サザエ さん。 初期『サザエさん』の過激描写に騒然!カツオの首絞めにフネの刃傷沙汰、波平へのガン宣告

舞台「サザエさん」 <オフィシャルHP>

サザエ さん

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年4月) サザエさん症候群(サザエさんしょうこうぐん)とは、の夕方から深夜、「翌日()からまたやをしなければならない」「月曜日の休み=タブーである・ガックリする・罪悪感を感じる」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の、における俗称である(後述するように、テレビアニメ『』は日本国内の多くの地域で日曜日夕方に放映される)。 実際に月曜日(マンデー)に仕事や学業が始まってからの憂鬱さ、また交代制勤務において月曜日の休みを敬遠する・嫌うことを含めた、同じような症例の ブルーマンデー症候群 Blue Monday についても取り扱う。 概説 [ ] 主にやなど、月曜日(連休の時は翌日の火曜日)から学校や勤務が始まる人に起こりうる症状とされる。 また交代制勤務において月曜日(連休の時は翌日の火曜日)の休みを敬遠する・嫌う人にも起こりうる症状とされる(土日に出勤した場合や仕事柄で月曜日が閑散日にあたるため月曜日が定休日になっている業種以外で業務や学業が輻輳する週の中で最も忙しい月曜日(連休の時は翌日の火曜日)に休むことはごくつぶしと思われる・休みことに罪悪感を感じる(月曜日に休むこと=タブーである)風潮があるため、月曜日(連休のときは翌日の火曜日)に続けざまに休みを入れられると暗に「戦力外通告」「仕事を辞めろ」的なニュアンスに感じる)。 月曜日(連休のときは翌日の火曜日)になるごく軽度の又はの一種とする説もある。 ただし、夏休み中や冬休み中などの長期休暇の場合や、・日曜日が学校や勤務でが休日の場合は翌日の月曜日も休みのため、なる人があまりいないこともある。 ブルーマンデー [ ] 世界的には Blue Monday(ブルーマンデー、「憂鬱な月曜日」)と言われ、休日明けの物憂い月曜日(月曜固定祝日・月曜強制休日を含む(連休の時は翌日の火曜日))として広く認識されている。 日本のによる調査(2018年2月に働く男女と専業主婦の各400人に実施)では、「憂鬱に感じる曜日」は月曜日が各層とも最多だった。 の上田路子らによる人口動態調査票の分析では、男性のが最多なのは月曜午前であった。 予防や軽減には「金曜日までに仕事を片付けたうえで翌週の予定を立てておく」「週末は趣味などに没頭する」ことなどが有効とされる。 月曜(連休の時は翌日の火曜)の始業を午後にすることを認めたり、休日を日・月曜日にしたりするなどの対策を行う企業も一部にある。 交代制勤務に従事する者は業務が輻輳する月曜日(連休の時は翌日の火曜日)に休日を入れないようにしてもらう・通常の配置より増配置をして負担を軽減する。 もしくは月曜日(連休の時は翌日の火曜日)に休日指定されている場合に休日出勤の要請を募集している場合は積極的に出勤するなどが有効とされる。 名前の由来 [ ] この名前の由来は、『』が日曜日の終わりの代名詞となっていることである。 休日の終わりを自覚する最も多いパターンが、で毎週日曜日18:30 - 19:00()にで放送されているアニメ『』の放送時間帯であることから、この名称がつけられたとされる。 『サザエさん』は50年を超えるであり、世代にかかわらず認知度が高く、放送開始時刻・終了時刻が固定されており、プロ野球中継などで放送休止になる例が非常に少ないことから、日曜夕方の代名詞となったといわれる。 は自身のシングル『NIPPONのサザエさん』でサザエさん症候群を表現している。 この症例はの終わり、仕事の始まりを実感し憂鬱になるものであり、それらを概して呼ぶために比較的認知されやすい語を用いて説明しているに過ぎないため、警察・自衛隊・製鉄所など交替勤務を要するものや、平日に定休日を設ける商店など、必ずしも日曜日が休日とならない職種の人、『サザエさん』を他の曜日および日曜日の早朝にで放送している地域(フジテレビ系列の置局がない・・・では系列外局で放送) の人が覚える休日の終わりによる憂鬱感でも、こう呼称して問題は無い。 脚注 [ ] [].

次の

舞台「サザエさん」 <オフィシャルHP>

サザエ さん

ストーリー [ ] 東京のある町に、磯野という一家が住んでいた。 家族は父母の元に長男・カツオ、次女・ワカメ、そしてうっかり者の長女・サザエだ。 ある日磯野家に、新聞社勤めの親戚ノリスケが下宿を申し込んだ。 協議の末、大食に相当する下宿代で下宿を許す。 やがて、サザエが「女性クラブ」という雑誌社に採用され、勇んで出勤するが、間違えて山高商事に出勤、たまたまその会社にいたフグ田マスオによって、「女性クラブ」へ案内され、サザエはマスオに心を惹かれる。 さてサザエの初仕事は、小説家・神田大六宅への原稿取り、いざ神田宅へ上がり込んで見れば、その神田氏とは、以前サザエが親友ミチコの勤めるデパートで失敗の末、怒らせた客だったのだ。 慌てて逃げ出したサザエは「女性クラブ」を首となるが、マスオの薦めで大木探偵事務所に転職、素行調査の依頼からノリスケとミチコの恋を知り、サザエの援助で二人は結婚した。 やがてもうすぐクリスマス。 ミチコの名案で、サザエはマスオへのクリスマス招待状を送る。 そしてクリスマス当日、かねてからマスオに言われた通り女らしく振る舞うサザエ。 だがなかなかマスオは来ない。 だがようやく、「会社の都合」という理由でマスオはやってきた。 プレゼントはサザエ貝のブローチだった。 喜んで踊る二人を中心に、磯野家のクリスマスは続いていた…。 スタッフ [ ]• 製作:杉原貞雄• 原作:• 脚本:• 音楽:• 撮影:遠藤精一• 美術:、植田寛• 録音:保坂有明• 照明:大沼正喜• 監督助手:• 製作担当者:• スチール:高木暢二• 監督:• 磯野サザエ:• フグ田マスオ:• サザエの父親 :• サザエの母親 :• 磯野カツオ:• 磯野ワカメ:• ノリ助:• ミチコ:• 女性クラブ編集長:• 貝原キミ子:• 神田大六:• その夫人:• 山中老人:• 大木探偵所長:• 中野夫人:• 所員:• およしチャン:• おでん屋の女将:• おでん屋のオッさん:• 流しの男A:• 流しの男B:• 横向夫人:• 医者:• 三河屋のサブちゃん、洗濯屋、炭屋、魚屋: 同時上映 [ ]• 中編2本をまとめて上映した。 なお原作の倉金は本作の長谷川町子同様、の弟子であったため、期せずして田河門下生の漫画家原作作品がカップリングされる形となった。 その他 [ ]• 本作では主題歌の他にが挿入歌としてクライマックスで使われている。 本シリーズは映像ソフト化された事はなく、またでも放送される事は無かった。 だが、サザエさん誕生70周年を記念して、にCS「」にて本作が初めて放送された(本作を含む全10作が、にかけて毎月1作品ずつ順に放送される)。 脚注 [ ] []• なお、家の表札は「磯野松太郎」となっていた。 また、本作のポスターでのみ「磯野アワビ」の名が記されていた。 「磯野フネ」の名前の初出は、3作目の『』、「磯野波平」の初出は9作目『』で、正式に役名が「波平」・「フネ」と記述されるのは、7作目『』から。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

サザエさん症候群

サザエ さん

これまで再放送や映像ソフト化されてこなかった、アニメ『』の初期作品群が、フジテレビの運営する動画配信サービス「FOD(フジテレビオンデマンド)」で配信中。 現在視聴できるのは1969年10月5日に放送された第1回から第53回までの中から、抜粋された50回分。 FODでは、これ以降の作品も随時配信していく予定だ。 現在放送中のものとは作風や表現が異なることから、インターネット上で大きな話題となっている初期『サザエさん』。 第1回が放送された1969年当時は、まだによる原作漫画が朝日新聞にて連載中で、アニメも原作の持つ雰囲気を色濃く反映させたものになっている。 アニメの第1回は、「75点の天才」「押売りよ こんにちは!! 」「お父さんはノイローゼ」の3本立てで、記念すべき1話の「75点の天才」では、サザエやカツオなどを筆頭に、ペットのタマも含めたサザエさん一家が総登場。 ただし、現代と比べると演出はかなり過激。 開始わずか1分30秒でカツオがボコボコにされたり、磯野家を訪ねてきた親戚筋のハマ子おばさんがカツオに縄で首を締められ、顔を真っ赤にしたりするなど、初期はギャグ漫画色が強く、暴力&過激描写も頻出。 波平宛のラブレターを見つけたフネが怒りにまかせてハサミをチョキチョキさせながら波平を追いかけ回したあげく、最後は馬乗りになって波平の1本しかない貴重な髪の毛を刈り取ろうとするシーンなどは、今見るとハラハラしてしまう。 また、タマも現在のかわいいイメージからはかけ離れており、凶悪な表情で磯野家に住みつくネズミと『トムとジェリー』ばりの攻防戦を繰り広げる。 また原作に準じるかのようにブラックジョークも散見される。 「お父さんはノイローゼ」では、早朝から庭で体操をする波平に、カツオがハタキの柄をボキッと折って、波平に背骨を折ったと勘違いさせるいたずらを敢行。 この時点ですでに冗談が過ぎるが、さらに物語はエスカレートしていく。 ドタバタに巻き込まれて寝込んだ波平に対し、サザエが家庭用の医学書を片手に診察し、あろうことか「ガンよ、ガンの症状!」と勝手に診断。 不安を募らせた波平は病院へ行き、そこでさらに誤診されるという、破天荒なストーリーが展開していく。 初期は、放送禁止用語や過激な描写などが続出するため、現在の『サザエさん』に慣れていると、少々面食らうかもしれないが、それでも見逃せない部分も多い。 オーバーなデフォルメ描写やキャラクターの表情の豊かさなどは、50年前の作品ながら今見ても新鮮に映るはずだし、声をあてる名優たちの演技もユーモラスで、つい笑ってしまう。 また、現在の『サザエさん』でも使われているの歌うOPテーマの『サザエさん』とEDテーマの『サザエさん一家』にも注目したい。 一部、1番と2番の歌詞を入れ替えていたりはするが、大筋でほとんど変更されていないOPやEDはファンならずとも必見。 今と変わらないメロディが国民的アニメの持つ普遍的な魅力を伝えている。

次の