ホーチミン不動産。 ベトナム・ホーチミンの不動産を購入するポイント!価格やおすすめエリアまで紹介

家賃相場は?探し方は?ホーチミンの住環境を紹介!

ホーチミン不動産

[ベトナム] 三菱商事・野村不動産が ホーチミンでスマートシティ開発 日本の三菱商事と野村不動産が、ベトナムのコングロマリット「ヴィングループ」と提携して、ホーチミンシティにスマートシティ開発を行います。 ヴィングループの不動産デベロッパー「ヴィンホームズ」は、ホーチミンシティに大規模開発事業「グランド・パークプロジェクト」を進めており、同プロジェクトは2023年に完成の見込みです。 約50,000戸の住宅に加えて、学校、病院、商業施設などが入ります。 三菱商事と野村不動産は、グランド・パークプロジェクト内の第2期開発である分譲住宅事業(総事業費:約 1,000 億円)に参画することに合意しました。 グランド・パーク・プロジェクトは ヴィンホームズが進めている全体敷地約 271ha のタウンシップ開発であり、オフィス・住宅・スポーツ施設・商業施設・学校・病院・公園などの都市機能を充実させ、居住人口 20 万人が集う街を新たに創造するプロジェクトです。 グランド・パーク・プロジェクトは、ホーチミンシティ 9 区に位置し、ホーチミン中心部から直線距離で約 20 ㎞(車で約 40 分)にあり、ロンタインハイウェイ・ハノイハイウェイ・環状 3 号線(2021 年開通予定)等の道路ネットワークの更なる整備が進む交通利便性に優れた立地に所在します。 また、ホーチミン市は 9 区及びその周辺にハイテクパークや工業団地の積極的な誘致を進めていることから、引き続き人口増加に伴う旺盛な住宅需要が見込まれております。 この都市開発プロジェクトについて、三菱商事と野村不動産はヴィンホームズと提携し、21のアパートメントビルを建設予定です。 同プロジェクトにより、10,000戸の住宅が追加される見通しです。 三菱商事、野村不動産がそれぞれ40パーセント、ヴィンホームズが残りの20パーセントを投資することになっています。 エリア内に入る人を監視する顔認証システム、自動運転バス、その他の技術を提案するとみられています。 国連によると、アジアの人口の61パーセントが、2040年までには都市エリアに集中するとみられています。 2015年は、47パーセントでした。 coの過去の記事は (トップ写真:野村不動産プレスリリースより).

次の

アオザイハウジング|ホーチミンの日系不動産会社・賃貸・不動産物件情報

ホーチミン不動産

【2020年最新】ホーチミン市のおすすめ不動産仲介10選!ベトナムの賃貸物件、サービスアパートをお探しなら 発展著しいホーチミン市。 次々に新しいアパートやコンドミニアムが建設されている。 ベトナムホーチミン市のサービスアパート・コンドミニアム物件事情 ホーチミン市に在住する日本人は2018年には12,414人となりました。 これは2013年の6,662人と比較して5年で2倍近くに増えました。 また2015年にベトナムで不動産所有を外国人にも開放する法案が施行されて以降、マンションやサービスアパートメント、コンドミニアムなどたくさんの住宅物件が増えてきており、日本人にとって選択肢が広がっています。 増える高クオリティコンドミニアム 選択肢が広がる一方で、自分で賃貸物件を探すにはベトナム語力や物件オーナーとの家賃交渉などかなりの時間や労力を必要となってきています。 1区はもちろん、少し郊外にいけば月500米ドル~800米ドルの相場で高層マンション、オートロック、プールジム付きなどの物件も増えてきています。 ベトナムで快適な駐在生活を送るためにもまずはプロへ相談してみましょう。 そこで、ここでは当サイトがおすすめするホーチミン市にある日本人駐在もしくは日本語対応可能な不動産仲介会社をご紹介しています。 ぜひご覧ください! ホーチミン市のおすすめ不動産仲介会社10社はこちら.

次の

ホーチミンの「不動産・物件」一覧

ホーチミン不動産

現在ホーチミンでもいくつか不動産屋さんがありますが アオザイハウジングさんは 仲介料無料、 更新手数料も無料、 人気物件の取り扱い数最大級なだけでなく、 さらに 入居後のフォローも手厚いとあって ホーチミンにある不動産屋さんの中でも 信頼性の高いと評判です。 現在2区とビンタン区は 新築コンドミニアムの賃貸が増えていることから 日本人が増えてきています。 新築入居時に安く貸し出すキャンペーン的なものが ずっと続いてい た影響があった年だった言えます。 2018年1月に値下がりから横ばいを感じ 3月からは賃料が戻ってき始めています。 実際空室がかなり減ってきていますね 2018 年下半期は、賃料が元に戻ってくる物件が もう少し多くなってくる状況が続きそうだと思います。 2017 年は賃料の上昇局面が、 コンドミニアム賃貸の供給過多で下落するという状況でした。 物件を借りる方としては、 昨年は、選択肢が多かった時期と言えたのではないでしょうか。 来年は、コンドミニアムの賃料が、 元に戻るペースを上げていきながら、 少し上昇してくる物件が 出てくる可能性もあるかもしれません。 まとめ これからホーチミンに住んでいくにあたって どこに住むか、家が良くても 仕事場や学校から通える場所なのか、 本当に住みやすい場所なのかなどなど きちんと調べてから住まないと 後で後悔するはめになることも。。。 また、今まであれば 日本人が住んでいるアパートはかなり限られていましたが 最近では範囲も広がり、 今後電車もできることから ますますホーチミン賃貸不動産の状況は 変わってくるでしょう。 126• 172• 203• 741• 130• 171• 228• 198• 171• 120•

次の