転職 女性 20代 人気。 女性転職者必見!【人気職業ランキング】おすすめの仕事【3職種】

女性のための転職・求人サイト【マイナビ転職女性のおしごと】

転職 女性 20代 人気

「自分に合った職種を見つけたい」、「こんな働き方をしたい」と考えている人にオススメなのが「働き方の志向から職種を選ぶこと」。 そこで、働く女性600人が選んだ「仕事選びのタイプ別人気職種TOP5」を紹介。 職種ごとの仕事内容や求められるスキル、平均給与を参考に、自分に合った働き方ができる求人を探してみよう。 自分のセンスやスキルを活かして誰かの役に立つ働き方が人気 2008年の働き方トレンドとしては、「好きを仕事にする」が根強い人気の一方で、自分のアイデアや専門知識を活かしたり、スキルアップできる働き方を望む人も増えている。 そこで、仕事選びのヒントになる「人と接する」、「専門スキルを活かす」、「コツコツ頑張る」の3つの視点に着目し、人気職種TOP5を紹介。 職種から求人を探すのではなく、働き方から職種を探すことで、今まで意識していなかった仕事に出会えるかも。 手配は宿や交通機関の手配をする仕事で、カウンターセールスとも言う。 ツアーコンダクターはツアーに同行し旅行を円滑に進める。 国内・国外問わず現地の情報に詳しい人が有利。 関連資格に総合旅行業務取扱管理者がある。 1万円.

次の

20代女性におすすめ!人気の業界&職種まとめ

転職 女性 20代 人気

「自分に合った職種を見つけたい」、「こんな働き方をしたい」と考えている人にオススメなのが「働き方の志向から職種を選ぶこと」。 そこで、働く女性600人が選んだ「仕事選びのタイプ別人気職種TOP5」を紹介。 職種ごとの仕事内容や求められるスキル、平均給与を参考に、自分に合った働き方ができる求人を探してみよう。 自分のセンスやスキルを活かして誰かの役に立つ働き方が人気 2008年の働き方トレンドとしては、「好きを仕事にする」が根強い人気の一方で、自分のアイデアや専門知識を活かしたり、スキルアップできる働き方を望む人も増えている。 そこで、仕事選びのヒントになる「人と接する」、「専門スキルを活かす」、「コツコツ頑張る」の3つの視点に着目し、人気職種TOP5を紹介。 職種から求人を探すのではなく、働き方から職種を探すことで、今まで意識していなかった仕事に出会えるかも。 手配は宿や交通機関の手配をする仕事で、カウンターセールスとも言う。 ツアーコンダクターはツアーに同行し旅行を円滑に進める。 国内・国外問わず現地の情報に詳しい人が有利。 関連資格に総合旅行業務取扱管理者がある。 1万円.

次の

女性の転職に役立つ資格は? 女性に人気の資格ランキング / マイナビ転職 「女性のおしごと」

転職 女性 20代 人気

20代の女性は、仕事のキャリアップを目指したり、結婚によってプライベートを充実させたりと、さまざまな未来のビジョンが交錯する年頃です。 また、数年間の社会人経験を得たことで「自分自にこの仕事は合っていない」「もっと違う仕事がしてみたい」など、働く前までは持っていなかった仕事への価値観も変わってきたのではないでしょうか。 新卒時や今の職場では入れなかったけど、事務職や広報など、女性に人気の職業は中途採用や未経験採用も積極的に行なっているため、未経験でもキャリアチェンジも目指すことは可能です。 この記事では、そんな20代の女性の転職で人気職業ランキングトップ5をご紹介するとともに、転職を成功に導く情報をまとめています。 20代女性に人気!転職時に選ばれる職業ランキングトップ3 20代の女性は、どのような職種に転職しているのでしょうか。 まずは、20代女性が転職を希望している人気の職種を見てみましょう。 人気の職業ランキング第1位|不動の1位は誰もがやりたい一般事務職 20代の女性に最も人気がある職種は事務職です。 その理由は、なんといっても安定していることと残業が少ないことです。 一般的には総務部に所属し、電話の応対やコピー、来客の対応や書類作成などを行ないます。 会社の規模によりますが、備品発注などといった、ありとあらゆる雑務を担当するのが事務職です。 なお、事務職は人気な職種ということに加えて、どの会社も人員を削減する傾向にありますので、なかなか求人がなく、競争率は大変高くなっています。 ちなみに、事務職の求人には『職種未経験OK』もしくは、『業種未経験OK』という条件がよく挙げられています。 職種未経験OKは、事務職の経験がなくてもOKという意味なのに対し、業種未経験OKというのは、募集している会社の業種は未経験でもOKという意味なので、事務職の経験は必要です。 応募する際は注意しましょう。 よく聞く募集職種• 営業事務• 営業アシスタント• 一般事務・総務• コールセンタースタッフ• 社長秘書• IT事務 など 【関連記事】 事務系で持っておくと転職しやすい資格 転職を考える20代の女性ライバルたちに差をつけるためには、ぜひ資格を取得しましょう。 持っていると転職活動の際に有利な資格は、以下の通りです。 【関連記事】 秘書検定 ビジネスマナーやビジネス文書の作成、コミュニケーション能力などを審査する検定です。 実は、希望する職種が秘書でなくても、プラス評価になる資格なのです。 日商簿記検定 会計知識の基礎となる資格です。 本来なら管理職や経理、公認会計士や税理士などを目指すための資格ですが、たとえ業務に関係なかったとしても選考の際に有利に働きます。 医療事務 この資格を持っていると、医療機関の事務職への転職に有利です。 医療機関の受付窓口は、資格を必要としない事務職ですが、それでも資格を持っていると選考に有利に働きます。 宅地建物取引士 宅地建物取引士 宅建士 は、不動産の重要事項を説明するための国家資格です。 この資格を持っていないと、顧客に不動産の説明ができません。 不動産会社や金融業界の営業になるなら、ぜひ取得しましょう。 転職成功のコツはキャリアを見据えることと大企業にこだわらないこと 事務職はどの企業でもやることはそう大きく変わらないため、その企業でないとできないことを見つけ、こうことをやっていきたいというイメージを持つことが大事です。 事務職はすぐに切られる仕事ですので、正社員として働くことは難しいでしょう。 また、女性の場合、「正社員にこだわること」で転職活動期間が伸びる傾向がありますし、できれば大手にいきたいと考えていると、なかなか内定までたどり着けない可能性も高まりますので、大手企業へのこだわりはあまり持たない方が良いかもしれません。 【関連記事】 人気の職業ランキング第2位|意外と多い営業職 営業職への転職も、20代の女性に人気です。 営業職が人気な理由は、ズバリ仕事の成果が収入に反映されることです。 歩合制を採用している会社が多いので、実績を上げれば上げるほど給与もアップします。 なお、求人倍率は、ほかの職種に比べて低く、比較的転職しやすい職種だといえるでしょう。 ただし、給料が歩合制であることや、ノルマが課せられていることから、すべての人におすすめできる職種ではありません。 営業職は、高度なコミュニケーション能力や企画力、プレゼン能力などを求められます。 人付き合いが好きな人にとっては、楽しくてやりがいのある仕事ですが、そうでない人には厳しい仕事です。 また、企画職やマーケティング職、デザイナー職といった上流職に就くために、営業の経験を必要としている会社は多いため、そういった職種に就くために、まずは営業として入社するという人もいます。 【関連記事】 女性の営業職はどの業界でも狙い目 男女差別ではありませんが 女性の方が営業に向いていることも多いです。 一人の営業マンがどこまでの業務をやるのかにもよりますが、顧客管理の正確さや気づき、配慮などは女性の方が得意である場合が多いです。 また、営業先が女性向けの商品やサービスである場合、男性にはない視点を持つことができますので、提案内容に幅を持たせることができ、短期間で成績がトップになるという話もよく聞きます。 人気の職業ランキング第3位|専門性の高い技術職 技術職も20代の女性に人気の職業です。 その人気の秘密は、専門的なスキルが身につくことと、スキルを身につければ再就職がしやすいことです。 特に女性の場合は、結婚を理由に退職したのち出産、育児が落ち着いたタイミングで再就職する方がいます。 数年のブランクを経て再就職する場合、専門的なスキルを持っていると有利ですので、それを見越して技術職に就く方もいるのです。 技術職と呼ばれる仕事• エンジニア• Webデザイナー• 建築士• 整体師など なお、エンジニアは、業界的に未経験者を歓迎する土壌がありますので、転職しやすい技術職だといえます。 ある程度のパソコンの知識や興味は必要ですが、力仕事などは基本的に一切ないので、体力に自信のない方にもおすすめです。 【関連記事】 20代女性におすすめ!転職時に注目したい今後人気になる職業2つ ここまで20代女性にいま人気の職業をご紹介してきましたが、まだ転職する職業に迷いがあれば、ぜひ下記の職業を検討してみてください。 会社の中核を担う『人事・労務』 いまでは有効求人倍率が1. 59倍という圧倒的な売り手市場で、数字上は応募すれば受かると言われる時代です。 その関係で今後は企業の『人事・労務』が注目されると言われています。 また、採用において『人材の確保』はどの企業も躍起になって行うため、正社員に限らず、アルバイトや派遣社員、外国人採用にも積極的になってくる可能性が高いです。 これまでは大手企業のみが力を入れて取り組んできた分野ではありますが、人事・労務に関する明確な基本姿勢となる枠組みはまだ未整備です。 そのため、人事領域に積極的なベンチャー企業や中小企業に狙いを定めることで、のちのち転職をするにしても引く手数多の人材となれる可能性が高いと言えます。 もし出産は育児として休業する場合でも、復帰がしやすく、また育児を経験しているからこそわかることも逆に多いため、20代のうちに挑戦することを強くおすすめする職業と言えます。 【人事・労務関係の求人を多く扱う転職際サイト・転職エージェント】• 企業と求職者を繋ぐ|人材紹介業 いわゆる転職エージェントです。 キャリアアドバイザーとも呼ばれ、求職者を希望条件の合う企業へ紹介するお仕事です。 人材業の大手としては『リクルート』や『doda』『マイナビ』などが行なっているサービスを、イメージしていただけると良いでしょう。 上記の人事労務の話しと関係していますが、いま働き方改革やブラック企業への関心がかなり高く、給料ややりがい以上に、ホワイト企業かどうかの判断が非常に重視されています。 転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求職者を送り出す仕事ですので、その送り先企業が法令に違反していないか、離職率は高くないか、本当に転職してその人が幸せなのか?を見極めて転職させることが求められています。 ここで人材業を行う企業の特色が現れており、例えばリクルートなら『 転職成功率や内定率』に重きを置いていますが、マイナビの場合は『 採用された後の定着率』に重きを置いた紹介業を行なっています。 もし転職エージェントでリクルートエージェントやマイナビエージェントを活用したことがあるなら、その違いは肌で感じた経験はあるのではないでしょか? 他にも紹介業を行う企業は多くありますが、転職サイトからではわからない企業の内情を把握している転職エージェントは、ますます需要の高まる業界、職種と言っていいでしょう。 20代の女性が転職を成功させる3つのコツ 20代の女性が転職を成功させるためには、3つのコツがあります。 以下は転職の際に気をつけてほしいポイントです。 やりたいことをハッキリさせよう 20代の転職は選択肢が多く、実績がなくてもポテンシャル採用されやすいので、ただなんとなく転職活動をしても、なんとなく転職できてしまうことがあります。 しかし、そのような転職をした場合、たいていは後悔しますので、転職する際は、まずどんなことをやりたいのか、どんな仕事をしたいのかを決めましょう。 会社はトータルで評価する 転職する際は、「事務職ならどんな会社でもいいや」といった考えや、「有名な会社だからここにしよう」といった決め方をすると非常に危険です。 転職先を決めるときは、職種にこだわるだけでなく、年収や残業の量、勤務地や通勤時間も考慮しましょう。 30代以降のことも考える 20代の女性の転職を後悔しないものにするためには、中長期的なライフプランを考えることが必要です。 結婚は何歳でするのか?• 結婚したら何年後に出産するのか?• 結婚や出産の前に退職するのか?• 子供は何人作るのか?• 仕事は何歳まで続けるのか? これらのことは、20代の時点では分からないことがほとんどですが、こういったことを考えたうえで転職先を選ばないと、30歳以降に大変苦しむことになります。 あるいは、死ぬ気で残業をしまくった経験が、すべて無駄になるかもしれません。 中長期的なライフプランを考えることは、非常に難しいことです。 しかし、20代の女性なら必ず直面することでもあるのです。 そして、そんな20代女性の転職を、数多くサポートしてきたのが転職エージェント。 彼らの知識は、あなたの転職活動にもきっと役に立つはずです。 20代女性におすすめの転職エージェント 20代女性の転職におすすめの転職エージェントは以下の通りです。 この記事では特に、事務職や営業職、技術職の求人が多い転職エージェントをピックアップしています。 【関連記事】 数あるエージェントの中でも利用者満足度はNo. 1を誇ることから、そのサポートの有用さが伺えます。 幅広い業界に対応しており、大手企業のみならず、中小・ベンチャー企業への求人も多数揃えています。 IT・通信・WEB系エンジニアの転職に強いエージェントです。 転職支援を一人ひとり丁寧に行なっていますので、より最適な会社を探しやすくなっています。 リクルートキャリアが運営する20代向けの就職・転職エージェントです。 未経験でも書類選考なしで面接ができる正社員求人が多数あります。 20代向けの就職支援サービスです。 スキルや職務経歴を入力して企業の求人にマッチすると、スカウトメールが届きます。 『アクシスコンサルティング』は、コンサルティング業界の、特にIT業界に特化している転職エージェントです。 アパレル・ファッション業界を中心に、転職や派遣を支援する求人情報サイトです。 デザイナーやWEB系エンジニアといった技術職も取り扱っています。 まとめ 20代の女性で転職を考えている人は、人気の職種も参考にしつつ、時間をかけて自分に合った職種・職場を見つけることが大切です。 そのためにも一度スキルの棚卸しをしてみることをおすすめします。 転職エージェントの意見なども踏まえ、最高の転職先を見つけてくださいね。 転職前は良い会社だと思って入社したのに、実はコンプライアンスに難があり、労働トラブルに発展したケースがあります。 厚生労働省の調べによれば、パワハラやセクハラ、契約違反による労働相談は年間で約110万件以上もあるのが現実。 (出所:厚生労働省 平成29年度個別労働紛争解決制度の施工状況)• 残業代が支払われない• 正当な理由なく解雇を言い渡された など もし自分がこのような被害に遭ってしまった場合、【パワハラやセクハラなら慰謝料の請求】【残業代が未払いなら未払い額の回収】、【不当解雇なら解雇無効か損害賠償金の請求】が可能できますが、弁護士に依頼すると 着手金や報酬金で約50~80万円もの費用がかかります。 弁護士費用がネックとなり、依頼出来ず泣き寝入りしてしまう。 そんな方々を守るために生まれたのが 弁護士費用保険メルシーです。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、この先 ご自身が労働トラブルに遭遇してしまった際の弁護士費用補償が受けられます。 なお労働問題に限らず、自転車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身の問題はもちろん、大切な家族もトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の