みらか 社名変更。 会社概要

社名変更:日本株

みらか 社名変更

1950年12月 医薬品の製造・販売を目的として、東京都新宿区下落合四丁目6番7号にて資本金300千円をもって富士臓器製薬株式会社を設立 1966年12月 診断用薬部門に進出 1970年6月 臨床検査センター 株式会社東京スペシアル レファレンス ラボラトリー(現・株式会社エスアールエル)を設立(現・連結子会社) 1970年8月 診断用薬の海外での販売活動を開始 1981年1月 中華民国台湾省桃園縣に合弁会社 台富臓器製薬股份有限公司(現・台富製薬股份有限公司)を設立(現・連結子会社) 1982年11月 東レ株式会社と合弁でトーレ・フジバイオニクス株式会社(株式会社テイエフビー)を設立(後に富士レビオ株式会社と合併) 1983年4月 富士レビオ株式会社に商号を変更 1983年9月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場 1987年6月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定 1987年10月 旧Fujirebio America,Inc. (米国ニュージャージー州)を設立(後にFujirebio Diagnostics,Inc. と合併) 1990年8月 株式会社エスアールエルが、東京証券取引所市場第二部に上場 1998年11月 旧Fujirebio America,Inc. (米国)の100%子会社として、Centocor社(米国ペンシルバニア州)より Centocor Diagnostics Pennsylvania社を買収し、Fujirebio Diagnostics,Inc. に商号を変更(現・連結子会社) 2000年6月 医薬事業部門をユーシービージャパン株式会社に営業譲渡 2001年12月 株式会社エスアールエルが東京証券取引所市場第一部銘柄に指定 2002年9月 中外診断科学株式会社の全株式を取得し、レビオ・ジェン株式会社に商号を変更(後に富士レビオ株式会社と合併) 2004年11月 株式会社エスアールエルを株式の追加取得により子会社化 2005年3月 株式会社エスアールエルが東京証券取引所市場第一部での上場を廃止 2005年4月 株式会社エスアールエルを株式交換により完全子会社化 2005年4月 株式会社エスアールエルと同社子会社の株式会社エスアールエル東京メディカル及び株式会社SBSが合併(株式会社エスアールエルが存続会社) 2005年6月 委員会等設置会社(現・指名委員会等設置会社)へ移行 2005年7月 分社型の新設分割により設立した富士レビオ株式会社に営業の全てを承継させ、同社及び株式会社エスアールエルを傘下に収める純粋持株会社に移行これに伴い、社名をみらかホールディングス株式会社に変更 2006年4月 株式会社エスアールエルと同社子会社の株式会社ティーエスエル、株式会社エスアールエル北海道、株式会社南信臨床検査研究所、株式会社エスアールエル静岡、株式会社生命情報分析センター、株式会社エスアールエル西日本及び株式会社エスアールエル北陸が合併(株式会社エスアールエルが存続会社) 2006年5月 Fujirebio Diagnostics,Inc. が、CanAg Diagnostics AB(スウェーデン)の全株式を取得し、Fujirebio Diagnostics AB(スウェーデン)に商号を変更(現・連結子会社) 2007年6月 株式会社エスアールエルが、株式会社シオノギバイオメディカルラボラトリーズを100%子会社とし、株式会社エスアールエル関西に商号を変更(同年8月)(後に株式会社エスアールエルと合併) 2008年3月 富士レビオ株式会社が、株式会社先端生命科学研究所を株式の取得により子会社化(現・連結子会社) 2008年4月 Fujirebio Diagnostics,Inc. が、American Biological Technologies, Inc. の全株式を取得(後にFujirebio Diagnostics,Inc. と合併) 2009年10月 株式会社エスアールエルが、持分法適用関連会社であったケアレックス株式会社の残株式全てを取得し完全子会社化(現・連結子会社) 2010年4月 株式会社エスアールエルが、株式会社日本医学臨床検査研究所の全株式を取得し完全子会社化(現・連結子会社) 2010年9月 富士レビオ株式会社が、Innogenetics N. (現・Fujirebio Europe N. )の全株式を取得し完全子会社化(現・連結子会社) 2011年5月 株式会社エスアールエルが、株式会社ツチヤ・エンタプライズ(現・株式会社北信臨床)の全株式を取得し完全子会社化(現・連結子会社) 2011年11月 米国にMiraca USA, Inc. を設立(現・連結子会社) 2011年12月 株式会社エスアールエルが、株式会社群馬臨床検査センターを株式取得により子会社化(現・連結子会社) 2012年10月 本店所在地を東京都新宿区西新宿二丁目1番1号に変更 2013年10月 Lakewood Pathology Associates, Inc. (現・Miraca Life Sciences Holdings, Inc. )に、Miraca Life Sciences, Inc. が新たに米国内に設立した買収目的会社を吸収合併(Lakewood Investment Corp. が存続会社)させることにより、Lakewood Pathology Associates, Inc. が、遺伝学的検査会社Baylor Miraca Genetics Laboratories, LLCの60%の持分を取得(現・持分法適用関連会社) 2017年4月 富士レビオ株式会社が、単独株式移転の方法により、富士レビオ株式会社の完全親会社であり、かつ、の完全子会社である富士レビオ・ホールディングス株式会社を設立.

次の

H.U.グループホールディングス (4544) : ニュース・適時開示 [blog.grandprixlegends.com Holdings]

みらか 社名変更

キッセイ、米社から腫瘍溶解性ウイルスを導入 キッセイ薬品工業は3月27日、米CGオンコロジーから、同社が膀胱がんなどを対象に開発中の腫瘍溶解性ウイルス「CG0070」を導入したと発表した。 中国を除くアジア20カ国(日本、韓国、台湾など)で同薬を独占的に開発・販売する権利を取得。 キッセイは3000万ドル(約32億円)相当のCG社株式を購入するとともに、契約料として米国での臨床第3相(P3)試験開始後に1000万ドルを支払う。 さらに、開発の進展や売上高に応じたマイルストン(最大1億ドル)と、売上高に対するロイヤリティを支払う。 スズケン「ステボロニン」「オニバイド」の一社流通を受託 スズケンは3月27日、ステラファーマのホウ素中性子捕捉療法用ホウ素薬剤「ステボロニン」(一般名・ボロファラン〈10B〉)と、日本セルヴィエの抗がん剤「オニバイド」(イリノテカン塩酸塩水和物)について、国内でのメーカー物流から卸流通までの一社流通を受託することでそれぞれのメーカーと合意したと発表した。 両剤は3月26日付で承認されており、両社とも国内で製品を販売するのは初めて。 スズケンは「スペシャリティ医薬品流通の実績と新規参入メーカーの受託実績が評価された」としている。 北里薬品 インフルワクチン、第一三共との提携終了 KMバイオ製品を販売へ 北里薬品産業は3月27日、第一三共とのインフルエンザワクチンの販売提携を3月末で終了し、次のシーズンからKMバイオロジクスが製造するインフルエンザワクチンを販売すると発表した。 KMバイオの製品はMeiji Seika ファルマと北里薬品の2社で販売。 第一三共との「おたふくかぜワクチン」「はしか風しんワクチン」での販売提携は続ける。 ナノキャリア 導入の遺伝子治療薬、卵巣がんで国内開発 ナノキャリアは3月27日、イスラエルのVBLセラピューティクスから導入した遺伝子治療薬「VB-111」について、プラチナ抵抗性卵巣がんを対象に国内で開発することを決めたと発表した。 VBLが米国を中心に行った国際共同P3試験で良好な結果が得られたことを受けた判断。 VB-111は、腫瘍血管内皮細胞のアポトーシスを誘導するのに加え、腫瘍免疫を惹起する作用機序を持つ。 静脈注射による全身投与型の製剤で、ほかの固形がんにも適応が広がる可能性があるといい、VBLは膠芽腫と大腸がんでも開発中。 ナノキャリアはVB-111の日本での開発・販売権を持っている。 科研 新社長に堀内営業本部長、大沼氏は会長に 科研製薬は3月27日、堀内裕之・常務取締役営業本部長が代表取締役社長に就任すると発表した。 現職の大沼哲夫氏は代表取締役に就き、堀内氏は社長就任後も営業本部長を兼務。 いずれも6月下旬の株主総会と取締役会を経て正式決定する。 堀内氏は1984年に近畿大理工学部卒業後、科研製薬に入社。 広島や大阪の支店長を経て2017年4月から現職。 58歳。 科研、20年3月期業績予想を修正 科研製薬は3月27日、2020年3月期の業績予想を修正したと発表した。 修正後の予想は売上高890億円(従来予想比39億円減)、営業利益260億円(37億円増)。 後発医薬品の影響で売上高は従来予想を下回るが、販管費や研究開発費が予想を下回る見通しで、利益は上振れする。 塩野義「ゾフルーザ」12歳未満への適応拡大など米で申請受理 塩野義製薬は3月27日、抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」(バロキサビル マルボキシル)について、経口懸濁用顆粒剤の追加と、「1歳以上12歳未満の合併症のない急性インフルエンザウイルス感染症治療」「1歳以上のインフルエンザウイルス感染症予防」への適応拡大の申請が米FDA(食品医薬品局)から受理されたと発表した。 審査終了目標日は今年11月23日。 米国での開発・販売はスイス・ロシュグループと提携して進めており、これまでに「合併症のない12歳以上の患者の治療」「合併症のリスクが高い12歳以上の患者の治療」で承認されている。 みらかHD、7月に社名変更「H. グループホールディングス」に みらかホールディングスは3月27日、7月1日付で社名を「H. グループホールディングス」に変更すると発表した。 臨床検査を中心とする医療領域からヘルスケア領域に事業領域を拡大する意思を込める。

次の

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年3月27日)

みらか 社名変更

ただいまの関連ニュース総数:514件。 最新記事「前沢工、H. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の