赤ちゃん 名前 男の子 一文字。 男の子の一文字名前!古風な漢字からおしゃれな漢字まで100選!

男の子の一文字名前!古風、珍しい名前789例と名前で性格診断

赤ちゃん 名前 男の子 一文字

アンケート内容• 一人ひとつ、その漢字に対する「読み」とともに提出すること• 知っている漢字だけでなく、本・インターネットを見て幅広い名前があることを知った上で投票すること• 「自分の子どもに実際に付けたいか?」を考慮すること• 「流行の名前」に影響されず、幅広く名前をみること• 「知人のイケメン」に影響されず、幅広く名前をみること このアンケートにより算出された30位までを 順不同でお伝えします。 スポンサーリンク 歩 あゆむ 理 おさむ 和 かず 介 かい 奏 かなで、そう 要 かなめ 学 がく 京 きょう 皇 こう 豪 ごう 聡 さとし 修 しゅう 瞬 しゅん 翔 しょう、かける 享 じゅん 蒼 そう 健 たける、けん 尚 なお 昇 のぼる 悠 はる、ゆう 隼 はやと 陽 ひなた 湊 みなと、そう 優 ゆう 睦 りく 律 りつ 竜 りゅう 涼 りょう 麗 れい 蓮 れん 人それぞれ感じ方の違いはあると思いますが、「確かにカッコイイな」と思える名前が多かったのではないでしょうか? この後は、 あ行〜ら行までの「オススメの漢字一文字」を紹介していきます! スポンサーリンク 「あ行」:オススメの一文字名前! 「あ行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 あお 蒼、葵、青、碧 あおい 蒼、葵 あかし 燈、証、灯 あかり 星、灯、明、燈 あき 秋、亮、光、章、朗、哲、尭、瑛、彰、旭、玲、淳、旺、明、晃、晄、暁、煌、陽 あきら 明、彬、朗、彰、照、晶、陽、滉、晃、亮、旦、享、公、哲、央、聡、惺、憲、成、旭、旺、昌、映、昭、晄 あくた 芥 あさ 朝、麻 あさひ 旭 あずま 東、雷、春 あたる 真、陽、中、任 あつ 篤、淳、敦 あつし 敦、篤、徳、淳、純、孝、忠、暖、督、諄、陸、睦 あつむ 侑、専、伍 あまね 弥、周 あや 綾、絢、礼、紋、英、琢 あゆむ 歩 あらた 新 あん 庵、杏 スポンサーリンク いく 育、郁生、侑 いさお 勇、勲、巧、庸、魁、力、功、徳 いさみ 敢、勇 いさむ 勇、敢、勲 いたる 造、暢、達、到、届、周、徹、純、至、致 いち 都、一、壱、市 いつき 樹、斎 いと 糸、愛、純、綸 うた 歌、詩、唄、詠 うみ 海 えい 映、栄、瑛、影、永、英、衛 えつ 越 えにし 縁 えん 縁、苑、遠、庵 おう 央、凰、旺、桜、櫻、欧、王 おきな 翁 おさむ 京、宰、修、一、理、士、収、司、成、易、治、秋、紀、耕、脩 おと 乙、音、韻 おん 恩、穏、音 スポンサーリンク 「か行」:オススメの一文字名前! 「か行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 かい 佳、魁、介、快、桧、楷、海、界、絵、芥、諧 かいり 浬 かえで 楓 かおる 香、薫、馨、郁 かがや 輝 かく 鶴、角、拡 かける 翔、駆、懸 かしわ 柏 かすみ 霞 かず 数、知、良、和、一、嘉、壱 かつ 勝、亮、克、活 かな 哉、奏、叶 かなで 奏 かなめ 要、紀、領、最 かね 謙、兼 かのう 叶、和 かん 寛、環、観、漢、冠、函、幹、栞 がい 凱、魁 がく 学、岳、楽、樂 スポンサーリンク きい 紀 きざし 兆 きゅう 究、久、球 きょう 京、享、暁、響、匡、強、恭、教、香、馨、慶 きよ 清、澄、聖 きよし 清、聖、潔 きら 煌 きん 琴 くに 都、邦 けい 佳、圭、彗、恵、径、慧、敬、景、慶、結、経 けん 健、建、憲、栞、研、兼、剣、堅、絢、賢 げん 源、玄、幻、弦、現、還 こう 皇、康、煌、行、凰、厚、幸、耕、光、剛、廣、航、虹、浩、孔、興、恒、工、洸、宏、倖、皐、弘 こうき 聖 こころ 心 こと 琴、詞 こはく 琥 こん 混、紺、魂 ごう 豪、毅、郷 スポンサーリンク 「さ行」:オススメの一文字名前! 「さ行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 さかえ 栄 さく 朔、作、策 さだ 真 さつ 颯 さつき 皐 さと 聖、慧、理、郷、里 さとし 聡、覚、恵、悟、哲、智、暁、理、知、聖、慧、敏、敬、論 さとる 悟、覚、智、哲、暁、了、曉、聡、学 さね 実、真 さら 更、新 さわ 爽 しき 識、織 しげ 茂、重、隆 しげる 茂、慈、繁、栄、殖、秀、滋 しのぶ 忍、仁、毅、偲 しゅう 修、秋、秀、周、柊、宗、崇 しゅん 俊、旬、春、瞬、竣、舜、遵、隼、駿 しょう 翔、勝、匠、渉、壮、奨、彰、昇、正、聖、将 しん 伸、進、信、心、清、申、真、慎、新、晋、紳、臣、深、神、秦 じゅん 巡、旬、殉、淳、準、隼、准、順、潤、遵、純、絢、閏 じょう 城、忠、承、丞、条、譲 じん 仁、陣、尋、臣、甚、神 すい 粋、翠、彗、珀 すぐる 優、勝、卓、逸、英、俊 すすむ 勤、進、奨、延、侑、将、歩 すず 涼 すなお 素、直、忠、順 せい 惺、成、星、晴、清、盛、聖、靖 せつ 摂、雪、節 せん 千、仙、泉、扇 ぜん 漸、禅、善、前 そう 壮、蒼、颯、想、爽、奏、聡、相、創 そん 尊 スポンサーリンク 「た行」:オススメの一文字名前! 「た行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 たい 汰、泰、太 たか 孝、鷹、恭、貴、隆、尚、敬、学 たかし 隆、剛、孝、峻、敬、貴、崇 たから 宝 たき 滝、瀧 たく 巧、匠、拓、啄、琢 たくま 逞 たくみ 匠、工、巧 たけ 豪、岳、長、武 たけし 乾、武、威、豪、剛、大、猛、健、雄 たける 健、建、猛 たすく 亮、佑、匡、奨、輔、祐、資 ただし 且、正、律、真、格、義、直、忠 たつ 竜、龍、辰 たつき 樹 たまき 環 たもつ 保、将、存、有 だい 太、大、泰 ちか 悠、直、真、睦、周 ちから 力、能 つかさ 僚、司、寮、政、良 つき 月 つくる 作、造、創、繕 つぐる 告 つとむ 功、奨、勉、剣、勤、魁 つね 雅、恒 つばさ 翼、羽 つむぎ 紬、紡 つむぐ 紬、紡 つよし 剛、毅、健、堅、猛、強、豪 てつ 徹、哲、鋼 てる 照、陽、輝、昭、煌、暉、光 てん 展、典、殿、天 とう 桃、桐、勝、橙、燈、瞳、闘 とおる 亘、透、亮、亨、徹、泰、澄、貫 とき 刻、季、時、旬、説、常 とし 利、俊、慧、敏、駿 とも 和、智、寛、栄、灯、燈、義 ともし 灯、燈 「な行」:オススメの一文字名前! 「な行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 なお 尚、脩、由、直 なぎ 和、凪、渚 なぎさ 渚 なごみ 和 なつ 夏、捺 なり 也、哉、克、徳、成、晴 なる 徳、成、為、功 のぞみ 望 のぞむ 望、希、臨 のどか 和 のぶ 伸、喜、敦、延、信 のぼる 伸、徳、昇、暢、登、陽 のり 周、典、憲、法、紀、規、徳、則 「は行」:オススメの一文字名前! 「は行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 はかる 斗、図、計 はく 博、珀、舶、迫 はじめ 一、元、初、創、啓、壱、大、新、春、源 はす 蓮 はつ 初 はな 英、華 はや 颯、隼 はやお 駿 はやと 隼、颯 はる 啓、大、陽、悠、青、日、春、晴、東、温、脩、遙 はるか 遥、悠、遼 はれ 晴 ばん 伴、絆、晩 ひかり 光 ひかる 陽、光、輝、晃 ひこ 彦 ひさ 弥、悠、久 ひさし 久、永、仁、寿、尚、弥、栄 ひじり 聖 ひで 栄、英、秀 ひと 人、一、史、仁、寛 ひとし 一、仁、寿、等、恒、陸、斎 ひなた 陽 ひびき 響、韻 ひょう 豹、彪 ひろ 仁、寛、優、博、皓、啓、大、蒼、宙、展、廣、裕 ひろし 博、啓、大、宙、央、廣、拓、浩、祐、裕 ひろむ 博、宏、啓、拓、弘 ふく 福 ふさ 総、房 ふじ 藤 ふとし 太、大 ふみ 文、史、郁 ふゆ 那、冬 べに 紅 べん 勉 ほう 蓬、紡、邦 ほがら 朗 ほし 星 ほたる 蛍 ほとり 畔 ほまれ 玲、誉 ぼう 望 「ま行」:オススメの一文字名前! 「ま行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 まき 槙、槇 まこと 誠、信、実、慎、良、理、真、純 まさ 優、将、政、正、真、誠、雅、和 まさし 政、正、雅、昌、真、仁 まさる 優、勝、賢 まつり 祭 まどか 円 まなぶ 学 まもる 守、保、衛、護、鎮 まれ 希、稀 みお 澪 みかど 帝 みき 樹、幹 みこと 尊、命 みさお 貞、操 みず 瑞、泉 みち 道、理、路 みちる 充 みつ 光、充、実 みつぐ 貢 みつる 充、允、光 みどり 翠 みなと 湊、港 みなみ 南 みのる 実、登、稔、秋、穫、實 みや 宮 みやび 雅 むぎ 麦 むつみ 睦 めい 盟、明 めぐむ 恵、徳、仁 めぐる 廻、周、巡 もち 将、以 もと 基、源、智、元 もとい 基 もとき 幹、基 もとむ 求、要、志、需 「や行」:オススメの一文字名前! 「や行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 やす 安、保、泰、靖、康 やすき 穏 やすし 保、康、安、寿、易 やなぎ 柳 やまと 倭、和 ゆい 由、唯 ゆう 優、佑、夕、勇、友、有、祐、結、由 ゆかり 縁 ゆき 之、進、幸、志 ゆず 柚 ゆずる 譲 ゆたか 豊、大、優、富、温、泰、裕 ゆづる 弦 よう 陽、洋、要、葉、庸、楊、英、遥 よし 喜、佳、嘉、治、理、義、由、祥 より 頼、依、縁、和 「ら行」:オススメの一文字名前! 「ら行」の読みである、男の子のオススメの「漢字一文字」を紹介します。 らい 頼、来、雷 らく 楽、樂 らん 蘭、嵐 りき 力 りく 陸、睦 りつ 律 りゅう 竜、隆、柳 りょう 涼、寮、凌、綾、遼、領 りょく 緑 りん 綾、凛、臨、林、麟 るい 類、累 れい 零、麗、怜、礼、伶 れき 暦 れつ 烈 れん 蓮、怜、廉、憐 ろう 朗、郎、瀧 ろく 禄、陸 皆が思う「かっこいい名前」もアンケートしてみた! 「一文字の名前」の次は、「皆がカッコイイと思う名前」も見ておきましょう! 名付けにおける「良し悪し」は、主観によるところが多いですよね。 そのため「カッコイイ」と思って付けた名前が、 意図せず「キラキラ・DQN」ネームとして捉えられてしまうと最悪。 そこで、1000人を相手に「本当にカッコイイと思う名前」をアンケートしてみました。 「カッコイイ名前を付けたいけど、キラキラになるのが不安!」という方には、ぜひ参考にして頂ければと思います。 >> 「珍しいけどウケの良い名前」もアンケートしてみた! 「他人と被りにくい名前」も考慮に入れてみてはいかがでしょうか? 「珍しい名前」=「キラキラ・DQNネーム」ではなく、 「おかしくないけどあまり聞かない名前」もたくさんありますよ。 こちらもアンケートを取ってみましたので、あわせてご確認下さい! >> 「中性的な名前」も大人気! 男女ともに使える「中性的な名前」は、 「名前の印象」と「性別」にギャップがあるほどオシャレに感じやすいため人気があります。 こちらもアンケートを取っていますので、あわせてご確認下さい! >> 「出生届」の提出は遅れると罰金! 子どもが生まれ名前が決まったら、 「出生届」は14日以内に提出しなければならないと義務付けられています。 14日を越えた場合、 過料を課せられるほか「面倒くさい手続き」が増えてしまいますので、必ず事前に提出方法をチェックしておきましょう。 >> 名付けも大切!「安産祈願」も大切! 5ヶ月目にはほとんどの方が「安産祈願」に行きます。 中には「行かない人(行けない人)」もいらっしゃいますが、「戌の日」にこだわる必要はありませんので、体調が良い時に祈祷してもらいましょう。 さいごに! 男の子の 「漢字一文字」の名前を紹介しました。 上記以外にも、「誕生月」毎にオススメの名前もありますので、ぜひあわせて参考にしてみて下さい! 人気の関連ページ!•

次の

7月生まれの名前450選!男の子・女の子別に徹底調査!

赤ちゃん 名前 男の子 一文字

日本の月にはそれぞれ異名が存在します。 旧暦の呼び方以外にも、いにしえの日本人は季節を大切にしていたようですね。 7月の異名の中で、名付けにぴったりなイメージの漢字を持つものから、男の子向けの名前をピックアップします。 あまり知られていない7月の由来となっている漢字を使うことで、個性が生まれるでしょう。 古風な異名と、今風の響きがミックスされた名前はオリジナリティがあって素敵です。 ・7月の異名「建申月」より 建(けん・たける)、建申(けんしん・たけしげ・たけのぶ)、建月(たつき)、申月(のぶき) ・7月の異名「親月」より 月親(つきちか) ・7月の異名「桐月」より 一桐(かずひさ)、桐生・桐央(きりお)、桐馬(とうま) ・7月の異名「文月」より 文人(あきと)、文登・文音(あやと)、文哉(ともや) ・7月の異名「愛逢月」より 愛月(あいき)、逢生(あお)、逢煌(あきら) ・7月の異名「蘭月」より 蘭(らん)、亜蘭(あらん)、蘭月(かづき)、玖蘭(くらん) ・7月の異名「涼月」より 涼介(りょうすけ)、涼斗(すずと) 同じ異名が由来でも、女の子の赤ちゃん向けの名前として考えてみると、男の子とは全く違うイメージの名付けをすることができます。 女の子の名前ですから、7月らしさと可憐さを持ち合わせた漢字を使うものも考えてみました。 ・7月の異名「七夜月」より 七夜(ななよ・しちよ) ・7月の異名「親月」より 親乃(ちかの)、優親(ゆみ) ・7月の異名「桐月」より 桐羽(きりは)、沙桐(さきり)、桐歌・桐佳(きりか) ・7月の異名「文月」より 文(あや)、文香(あやか)、文名(あやな)、景文(けいと) ・7月の異名「愛逢月」より 逢生(あい・あおい)、逢李(あいり)、逢姫(あき)、逢恋(あこ) ・7月の異名「蘭月」より 蘭(らん)、蘭澄(かすみ)、蘭帆(かほ)、花蘭(からん) ・7月の異名「涼月」より 涼々(すず)、凉華・涼叶(すずか)、涼(りょう) ・七夕の天の川を挟む、わし座のアルタイルより 夏彦(なつひこ)、彦星(ひこぼし)、照彦・光彦(てるひこ) ・七夕の天の川より 天斗・天翔(あまと)、天彦(あまひこ)、和天(かずたか)、天空(かなた)、天志(たかし) ・七夕の別名「星合い」より 星輝(しょうき・せいき)、星真(しょうま)、星慈(せいじ)、星成(せな) ・「七夕」より 輝夕(きせき)、夕絃(ゆいと)、夕侑(ゆう)、夕泰(ゆうだい)、夕敬(ゆたか) ・七夕の「竹」より 音竹(おとたけ)、竹生(たかお・たけお)、竹史(たけし)、竹瑠(たける) 七夕らしい文字がたくさんありますね。 中でも「天」や「星」などの漢字は、見えなくても常に輝いているというイメージもありますので、赤ちゃんの名前にはぴったりだと思います。 ・天の川を挟む、こと座のベガより 織姫(おりひめ)、愛織衣(あおい)、生織(いおり)、姫月(きづき)、姫叶(ひなの) ・天の川より 天月(あづき)、天希(あまき)、天望・天音(あまね)、天羅(そら)、美天(みそら) ・七夕の別名「星合い」より 星(あかり)、綺星(あやせ)、星来(せいら)、星凛(せり) ・「七夕」より 亜夕・愛夕(あゆ)、紗夕里(さゆり)、眞夕・舞夕(まゆ)、夕空(ゆあ)、夕姫乃(ゆきの) ・七夕の「笹・願」より 笹(ささ)、愛願(あいね)、心願(ここね) 「竹」だと男の子の名前らしくなってしまうので、女の子の名前では「笹」と「願」という漢字を使ってみました。 愛のある子、心の優しい子に育って欲しいという願いを込めるのもいいですね! 「渚」意味:波打ちぎわ ・渚斗(おと) ・渚玖(さく) ・渚生(しょう) ・玲渚(れお) 「汐」意味:夕方の海水が満ち引きする現象 ・汐(うしお) ・汐郁(きよふみ) ・汐穏、汐音(しおん) 「湊」意味:船が安全に停泊する場所 ・湊輝(あつき) ・湊、湊生(そう) ・湊雅(そうが) 「緑」意味:草木の葉のような色 ・一緑(いちろく) ・克緑(かつのり) ・緑彦(のりひこ) ・弥緑(みろく) ・緑眞(りょくまさ) 「光」意味:輝いてあたりを明るくする ・勝光(かつみつ) ・希光(きこう) ・光煌(きら) ・光輝、光基(こうき) 「航」意味:船で海をわたる ・航士(かずと) ・航永(こうえい) ・洋航(ようこう) 「渚」意味:波打ちぎわ ・笑渚(えな) ・夏渚子(かなこ) ・柑渚(かんな) ・唯渚(ゆいな) 「汐」意味:夕方の海水が満ち引きする現象 ・一汐(いつき) ・汐花(ゆうか) ・汐奈、汐菜(ゆうな) ・汐夢(しゆ) 「湊」意味:船が安全に停泊する場所 ・湊都(みさと) ・水湊(みなと) ・湊沙(みさ) 「緑」意味:草木の葉のような色 ・心緑(ここみ) ・緑彩(つかさ) ・萌緑(もえみ) ・緑羽(りょう) ・緑葉(ろくは) 「光」意味:輝いてあたりを明るくする ・彩光(あかね) ・亜光、光莉(あかり) ・光寿(ありす) ・生光(いくみ) ・光珠(こうじゅ) 「帆」意味:風を受けて船を進ませるもの ・帆香(ほのか) ・真帆(まほ) ・璃帆(りほ) 夏の大自然、と聞いてイメージできる漢字を名前に取り入れてみましょう。 漢字だけを見れば古風でも、組み合わせや読み方次第で今風のカッコいい名前になりますよ。 「麻」を使った名前 ・麻樹(あさぎ) ・麻孝(あさたか) ・斗麻、桐麻、灯麻(とうま) ・優麻(ゆうま) 「蛍」を使った名前 ・蛍一(けいいち) ・蛍悟(けいご) ・蛍介(けいすけ) ・蛍都、蛍翔(けいと) 「波」を使った名前 ・夏波多(かなた) ・銀波(ぎんば) ・煌波(こうは) ・翔波(しょうは) 「茂」を使った名前 ・存茂(ありしげ) ・和茂(かずしげ) ・茂豊(しげとよ) ・尚茂(なおしげ) ・躍茂(やくも) 「藍」を使った名前 ・藍河(あいが) ・藍芯(あいしん) ・藍彦(あいひこ) ・藍武(あいむ) ・宵藍(しょうらん) 清々しさとクールなイメージの相まった名前がたくさんありますね。 次は、女の子の赤ちゃんにふさわしい、夏の大自然からイメージされる名前を見てみましょう。 こちらも、使う漢字は古風ですが、名乗りならではの読み方を使いながら考えてみました。 「麻」を使った名前 ・亜麻(あお) ・麻紀(あき) ・麻咲、麻沙(あさ) ・志麻(しま) ・麻衣、麻愛(まい) 「蛍」を使った名前 ・蛍莉(あかり) ・輝蛍(きほ) ・蛍香(けいか) ・蛍(ほたる) 「波」を使った名前 ・蒼波(あおば) ・愛波(あみ) ・伊呂波(いろは) ・乙波(おとは) 「椰」を使った名前 ・彩椰(あや) ・佳椰(かや) ・沙椰、咲椰(さや) ・舞椰、茉椰(まや) 「藍」を使った名前 ・藍空(あいく) ・早藍(さらん) ・翠藍(すいらん) ・藍花(らんか) 女の子の赤ちゃん向けの名前では、椰子の木の「椰」という漢字を使ってみました。 夏らしく爽やかな読みの名前が考えられますますね。 日本の美しい「大和言葉」や「季語」から、夏に関するものを見てみると、名前にぴったりのものがあります。 古風とは、決して「古臭い」というわけではありません。 古風とは、いにしえから伝わる素敵な言葉をベースにしているのです。 ・朝凪(あさなぎ) 夏の朝方、陸風と海風が交代する時に、無風状態になること。 ・涼風(すずかぜ) 真夏に吹く爽やかな風のこと。 ・薫風(くんぷう) 若葉の香りをただよわせて吹く、初夏の風のこと。 ・日輪(にちりん) 太陽のこと。 日輪草はひまわりのこと。 ・万緑(ばんりょく) 夏の盛りの草木が、最も緑を濃くしている様子のこと。 次は「〜太郎」で終わる昔ながらの名前を見てみましょう。 ・凛太郎(りんたろう) ・清太郎(せいたろう) ・蒼太郎(そうたろう) ・蛍太郎(けいたろう) ・廉太郎(れんたろう) 女の子向けの古風な名前も、大和言葉や季語から拝借できます。 ・立夏(りっか) 暦の上で夏になる日。 立夏は7月ではありませんが、現代の夏の始まりは7月とも言えます。 ・一葉(ひとは) 7月は暦の上では秋です。 「一葉落つ」という言葉が、秋の象徴である桐の落ち葉を表すとして和歌で使われました。 ・清夏(せいか) 空の晴れわたった夏の日のこと。 ・夏野(なつの) 夏の、草の生い茂った野原のこと。 ・花笑(はなえみ) 百合の花が開くときの高貴な様子のこと。 次は「〜子」で終わる昔ながらの名前を見てみましょう。 「子」で終わる名前がダサいと言われた時代もありましたが、そんなことはありません。 古風な名前は誰からも愛されます。 ・凪子(なぎこ) ・緑子(みどりこ) ・百合子(ゆりこ) ・葉子(ようこ) ・蘭子(らんこ).

次の

漢字一文字の男の子の名前(かっこいい名前、和風の名前)

赤ちゃん 名前 男の子 一文字

縁起の良い漢字の要素とは? 縁起のいい漢字を赤ちゃんの名前に使いたいと考え、名付けをする方は多いです。 しかし何を持って縁起のいい漢字と言えるでしょうか。 この章では漢字の字源、響き、画数の3つの要素から縁起のいい漢字について考察していきます。 字源から見た要素 漢字は象形文字が変化してできたものです。 つまり象形文字の成り立ちを知ることによって、同時にその漢字が縁起のいい漢字かどうかわかります。 縁起が良いとされている漢字には「ネ(しめすへん)」が含まれている福があります。 「ネ(しめすへん)」の象形由来は「神の祭壇」です。 福の右側は品物が沢山入っている蔵の形を表しています。 このことから福の象形文字の意味は「神からの恵みが豊かなこと」ということがわかります。 このように 漢字の字源、象形文字の成り立ちを理解することで縁起のいい漢字かどうかがわかります。 響きから見た要素 名前は 呼ばれることの方が多いため、名前の響きがとても重要です。 名前の漢字が縁起のいい漢字でも、名前の響きがイマイチだと縁起のいい名前とは言えません。 一時期名前の響きから漢字を宛てる名付けが流行りました。 しかしこれだと名前を呼び間違えられることが多く、不快な思いをしたお子さんもいました。 そのため最近では、 名前の漢字を決めてから響きを決めていくといった方法で名付けをする方が増えてきています。 当て字で縁起のいい漢字を使うのではなく、縁起がいい漢字から読める良い響きの名が縁起のいい名前と言えるでしょう。 画数から見た要素 昔から画数を気にする方は多いです。 ネットの普及に伴って、 画数による姓名判断も簡単にできるようになりました。 姓名判断は名前の合計画数から地格、名字の最後の漢字と名前の最初の漢字の合計画数から人格、名字の最初の漢字と名前の最初の漢字以外の漢字の合計画数から外格、名字と名前の全体合計画数から総格を 診断することができます。 この診断結果がよかった場合「縁起のいい名前」と言えるでしょう。 名付けに悩んだ時、画数による姓名判断はおすすめです。 一般的に良いとされている縁起のいい漢字 一般的に縁起がいいとされている漢字を 10選ご紹介します。 名前に使うのが難しい漢字もありますが、ぜひご参考ください。 結婚などの 祝いの言葉に使われます。 また長寿など命が長いことも意味します。 お祝いごとや長生きに関わることから「寿」は縁起のいい漢字とされています。 他にも神仏への供え物のお下がりや豊かなことといった意味があります。 どの意味も良い意味のため、福は縁起のいい漢字と言えます。 また「縁起が良いこと」といった意味もあり、縁起のいい漢字と言えます。 慶は目下の方に向けた年賀状の賀詞にも使え、とてもおめでたい漢字と言えます。 賀は「祝賀」「賀正」など めでたさを表すときに使います。 賀の意味は「喜びの言葉を述べて祝う」で、お祝いの場にふさわしく、縁起のいい漢字と言えるでしょう。 また鶴は夫婦仲が良く、一生を添い遂げるため夫婦仲の象徴ともされています。 日本では長寿の願いを込めて折り紙で折り鶴にする文化が室町時代から伝わっており、古くから長寿の象徴とされている鶴は縁起のいい漢字と言えるでしょう。 亀は硬い甲羅を持つことから、ギリシャやインドなどでは「世界を支えている生き物」という伝説があり、不動の象徴とされています。 日本で亀は 鶴と共に長寿を象徴する生き物で、縁起のいい漢字とされています。 禄は身分や給仕の給料を表す漢字ですが、それらによって「神の恵みによる幸運」という意味が追加されました。 また幸せをもたらす神様たち七福神の中に 福禄寿という神様がいます。 名の通り幸福と禄と長寿を与えてくれる神様です。 福禄寿の禄は金銭に恵まれることを意味します。 禄は七福神の神様にも使われている漢字のため縁起のいい漢字と言えます。 選ばれた人にだけ与えられるため「しるし」とも言われていました。 これらのことから現代では、瑞は めでたいしるしという意味になり、縁起がいい漢字とされています。 また 運がいいといった意味もあり縁起がいい漢字とされています。 幸は「海の幸、山の幸」という言葉に使われ自然界からの収穫物が多いことを意味します。 私たちは自然界に恵まれることによって幸福を得ることができます。 神の意に耳を傾けよく聞くことが出来る人のことをから「聖」という漢字が成り立ちました。 聖は神に近い存在という観点から、縁起のいい漢字と言えます。 縁起のいい漢字一文字の名前【男の子編】 男の子には 男らしい意味を持つ漢字や響きの名前が人気です。 この章では男の子らしい縁起のいい漢字一文字とその漢字の響きを7つご紹介します。 ぜひご参考ください。 「大」という字は左右対称の漢字で、「まさる」や「ひろと」の響きも男の子にぴったりです。 大には「まさる」や「ひろと」という読みは存在しませんが、人名として「まさる」や「ひろと」は知れ渡っています。 大の名には「大きくて広い心を持った人になって欲しい」「地位や人格の立派な人間になって欲しい」といった願いが込められています。 「天真爛漫な子に育ってほしい」「正しいことを正しいと追求できる子になって欲しい」といった願いを込めて名付けをする方が多いです。 「まこと」という響きも男らしくかっこいいです。 また将来といった「未来の時代への先駆者」というイメージの熟語にも使われています。 将の名には「リーダーシップのある頼れる存在の子になって欲しい」「困っている人を助ける男の子になって欲しい」といった願いが込められています。 立派な木とは地にしっかりと根を張り、倒れることのないたくましい木のことを指します。 樹の名には「立派な子に成長して欲しい」「意志の強い人になった欲しい」といった願いが込められています。 修は 背中に水を流して心身を清めている人の姿から字が成り立っており、象形文字の成り立ちも良い漢字とされています。 修の名には「物事を正せる優れた子になって欲しい」「向上心のある子に育ってほしい」といった願いが込められています。 章の字は 左右対称になっており、縁起のいい漢字とされています。 章という安定感のある字と「あきら」の響きは男の子にぴったりの名前です。 章には規則の正しさや存在感といった印象があり、「自分の意思を持った人になって欲しい」といった願いが名に込められることが多いです。 最初は「しっかりとまっすぐ立てる人」という意味でしたが、時代とともに 体が丈夫な人という意味に変わりました。 「けん」や「たける」という響きも男の子にぴったりで格好いい名前です。 「元気でたくましい子になって欲しい」といった願いを込めて健と名付けをする方が多いです。 縁起のいい漢字一文字の名前【女の子編】 女の子の名にふさわしい縁起のいい漢字一文字には「美しい」や「可愛い」といった意味のある漢字や響きが可愛いものが多いです。 では女の子らしい縁起のいい漢字一文字とその漢字に合う可愛い響きを7つご紹介します。 唯一には「ただ一つ」といった意味があり、親にとって 子がとても大切な存在であることを表しています。 また「ゆい」という響きも可愛く女の子らしい名前です。 唯の名には「周りの人達から愛される存在になって欲しい」という願いが込められています。 また華は 左右対称の漢字で縁起が良いです。 華の名には「華やかな人生を送って欲しい」「内面も素敵な女性になって欲しい」という願いが込められています。 望の名には「希望がいっぱいある人生を送って欲しい」「周りを冷静に見渡せる人になって欲しい」といった願いが込められています。 彩の名には「品のある女性になって欲しい」「芸術性の豊かな子になって欲しい」といった願いが込められています。 「ゆう」という響きも可愛く、女の子らしい名前です。 優の名には「優しい人になって欲しい」という願いが込められています。 意味の「いつくしむ」と「れい」という響きは女の子にぴったりの名前です。 クールで知的な印象のある「怜」ですが、「いつくしむ」の意味から優しさも感じ取れます。 怜の名には「誠実な子になって欲しい」「人助けができる優しい子になって欲しい」といった願いが込められています。 呼び名も「あん」でとても可愛い響きです。 杏は春になると白やピンクの可愛らしい花を咲かせます。 また果実には薬膳の効果があります。 「誰からも愛される人になって欲しい」「人の役に立つ人になって欲しい」と願いを込めて杏と名付けをする方が多いです。 赤ちゃんの名付けをするときのポイント 赤ちゃんに名付けするときの ポイントを3つご紹介します。 願いを込める• 苗字とのバランス• 呼びやすい ではこれらについて詳しく説明していきます。 また子ども自身も自分の 名前の由来に興味を持ちます。 名付けで最も大切なのは「どのような子になって欲しいか」という 願いです。 子どもが自分の名前の由来に興味を持つときは、親の愛情を再確認したい時期でもあります。 また願いを込めて名付けをすることで、親自身も名付けをした時の気持ちを思い出せます。 名付けするときは 願いを込めて名付けしましょう。 氏名の一般的な総格数は 20~30画数です。 41画数以上だと全体的に重たい印象になります。 テストなど氏名を記載するときも大変です。 逆に20画数以下だとあっさりとした印象でこちらもあまり良くはありません。 氏名総格数の理想は 20~40です。 理想の総格数内であればバランスが良く、縁起のいい名前になります。 また苗字に カ行、サ行、タ行、ハ行が多い場合、名前に同音があると聞き取りにくくなります。 名付けの候補ができたら苗字と一緒に呼んでみて、呼びにくかったり、聞き取りにくくないか チェックするようにしましょう。 赤ちゃんの名前に使ってはいけない縁起の悪い漢字 赤ちゃんの名にはふさわしくない縁起の悪い漢字が存在します。 今回は赤ちゃんの名前に使ってしまいがちな、縁起が悪いとされている漢字を5つご紹介します。 死を関連させることから「久」は縁起が悪いとされています。 また 病気や障害の暗示があるとも言われています。 できるだけ赤ちゃんの名前には使わないようにしましょう。 「信」は次の世で花を咲かせようという思いを表現している漢字です。 この世を生きていく赤ちゃんには不向きとされています。 「ヒ」が小刀を表し、「県」はぶらさげられた生首のことを表しています。 死体が連想されるため「眞」は縁起の悪い漢字とされています。 眞が候補になっている場合は「真」の方に変えれないか検討してみましょう。 「さんずい」が付く漢字にはいい水を表すものと悪い水を表すものに分かれます。 波は「水が乱れている、紆余曲折で水の動きが定まらない」とされており、悪い水の方に分類されます。 悪い水に分類される漢字には「運気が下がる、水難に合う恐れがある」との意味伝えがあります。 悪い水に分類される漢字は名前には使わないようにしましょう。 昔の意味を知る人からは縁起が悪いとされています。 また 法律や掟を示す漢字となっているため、あまり名付けにはふさわしくありません。

次の