スパイ 映画 おすすめ 最近。 アクション映画のおすすめ人気ランキング50選【スカッとして面白い!】

Amazonプライム【アクション映画おすすめ15選】2019年最新!スパイ!車!ファンタジー!歴史!

スパイ 映画 おすすめ 最近

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 中央新聞社社会部記者須川康夫は、長崎県の大村密入国者収容所から脱走した韓国学生李起春の事件を追って大村へやって来た。 責任者に会った須川は脱走当日警察庁外事課の鵜崎三郎という警部が訪れたことを聞き、疑惑を深めた。 警察庁に鵜崎という警部はいないはずだ。 李は朴政権反対のデモの指導者として逮捕投獄されたが、脱獄して密航して来たのだ。 李の前には、送還、死刑がつながっている。 完全に謀略事件とにらんだ須川は、さらに追求をすすめた。 その頃山谷のドヤ街で韓国外務大臣の訪日に際し日韓会談反対のデモに参加する者に日当を払うというビラが、在日北朝鮮系組織の名を使ってまかれ、京都の朝鮮人少年に韓国から徴兵通知が舞い込んだ。 須川はこの出来事と李の事件は関係あるとにらんだ。 李の足取りがつかめぬ須川に男が車で拉致されるのを見たというニュースが入った。 暗がりの出来事で顔は確認出来ないが、男は李起春に相違ないと思われた。 主犯の男は井村かもしれない。 須川は同僚の紺野と命がけで、井村の写真を撮った。 この写真により、拉致事件の助手席の男と、鵜崎警部が同一人でみることが判明した。 数日後、新潟海岸に乱数表と無電機を携帯した漂流死体があがった。 かけつけた須川は、顔こそちがうが指紋検証の結果李であることを確認した。 話を聞いた李の父の友人金容実は、李は大阪の友だち崔に預ってもらっているので、そんな筈はないと否定したが、大坂の李はスパイ組織のたてた替え玉であった。 身の危険を感じて、帰還船に乗ったニセの李を、新潟に追った須川は、彼を保護する寸前、後をつけたスパイ組織に李を狙撃されてしまった。 ニセの李摘発事件は井村の組織内の立場を、困難なものとした。 井村は、須川を消さなければ、自分の命が危ないことを感じた。 そうしたある日茂子から電話で呼ばれた須川、アパートに待っていた井村と命をかけて対決した。 間にはいった茂子は流れ弾にあたって命を失い、井村もアパートから飛び降りて、自ら命を絶った。 須川は遂に謀略機関告発の手掛りを失った。 だが、組織を必ず捜すことを決意するのだった。

次の

アクション映画のおすすめ人気ランキング50選【スカッとして面白い!】

スパイ 映画 おすすめ 最近

あらすじ 2002年サッカーワールドカップ日韓大会の開催中に起こった韓国と北朝鮮の艦艇による銃撃戦(第2延坪海戦)を描き、韓国で600万人以上の観客を動員した戦争ドラマ。 韓国中がサッカーW杯の3位決定戦に熱狂していた02年6月29日、それまでにも幾度となく領海侵犯をしていた北朝鮮警備艇が、韓国軍艦艇への奇襲攻撃を決行した。 韓国軍357号艇は、艇長の指揮のもと交戦体制に入るが、砲撃の前に兵士たちは次々と倒れていく。 第2延坪海戦の実際の戦闘時間が30分間だったことから、リアリティを出すため、劇中の海上戦闘シーンにも丸々30分が使われている。 天上の門番たちは地上に下り、ファダム道士(キム・ユンソク)に行方不明の笛の探索を願い出る。 やがてその貴重な笛を手にしたのが、高名なチョングァン大師(ベク・ユンシク)の弟子チョン・ウチ(カン・ドンウォン)だと突き止める。 『義兄弟 SECRET REUNION』などのカン・ドンウォン主演の歴史ヒーローアクションムービー。 500年前の世界から現代のソウルによみがえった高名な道士の弟子と妖怪の壮絶なバトルをユーモアを交えて描く。 yahoo. 韓国の情報部員ジュンウォンは最近多発する暗殺事件の裏に、以前から追っている謎の女スナイパーの影を感じていた。 そして遂に自分の命が狙われ、恋人の身を案じた彼は、彼女をホテルにかくまう。 いつもと様子が違う恋人に、何が彼女を苦しめているのか分からず戸惑うジュンウォン。 そんな中、驚異的な破壊力を誇る液体爆弾CTXが強奪される。 同じ頃ソウルでは、韓国と北朝鮮両首脳が列席するサッカー南北交流試合の華やかな舞台の準備が進んでいた……。 yahoo. 隣に住む孤独な少女ソミ(キム・セロン)は、テシクをただ一人の友達として慕っていたが、ある日、ソミが麻薬中毒の母親共々犯罪に巻き込まれ、組織に誘拐されてしまう。 ソミを救い出すため、立ち上がったテシクは……。 2010年に韓国で公開され、その年のナンバーワンヒット作となり、韓国のアカデミー賞ともいうべき大鐘賞で主演男優賞を受賞したほか、計8部門にノミネートされたアクションムービー。 心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女のドラマが展開する。 yahoo. サンジュンの誕生日パーティーに招待されたハンナは、そこでサンジュンの思いがけない言葉に傷つき、全身整形手術に踏み切る。 1年後、美しく生まれ変わったハンナは韓国系アメリカ人「ジェニー」として、再びサンジュンの前に現れる。 そしてその美貌と歌唱力が認められ、念願の歌手としてデビューすることになる。 だが、喜びもつかの間、ハンナにはサンジュンに真実を告白しようか否か、という新たな迷いが生じた…。 wikipedia. あらすじ 地方の村へと引っ越してきた少女スニ(パク・ボヨン)は、物陰から身を隠すようにして自分を見つめる謎めいた少年(ソン・ジュンギ)を発見。 言葉を理解することができず、まるでオオカミのように振る舞う少年にチョルスと名付けたスニとその家族は、彼を居候させることに。 食事の仕方から始まり、洋服の着方、文字の読み書きと、生活に必要なことを教えていくスニ。 次第に彼女は、そのやり取りを経て閉ざしがちだった心が開いていくように。 一方のチョルスは、誰かを愛するという生まれて初めての感情に戸惑う。 yahoo. 金の為なら誰でも殺る懸賞金狩人(マネーハンター、賞金稼ぎ)のパク・ドウォン、人の上に立たなければ気が済まないプライド高き馬賊団の首領パク・チャンイ、踏みにじられても反発する雑草のような生命力を持った列車強盗犯のユン・テグ、彼らは互いの正体を知らぬまま地図を追い求め大陸を駆け回る。 さらに、地図の正体の推測が交錯する中、大日本帝国陸軍と、大日本帝国軍による大陸横断列車の建設予定地だとして追う朝鮮独立軍や、三国派の馬賊団まで地図を手中に収めようと大混戦になる。 果たして最後の勝者は誰になるのか。 wikipedia. それが仕組まれたイカサマ勝負だと知ったゴニは復讐を誓い、伝説のタチャ 最高の境地に達した賭博の達人 ビョン・ギョンジャン ペク・ユンシク に弟子入りするが、やがてイカサマ賭博の仕掛け人マダム・チョン キム・ヘス と出会い、ピョンの元を離れる。 彼女の元で腕を振るっていたゴニは、ある日ムソプと再会し、痛快な復讐を果たす。 amazon. やがて、村で突然村人が自分の家族を手にかける事件が発生する。 犯人には、濁った目と湿疹でただれた肌という共通点があり……。 『アシュラ』などのクァク・ドウォンが主演を飾り、『チェイサー』『哀しき獣』などのナ・ホンジン監督と組んで放つ異色サスペンス。 『華麗なるリベンジ』などのファン・ジョンミンをはじめ、日本からベテラン國村隼が参加。 yahoo. 祖国への忠誠を誓って2年もバカを装っていた彼だが、そこへロックミュージシャンにふんした同じスパイのヘラン(パク・ギウン)と高校生を装うヘジン(イ・ヒョヌ)が合流する。 祖国からの作戦実行の連絡を待ちながら、田舎町の暮らしに慣れ、人々とも交流するリュファンたち。 そして、ついに北朝鮮総政治局に動きが。 だが、その作戦内容は彼らが想像しているものとはあまりにかけ離れていた。 yahoo. 床に頭を強打し、記憶喪失になってしまう。 更に偶然その場に居合わせた売れない貧乏役者のジェソン イ・ジュン が、ヒョンウクのロッカーの鍵をすり替えてしまったことで、ヒョンウクは記憶喪失の売れない役者ジェソンとして生きることに。 しかし生来の完璧主義から、真面目に役者としての成功を目指し始めるヒョンウク。 一方ジェソンは、ヒョンウクにかかってきた依頼の電話を取ってしまったことで、とんでもないトラブルに巻き込まれようとしていた…。 事態を重く見た連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサー(リーアム・ニーソン)は、戦局を打開するため周囲から「不可能だ」と猛反対を受けながらも仁川(インチョン)への上陸作戦を計画する。 唯一の希望であり、作戦成功のカギを握るのは、北朝鮮軍に潜入した諜報部隊のチャン・ハスク大尉(イ・ジョンジェ)。 正体がバレれば即座に処刑されることが確実な極限の状況の中、大尉と部隊の精鋭たちはマッカーサー率いる連合軍艦隊を仁川上陸へと導くため命懸けの作戦行動を開始する。 裏でその糸を引いていたのは祖国日報主幹のイ・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。 ある日、彼の裏の仕事を請け負っていたアン・サング(イ・ビョンホン)に、極秘の裏金ファイルを回収するよう指示が下る。 ジョー』シリーズなどのイ・ビョンホンが主演を務め、財閥と政治家とマスコミの強大な癒着による権力争いに迫る社会派ドラマ。 策略家とその右腕と検事らの野望が複雑に絡み合う、世紀の化かし合いを活写する。 yahoo. だが、山中のトンネルに入ったところで崩落事故に巻き込まれて車ごと生き埋めになってしまう。 目覚めるとがれきに囲まれており、手元には水のペットボトル2本、誕生日を迎えた娘に買ったケーキ、バッテリー充電が78パーセントの携帯電話のみ。 一方、トンネルの外ではレスキュー隊を率いるキム(オ・ダルス)らが救助に取り掛かるが……。 yahoo. ジョンソンはホテルから脱出して難を逃れるものの、韓国側に情報が漏れていることに不安を抱く。 さらに、北朝鮮大使館の通訳官を務める妻ジョンヒ(チョン・ジヒョン)の二重スパイ疑惑を知らされてがく然とする。 韓国国家情報院の追撃を懸命にかわす中、ジョンソンは自分と妻、さらには宿敵ジンスまでもが巨大な陰謀に飲み込まれていることに気付く。 yahoo. ある日、ミヌは思いを寄せる看護師のシネ(イ・ヨウォン)、そしてジヌと映画館でコメディー映画を楽しんでいると、映画館の外では悪夢の事件が起きていた。 yahoo.

次の

アクション映画のおすすめ人気ランキング50選【スカッとして面白い!】

スパイ 映画 おすすめ 最近

『英国王のスピーチ』のコリン・ファース演じるハリー・コートが主役のお話です。 表の顔は高級テーラー「キングスマン」で働く仕立職人。 ところが、「キングスマン」は実は秘密裏に活動する国際的な独立諜報機関であり、ハリーはその組織のエージェントでもありました。 「キングスマン」の新人試験を受ける候補生の奮闘の物語と、人類抹殺計画を企てるヴァレンタインの陰謀を阻止する物語が並行して描かれています。 監督は『キックアス』のマシュー・ヴォーン、ヴァレンタイン役にサミュエル・L・ジャクソン。 アクションだけでなく、俳優の演技やストーリーなど全てにおいて質が高く、スパイ映画初心者におすすめの作品です。 アトミック・ブロンド 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンが主演を務める本格アクション映画です。 舞台は1989年、東西冷戦末期のベルリン。 シャーリーズ・セロンが演じるのはイギリス秘密情報部MI6の女性エージェント、ロレーン・ブロートン。 盗まれた極秘情報リストを、ベルリンに潜入中の男性捜査官と奪還するというスパイ映画の教科書のような作品です。 シャーリーズ・セロンがセクシーかつカッコいいです。 ハードなトレーニングを積んで撮影に臨んだ彼女のストイックさが、アクションシーンに滲み出ています。 また、80年代を連想させる重厚な音楽も、本作の魅力をよりいっそう引き立たせています。 音楽好き、シャーリーズ・セロンのファンの方に是非とも鑑賞していただきたいです。 カジノ・ロワイヤル おなじみ『007』シリーズ。 シリーズ第21弾作品ではありますが、今までのシリーズとは時系列が異なっており、新しい『007』の始まりといえます。 6代目ボンドを、ダニエル・クレイグ、ヒロインのボンドガールをエヴァ・グリーンが演じています。 シリーズ初の金髪ボンドの登場に、当初は批判の声も聞こえましたが、今ではダニエル・クレイグこそ真のジェームズ・ボンドであると賞賛の嵐を受けています。 過去の『007』シリーズを知らない方にもおすすめです。 シュリ 1999年に公開された韓国映画。 本国で『タイタニック』の観客動員数の記録を更新し、日本でも大ヒットした作品です。 その工作員の正体は身近な人物であった、、、というベタなラブストーリーの側面もありつつ、北の工作員と南の諜報部隊との激しいアクションシーンも盛り沢山で、観客を楽しませるサービス精神に溢れた良作です。 恋人と一緒に鑑賞すると、より感情移入できるかもしれません。 ボーン・アイデンティティー 『ボーン・アイデンティティー』シリーズの第1作目。 マッド・デイモンが演じるのは、記憶を失った謎の男。 マルセイユ沖で漂っていた彼は航海中の漁船の船員に助けられますが、この時点で既に過去の記憶がありません。 唯一の手がかりは、自らの皮膚の下に埋め込まれていたマイクロカプセルのみ。 そこにはスイスの銀行の口座番号が記されていました。 見どころはたくさんありますが、個人的にはカーチェイスのシーンが大好きです。 パリの街中を前時代のオンボロミニ・クーパーが駆け抜けるシーンは、車好きにはたまりません。 全体的に暗い印象で派手さもない今作ですが、その作風がマッド・デイモンの無骨な感じと実にマッチしていて素晴らしいです。 重厚な作りのアクション映画を堪能したい方におすすめしたい良作です。 ジュード・ロウ扮するCIAエージェントのファイン、彼とパートナーを組んでいた内勤捜査官のスーザンがこのストーリーの主人公です。 ある事件がきっかけで、スーザンは現場捜査官になり・・・。 ・・・といった細かい説明は邪魔でしかありません。 とにかくプレーヤーの再生ボタンを今すぐに押すことをおすすめします。 何も考えずにただひたすらに笑いましょう。 日々の生活に疲れきっている方、必見です!観終わった後、今まで抱えていた悩みなんてどうでもよくなってしまいます。 最高のエンタメ映画です。 下ネタが苦手な方はご視聴を避けることを推奨します。 ゲット・スマート 1965年から計5シーズン放送されたTVドラマを現代風にアレンジ、スケールアップさせた同作。 アメリカのスパイ機関『コントロール』に在籍する主人公のスマート。 分析官として優秀過ぎるが故に、希望するエージェントに転属できないでいました。 ある事件がきっかけで、スマートはエージェントに抜擢され、エージェント99という女性エージェントとコンビを組みミッションに取り組んでいきます。 ギャグが要所要所に散りばめられたコメディ色の強い作品です。 良い意味で肩の力を抜いて観られる映画です。 日本でも有名なマシオカも出演しています。 見どころは、なんといってもアン・ハサウェイ。 『プラダを着た悪魔』で彼女に目を奪われた男性も多いことでしょう。 アン・ハサウェイのファンならば必ず観るべき一作といえます。 スパイキッズ 第88回アカデミー賞において作品賞を含む6部門にノミネートされ、映画批評家からの評価も高い本作。 スティーヴン・スピルバーグ監督、4つのオスカーを獲得したコーエン兄弟が実話を基にして脚本を手掛けたスパイ映画です。 ただし、これまでに紹介してきたアクションがメインのスパイものではなく、人間の内面を描いたヒューマンドラマの要素が濃い作品に仕上がっています。 緊張状態にあった米ソ冷戦時代、トム・ハンクス扮する弁護士ジェームズ・ドノヴァンがソ連のスパイの弁護を引き受け死刑を回避させます。 その数年後、ソ連に捕らえられたアメリカのスパイと自分が弁護したソ連のスパイの交換という任を受けるドノヴァン。 失敗すれば戦争勃発の引き金を引くに等しい状況で、双方を救おうともがく姿に心うたれます。 人間関係に悩む全ての人に是非おすすめしたい至極の1本です。 インファナル・アフェア 欧米作品が多いスパイ映画ですが、こちらアジアは香港のクライムサスペンスの代表作の1つです。 マフィアの組員ラウは警察へ、警察官の卵であるヤンはマフィアへと、それぞれ潜入を命じられます。 それから10年が経ち、ヤンは麻薬取引の情報を警察に流しますが、もちろんラウによって警察の動きもマフィアに筒抜けです。 お互いの企みが失敗に終わることで、警察とマフィア双方がスパイの存在に気づいてしまいます。 ラウとヤンの心理的葛藤を、アンディ・ラウ、トニー・レオンが見事に表現しています。 インファナル・アフェアは全3作あり、日本でも香川照之と西島秀俊によってリメイクされているので、両作を比較したり色々な楽しみ方ができます。 GWなどの連休は、お出かけするのも良いですが、エアコンの効いた部屋でインファナル・アフェアシリーズを制覇してみてはいかがでしょうか? レッド・スパロー ケガを負いバレリーナとしての将来を断たれたドミニカ・エゴロワ。 病気の母親の治療費を工面するため、ロシア諜報機関のスパイとなることを決意します。 その後、ドミニカはスパイに必要な技術を学び、ロシア情報庁の上層部に潜む、アメリカとの内通者をあぶり出すために動きます。 主役のドミニカ役には、アカデミー賞主演女優賞を獲得したジェニファー・ローレンス。 実力派若手女優の体当たりの演技に注目です。 ビジネス社会における女性の在り方、権利を今一度見つめ直さなければならない、そんな問題を提起する作品ではないでしょうか。 寒い国から帰ってきたスパイ スパイ小説を中心に作品を発表しているジョン・ル・カレの同名小説を映像化した作品です。 日本では1966年に公開されました。 イギリス情報部に所属するリーマスは、密命を受けて東ドイツへ潜入します。 その指令とは、東ドイツの諜報機関の実力者であるムントを失脚させること。 任務は成功したかのようにみえたのですが、最後の最後にどんでん返しが・・・。 信頼していた人に裏切られたり、信じていたものが土台ごと崩れたとき、あなたはどのような行動をとりますか?この作品は、所詮自分は社会の歯車の1つであるという現実を突きつける一方で、小さな歯車としてどう足掻いて生きていくかが重要であるということを教えてくれます。 働く全ての人に観ていただきたい名作です。 ラスト、コーション 舞台は日本占領下の上海。 抗日運動を弾圧する特務機関員の男を暗殺しようとする女性スパイの葛藤を描いた物語です。 女性スパイは男の懐に潜り込むことに成功しましたが、特務機関員という立場に苦悩する男に徐々に惹かれていきます。 胸が苦しくなるほどの結末を迎えます。 主役のトニー・レオンを誘惑するヒロインを熱演したのは、オーディションで約1万人の中から選ばれた、タン・ウェイ。 この作品はヴェネツィア国際映画祭でグランプリにあたる金獅子賞を獲得しました。 過激な性描写があるため15歳未満の方は視聴できませんが、恋愛に興味を持つ10代にこそ観てほしい映画です。 本作を観るたびに、真に人を愛するためには大きな自己犠牲が必要なのではないか、と考えさせられます。 グッド・シェパード ロバート・デ・ニーロが、監督、製作、出演の3役を担当し、主役の諜報部員役をマッド・デイモン、その妻をアンジェリーナ・ジョリーが演じています。 言わずと知れたアメリカの諜報機関、CIAの成り立ちの歴史、冷戦、キューバ危機の時代を描く本作。 キューバのカストロ政権転覆を狙ったCIAでしたが、CIA内部からの情報漏洩により計画は失敗します。 マッドデイモン扮する諜報部員は、裏切り者であると疑われてしまいますが、実は意外な人物が情報漏洩に加担していました。 職務上、秘密を明かすことが出来ない男の苦悩、そんな夫への不満を募らせる妻。 国家をとるか、家庭をとるか、そんな主人公の葛藤が見事に表現されています。 一般のサラリーマンの方にも似たような経験があるのではないでしょうか?仕事の悩みを家族に相談出来れば良いのですが、職務上愚痴をこぼすわけにもいかない。 自分と主人公を重ね合わせて鑑賞することで、色々なことに気付けるかもしれません。 汚名 父親に、ドイツのスパイであるという容疑がかけられた娘のアリシア。 売国奴の娘として非難を浴び苦しんでいた彼女を救ったのが、デブリンという男でした。 しかし、彼の正体はFBI捜査官であり、アリシアに近づいた目的は、ナチの残党へスパイとして潜入し情報を得るためだった、という切なく悲しい物語です。 監督は、あのアルフレッド・ヒッチコック。 撮影当時の映画製作のルールに「キスシーンは3まで」というものがありました。 彼は、これを逆手に取り「3秒以内のキスを繰り返して2分半のシーンを撮影する」手法を取りいれ、当時の厳しい検閲をクリアしました。 サスペンス映画の神様とも称され、現代の映画界に多大な影響を与えたヒッチコックの演出を堪能したい方、是非ご覧になってください。 裏切りのサーカス 元MI6のスパイであるジョン・ルカレの人気小説を映像化した作品です。 イギリス諜報部「サーカス」の中枢に潜り込んでいるソ連の二重スパイをあぶり出し始末する。 シンプルな設定なのですが、この映画を十分に理解して楽しむためには、複数回鑑賞することをおすすめします。 登場人物が大変多く、また時系列もバラバラに描かれており、ストーリーを咀嚼するまでにかなりの時間を要します。 覚悟して鑑賞に臨むことをおすすめします。 難解な映画なのですが、俳優陣の渋い演技が光っています。 ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディといった、実力派俳優同士の真剣勝負が観たいという方は必見です。 おすすめのスパイ映画のまとめ スパイ映画というと、派手なアクションばかりが注目されがちなのですが、こうやってみると実に様々な視点から描かれている作品が多いことが分かります。 特に、スパイ映画における加害者と被害者の心の機微や葛藤を巧みに表現し、スパイというフィルターを通して、人間とは何であるかを訴えている作品が多数存在します。 生きることは他者と関わることであり、全ては人間関係だと私は考えます。 人間関係に疲れたとき、人間関係で悩んだとき、スパイ映画が答えのヒントを教えてくれるかもしれません。

次の