第12回東方人気投票。 Radical Discovery

【MMDドラマ】第12回東方人気投票【東方MMD】 [ニコニコあっぷる]

第12回東方人気投票

何か久々に東方関連の記事を書く気がしますぞ? 今回、東方Projectに興味ない方にはどうでもいい記事になってしまうのでご了承ください。 ということで、タイトルの通りですが、毎年恒例の 東方Project人気投票が 現在開催中、ということで、私も早速投票してきたのでありますよ。 投票所は。 せっかくのお祭りだ、参加しないとな! さて、まずは説明から入りましょうか。 この東方Project人気投票ですが、自分の好きな東方 キャラクターと 音楽にそれぞれ投票し、 その順位を発表しようというお祭り企画ですね。 ほら、よく漫画とかでもやりますよね、人気投票。 あれと同じです。 ファン同士の争いを生みかねない企画ではありますが、盛り上がるんですよねぇ... やっぱり。 pixivやtwitterなどに支援イラストなども挙げられたりして、いいイラストをたくさん 収集できたりするので、私的にはいい事も多いのです。 それに投票結果自体が二次創作のネタにもなったりします。 霊夢さんのネタとかね。 まずは人妖部門 キャラ部門 からいこう。 こちらも一押しは「ハルトマンの妖怪少女」ということでこいしちゃんのテーマ曲。 「ラストリモート」と「無間の鐘」もこいしちゃんに関係する曲ですね。 いや、キャラ贔屓という訳でなく、この3曲は本当に好きなんだよなー。 しかし、10枠は全然足りないぞ... まぁこれ以上増やしてもあれだけども。 秘封曲が1曲しか入れられないとか... もう2,3曲選びたいところである。 投票内容は以下の通りです。 ハルトマンの妖怪少女 一押し• ラストリモート• 無間の鐘 ~ Infinite Nightmare• 運命のダークサイド• 厄神様の通り道 ~ Dark Road• 遠野幻想物語• 春の湊に• 神々が恋した幻想郷• 輝く針の小人族 ~ Little Princess• 少女秘封倶楽部 あと、作品別投票やアンケートにも答えました。 あとは結果を待つのみです。 東方クラスタの方は投票してみましょう。 楽しいから。

次の

スカーレットサンド (すかーれっとさんど)とは【ピクシブ百科事典】

第12回東方人気投票

先日より、いままで使用していた「」が更新できなくなったため、後継のブログに引っ越し致しました。 今までの日記は全て移行されており、過去の日記へのリンクも新しいブログに自動的に移動します。 まだ慣れないので、しばらくはいろいろ見た目などを変えるかもしれません。 さて、先週投票が行われた、の結果から人妖部門について、いつものポイント率(全ポイントのうち該当キャラに投票されたポイント数の割合)についての推移をグラフを作成しました。 今回も人妖部門以外はグラフは作ってません。 また、順位だけの比較では判りにくい、他のキャラとの位置関係などや、相対的な人気の推移が判りやすいかなと思います。 今回も前回のグラフに付け加え、今回の上位50キャラ推移を記載しました。 (ここまでほぼ前回と一緒の説明) けっこうゴチャゴチャなので、正確な順位やポイントを知りたい方は、上記のサイトを見て下さいね。 下記のグラフの画像をクリックすると拡大表示します。 (オリジナルの画像はから。 4096x1440と、かなり画像がでかいので注意) 20位以下はかなり見辛いですが、名前と線の色と傾きは揃えているので、そのあたりで判断してもらえれば。 今回の人気投票は、前回の人気投票から新キャラがおらず、順位の方が動きにくいのではないかと思っていましたが、上位も中位もかなり変動があったという印象です。 (例年が全然順位変動がないので、ちょっと動いただけでも驚いたという所です) 票数は去年から5万票ほど減っており、去年から2割以上減、一昨年からは3割以上減とな っております。 では、上位を中心にキャラを見ていきます。 1位のは例年同様、単独一位。 ポイント率も安定しています。 4人に一人はに票を入れているようか感じです。 2位のも含め、コンテンツの顔となるキャラがトップ人気というのは、すごい強みと思いますよ。 2位のも2位安定ですが、3位と僅差というのも例年通り。 3位のはだんだんと順位を上げてきていて、最近3年3位のこいしと入れ変わり。 ポイント率もかなり上がっており、(は人気キャラではありますが)上位に来る要素がちょっと思いつかない。 4位のこいしは7位までのトップ人気の集団の中で、唯一ポイント率が減少しているということになっております。 とはいえ、ほぼ横ばいなので、順位は落としましたが、人気は従来通りといえるでしょうか。 5~7位:2014年から去年まで、咲夜・フラン・の並びだったのが、が大きめにポイント上昇して、フラン、咲夜の順に入れ替わり。 なお、咲夜は初回の人気投票から前回まで5位以内をキープしており、かつやフランより下位に来たことないので、今回はかなり異例の入れ替わりです。 8~11位:8位のさとりは安定に。 9~11位は混戦で、文・アリス・妹紅で入れ替わっている感じに。 あと、今回も11位と12いには断絶があり、11位以上と12位以下の群には5回連続入れ替わりがありません。 前回大きく上昇した天子は、今回は反動的に下降して14位。 同じように前回上昇していた紫は、ポイント率はほぼキープして天子と入れ替わり。 前回新キャラながら15位だった紫苑は、順位的には18位と3ランクダウンの若干の下落ですがポイント率はかなり下降しています。 はポイント率が大きく上昇し、順位も15位に上昇。 セットで何か要因があったのかな? 20位以下はポイント率も低めなので、割合的に変動があってもあまりグラフには現れないのですが、大きく上昇しているキャラとしては、四季映姫・チルノ・ヘカーティア・女苑あたりか。 女苑は、紫苑とは逆の動きをしていて、今後の動きに注目したいかなと。 一方、ドは、前回大きく上がっている反動で今回は順位もポイント率も大きく下がりました。 微少な下降は多いけど、大きく下がったのはこれだけかな? あと、人気投票の運営が来期から変更になるとのこと。 一時は面白い企画が今回までという機器ではありましたが、それは回避できたようで嬉しいところ。 こういう企画運営は、こちらが思う以上に苦労があると思われますので、進運江井さんも葉頑張って欲しいところです。 maisan.

次の

東方Project人気投票とは (トウホウプロジェクトニンキトウヒョウとは) [単語記事]

第12回東方人気投票

第16回東方Project人気投票 終了 速報結果が出ました! くわしい順位はにて 東方Project人気投票とは、が催するのである。 第16回の変更点• 『』『』『』『』『』『人妖名鑑 宵闇編』が対作品に追加。 「」とは別に、「」「」が対となった。 (「」と「」は同一票扱い。 その他変更はし。 対はを参照。 概要 において定期的に実施されているの。 初期のでは者の氏もに参加していたという。 第5回以降は毎年頃に・・の門で同時に開催するという形式が定着している。 なおには()部門のも行われていた。 のの中では最もの長いものの一つであり 、参加者数も近年では約3万人~4万人とかなり多くなっているため認知度・注度ともに高く、順位がのにされる事もしばしば。 第10回までは「東方シリーズ人気投票」 という名だったが、「は『』ではない」というの発言に準ずる形をとり、第11回から「東方Project人気投票」にまった。 では各のや結果発表がされている。 特に結果発表は達によって例年開票から数時間以内にされるのが通例である。 第15回までと第16回からが異なっており、の作成でとあるの催が関わっていたりしていたこともある。 投票システム でを登録し、で送られてくるを使ってする。 一人につき部門(第12回より人妖部門)は7、部門は10曲、作品は5作品までできる。 各部門に一つだけ「一押し」があり、一押しに入れた、、作品には2入る仕組み。 持ち票を全て使ってもよく、一部使わなくてもよい。 キャラクターランキング推移 部門(第12回より人妖部門)の上位10の推移。 回 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 1 ・ () () () (46) (43) () () (27) (14) 2 (5) (2) () () () () (1) () () () 3 (4) (2) (46) (2) (2) (1) (9) (3) (9) (9) 4 (1) (5) (5) (2) (9) (5) (1) 文 (6) (7) () 5 (7) (38) 文 (4) (4) (3) (3) (7) (4) (4) (7) 6 () (33) () (15) () () () () (05) () 7 () () (66) () (47) (38) () () () () 8 (8) (46) () (60) () (66) () (13) () 文 (50) 9 () () (85) (05) () (74) () () 文 (16) (65) 10 (14) () () () () () () () () 文 (48) 11 (79) () (27) () () (43) (27) () (24) () 12 (127) (69) (3) () () (69) () () (74) 文 (75) 13 (74) () (74) () () (02) (3) (47) () 文 (76) 14 (74) (86) (38) (66) (29) () (4) () () () 15 () () (01) () () () (19) (4) 文 () (8) 16 () (13) () (86) () () (73) () (7) 文 () 音楽ランキング推移 の10。 かっこ内左は数(票数)、右は前回順位と 上 下。 作品ランキング推移 作品の10。 かっこ内左は数(票数)、右は前回順位と 上 下。 第1回(数:曲数74)• が10位。 当時版は12人しかいなかったとはいえ、が・・を押しのけた点は特筆に価する。 第2回(数42:曲数118)• そのおかげか4位に食い込む健闘を見せる。 また、部門でもが初登場でとなる。 第3回(数:曲数)• がこなれてきたか、やなど組が躍進。 からの曲「」が初登場でにする。 第4回(数:曲数)• が3に復帰、事組の面を果たす。 この頃から上位は自機経験が常連となる。 第5回(数:曲数)• が稼動してから初の。 者数が3倍近くに膨れ上がる。 ・・と連続出演のかから1年遅れて文が3位に食い込む。 部門ではのか、頭一つ抜けた差で「」がを飾る。 第6回(数:曲数)• 上位は特に変わらず。 ここに来てが11の猛追を見せる。 また、一部勢の活動によりが版最下位ツーの汚名を返上する。 部門では「」が第1回以来のに、これ以後を取り続ける。 第7回(数:曲数)• がさらに追い上げ、がそのすぐ後を追う。 一方上位では自機昇格の勢いに乗ったが殴りこみをかける。 3位()~5位()間で僅か19差の接戦。 部門では第5・第6回で・妖・勢の牙となってた3に新出の「」が入賞するサプラも。 第8回(数:曲数6)• 毎年膨を続けていた者数がやっと落ち着きを見せる。 の快進撃が止まらない。 また、が3に返り咲き、の実を見せ付ける。 部門では「」がに上昇し、一時的なでないことを明した。 また、「」が8位と、中曲としては「」以来の10入りを果たす。 第9回(数:曲数3)• 前回落ち着いたかに見えた者数が再び増加。 前人未踏の一押し数を突破し、として初の一押し数追い抜きに成功した。 全なとしても初のである。 また、が驚異の36、「爆上げ」と評される。 連載が進んでが周知された結果だと思われる。 新規ではがなどを抑え初登場19位。 「は」という傾向の一端を示した。 部門では補正が入りにくい中曲が大健闘。 「」が5位と中曲としては第一回の「」の4位以来の5入りだが、曲数自体が当時の5倍以上になっている点を考慮すればそれ以上の快挙である。 新規曲でも4面中曲の「」が15位で、中曲全体でも3位に食い込んだ。 第10回(数1:曲数4)• 今回初めて者数が減少し、第7回の人数以下に。 開催告知から締切までの期間が短かったのが原因か。 が11し3位に。 6年ぶりにがに。 が11年ぶりにを追い。 が新規ながら15位を獲得。 初登場のでのやたら凝った関連が多くのを獲得したのだろう。 とが10以上の伸びを見せる。 部門ではが7位に、10に新曲が入るのは第7回以来4年ぶり。 第11回(数:曲数436)• 部門でも「一押し」を導入。 でも自機として活躍するがついに第の栄冠にいた。 が以外のとなったのは実に10年ぶり。 また、としてのは史上初となる快挙。 の自機となったが脅威の29上昇。 得票数の増加率を見るととんでもない結果である。 既に販売から1年以上経っている事に加えてとが出たこともあり新作補正があまり期待できない中での伸びとなった。 また、同じく自機復帰が決定したも7順位を上げている。 部門では「 」が第5回以来となる。 「 」も同じく第5回以来の10位以内入賞を果たした。 去年に続いて今年も・ともに大幅、でとうとう版にの名が出たからか。 楽曲部門においても「」が版未登場曲中となるなど、のが上昇しているのが見て取れる。 がに登場して版未登場から抜けたこともあり、同ではがツーフィニッシュを飾ることとなった。 第12回(数169:曲数4)• 部門を「人妖部門」として名。 作品部門を新設。 最大で5まで可。 再び者数が増加し、第9回に次ぐ票数になった。 部門はが前回の2倍以上のでを奪還。 上位はあまり変動のない順位となった。 前回位で反を呼んだがの大幅。 新規ではが初登場14位、が位の躍進をみせた。 部門も上位はあまり変動のい中、が初登場10位の大健闘。 第13回(数:曲数6)• の発表を記念して、この回だけ特別部門として「部門」が設けられた。 基本的にと同様で、最大5組まで可。 人妖部門はな変更で、「・の」がの・ので化。 が4位にを上げる健闘。 これに伴いは自身初の5位陥落を喫した。 また惜しくも10は逃したが、が13位に上昇。 その他上位に大きな変動はなく、極めて落ち着いた印となった。 その一方、がなんと位にまで入り込みやをも大番狂わせ。 なお、同じで活躍(?)したは位に。 もあまり変化はないが、が7位に上昇。 曲としての地位を築きつつある。 作品に至っては前回と全く同じ10。 最後まで見ても4以上動いた作品は1つもなく、との追加も加味すれば、3以上の変動さえも存在しない結果となった。 第14回(数:曲数5)• 人妖部門はのが初登場15位の大健闘。 同じくで要なに関わったが43位の、、も順位を上げた。 その他上位に大きな変動はなく、9は前回と全く同じ結果となった。 部門では がさらに上昇し、以降の曲としては初めて3位に。 また、がを抑えて第5回以来の中曲に返り咲いた。 新曲の最位はのの位。 次いでのが24位に入った。 第15回(数:曲数)• 人妖部門はのが18位の、も10位となった。 上位ではが第3回以来の3入り、は初の7位転落となった。 部門ではセプテットが5回ぶりにへ返り咲き、は5回ぶりにとなった。 また、が初の10入りを果たした。 内ではないが、が驚異の。 からもわかるように、配信で音入手が容易になった「流通」の恩恵を最も大きく受けた楽曲といえよう。 新曲のーは位と振るわなかった。 第16回(数199:曲数7)• が変わってから初、そしてがとしても初のとなる。 ・といった効果もあるのかどうかは不明だが、人妖部門はに作品で自機に帰ってきたが、および一押し効果もあって今回初めてのを獲得。 なんとのとは0近くの差を付けるという衝撃である。 新では最高位が36位の だが、やや健闘できず。 その中で、霊が一部のやを上回るという、なを博す。 が第9回以来となる不成立。 が初めて10となった。 部門では前回ので、再びセプテットとが、が再び。 上位がほぼ変わらない中、これまで5位以内に入っていた染のが初めて5から外れた。 この上位の中に、が初登場でなんと4位に飛び込むという大快挙。 が初登場3位以来のを残した。 新曲ではこれの次に高いのが位の となる。 効果なのか、その曲の が16。 補正もあるかは不明だが、がも上がる。 作品部門ではが7位に初登場。 ただし6位との差が大きく、一種の上位のを感じさせる結果となった。 実施時期と投票者数の変遷 回 日時 当時の最新作 者数 備考 1 03年~ 4 8 - - 数字は人数ではなく票数(1人3票) 2 03年 5 5 8 1 ・スぺカ部門が5票に拡大 3 04年 42 5 4 6 部門に一押しが追加 4 05年 26 3 7 部門止、ドが必須に 5 08年 20 01 誕生後初の、部門が5票に 6 09年 74 56 部門が7票に拡大 7 10年 10 +の止 8 11年 46 99 9 12年 47 42 05 10 14年~ 1 11 15年 43 36 作品 部門に一押しが追加 12 16年 49 56 42 人妖部門が7票、部門が10票に拡大 13 年 327 部門を新設 件 14 18年 部門は未開催 15 19年~ ナイトメ アー 3 1 46 これまでの体制が終了、以降は新3名によるへ移行 16 20年 19 174 新による初の 第5回以降急速に者数が増え、第8回でようやく落ち着いたが、第9回は再び増加。 一方、者数と返答者数の差が広がってきており、特に第9回では初めて過半数を下回る。 層の率は年々下がっていると思われる。 なお第2回と第3回の間には部門限定で「1人1日3票」「日が変われば再可」というの下での深さ(?)を競った「」が(は)、第4回と第5回の間には部門限定のが、それぞれ行われている。 Windows版未登場キャラのランキング 書籍・音楽CDキャラのランキング 各回における、書籍・にのみ登場しているの5は以下の通り(かっこ内は全体の順位)。 なお第7回まで(=大発売前)のおよび第10回まで(=発売前)のは書籍扱いにしている。 回 3位 4位 5位 1 - - - - - 2 - - - - - 3 () () (36) () - 4 () (36) (42) () () 5 () () () (47) () 6 () (46) () () () 7 () () () () () 8 () () () () (66) 9 (26) () () () () 10 () () () () ( 11 () () () () (69) 12 () () () (69) (74) 13 () () () () () 14 (26) () () (66) (74) 15 (26) (46) () () () 16 (27) () () () () 彼らをえられるかどうかは版新にとって一つのだと言えよう。 旧作キャラのランキング 各回における、にのみ登場しているの5は以下の通り(かっこ内は全体の順位)。 なお第3回まで(=発売前)のは扱いにしている。 回 3位 4位 5位 1 (10) (12) (16) (16) 2 (24) (26) &() () 3 (26) (33) () () () 4 () () (43) () () 5 (36) (42) () () () 6 () () () (69) () 7 (56) () () () (81) 8 () () () () () 9 () () () () (86) 10 () () (81) () () 11 () (78) (81) () () 12 () () () () () 13 () (81) () () () 14 () () () () () 15 () () () () () 16 (81) () () () (118) Windows版東方Project未登場曲のランキング 各回の当時版に使われていない曲(・・など)の上位5位は以下の通り(かっこ内は全体の順位)。 なお第3回はとが別集計になっているため加えるものとする。 また、第6回まで(=発売前)のとは版未登場扱いにしている。 回 3位 4位 5位 1 (11) (15) (16) (18) 2 () (24) () ・() 3 (27) () (43) ・() 4 () () (46) (47 ) () 5 (29) () (56) () () 6 () () () () () 7 () () () () (78) 8 (43) (46) () () () 9 (33) () () () () 10 () () (66) () () 11 () () () () (74) 12 (33) () () (78) (81) 13 () () () () () 14 (43) (81) () () () 15 () (76) (81) () () 16 () () () () () 関連動画 まとめ 第15回 過去の人気投票.

次の