ジョーダン ヒース。 Bリーグ

川崎ブレイブサンダースに待望のタイトルを、ジョーダン・ヒース「これまでやってきたことを続ければ問題ない」

ジョーダン ヒース

中地区BEST5の選考は、2位のシーホース三河に13. 5ゲーム差をつけ、31勝9敗でぶっちぎりの首位に立った川崎ブレイブサンダースの先発メンバーが主軸となる。 しかし、タイムシェアをしていたこともあり、スタッツに反映される活躍を見せた3選手に絞られた。 横浜アリーナでの開幕戦で先発出場した 藤井祐眞だったが、その後は例年どおりのシックスマンとしてベンチから勢いづける。 これまでも候補にその名は挙がったが、シックスマンゆえにBEST5の選考から外されてきた。 篠山竜青が負傷欠場し、年明けから先発を任され続けたことで満を持してのノミネートとなる。 平均12. 1点、5アシストはいずれもキャリアハイを更新し、篠山に代わってはじめてオールスターにも出場した。 富山グラウジーズの宇都直輝や三遠ネオフェニックスの河村勇輝を推す声もあったが、藤井が圧倒した。 得点2位(23. 2点)、リバウンド3位(11本)、3Pシュート成功率3位(41. 今シーズンより加入した ジョーダン・ヒースの活躍は、選考委員たちを唸らせた。 3Pシュート成功率47. 1%でリーグ2位、208cmながら走力もあり、川崎のスタイルをさらにレベルアップさせた功績を評価する。 帰化枠のファジーカスとともに、ヒースをはじめとした外国籍選手2人を同時起用するビッグラインナップは今後も脅威だ。 来シーズンは2地区制となり、中地区が消滅する。 川崎は2017-18シーズン以来の東地区へ。 そのときは千葉ジェッツ、アルバルク東京に続く3位だった。 チャンピオンのA東京とは天皇杯を含めれば2勝1敗と今シーズンは勝ち越したが、同地区となれば必然的に試合数が増える。 川崎同様、ビッグラインナップも可能となった帰化選手を擁する千葉や宇都宮ブレックスとのハイレベルな戦いが今から待ち遠しい。 残る2人は2位の三河から選出された。 日本屈指のポイントゲッターである 金丸晃輔は3Pシュート成功率44. 8%、フィールドゴール成功率49. 平均17. 9点から14. 3点に下がったが、特にオフェンス面では厚みが増した新戦力たちの影響もある。 平均23. 4点で3年連続得点王になった ダバンテ・ガードナーの存在は大きい。 得点だけではなく、4. 8本で自身のアシスト記録を更新した数字も見逃せない。 三河にとって、最初の20試合は5勝15敗となかなか勝てないシーズン序盤だった。 しかし、ガードナーら新戦力がフィットしはじめたことでその後の21試合は13勝8敗と白星を増やしている。 調子を上げていただけに、もう少し見ていたかった。 中地区2位ではあるが、その勝率はリーグ全体で見れば11番目。 昨シーズンはチャンピンシップ出場を逃している。 来シーズンは西地区となる三河はチームケミストリーをさらに高め、常勝軍団復活に期待したい。 文 泉誠一 写真 泉誠一、三上太.

次の

川崎ブレイブサンダースに待望のタイトルを、ジョーダン・ヒース「これまでやってきたことを続ければ問題ない」

ジョーダン ヒース

攻守にフル回転も「休むのは引退してからでいい」 天皇杯ベスト4、川崎ブレイブサンダースは宇都宮ブレックスに82-61と快勝した。 ベスト8ではマティアス・カルファニ、篠山竜青をケガで、鎌田裕也をインフルエンザ発症で欠く中でアルバルク東京との激闘を制した。 ただ、ここで大活躍を見せた藤井祐眞までもインフルエンザで離脱したが、その不利を感じさせないハイインテンシティ、エナジー全開のプレーで宇都宮を圧倒した。 川崎にとって大きかったのは、シューターの辻直人を先発ポイントガードに起用して未知数な立ち上がり、第1クォーターで15-10と主導権を握れたこと。 そして、この勢いに乗って前半で2桁のリードを奪い、後半もそのまま押し切った。 原動力となったのはジョーダン・ヒースだ。 ディフェンスでは宇都宮のエースであるライアン・ロシターとマッチアップ、タフショットを打たせてリズムを崩した。 オフェンスでは得意の3ポイントシュートを次々と沈め、前半だけで18得点と試合を支配する活躍だった。 開口一番「最高の気分だよ」と笑顔を見せたヒースは、勝因をこう語る。 「宇都宮はプレッシャーをかけてきたけど、そこで引かずにアタックすることでレイアップなどイージーシュートに繋ぐことができた。 相手にエナジーで上回ったことが勝利の鍵となった」 離脱した藤井について「ハイエナジーを出せる選手で、いないのは残念」と大きな痛手であったと認めつつ、その不利を補った辻を称賛した。 「ポイントガードとしてステップアップしてくれた辻の頑張りが本当に大きかった」 ファジーカスとの『リーグ最強ツインタワー』 天皇杯前の最後のリーグ戦となる1月5日の富山グラウジーズ戦、この時点で篠山、カルファニを欠いていた川崎は56-88と良いところなく完敗。 外からは不安を感じさせる内容で、天皇杯を迎えていた。 だが、ヒースにネガティブな思いはなかった。 彼にはオフシーズンから続けてきたチーム作りに揺るぎない自信があった。 「富山との試合はバッドゲームだった。 ただ、どんな仕事をしていても時にうまくいかない時はある。 あの試合はそういう日だったというだけ。 あの負けまでは16連勝していたし、リーグ最高勝率で天皇杯に突入した。 だから、これまでやってきたことを続ければ問題ないと思っていたよ」 Bリーグ開幕後では初のタイトル、そして2014年以来となる天皇杯王者を懸けた決勝の相手はサンロッカーズ渋谷となる。 相手は積極的な選手交代を繰り返し、40分を通して前から激しいプレッシャーをかけてくる。 ただ、前がかりの守備なだけに、そこを突破できればゴール下でイージーシュートのチャンスが生まれやすくなる。 SR渋谷のプレッシャーを突破し、素早く敵陣へとボールを運ぶ。 そして3ポイントシュートに加えアリウープなどゴール下への豪快なアタックが持ち味のヒースが、いかにオフェンスに絡んでいけるかが川崎が勝つための重要なポイントだ。 ここ2試合ほぼ出ずっぱりでスタミナ面が不安視されるが、ヒースはこれを一蹴する。 「疲れはないよ。 僕は走るのが好きだ。 そして何よりもバスケットボールをプレーするのが大好きだからね。 休むのは引退してからでいいよ」 振り返れば川崎はニック・ファジーカスの加入以降、彼の相棒としてはBリーグ初年度のライアン・スパングラーなどフォワードタイプは機能するも、ビッグマンはなかなかフィットしないでここまで来た。 だが、ヒースはチームが切望していたファジーカスとうまく共存できる待望のビッグマンだ。 ここで天皇杯王者になれば、名実ともにファジーカス、ヒースは『リーグ最強ツインタワー』の座を確立できる。

次の

ヒースジョーダン

ジョーダン ヒース

ジョーダン・スピース Jordan Spieth 基本情報 名前 ジョーダン・スピース 生年月日 1993-07-27 (26歳) 身長 185 cm 6 ft 1 in 体重 84 kg 185 lb 出身地 経歴 プロ転向 2012年 メジャー選手権最高成績 優勝: 2015 優勝: 2015 優勝: 2017 2位: 2015 受賞 PGA新人賞 2013 PGA最優秀選手賞 2015 PGAツアー最優秀選手賞 2015 PGAツアー賞金王 2015 フェデックスカップ優勝 2015 ヴァードントロフィー 2015 バイロン・ネルソン賞 2015 成績 優勝回数 PGAツアー: 11勝 など 世界ランク最高位 1位(2015年8月17日付) ジョーダン・スピース( Jordan Spieth , - )は、・出身のである。 身長185cm、体重84kg。 アマチュア時代 [ ] 全米ジュニア・アマチュア選手権で2009年と2011年に優勝。 全米ジュニア・アマチュア選手権で複数回優勝したのはに続き二人目。 2012年、の一員として、選手権で優勝 、オールアメリカンにも選ばれた。 ではローアマチュア(出場アマチュア選手最上位)を獲得した。 プロ経歴 [ ] 2013年7月のでは、、とのプレーオフを制して初勝利をあげた。 PGAツアーで10代で優勝したのは82年ぶり。 2013年のの新人賞(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)を受賞した。 またキャプテン推薦でにも出場した。 2014年には、にも出場。 豪PGAツアーのエミレーツ・オーストラリアン・オープンでプロ2勝目を挙げた。 2015年には前年2位となったでの記録に並ぶ270ストローク、史上2番目の若さで優勝を果たし、グリーンジャケットを獲得した。 続く6月の全米オープンでは最終日最終組の1組前でプレーし、トップで最終組を待った。 その後が18番パー5のグリーンで3パットを喫してしまったことで全米オープン初優勝を果たし、メジャー選手権連勝を果たした。 8月に全米プロでは2位となり、が保持していた世界ランク1位を獲得した。 しかし2週間後のプレーオフ第1戦ので予選落ちし、世界ランク1位をマキロイに明け渡した。 その後ツアー最終戦のツアー選手権で優勝し、初優勝となり、世界ランクも1位に返り咲いた。 2016年は初戦のヒュンダイ選手権で優勝。 しかし4月のマスターズでは3日間首位を守りながらも最終日アーメンコーナーの12番パー3で2度の池に入られこのホールを「7」とし、優勝をに奪われてしまった。 通算成績(14勝) [ ] PGAツアー(11勝) [ ] No. 年 トーナメント名 相手選手 結果 1 2013年 、 プレーオフ4ホール目、パーで優勝 2 2013年 プレーオフ2ホール目、リードがバーディー、リードが優勝。 3 2015年 , プレーオフ3ホール目、バーディーで優勝。 4 2015年 , ホームズが2ホール目でパーを決め優勝。 スピースは1ホール目でパーで脱落。 5 2015年 プレーオフ2ホール目、パーで優勝 6 2017年 プレーオフ1ホール目、バーディーで優勝。 7 2017年 ジョンソンが1ホール目でバーディーを決め優勝 豪PGAツアー(2勝) [ ] No. 1934• 1936• 1937• 1938 ヘンリー・ピカード• 1939 ラルフ・ガルダール• 1940 ジミー・デマレー• 1943—45 のため中止• 1946 ハーマン・カイザー• 1947 ジミー・デマレー• 1948 クロード・ハーモン• 1949• 1950 ジミー・デマレー• 1951• 1952• 1953• 1955• 1956 ジャック・バーク・ジュニア• 1957 ダグ・フォード• 1958• 1959 アート・ウォール・ジュニア• 1961• 1963• 1964• 1965• 1967 ゲイ・ブリュワー• 1968 ボブ・ゴールビー• 1969 ジョージ・アーチャー• 1971 チャールズ・クーディー• 1973• 1974• 1975• 1977• 1978• 1980• 1981• 1983• 1984 ベン・クレンショー• 1985• 1986• 1988• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995 ベン・クレンショー• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2004• 2006• 2007• 2008• 2010• 2011• 2014• 2016• 2018•

次の