二 十 四 時間 マラソン ランナー。 日本のエリートランナー向け三大マラソン大会

『24時間テレビ』今年は4人で駅伝 ランナーはいとうあさこ&ガンバレよしこ、残り2人は今後発表

二 十 四 時間 マラソン ランナー

著者はPR2:22の元マラソンランナーでもある、ジェフ・ゴーデットさんというコーチ。 最新の研究成果も含めたテクニカルな記事をたくさん書いている常連ライターさんでもあります。 (photo: 11 from Remy's World, Runner's World) マラソン大会後のダメージからの回復 筋肉 研究()によると、筋肉が元の筋力と持久力を完全に取り戻すには、マラソン後14日ほどかかる。 細胞 マラソンにより細胞が傷つき、血中のクレアチニンキナーゼ()と、しばしば血尿にもつながるミオグロビン()が上昇。 それぞれ元の水準に戻るには7日と、3~4日かかる。 その他のダメージも考えると、細胞レベルではマラソン後の完全回復には最低7~10日の休養が必要。 免疫系 マラソン後は免疫力が大幅に落ち、風邪にかかりやすくなる。 研究()によると、免疫力が回復するまで2~3日かかるので、オーバートレーニング症候群にならないよう、栄養に気をつけてできるだけ休養するのが大切。 その間はクロストレーニングもしないほうがいい。 一応、次のレースまでの間隔は6週間ほど開けたほうが無難だそうです。 (同じ著者による、3週間でフル2本が入った場合の練習プランがにありました) 上の「休養」(rest)というのは、ランニングなどの運動をしないという意味だと思います。 なので普通の生活(学校・仕事)はOK。 ただ、人によっては脚が筋肉痛だらけで、翌日は歩くのが辛いと思います。 私の初マラソンの時がそうでした。 良く聞く「内臓疲労」については詳細をいろいろ探したんですが、科学的な記事は見当たらず…。 効率良く回復するために 同じ記事に回復プランが載っていたのでご紹介します。 当日 走った直後はバナナ、エナジーバー、スポーツドリンク、フルーツ、ベーグルなどを食べ、グリコーゲン再補充を。 ホテルについたら、水+氷風呂に15分脚をつけてアイシングを。 水の温度は18度以下。 最適なのは約13度。 その後は昼寝をしたり、外を歩いてリラックスすること。 1~3日後 ランニング/クロストレーニングはなし。 お湯に10~15分浸かり、その後ストレッチ。 フルーツ、炭水化物、タンパク質をたくさん摂ること。 マッサージするなら軽いもの(エフルラージュ、ローラーコロコロ系)のみ。 4~7日後 ランニングは3~6kmをとてもゆっくり。 クロストレーニングは2 x 30~40分ほどしても良い。 目的はトレーニングではなく、脚への血流を増やすことなので 無理しないように。 もし気になる箇所があるなら強めのマッサージを受けても良い。 回復を速めるには、暖かい風呂と水風呂に5分ごとに入ることを2~3回繰り返し、水風呂で終える。 エプソン塩の入浴剤もおすすめ。 7~14日後 ランニングは6~10kmのとてもゆっくりなものを3~4回。 30~45分のクロストレーニングも3回ほど行っても良い(1 x 低負荷、2 x 中負荷)。 14~21日後 元のトレーニングに徐々に戻していく。 おすすめは4~5回の6~12kmランに流しを入れる。 40~50分のクロストレーニングも行う(1 x 低負荷、1 x 中負荷、1 x 高負荷)。 上にもある通り、レース1~3日後は、傷んだ筋肉の修復に プロテイン(+炭水化物)を。 右の商品はリカバリー用プロテインとありますが、実はタンパク質の絶対量が一番重要なので、どの製品でも対して回復効果は変わらないはず。 他製品より糖質が多めとありますが、糖質ぐらいパンでもごはんでも、食事からいくらでも摂れます。 ちなみにレース/練習「直後」のプロテイン摂取も回復に効果があることが研究でわかっています。 参考リンク:じてトレ - また、年を取るほど、回復に必要なプロテインの量は増えることが研究により示唆されているので、ご年配の方は多めにどうぞ。 Thompson LV. 2002. Skeletal muscle adaptations with age in activity and therapeutic exercise. J Orthop Sports Phys Ther, 32 2 :44-57. Dorrens J, Rennie MJ. 2003. Effects of ageing and human whole body and muscle protein turnover. Scand J Med Sci Sports, 13 1 :26-33. 吸収時間はプロテインの種類によっては、ホエイよりソイのほうが長いなどあるので、どれかベストとかあるんでしょうか。 ちょっと探しても説得力のある記事が見つからなかったので、見つかったら追記します。 コンプレッションウェアについては研究がいくつかされており、メーカーの主張するようなランニング中のパフォーマンス向上効果や痙攣防止効果は見られなかったとする研究論文がある中、 回復促進効果は唯一認められているとのこと。 コンプレッションウェアを着用すると足がリフレッシュするというのは、アスリートや空の旅をする人の間で知られた「逸話」ですが、これを裏付ける研究がいくつかあります。 英エクセター大学の研究によれば、筋肉痛が起きるようなエキササイズをした後、24時間コンプレッションウェアを着用した被験者には筋トレ効果の向上と痛みの軽減が見られたそうです。 参考リンク:国民生活センター - プロのアスリートは、ダイナミック・コンプレッション・ブーツというものを試している人もいるようです。 安いので20万円ぐらいするみたいですが…。 Jacobs氏が発明した、ポンプで空気を送ってダイナミックに空圧を変えるブーツ型(?)の回復装置。 写真はのラップ選手が試しているところ。 筋肉痛のほうは、レース翌日は歩くのも大変で、階段は手すりを使いながらなんとか昇り降り。。。 問題は左足のアーチ付近の痛み。 足底筋膜炎ではなさそうですが、気になるのでレース以降の練習はまだエアロバイクとランが1回ずつのみ。 ) あと、右足の人差指が黒爪(爪下血腫)になってしまいました…。 今まで4000キロぐらい走ってきてはじめてです。 ショップで右足のほうがちょっと大きいと言われたんですが、それで捨て寸小さめ(5mmくらい?)のシューズにしたせいですかね。 まあ痛くもなんともないんでいいですけど。

次の

めざせ!フルマラソン完走!ビギナーのためのおすすめトレーニング|大阪マラソン ビギナーズ インフォメーション|大阪マラソン2012

二 十 四 時間 マラソン ランナー

(1)3週間前 大会3週間までは週2~4日のペースで走ります。 レース3週間前にはハーフ(21km)~30km程度の距離を1回試走(気持ち良いペースで)するといいでしょう。 筋肉痛が残るので、3日間はストレッチ、ウォーキングで十分。 身体のリカバリーに努めましょう。 筋力トレーニングやサーキットトレーニングはこれまで通り行いますが、大会10~14日前になったらストップしましょう。 (2)2週間前 2週間前までは普段通り、持続走中心のトレーニングでOKです。 2週間前には、自身が目標とするマラソンペースで10~12km走ってみましょう。 大会まで2週間をきったら徐々にトレーニング量を減らしていきます。 目安はそれまでのトレーニング時間の70~80%です。 (3)1週間前 走る頻度は週2~3日、走る時間は通常の50~70%にして疲労回復に努めましょう。 大会の前日は完全休養がベターです。 (1)筋力強化 マラソンを完走できない原因の大半は筋力不足(筋肉痛)です。 (2)90分ジョグ これまでジョグの持続時間が最大60分の人は2週間に1回、75~90分ジョグに挑戦しましょう。 余裕のある人は、90分ジョグ+15分休憩+15分ラン(ジョグより幾分速いペースでの走り)を公園や河川敷などで行いましょう。 上記のトレーニングを行ってもまだ余力があれば、先月紹介したミニLSDも週末に1回行うといいでしょう。 (3)ミニマラソン・ハーフマラソン大会に参加 トレーニングの成果を確認するため、9月後半~10月初旬に開催される10kmないしハーフマラソンの大会に参加しましょう。 その結果(タイム)でフルマラソンを走るペースの予測が可能になります。 また、大会の雰囲気に触れ、走るペースや身体へのストレスレベルを知ることはマラソン本番に必ず役立ちます。 60分ウォーキング+30分ジョグ 2. 30〜45分ジョグ+60分ウォーク、休憩30〜60分(軽食)、30分ウォーク+30分ジョグ 3. 初心者は時間を増やさない方がベター。 筋トレはミニLSDの前にストレッチ後に行う。 脂肪燃焼効果が期待できるし、トレーニング後は汗がべとついてやりにくいし、疲労感もあるので。

次の

24時間テレビ2019マラソンランナーは誰で発表はいつ?コースも予想!

二 十 四 時間 マラソン ランナー

様々なマラソンレースを完走するためには、より速く走り切るにはどんな練習・トレーニングをすればいいのか? そんな疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 日頃ランニングをしている人や、これからランニングに取り組みたいと思っている人でも目標は様々。 10kmマラソンとハーフマラソンの練習・トレーニング法の違いは何か? ハーフマラソンとフルマラソンの練習・トレーニング法は何か違うのか? もっというと、フルマラソンとウルトラマラソンの違いは・・・? 「マラソン」と一言で言っても、上記のように様々なジャンルがありますし、レベル間も様々です。 ですが、練習やトレーニング法の「考え方」そのものは体系化されつつあります。 あとは、どんなトレーニングをどう組み合わせるか?どんなトレーニングを取り入れて、どんなトレーニングを取り入れないのか?というアレンジをしていくだけです。 もちろん、練習に費やす時間・距離・ペース等は、個々のレベルによって変わってきますし、例えばフルマラソンとハーフマラソンでは練習に費やす時間・距離・ペース等は異なります。 特にフルマラソンの場合はハーフマラソンよりも距離対策が必要になってきます。 ウルトラマラソンであれば、尚更です。 ですが、練習やトレーニングの「考え方」は同じ。 何となく各トレーニングを組み合わせても意味はありません。 詳細は後述します。 厳密に言うと、色々な練習方法、そして概念があります。 一般的にも活用しやすいものは、分類したほうが分かりやすいでしょう。 もちろん、走る距離は変わってきますが、練習方法はハーフマラソンだろうが、フルマラソンだろうが、ウルトラマラソンだろうが同じです。 マラソンのトレーニングや練習に関する原理・原則はの中で詳しく解説をしています。 では原理原則を踏まえて、具体的なマラソンに関する練習・トレーニング方法について、ご紹介していきます。 Contents• LSD(Long Slow Distance) この練習方法は文字通り、長くゆっくりと走る練習方法です。 分かりやすい基準を設けるなら、会話をしながらでもでも走れるペースでランニングをしていきます。 何分からがLSDで、何分以下はLSDではいなどの明確な定義はありません。 ジャックダニエルズの定義では、最大心拍数の65〜78%程度の運動強度、他の文献を当たっても最大心拍数の65〜80%の範囲内で記述されているものが多く見受けられます。 陸上競技で言う「ジョグ」や「ジョギング」を含めて考えると、練習に最も多くの時間を費やすのがこのトレーニングです。 LSDはイメージとしては、いわゆるジョギングだと思ってもらって大丈夫です。 まずは走るための基礎を作っていかなければなりません。 LSDはランニングの基礎を作ると共に、心筋(心臓の筋肉)を鍛えるのに効果的だと言われています。 また、LSDは毛細血管を増やすのに有効なため、活動する筋肉に多くの酸素を運ぶことが可能になるわけです。 効率的に脂肪を使い、ランニングパフォーマンスを高める方法にも注目が集まっています。 参考記事: 関連記事: 距離走 次に距離走です。 長い距離を走るようなトレーニングだと考えて下さい。 距離走に関しては明確な線引が難しいところですが、上記のLSDも距離走と言われればそうですし、次のペース走も長い距離を走る場合には距離走に分類されます。 分かりやすいところで言うと、フルマラソンのレースに出る前に実施する30㎞走やウルトラマラソンに参加する前に実施する50㎞走、60㎞走などのことです。 距離走で大事なのは、「目的」を明確にすることです(もちろん、他のトレーニングにも言えることですが)。 長い距離を走る場合にも、一定のペースを意識して走るのか?とにかく長い時間をかけてゆっくり走るのか?実際のレースペースを確認するために走るのか?によって内容も変わってきます。 共通して言えるのは、「脚を作る」ということでしょうか。 ペース走 次にペース走です。 この練習法は決められた距離を決められたペースで走っていきます。 LSDがしっかりできるようになったら、ぜひトライしてみてください。 しっかりとレースを走り切りたいという人におすすめです。 400mのトラックや1kmの周回コースなどがあればペースが刻みやすいので、近くにそういったコースがないか探してみましょう。 自分で走りやすいコースを作ってみるのもいいでしょう。 仮にここでは400mのトラックで10kmを走ることを想定します。 その時に1周を96秒で刻む(そうすると、1km4分ペースです)と10kmを40分で走れることになります。 1kmを〇〇分、もしくは1周〇〇秒という一定のペースで走る練習方法です。 これをやると、何が良いのかと言うと、持久力がつくのはもちろんですが、「ペース感覚」が身に付きます。 「このペースなら1kmをこれくらいで走れそうだな!」というのが感覚的に分かるようになります。 特にマラソンレースのスタート時は、ペースが速くなりがちです。 ついつい周りにつられて走っていたら、最初の1kmがとんでもなく速いペースで入ってしまった・・・なんてことも考えられます。 そういった自体を避けるために、普段からペース感覚を養っておくことは大切です。 特にレースに向けた準備(トレーニング)を行っていく場合、レースペースを想定したトレーニングの比重は大きくなってきます。 心拍トレーニング 以外に実施されていないのが心拍トレーニングです。 心拍トレーニングと一言で言っても、様々な目的で様々なトレーニングの形がありますが。 、大事なのは 「ランニング中の心拍数を計測・管理する」ということです。 あるGPSウォッチのメーカーの方に話を伺った所、ロードランナーの約7割はランニング中に心拍数を計測していないということを仰っていました。 では、なぜ心拍数を計測しないといけないのでしょうか? 多くのランナーはランニング中の「ペース」を把握しています。 フルマラソンでサブ4を達成するには、1㎞を何分ペースで走らないといけないのか?ということもよく理解しています。 ですが、ペースは理解できていても 「運動強度」は理解できていません。 仮に、ある市民ランナーがフルマラソンでサブ4を達成するという目標を設定したとします。 そのために、継続して5分30秒/㎞ペースで走り続ける必要があるとします。 5分30秒/㎞は絶対的な数値として分かりやすい指標です。 ですが、5分30秒/㎞で走る時の運動強度は人それぞれ違うわけです。 例えば、トップアスリートの5分30秒/㎞ペースはジョギングかもしれませんが、普段7分30秒/㎞でしか走れないランナーには全力疾走に近い数字かもしれません。 運動強度が把握できていないと、ペースを上げるために無駄なトレーニングを積むことになってしまう!そんなリスクもあります。 マラソンの練習やトレーニングは目標を達成するために1つの手段です。 練習やトレーニングを最適化するために、ぜひ心拍トレーニングを実施しましょう。 運動強度は心拍数で把握することができ、GPSウォッチを活用することで計測することが可能ですので、ぜひ活用していきましょう。 心拍トレーニングに関しては の中でも紹介していますので、参考にしてみて下さい。 パワートレーニング パワートレーニングというと、筋トレのようなものを想起させてしまうかもしれません。 ですが、海外では既に、ランニング中のパワーを計測しながらパフォーマンスを向上させる方法論が体系化されています。 日本ではまだ馴染みのないトレーニングですが、今のうちにチェックしておきましょう。 ランニング中のパワーを計測するには、パワーメーターが必要になります。 参考記事: ランニング中のパワーを計測することのメリットは沢山ありますが、中でもランナーのパフォーマンス向上、ランニングエコノミーの改善に役立ちます。 さらに、パワーを計測しながら行う練習やトレーニングで得られたデータを、容易に分析することができます。 より科学的な練習やトレーニングを積みたいランナーに必須のトレーニングと言えるでしょう。 ランニングのパワートレーニングについては、の中で解説しています。 前述の心拍トレーニングと合わせて実施することで、さらにトレーニングの効果を高めてくれます。 詳細はを参考にしてみてください。 低酸素トレーニング 低酸素トレーニングは特定の施設で行うトレーニング方法ですが、ここ数年で市民ランナーにも一般的になりつつあるトレーニング方法です。 特に、都内ではいくつかの低酸素トレーニングジムも増えてきました。 日本の菅平やアメリカのボルダーなどで行う「高地トレーニング」も同様の効果を狙ったもの。 低酸素トレーニングと高地トレーニングの違いは、室内を低酸素環境下で行うか、実際の高地で行うかの違いがあります。 ですが、高地トレーニングでは空気中の酸素が薄くなると同時に、気圧が下がることで身体にかかる負担も大きくなるわけです。 一方、低酸素トレーニングは高地トレーニングに比べ気圧の変化がないので、高地環境よりも安全かつ効率的ににトレーニングを行うことができます。 低酸素トレーニングに関する詳細はの中で紹介をしていますので、参考にしてみてください。 閾値走は乳酸性作業閾値(LT:Lactate Threshold)の向上を目的としたトレーニングです。 ライター紹介 浦中宏典 ランナーズNEXT 編集長 株式会社ストレッチサポート 代表取締役 1983年8月12日 長崎県長崎市生まれ 高校卒業後、大学でスポーツ科学(運動生理学・バイオメカニクス)を学び、トレーナーとしてスポーツの世界で実績を積む。 主な活動実績はJR東日本硬式野球部、サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、世界陸上大阪大会、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)他。 2011年、サハラマラソンランナーのトレーナーとしてトレーニングと身体のケアを担当。 2011年4月に会社を設立。 テクノロジーの力でスポーツアクティビティを今より楽しくすることで、「もっとチャレンジしたくなる世の中を創る」 ために事業活動を行っている。 2015年4月に開催されたサハラマラソンにランナー兼トレーナーとして出場・完走。 2017年9月にはアメリカ ユタ州を中心に開催されるGrand to Grand Ultra(7日間6ステージ273㎞のレース)に参加し完走を果たす。 鍼灸・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者でもあるが、現在はランニングウォッチやランニング用パワーメーター(Stryd)などのデバイスを活用しながら、効率的にマラソンやランニングの目標を達成するためのサポートをしている。 自分自身もマラソンやトレイルランニングの実践者として、常に挑戦を続けている。 <メディア掲載実績> テレビ NHKまちかど情報室 雑誌 Tarzan(マガジンハウス) 雑誌 トレイルラン2017夏号(山と渓谷社) 新聞 長崎新聞 ラジオ 中央FM 専門誌 月刊トレーニング・ジャーナル 他多数•

次の