絶望曹操。 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介

【感想】『曹操 卑劣なる聖人(一)』/王暁磊:曹操を主役に据えた長編三国志がおもしろすぎる!

絶望曹操

<あらすじ> 山奥の全寮制『聖サンジェルマン女学院』に転校した「角井はづき」は、元気で明るい女子校生。 転校初日に、クラスメートである行動的で直情的な「皐月光紗」に屋上に誘い出され、『時空犯罪者』に間違われる。 いきなり素早い蹴りを連打され驚く「はづき」を、冷静沈着な美少女、「神月時雨」が助ける。 なんとこの二人は、時空犯罪者を追って200年以上未来からやってきた時空刑事だという、、、。 この二人に出会ってしまった「はづき」の人生は、波乱に満ちたものとなっていく、、、。 元気で明るい性格。 皐月光紗(16) <明坂聡美> 行動的で直情的。 時空刑事ミサ。 神月時雨(16) <八島さらら 冷静沈着な美少女。 時空刑事ジウ。 紫堂涼子(16) <逢葉もえこ> 科学部所属のイケメン女子。 田添砂姫(15) <宮森春華> 科学部所属のヲタク女子。 芹川葵(16) <関音葉> 科学部部長。 お姉さんタイプ。 沢渡真琴(15) <吉海百恵> 科学部部員。 やや天然。 平野広海(16) <松村侑美> 可愛いもの好きなクラスメイト。 古川八重(15) <望月つむぎ> クラスメイト。 広海の親友。 シータ <綾乃あゆみ> 時空警察のサポートドロイド。 トレミー <六月珠陽> 黒衣の美少女。 時空特捜トレミー。 野分由紀夫 <荒原史弥> はづきのクラスの担任教師。 神代恭一 <安田桂> 科学部顧問。 変人だが部員は憧れている。 品番;ABCD-00101 定価¥3,000(税抜)STEREO 発売元;アルケミーブラザース amazon. jpにて販売 <プロモーションラジオ配信中> <記事>.

次の

【感想】『曹操 卑劣なる聖人(一)』/王暁磊:曹操を主役に据えた長編三国志がおもしろすぎる!

絶望曹操

<あらすじ> 山奥の全寮制『聖サンジェルマン女学院』に転校した「角井はづき」は、元気で明るい女子校生。 転校初日に、クラスメートである行動的で直情的な「皐月光紗」に屋上に誘い出され、『時空犯罪者』に間違われる。 いきなり素早い蹴りを連打され驚く「はづき」を、冷静沈着な美少女、「神月時雨」が助ける。 なんとこの二人は、時空犯罪者を追って200年以上未来からやってきた時空刑事だという、、、。 この二人に出会ってしまった「はづき」の人生は、波乱に満ちたものとなっていく、、、。 元気で明るい性格。 皐月光紗(16) <明坂聡美> 行動的で直情的。 時空刑事ミサ。 神月時雨(16) <八島さらら 冷静沈着な美少女。 時空刑事ジウ。 紫堂涼子(16) <逢葉もえこ> 科学部所属のイケメン女子。 田添砂姫(15) <宮森春華> 科学部所属のヲタク女子。 芹川葵(16) <関音葉> 科学部部長。 お姉さんタイプ。 沢渡真琴(15) <吉海百恵> 科学部部員。 やや天然。 平野広海(16) <松村侑美> 可愛いもの好きなクラスメイト。 古川八重(15) <望月つむぎ> クラスメイト。 広海の親友。 シータ <綾乃あゆみ> 時空警察のサポートドロイド。 トレミー <六月珠陽> 黒衣の美少女。 時空特捜トレミー。 野分由紀夫 <荒原史弥> はづきのクラスの担任教師。 神代恭一 <安田桂> 科学部顧問。 変人だが部員は憧れている。 品番;ABCD-00101 定価¥3,000(税抜)STEREO 発売元;アルケミーブラザース amazon. jpにて販売 <プロモーションラジオ配信中> <記事>.

次の

Alchemy Bros.

絶望曹操

投稿者: しょいかごねこ - この巻は、誰がなんと言おうと、関羽の巻です。 ああ関羽様…僕はこの巻を読み終わって、本当に、次の巻を読むのがいやになってしまった。 曹操様の言葉を借りよう。 「謀略にたけた者の時代か。 乱世の最後を、関羽雲長という勇将が飾るのか。 」官渡の戦いの際の、曹操と関羽のやり取りが思い出される。 信義の男、関羽と、それを認めざるを得ない曹操。 あの場面は出色であった。 こうして、覇者の戦いが終わるのだ。 「それはいかにもふさわしい。 剛直な、男の時代が終わるということだ」。 そして始まるのは謀略の時代。 つまり、司馬懿などの時代ということだ。 中盤はここで終わり、ここから後半に入る、と言っていいだろう。 投稿者: タツー - この巻をゴルフで言えば、午後の第一クライマックスであろう。 成績を上げてきた者同士の、非情の駆け引きが起きる。 この巻は関羽が主役だ。 劉備がいつの間にか益州を手にして漢中王となる。 それが合図であり、関羽、益州の行方もほぼ決まってきたようなものだろう。 曹操、孫権の行動が卑怯だと見せる三国志が殆どだが、北方三国志は、これも戦だと悔やむことはない。 しかし、中国では関羽を神様に祭ってあるところもあり、それは関羽が人々に対し、情け深かったことによるものから来たのではないだろうか。 千八百年ほど前にはどのように事が進められたのだろうか。 三国志演義としての、次の巻が楽しみだ。 ついに、三国が出来てというところまで来ました。 わたしの長年の疑問は、馬超は何故劉備軍にいるのかということです。 今回、北方三国志を読んでみて、やっぱりようわからんという。 「蒼天航路」でも、同じぐらいの時代を今やっていますが、やっぱりわからん。 ということを、三国志マニアの妹に、ぶつけてみました。 「ほら、だって、若 発音は、「バカ」 は、何にも考えてないから。 とりあえず、曹操は嫌いだから、劉備軍」 うむ、納得。 馬超ファンのみなさん、ごめんなさい。 北方三国志は、呂布がカッチョイイです。 かなり前に死んでますけどね。

次の