、のちに「 麗唱院澄響幸輝大姉」(れいしょういんちょうきょうこうきだいし)に位上げされている。 東京と大阪に設置した献花台には合計約1万人が献花や記帳に訪れ、前年10月発売のベストアルバム「」がオリコン史上初の300位圏外から3位に急上昇 し、翌週からは2位に浮上する(詳細は参照)。 、など、国外のメディアでも一斉に報道される。 の・、、終身名誉監督のも追悼コメントを寄せる。 、一般者向けの音楽葬が開かれ、4万100人が来場した。 この弔問者数は(約5万人)・(約4万2,000人)・(約4万3000人)に続き戦後日本では4番目の人数である。 また(4万人)・(3万7,000人)らにも匹敵する。 9月、とで追悼ライブが開催されるも応募者が殺到し、急遽座席数を拡張する事態となる(拡張は館外観覧分の自由席で指定席は発売日に即完売)。 、系「」の特別功労賞に選ばれる。 、NHK「」の「企画 ZARDメモリアル」コーナーでは、で開催のZARDフィルムコンサートがされ、「」「」「」の三曲が流れる。 映像は坂井泉水が生前にとして撮影したものである。 坂井が入院中の病院には5月28日に自殺したが搬送されたため、病院に運び込まれる様子が集まっていたマスコミにより報道されることとなった。 生前、プライベートがほとんどベールに包まれていたが、はデビューする前から公私ともに親しくしており、分刻みの多忙なスケジュールのなか「ねぇ摩季ちゃん行きたい店があるんだけど」と悪い目をして誘っていたという。 そしてプロデューサーに怒鳴られるのはいつも大黒摩季であった。 「負けないで」や「揺れる想い」が売れても電車移動であった。 レコーディングは夕方にスタートすることがほとんどだった。 シュークリームが苦手であった。 極度のあがり症であった。 初めてのテレビ出演が終わり、あいさつ回りに行ったあと、腰が抜けてしまったようになり、メンバーが抱えて楽屋まで連れていった。 墓地 お墓は神奈川県横浜市緑区長津田町にある環境霊園の横浜みどりの里。 墓石には佐渡原産の高い赤石を使っており、永遠の字を書かれている。 墓前には蒲池家と書かれている。 隣には坂井泉水の顔画像がある。 墓の内側に入らないように墓前にはチェーンポールが付いている。 作曲作品 以下は坂井の作曲作品である。 すべてZARDの曲として坂井本人が歌っている。 「」(2ndシングル「」、2ndアルバム「」収録曲、45thシングル)• 「いつかは・・」(2ndアルバム「もう探さない」収録曲)• 「眠り」(16thシングル「」カップリング曲、7thアルバム「」収録曲)• 「君へのブルース」(42ndシングル「」カップリング曲) ZARD以外の音楽活動 として活躍する一方、同じ系ののバックコーラスに参加したり、として多くのアーティストに詞を提供したりしている。 活動範囲はに限らず、や森進一などの大物歌手へ作詞を提供するなど、ジャンルの違う歌手との異色のコラボレーションも行った。 作詞作品• :「」 1993年• 【, , ZARD,WANDS featring 】:「」「雨に濡れて」(いずれもWANDSのと共作:1993年)• :「」 1993年 、「」 1994年 、「」 1995年• :「」「」「」 1995年 、「」 1996年• :「」 1995年 、「」 1996年• :「」「」 1998年• 「さらば~」は坂井の死後に仮歌版がBOXの特典として商品化されている)• :「翼を広げて」(コーラス)• :「君がいたから」(コーラス)• :「Brand New Love」(ボイス)• :「クリスマスタイム」、「あなたに帰りたい」、「LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜」、「I still remember」(ゲストボーカル) 脚注• メンバーが抱えて楽屋まで連れて行った。 「」テレビ東京Webサイト『テレ東プラス』2018年7月20日付記事、「」Webサイト『Sponichi Annex』2018年7月20日付記事、「」Webサイト2018年7月20日付記事。 エキサイトニュース エキサイト. 2019年7月9日閲覧。 大黒摩季は「負けないで」「」「揺れる想い」などの曲にコーラスで参加している。 6月26日に催され関係者だけが参加した音楽葬で人目をはばからず号泣した。 "ZARDベスト盤がオリコン3位に…史上初300位圏外から急上昇" サンケイスポーツ: 2007-6-5. 2007年6月5日閲覧. 日歌手坂井泉水 墜樓梯身亡 -• ニュース-ORICON STYLE-• ニュース-ORICON STYLE-• Oricon Style 2007年6月28日. 2007年6月28日閲覧。 音楽ナタリー 株式会社ナターシャ. 2019年11月13日. 2019年11月23日閲覧。 外部リンク• (公式サイト) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の

zard・ 坂井泉水の死因は子宮頸がん治療中の事故死!創価学会との関係とは?

負け ない で zard 本人

人物 20代前半まではやとして活動していたが、歌手になるという強い希望を持ち続け、2月、自身によるソロプロジェクト「」のボーカルとして歌手デビューを果たす。 多くのを生み出した。 かつてビーインググループでは、女性アーティストのメディア露出を極力抑えるメディア・コントロール戦略 がよく取られていたこと、また坂井が極度のだった ことにより、特に6th「」で大ブレイクしたあとは、ほとんどに登場せず、また、もほとんど行われなかった。 経歴 デビュー以前 (昭和42年)にに生まれ 、同市および同県(小学校4年より)で育つ。 秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、卒業。 中学時代は部で活動をするかたわら、ギタークラブでも活動していた。 高校時代は硬式部に所属。 (現)を卒業後、・の総務部にて約2年間として勤務した。 モデル時代• 倉木麻衣の父親であるにスカウトされ、に所属し、本名「蒲池幸子(かまち さちこ)」の名義でモデル活動を行う。 モデル時代の公式プロフィールは生まれとなっていた。 、「春燈」(系の新春3時間スペシャルドラマ、原作・)に、東北地方から売られてきた少女役で初出演。 にかけ、山下直美とともに「クイーン」となる。 カラオケビデオ(の「」、の「CARIBBEAN」、の「23才」、の「」、の「未練〜STILL〜」)に出演。 カラオケ機器の販売促進用のパンフレットにも写真が掲載される。 東映カラオケのPR活動などで地方のカラオケ店を巡業する。 この企画はでの歌手デビュー後の1991年3月まで続いた。 、「」(系)の「見返り美人」のコーナーで、「カラオケクイーンに選ばれたのは誰」という設問として取り上げられる。 「」(フジテレビ系)の「」にて、マリナ()の知人役で出演(第40話()「恐怖シャワー男」と第49話()「恐怖ゴルフ男」)。 のフルロードキャンペーンのキャンペーンガールを務めた。 にかけて、日本エアシステム系のJAS CARGOのキャンペーンガールを務めた。 1990年(平成2年)• レーシングチーム(2輪)の。 は同期。 系ドラマの「渋谷・青春坂・ラブホテル」で端役で出演。 、『Body Works』(、トップモデルシリーズ)発売。 、ビデオ『SEXY SHOOTING』(サザンクロスビデオアーツ)発売(森村咲、大林美可と共演)。 、セミヌード写真集『NOCTURNE』(撮影:清水清太郎、)出版。 冬にフジテレビ系番組「」のグラビア美少女のコーナーに出演。 その他、雑誌などに多数掲載される。 歌手として 「」も参照• 1990年8月にのであったに社長であるを紹介され、の音楽コーラス隊(B. クィーンズシスターズ、のちの)のオーディションを受ける。 オーディションでは落選するも長戸に才能を認められ、以後「坂井泉水」として音楽ユニット「ZARD」結成の準備に入る。 (平成3年)• 、シングル「」でデビュー。 以降、音楽活動を続け「」「」「」など9作でを記録。 90年代アーティスト・トータル・セールス:女性ボーカル・アーティスト1位(オリコン調べ)に輝いた。 1997年の長者番付歌手部門で8位、1999年の長者番付歌手部門で5位となる。 闘病生活• 以降、、卵巣のう腫、と次々に病気を患い、通院の日々が続いた。 2000年に自曲「」がの放送時のテーマ曲になった縁からの出演に前向きだったと報じられたが、その後「体調がすぐれないため」として出場を辞退した。 4月、仕事中に体調が悪化したため、病院で検査を受けたところが発見される。 にで病巣の摘出手術を受け、7月に退院。 4月、肺へのが見つかり再入院。 入院中はを受け、治療後の製作とツアーに向けてを行うなど、再始動を目指していた。 死去とその後• 2007年(平成19年)• 、入院先の慶應義塾大学病院内のスロープ状になっている高さ約3メートルの地点から転落し 、駐車場で仰向けに倒れているところを通行人に発見される。 その後で緊急処置を受けたが、後頭部強打によるのため 、午後3時10分に死去した。 40歳没。 、所属事務所は坂井が亡くなったことを発表し、「坂井泉水が数々のヒット曲とともに、いつまでも皆様の心の中に生き続けることを願ってやまない」とのコメントを出す。 、バンド編成時代のZARDにとして在籍していた町田文人が系「」に元メンバーとして出演する。 ZARDのヒット曲の多くをした、詞の提供を受けた、同じビーイングに所属していた らが坂井の死を悼むコメントを出す。 、東京都町田市の斎場で、近親者のみによる密葬で葬儀・告別式が営まれる。 は、当初は「 澄響幸輝信女(ちょうきょうこうきしんにょ)」であったが、のちに「 麗唱院澄響幸輝大姉」(れいしょういんちょうきょうこうきだいし)に位上げされている。 東京と大阪に設置した献花台には合計約1万人が献花や記帳に訪れ、前年10月発売のベストアルバム「」がオリコン史上初の300位圏外から3位に急上昇 し、翌週からは2位に浮上する(詳細は参照)。 、など、国外のメディアでも一斉に報道される。 の・、、終身名誉監督のも追悼コメントを寄せる。 、一般者向けの音楽葬が開かれ、4万100人が来場した。 この弔問者数は(約5万人)・(約4万2,000人)・(約4万3000人)に続き戦後日本では4番目の人数である。 また(4万人)・(3万7,000人)らにも匹敵する。 9月、とで追悼ライブが開催されるも応募者が殺到し、急遽座席数を拡張する事態となる(拡張は館外観覧分の自由席で指定席は発売日に即完売)。 、系「」の特別功労賞に選ばれる。 、NHK「」の「企画 ZARDメモリアル」コーナーでは、で開催のZARDフィルムコンサートがされ、「」「」「」の三曲が流れる。 映像は坂井泉水が生前にとして撮影したものである。 坂井が入院中の病院には5月28日に自殺したが搬送されたため、病院に運び込まれる様子が集まっていたマスコミにより報道されることとなった。 生前、プライベートがほとんどベールに包まれていたが、はデビューする前から公私ともに親しくしており、分刻みの多忙なスケジュールのなか「ねぇ摩季ちゃん行きたい店があるんだけど」と悪い目をして誘っていたという。 そしてプロデューサーに怒鳴られるのはいつも大黒摩季であった。 「負けないで」や「揺れる想い」が売れても電車移動であった。 レコーディングは夕方にスタートすることがほとんどだった。 シュークリームが苦手であった。 極度のあがり症であった。 初めてのテレビ出演が終わり、あいさつ回りに行ったあと、腰が抜けてしまったようになり、メンバーが抱えて楽屋まで連れていった。 墓地 お墓は神奈川県横浜市緑区長津田町にある環境霊園の横浜みどりの里。 墓石には佐渡原産の高い赤石を使っており、永遠の字を書かれている。 墓前には蒲池家と書かれている。 隣には坂井泉水の顔画像がある。 墓の内側に入らないように墓前にはチェーンポールが付いている。 作曲作品 以下は坂井の作曲作品である。 すべてZARDの曲として坂井本人が歌っている。 「」(2ndシングル「」、2ndアルバム「」収録曲、45thシングル)• 「いつかは・・」(2ndアルバム「もう探さない」収録曲)• 「眠り」(16thシングル「」カップリング曲、7thアルバム「」収録曲)• 「君へのブルース」(42ndシングル「」カップリング曲) ZARD以外の音楽活動 として活躍する一方、同じ系ののバックコーラスに参加したり、として多くのアーティストに詞を提供したりしている。 活動範囲はに限らず、や森進一などの大物歌手へ作詞を提供するなど、ジャンルの違う歌手との異色のコラボレーションも行った。 作詞作品• :「」 1993年• 【, , ZARD,WANDS featring 】:「」「雨に濡れて」(いずれもWANDSのと共作:1993年)• :「」 1993年 、「」 1994年 、「」 1995年• :「」「」「」 1995年 、「」 1996年• :「」 1995年 、「」 1996年• :「」「」 1998年• 「さらば~」は坂井の死後に仮歌版がBOXの特典として商品化されている)• :「翼を広げて」(コーラス)• :「君がいたから」(コーラス)• :「Brand New Love」(ボイス)• :「クリスマスタイム」、「あなたに帰りたい」、「LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜」、「I still remember」(ゲストボーカル) 脚注• メンバーが抱えて楽屋まで連れて行った。 「」テレビ東京Webサイト『テレ東プラス』2018年7月20日付記事、「」Webサイト『Sponichi Annex』2018年7月20日付記事、「」Webサイト2018年7月20日付記事。 エキサイトニュース エキサイト. 2019年7月9日閲覧。 大黒摩季は「負けないで」「」「揺れる想い」などの曲にコーラスで参加している。 6月26日に催され関係者だけが参加した音楽葬で人目をはばからず号泣した。 "ZARDベスト盤がオリコン3位に…史上初300位圏外から急上昇" サンケイスポーツ: 2007-6-5. 2007年6月5日閲覧. 日歌手坂井泉水 墜樓梯身亡 -• ニュース-ORICON STYLE-• ニュース-ORICON STYLE-• Oricon Style 2007年6月28日. 2007年6月28日閲覧。 音楽ナタリー 株式会社ナターシャ. 2019年11月13日. 2019年11月23日閲覧。 外部リンク• (公式サイト) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の