パラ シェルター ソレー ラ。 キャンピングシェルターソレーラの立ち回りとおすすめのギア

パラシェルター

パラ シェルター ソレー ラ

ブキチの説明 メインウェポンの は、これまでの ブキタイプとは まったくちがう新しい戦い方を 提案すると呼ばれる モデルでし! ZRで、前方にインクが散らばるショットが うてるでし! ZRを押し続けると バサッと カサが開いて 相手の攻撃を防げるでし! さらにさらに! そのままZRを押し続けると パシュウゥーーーッ! と カサをパージして 攻撃を防ぎながら 前進できるでし! 仲間のピンチに カサを開いてガード! パージして いっしょに 前線へ向かうといった、 仲間のサポートを 強く意識したブキでし! の と も、周辺の 塗りを広げて、仲間の動きやすくする サポート意識の高い構成なんでしね~ の特性を理解するのに ピッタリ でしから、入門編として、まずはこのブキを かわいがって、に慣れるでし! 射撃前隙 F(秒) 飛沫数 11 ダメージ 90. 2 乱2射程 2. 3 確3射程 2. 3 ダメージ射程 2. 5 レティクル反応距離 2. 2 塗り射程 3. 5%(18発) 射撃時ヒト速 0. 65 ガード時ヒト速 0. 40 カサ耐久力 500 ガード時インク消費量 15. 0 パージ時カサ進行速度 パージ時カサ進行時間 5秒 轢きダメージ 30. 0 轢き確定数 4 カサ復活までの時間 390F 6. 5秒 インク回復不能時間 射撃後 60F インク回復不能時間 カサ展開中 20F インク回復不能時間 パージ後 120F 非射撃時ヒト速 0. 96 イカ速 1. 92 メイン解説 ボタンを短く押すと拡散弾を発射。 そのまま長押しすることでカサが開き、ある程度のダメージを防いでくれる。 さらに計約2秒押し続けると、傘の部分だけをを前方に直進させるように飛ばす「パージ」を使うことができる。 一度飛ばすと一定時間飛ばすことができなくなるので注意。 展開からパージまで2秒、パージ存在時間5秒、傘復活まで5 秒なので傘が寿命で消滅してからすぐに傘の修復は完了する。 射撃にも傘の展開にもインクを消費するためインク消費が重く、インク管理には再三の注意を払う必要がある。 塗りと戦闘、攻撃防御の切り替え、攻めるか引くか 守るか、パージして攻めるか逃げるか傘を一回閉じるか、を含めたインクの兼ね合い、など頭を使う要素が他ブキ種と比べて格段に多い。 射撃性能 弾速はかなり速いため直線上を瞬時に塗ることができ、直進性能も高い。 弾1つあたりのダメージは18。 弾は11発発射され、1回の射撃でのダメージ限界値は90. 散弾であるため距離が離れればその分当たる弾の数も減るが幸い2. 2ラインまでは2確を取りやすい。 キル射程はと同等だが散弾ゆえに当たり判定が広がるため、ジャンプ打ちをすることである程度はごまかすことができる。 むしろごまかさないと射程が辛い。 塗り射程と実際のキル射程にかなり差があるのでそこも重点意識。 また、射撃直後は潜伏してインク回復しようとしても回復できないクールタイムがあるため、少し間を置かないとすぐインク切れを起こしてしまうため要注意。 ちなみに対物に対するブキ補正が入ってるのかホコバリアをメイン5回で破壊できてしまう。 他にも、性能アップ無積みを対物攻撃力アップ無しでメイン4発 対物攻撃力アップありで3発 で剥がすなど、対物攻撃力アップが本来必要な物に対して容易に高いダメージを入れることができる。 その上で対物攻撃力アップが乗るので、その気になればの泡処理まで余裕でこなせる。 カサの展開 カサを開いてる状態は物凄く目立つため、わざと囮になり敵を引きつけている間に味方に奇襲してもらうことができる。 イカ状態で開いた状態をキャンセルできるため、足場が有利なら開いた状態からキャンセル移動して軸をずらして攻撃したり逃げたりすることもできる他、タイマンなら相手が横を取りに来たときにこちらも対抗して動くことができる。 の着地地点に降りる際に敵が狙いを定めていたら着地する前にカサを開いて着地狩りを防ぐという使い方もできる。 ただし、挟み込むように攻撃されると無理だし、潜伏してどの方向にいるかわからなくされることもあるし、着地地点丁度に置かれたボムは壁裏の判定になるため着地狩りボムはできるし、と万能ではない。 また、に着地のタイミングで着地地点を轢かれることも。 傘の無い部分からの攻撃は防御できないので横や背後から襲撃をされないよう立ち回る必要がある。 ゆえに、後ろからカサに以外のボムを投げつけられると一瞬で爆発しやられるという弱点が存在する。 傘展開でX軸方向に動かして防御できるがY軸方向には動かない。 つまり真上真下からの攻撃は傘展開しても防御できない。 網床を挟んでの攻防やの上下角のある攻撃やの爆風攻撃は傘の防御を超えて被弾することがあるので注意。 2、はダメージ2. 2倍、系はダメージ3倍で実質166. 6、その他の攻撃はダメージ2倍で実質250 一部例外あり。 ゆえに のフルチャージで傘を一撃破壊されてしまう他、 もメイン性能アップを9 3 積むだけでフルチャージで傘を一撃破壊されてしまう。 敵の前線と対峙しているときに遠くからこれをされると非常に苦しくなるため、敵にリッターがいる場合は注意が必要。 傘の形状が円形湾曲状であるため、壁裏密着ぐらいの防御性能がある。 端が斜めの形状であるため正面からボム直当ての爆風ダメージを受けない。 また、カサの部分には30. 0のダメージ判定がある。 こちらに気づいてない敵に飛びかかりながら1発当て、その後開いたカサを当てて倒す…なんてことも可能。 傘を開きながら奇襲し、傘部分に当たった相手をメインで仕留めるというやり方もある。 射撃硬直は傘の展開で被せれるため、ちょい開きぐらいだと開いた分のインクは消費するものの次の射撃までの硬直はほぼ変わらず次の射撃が撃てるので、傘を開くタイミングで飛んできたボムを防いだり接触によるトドメが発生したり意外な有効性を発揮する。 カサのパージ パージという展開した傘をそのまま射出できるのも特徴の一つ。 パージの後をイカ潜伏で付いていき敵との距離を詰める。 味方が攻めたいようだが詰めれない時にパージしてあげてその後自分は塗りでサポートする。 の敵スポーン近くのコンテナ右通路にパージして封鎖、左側の角にパージして角に引っかからせて封鎖、適当にパージして敵を注目させる、パージしたところから攻められるかもしれないという布石、としても使える。 考えられるだけでもこれだけあり応用が効く。 無理して使わなくても良いがこのような選択肢があると覚えておいて損はない。 メインの射撃性能だけでもそこそこの攻撃性能はあるのでパージ後でも継続して戦うことは可能。 その際はメイン射撃を連射 連打 することになる。 飛ばしたカサは言い換えると一直線に動いていくなので、飛ばした本人ではなく味方の中距離等をカサと共に突撃させればかなり強力なコンボになる。 また、通路だと横にはじかれても壁に阻まれてハメ殺しみたいになることもある。 飛ばした本人が突撃するのもありだが、カサを飛ばすまでにインクがかなり消費される上に飛ばした直後は並みの時間インクを回復できないため、いざという時すぐインク切れを起こして連射できないということには気を付けたい。 パージ後は防御がなくなるため攻めるか引くかの読み合い。 先手を取ってメインを当ててれば傘展開後のイカキャンセルと合わせて有利になる。 系は傘にあてても対物判定なのですぐ壊れたりすることはないがサイドや後方で爆発して防御をめくられてキルされる可能性あり。 連射が遅く爆風が使用対象から遠いは、天敵であると同時に隙を見つけて近づいてしまえば相手にとって有効打の無い天敵にも化ける。 連射の遅いガロン系は上手くタイミングを合わせれば相手の攻撃の合間にこちらの攻撃を通せる。 は攻撃の硬直の隙に傘展開をキャンセルして攻撃を挟むなりして上手く戦うべし。 対 縦振り連続してくる相手なら容易にメインからの展開、相手のメインを防御した後にメインで勝てる。 縦振り連続される場合は最速でメイン展開メインだとタイミングの関係で相手の縦振りにかちあう 縦振りが遅すぎて こともあるのでしっかり防御を確認してからメインすれば勝てる。 轢こうとしてきても展開していれば弾いてメイン射撃をすれば良い。 こちらのメインは2発でキルだが相手は1発でキルできる。 相手もこれを読んで振るタイミングをずらしてきたらこちらも振りをしっかり傘受けしてメインしよう。 筆系は1撃最大ダメが密着で40で3ショットでキル。 こちらは2ショットキル。 塗りたくりの攻撃密度はすさまじいが塗りたくり時の移動速度より傘展開時の移動速度のほうが速い。 先手でや1撃入れてるなら傘展開受けして適当にメインでカウンターでキル。 後手で傘展開受けしているなら間合いを詰めて傘接触ダメからのメインでキル、間合いを離して筆側が間合いを詰めようと塗りたくりを止め進行してきたらメインでキル。 補足 ver1. 0以降はの体当たりで傘がすぐに壊れないように修正が入った。 が、ver4. 0にてとの爆風ダメージ補正を大幅に上げられてしまった。 よってこれらへの受けが効かなくなっている。 カサはパージしてない開いてる状態で破壊されるとメイン射撃ができないフレームがあるので、やのダメージを傘受けするのは緊急時以外は控えたい。 は1ショットで道を確保できるので逃げたいときは後ろ入力してY押し後すぐメインで逃げられる。 防御を活用する方法を記載したが先手を取ってメインを当てているのなら2発目を当てればキルできる。 ボム系は展開傘に当たると即爆発する。 これを利用して特にをすぐ無効化して立ち回りたい時に使っても良い。 周りに味方がいると誘爆で味方殺しになるので注意。 集団戦ではさながら地雷処理のごとくボムを処理でき、傘の耐久度がフルの場合は2つまで傘受け 処理 できる。 の発動ポイントが高めに設定されており、インクも大喰らいのブキなので少ない塗りで発動しやすくなる。 発動後はインクタンクが全回復するちょっぴり嬉しい点も。 遠距離での支援もこなせるようになる上、少しでも雨のダメージを受けた敵ならフルヒットで一撃必殺だ。 ただし発動時間が長いので発動数自体はあまり増えない。 スペ祭りに出送れにくくなる、有利状況を続けさせるためのと言える。 積極的に対面し、デスする場合は減少量ダウンでリスクを抑える方向もいい。 ちなみに出し得だからとテキトーな所に投げてしまうと、 塗り替えしによってSPゲージを回収され、敵から思わぬしっぺ返しを受けてしまう可能性がある。 で敵がどのように動くのかシミュレーションするといい。 名前の由来はパラソルの「パラ」、殻や甲羅などを意味する英語「shell」、避難所の意味の「(shelter)」。 カサに描かれているタツノオトシゴは、の開発メーカーのスポンサーのロゴという設定だという。 メイン、、いずれも塗り性能が高く、かつ生存率もキル性能も高かったことから、第3回スプラトゥーン甲子園ではほとんどのイカがこれを使う事態にあった。 しかしながら第4回ではの弱体化の他、高所から爆発弾を放ってくる天敵や対物性能の高いの登場が大逆風となっており、使用率は落ち着いている。 ちなみに、これ3~4枚編成だとのカウンターによる逆転負けが多発したりしてみたいにイカ研究所に目を付けられなかったため、環境から消えるほどの弱体化まではされなかった。 弱体化が繰り返されたのはスプラトゥーン甲子園の活躍よりもフェスとガチマッチの両方のランキング常連だったことの方が大きいだろう。 日本プロ野球機構主催による「eスポーツシリーズ スプラトゥーン2」では、東京ヤクルトスワローズのイメージブキとして採用された。 得点が入った時や、ラッキー7で使われる傘をイメージするのが理由である。 やでひかれた場合デスメッセージは「~で ひかれた!」となるがカサに接触してやられた場合は「~に ひかれた!」になる。

次の

【スプラトゥーン2】パラシェルターソレーラの立ち回りとおすすめギア|ゲームエイト

パラ シェルター ソレー ラ

パラシェルターソレーラの性能 イカは公式Twitterからの引用です。 シェルタータイプの代表的なブキであるパラシェルターの姉妹品だ。 身を守りながら、サブの「ロボットボム」で相手の逃げ場をふさぎ、スペシャルの「スプラッシュボムピッチャー」で一気にナワバリを奪い返そう。 因みに 「ソレーラ」とは、イタリア語 「sorella 姉妹 」が由来と考えられます。 「パラシェルターの姉妹品」という触れ込みですから間違いないでしょう。 攻撃力 最大与ダメージ 直撃 は 「90」です。 つまり、 2確 2発当てれば倒せます です。 パージ 傘発射 での与ダメージは 「30」です。 射程 試し撃ち場の 「白線1. 8本分」です 90ダメージを与えられる射程。 1本分」ですが、この距離だとほぼ90ダメージは与えられません。 フデやバケツと同様にインクを発射するにはボタンを押さなければなりません。 またボタンを押し続けるとパージ 傘発射 されます。 因みに パージされた傘の飛距離は 「白線8本分」です。 幅が均等に塗れますし、カーリングボムより塗り幅は広いです。 傘に隠れて前進することもできます。 連続射撃時間 「8秒73 」です。 キル速 「0秒70」です。 遅い部類ですが、傘で相手のキル速も遅らせられます。 ですから、タイミングよく撃てば相手を圧倒できます。 因みに、 撃って ボタンを押し続けて から傘がパージされるまでの時間は 「2秒20」です。 傘がパージされてから手元に再び戻るまでは 「6秒50」です。 この間は傘を開くことはできません。 イカ移動速度 「4秒50」です(試し撃ち場の塗りリセット地点から左のカベまでの移動速度)。 また、サブウェポン 「ロボットボム」とスペシャルウェポン 「スプラッシュボムピッチャー」は初めての組み合わせです。 ボムとボムですから、効果を最大化するために 「インク効率アップ サブ 」や 「サブ性能アップ =飛距離アップ 」のギアパワーを付けたいところですが、 「スプラッシュボムピッチャー」はあくまでもスペシャルですので、 「スペシャル性能アップ」のギアパワーを付けないと効果が上がりません。 因みに、 「ボムピッチャー」装備時の 「スペシャル性能アップ」のギアパワーは時間延長ですが、ハッキリ言って「飛距離アップ」の方が強いと思います 無い物ねだり。 「パラシェルター」はメインの塗り込み速度が遅いので、ナワバリバトルのように味方が塗り意識が高いルールでは使いやすいですが、ガチマッチで塗りが弱い編成になると活躍しにくいイメージです。 実況検証動画.

次の

[スプラトゥーン2]パラシェルターソレーラを使ってみての感想と考察

パラ シェルター ソレー ラ

スポンサードリンク キャンピングシェルターソレーラの武器としての特徴は? キャンピングシェルターソレーラのメイン武器性能はと同じ。 一回の攻撃力や射程はそこそこあるものの、連射力や機動力がイマイチな武器だ。 念のため射程と攻撃力を改めて確認しておこう。 射程は 射程はスプラシューターとプライムシューターの間くらい。 シェルタータイプの中では長い方であり、 スプラシューターやスプラマニューバーといったよく使われる武器よりは射程が長い。 ただ、極端に射程が長いわけではないことに注意だ。 攻撃力は弾一発当たり 最低17. 5ダメージ。 一度に発射される弾が全て当たれば一撃で相手を倒す威力はある。 相手としても無理矢理キャンピングシェルターソレーラに近づくのはやられるリスクがあるとわかっているので、警戒して動いてくるぞ。 また、シェルタータイプの特徴であるパージ(傘の切り離し)は傘が発射してから 約6秒間。 ただし、傘を構えてからパージするまでの時間が 約0. 5秒とかなり早い。 パラシェルターソレーラの立ち回り:前線で味方を防ぐ盾となれ! パラシェルターソレーラは ステージ中央など前線に出ていく立ち回りになる。 傘やスプラッシュシールドで相手の攻撃を防ぎつつ、 相手のヘイトを集めて自分に注目を集めさせる。 そこに他の味方が横や後ろから攻撃して相手を倒していく。 そんな立ち回りを目指していこう。 ただ、パラシェルターソレーラは機動力でやや劣るので、素早く相手に回り込まれたりするとやられてしまいやすい。 そこで ステージのオブジェとスプラッシュシールドを組み合わせながら、相手に回り込まれる死角を減らしていこう。 相手が攻撃してくる方向を絞ることができれば、相手が接近してきた時も攻撃したり逃げたりといった対応をしやすい。 スペシャルが溜まったらカーリングボムピッチャーを発動し、 一気に前線を押し上げて攻撃していこう。 普段の立ち回りでは守り重視だが、カーリングボムピッチャーを使う場面では攻めの起点にもなれるぞ。 スポンサードリンク パラシェルターソレーラにおススメのギアは? パラシェルターソレーラにおススメのギアはインク効率アップ(メイン)、イカダッシュ速度アップ、スペシャル増加量アップ、ステルスジャンプだ。 パラシェルターソレーラは傘攻撃、防御、パージとヒト状態でメイン武器を使う場面が多いので、インク回復の時間を節約するために インク効率アップ(メイン)。 弱点である機動力を補う意味で イカダッシュ速度アップもいいだろう。 また、カーリングボムピッチャーは塗り、キルともに強力なスペシャルウェポン。 使用回数を増やすために スペシャル増加量アップもいいだろう。 少しユニークな所では ステルスジャンプ。 パラシェルターソレーラは前線にいてこそ光る武器なので、前線復帰速度を速める意味でスーパージャンプを使いやすくするためにステルスジャンプも面白い。 これらのギアを中心に装備を整えていこう。 パラシェルターソレーラの立ち回りとおすすめのギアのまとめ パラシェルターソレーラは 大型の傘を展開できる防御力に、さらにスプラッシュシールドとカーリングボムピッチャーという 相手が簡単に近づけない構成になっているのが特徴的な武器だ。 立ち回りではこの防御力を最前線で活かし、 中央で相手の攻撃を引きつけて防ぐ盾となろう。 相手をキルできなくても相手の注目を引きつけて他の味方を動きやすくすればチームに十分貢献できるぞ。 攻撃に転じるのはカーリングボムピッチャーを使うようになってからでいい。 ギアは インク効率アップ(メイン)やスペシャル増加量アップなど前線で立ち回る時のことを意識して装備を整えてみよう。 動きが鈍く小回りが利かないため少し人気のない武器ではあるが、相手の攻撃を防ぐ大きな盾として動けば チームメンバーも戦いやすくなる。 ぜひチャレンジしてみてほしい。

次の