やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です。 やる夫が0からはじめるようです

やる夫は中立を貫くようです

やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!! j i! イト、 いやだね r三`ヽ:::::::::::::::::: :::::::::)〉::::::::::::::::::::::::::! ' ノイ i l ク! 作者は。 2009年6月12日から2016年9月14日にかけて連載された。 あらすじ ある日「悪魔召喚プログラム」なるラノベチックな代物を手に入れたは、牢屋に叩き込まれたり、謎めいた女を鼻で笑ったり、うっかり死に掛けたりしながら、時には天使に追いかけ回され、時には悪魔と酒を飲み、時には人間と殺し合いながら、強かに生きていく。 概要 原作のニュートラル(中立)ルートに沿いながらも、メインキャストそれぞれが違うものを見ており、そのズレが結末に深く関わっていく。 ボケもツッコミもこなせるが、妙に冷めた面もあるやる夫が特徴的。 人が好いように見えて、必要なら非人道的な言動に及ぶことも。 外部リンク• まとめ():• まとめ(): - 1話~19話まで。 長期間更新されておらず文字化け未対応。 まとめ(): - 20話以降。

次の

やる夫がデビルサマナーになるようです

やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です

o,ノ /\.  ̄フ ト-. ,, ,,.. ,, - '' "'' ー ;.. ヘヘニヽ、.... 作者は。 2010年4月8日から連載中。 コンテンツ [] あらすじ 引きこもりだったは、ある日突然、剣と魔法のファンタジー世界に飛ばされてしまう。 彼が飛ばされたローゼン村は、とある事件によりと彼女たちの世話役である元傭兵・以外の住人が去った消滅寸前の村だった。 本当のことを言っても信じてもらえず、「記憶が混乱している身元不明の男」とされてしまったやる夫は、とりあえず生きるために村人の一人として働いていくことになるのであった。 概要 各登場人物にパラメータが設定されていたり、作中で一日が経過するごとに収支報告が表示されたりと、経営シミュレーションゲーム風のスタイルを取っているのが特徴。 やる夫を中心に各キャラの個性や人間関係が色濃く描かれている。 随所にが導入されており、毎回繰り広げられる壮絶な安価争奪戦がこのスレの名物となっている。 なお作者は投下予告日までに完成した分をまず投下し、その後投下に移行するというパターンを多用している。 そのため投下スピードは遅めで、投下が深夜あるいは早朝まで続くことも珍しくない。 主な登場人物• - 現代日本からファンタジー世界に飛ばされた元。 生来の怠け者からローゼン一家や村人との交流を通して次第に成長していく。 - 現在、村を留守にしている領主・ローゼンの娘たち。 長女のが村長代理を務めている。 - ローゼン姉妹の世話をしている元傭兵。 姉妹に対してやや過保護。 義妹に狩人のがいる。 元傭兵だけにその関係者と顔が広い。 - 移民第一号。 村で食料品店を営む。 本作品では綺麗な誠。 & - 週に一度、村を訪れる行商人。 - ローゼン領の教会の神父。 同僚にがいる。 - ローゼン領主の家令として着任。 交渉力がうまく、一族会議の議長、財務調整、折衝、ときには魔物による村攻防戦の指揮官と精力的に動く。 - 大工。 腕は確かだが、酒好きで金にがめつい。 師匠に、弟弟子にがいる。 - ローゼン領に住む造り酒屋「キムシジャン」の店主。 ガラクタ収集癖がありたまに貴重な物をやる夫らにくれたりする。 - ローゼン領に住む鍛冶工。 金物を扱うほか、やる夫に鉄の前かけを作ってくれた。 - ローゼン領に住む"小っちゃい"女医さん。 調合する薬の原料で狩人のらに調達を頼むことも。 - 薔薇王国の国王。 尊大な独裁君主だが、女王らの支えによりなんとか国を保っている。 外部リンク• ():• ():•

次の

安価

やる夫 が 憑依 し たり 転生 する よう です

コンテンツ [] 概要 作者の雑談スレで投下された作品の一つ。 が特定の属性に偏った「ヒーロー」としてではなく、「人間」としてロウルートを歩んでいくのが大きな特徴。 また、原作における各属性のヒーローの役割を、それぞれの属性のヒロイン達がそのまま担っており、それによってやる夫がヒーローになることなく物語が進行していけるよう計算されている。 開始時点では「R-18でなんかエロいことやるか ゲス顔 」といういつもの童帝スタイルで始まったが、気がつけば18禁は18禁でも、グロ的な意味での18禁になるという180度の方向転換をしていた。 物語の余りの重苦しさに読者は阿鼻叫喚となり 、普段であれば「空気を読むべき」といわれてもおかしくないような支援絵の数々が、読者にとっての一服の清涼剤たりえるなど、色々な意味で他作品とは一線を画したシリーズとなった。 主な登場人物• - 平凡な高校生。 大災厄に際して人としての善性に目覚め、それに従って生きるようになり、救世主と呼ばれるようになる。 - やる夫の下に遣わされた導きの天使。 - やる夫ともにメシア教会に保護され、後にテンプルナイトとなる。 原作におけるロウヒーローに相当する。 - 異能使いの少女。 後にガイア教徒となる。 原作におけるカオスヒーローに相当する。 - フリーのデビルサマナー。 報酬によってロウにもカオスにも与することがある。 原作におけるニュートラルヒーローに相当する。 - やる夫達を保護した夏置町教会の神父。 メシア教に信仰を誓いつつも、天使の行いに疑問を抱いている。 - 夏置町教会にアンデルセンが召喚した大天使。 結界を張って悪魔から教会を守護している。 - 気まぐれにやる夫の前に現れては、助言とも言い難い発言をして去っていく紳士。 外部リンク• まとめ():• まとめ():• まとめ():• まとめ():• まとめ(): 脚注• 作者自身も「書いているときはノリノリだったが、自分では読み返したくない」と語っている。

次の