ラッド ウィンプ ス 猫じゃらし。 野田洋次郎の新曲「猫じゃらし」午後の紅茶CMソングに、RADWIMPSバージョンも製作へ(ファッションプレス)

スペースシャワーTV

ラッド ウィンプ ス 猫じゃらし

コロナウイルスと闘う人たちに向けて 今回紹介する 「Light The Light」は、野田洋次郎が 新型コロナウイルスと闘う人たちのために制作したナンバーになっています。 作詞を努めた野田洋次郎のコメントが以下。 世界的な流行をみせる新型コロナウィルスの流行にともない、多くの人が普段とは違う生活を強いられています。 本来「被害者」であるはずの感染者は、いつのまにか「加害者」へと見られ方を変え窮屈な想いをしながら日々を生活しています。 どこに感染者がいるか分からない、自分が感染しているかもしれないという恐怖が伝播し、それは地域単位、国単位の 差別的な偏見をも助長させます。 社会機能の麻痺や混乱が来る恐れから、あらゆる歪みも生じてきています。 マスク、生活用品の買い占め、特定の人種への心ない言葉、飲食店や公共施設などへの立ち入り拒否。 ウィルスよりも恐ろしいのは人間の恐怖心や憎悪、冷酷さなのかもしれません。 こんな時こそ冷静な判断、情報収集、そして手を取り合う心が必要なのではと強く感じます。 今回、中国でお世話になっている方々から 「中国で不安な生活を送る人たちを励ます曲を作ってはもらえませんか」と提案を受けました。 ぜひ力になれるのならばと、急いで楽曲の制作に入りました。 そして今回完成にこぎつけることができ、無料で中国国内の皆さんへ配信することを決めました。 曲を作りながら、 これは中国の方に向けたものであると同時に日本、そして世界中でウィルスの脅威と闘うすべての人に向けた曲だと感じました。 順次他の国・地域でも聴けるような態勢を整えようと思います。 音楽にできることはとても小さいです。 でも時にその小ささに救われることもあるのではと、僕は思っています。 歌詞の中でも書きました。 この事態が無事終息し、無傷ではなくとも平穏な日々が戻ってきた時には「あの時は本当どうなるかと思ったね」と笑いながら皆大事な家族や友と話ができたらいいなと心から願っています。 その時まで、皆で頑張り抜きたいです。 無意識レベルで行われてしまっている差別や、被害者が加害者になっているなど、本当に共感しかないコメント。 野田さんの想いが伝わりますね。 ウィルスの脅威と闘うすべての人に向けた曲。 ではさっそく本題の歌詞に、、、と言いたいところですが、まずは楽曲タイトル名の考察に移っていきます。 楽曲名「Light The Light」とは 「Light The Light」とは直訳で 光を点ける。 という意味になります。 野田さんのコメントから察するに、この光というのは病気や差別に苦しむ人々にとっての 「希望」的な意味合いが強いのでしょう。 「ウイルスのせいで暗闇に落とされた人々にとって光となる楽曲でありたい」 率直ですがそのような願いが込められていると筆者は解釈しています。 No way to cope? Sorry to say I believe in you 希望が見えない? どうしていいかわからない? 申し訳ないけど それでも僕は君を信じてる That loneliness Is all you have? But you know what? 野田さんのコメントで改めて感じましたが、感染者は症状によって 「身体的にきつい」に加えて、差別的な目線や隔離によって 「精神的にきつい」わけです。 だからその状況を 「闇」であると比喩し、タイトルにもなっている 「光」へと導こうとしています。 希望が見えない? どうしていいかわからない? 申し訳ないけど それでも僕は君を信じてる 君の中の孤独 それだけが支配している? でも知ってるかい 君のせいではないということを 光へと導こうとしているさまは、上記の歌詞からも伝わってくる。 感染して隔離されることで疑心暗鬼になり人もいるでしょう。 そんな方に向けてただ一言 「それでも僕は君を信じてる」と味方であることを説いている。 もしも自分独りに感じるような窮地に追い込まれたとしても、きっと誰かが陰で支えてくれているはず。 さらに言うと味方の人物がいないとしても この楽曲だけは味方になってくれるはず。 そしてシンプルだけど忘れてはいけないのが 「君のせいではない」という紛れもない事実。 ウイルスに苦しんでいる人は加害者なんかじゃない、圧倒的な被害者なのです。 この楽曲歌詞、野田さんのコメントを見て、改めて肝に銘じて置かないとなと考えさせられました。 サビ1 いつか僕らはひと晩中語り合うんだ 共に必死にくぐり抜けたこの時のことを そこには涙も 憂いもなく あるのは君の弾ける笑い声だけ いつか僕らはひと晩中笑い合うんだ この何よりも大変だった時のことを それまで僕らは手を繋ぎあおう 優しく、力強く 共に歩もう サビでは暗闇から抜け出した後の、確かに待っているであろう 光ある未来について綴られています。 また励ましの言葉は、そっと語られるように歌われるAメロBメロで歌われており、光ある未来については盛り上がりのあるサビで壮大に歌われている。 この使い分けは歌詞のメッセージ性に通じるものがあるのでしょう。 暗闇でこそ光が輝くように、 苦を味わった人間ほど喜楽を噛みしめることができるものです。 だから今苦しんでいる人の未来はきっと明るいものに違いないのです。 窮地の状況を前向きに捉える。 英語歌詞に隠されたメッセージが素敵すぎますね。 2番 さぁ 涙を拭いて 君にはふさわしくないよ 笑ってくれないかい? 僕のわがままだけど、お願い 自分を責めちゃダメだよ 自分を嫌いになるのも 意地悪になってもいい 嫌なやつになってもいい 2番でも1番と同じように、 激励の言葉がかけられている。 幾度となく笑顔を求めるさまからは• 「少しでも笑って欲しい」• 「前を向いてほしい」 という願いを汲み取ることができますね。 そして下段の歌詞は暗闇の中でどんなに苦しんだとしても「自分だけは責めないで欲しい」という最低限の願いが綴られています。 「嫌なやつになってもいい」というのは嫌なやつになることをシンプルに肯定している訳ではなく「自暴自棄になってしまって普段取らないような嫌な態度をとっても仕方がないんだよ」といったニュアンスのように筆者は感じました。 それでもまた必ず帰ってくるでしょ いつも僕らがいたところに そのままの君が好きだ そのままの君が好きだ どんな窮地もいつかは元に戻る。 願いが垣間見えるような絶対に待ってる明るい未来が描かれています。 いつもの僕らがいたところというのは、僕たちにとっては普段の生活であったり、アーティストにとってはライブ会場であったり、 ウイルスの影響で失ってしまった全ての出来事を取り返すことを包括して指しているのでしょう。 いつかは元の生活に戻るはずだから、 僕らは何の変化もなくそのまま生きていけばいいのです。 そうポジティブに捉えていける詞だなと感じました。 感想 正直、未知のウイルスは確実に僕らの心を蝕んでいますし、ここ数か月で人間の醜い部分がたくさん見えるような事件も多々ありました。 しかしこういった状況でこそ• 一人一人がポジティブに芯を持つこと• 相手の立場に立って物事を考えること が大切なのだなと改めて感じさせられた。 だって窮地を乗り越えた僕たちの未来は明るいに決まっているのだから。 誰が悪い彼が悪いと言うのは置いといて、明るい未来を見据えていきたいものですね。 楽曲歌詞を読んでいて、そう思わされた。

次の

RADWIMPS コンサート 日程 2020

ラッド ウィンプ ス 猫じゃらし

RADWIMPS ラッドウィンプス のヴォーカル、野田洋次郎の新曲「猫じゃらし」がリリース。 「キリン 午後の紅茶」の新テレビCMの楽曲に決定した。 野田洋次郎は、ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル、ギターとしてほぼ全ての楽曲の作詞作曲を手掛けてきた。 恋愛から死生観までを歌うロマンティックな歌詞と、ジャンルに囚われない音楽性で、多くの人から支持を受けている。 RADWIMPSとしては、2020年、バンドとして初の4大ドーム公演を含む、7都市10公演の「こんにちは日本 〜KONNICHIWA NIPPON〜 TOUR 2020」も予定している。 今回の新曲は、そばにある「幸せ」をテーマにした。 普段の生活の中で見落としがちな小さな喜びや、自分がまだ知らない「自分」にも出会わせてくれる一曲に仕上がっている。 RADWIMPSバンドバージョンも製作中とのことだ。 引き続き続報を待ちたい。 幸せの紅茶。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

野田洋次郎の新曲「猫じゃらし」午後の紅茶CMソングに、RADWIMPSバージョンも製作へ

ラッド ウィンプ ス 猫じゃらし

ギターが上手か分かりませんか一応10年やってます。 別に質問者さんがいいギターだ!と思うならそれでいいと思うんですね。 好きなギタリスト、音楽を否定されるのは嫌なことでしょうし。 でもこういう風にガッチリ質問したならちゃんと本音を言いますね。 RADは知ってますよ。 でも聞いたことありませんでした。 おしゃかしゃま、ソクラティックラブを聞きましたが、 まず言えることは音のバランスが悪すぎます。 軽音によくある「俺が俺が」という傾向が強いです。 ギターよりもベースの音作りのヘタさが鼻につきます。 低音もクソもないスラップにペラペラのルート弾き。 技術的なものよりもまずCD聞いてみたか?!って 言いたいぐらいベースの良さを殺してくれてます。 肝心のギターですが、まずそんな難しいことしてないですよね。 軽音部でよく聞くのも頷けるなあってぐらいの感じです。 おしゃかしゃまかなんかのソロ、指が回ってないから 一つ一つの音が非常に雑で、途切れ途切れです。 レコーディングでなんでOKが出たのか不思議なぐらい雑です。 ソクラなんとかはソロすらないですが、 正直聞いてて邪魔だと感じました。 AメロやBメロのとき動くことが美学みたいになってますが 少なくともボーカルを立てようという演奏ではありませんよね。 むしろ声量のないボーカルの邪魔になっています。 歌い方の問題もあるんでしょうけどああいう力を抜いた ボーカルのバックではなるべく目立たない方がバランスは良くなります。 おしゃかしゃまの35秒辺りなんか結構顕著じゃないですか。 ここでクリーントーンでそこまで音量出すかね?!という感じです。 ここは聞こえるか聞こえないかぐらいの音量だからこそ 成立するような場所だと思うんですけどね。 技術的な面、音作りのヘタさ、位置づけの分からなさ、 音量のバランスなど、どれをとってもいいギタリストとは言えないですよね。

次の