世にも奇妙な物語 懲役30日。 七歳になったら (ななさいになったら)とは【ピクシブ百科事典】

『世にも奇妙な物語』の人気名作エピソード20選【ネタばれ注意】

世にも奇妙な物語 懲役30日

あの看守、デスノートのライトの父親? -- 名無しさん 2015-11-24 02:23:12• コメント欄が長くなってきたのでリセットしました -- 名無しさん 2015-12-03 23:08:29• 昔見た記憶だと刑期が終わったと思ったら最初の1日目だったというオチだった -- 名無しさん 2015-12-04 06:02:06• 人気投票8位って出てるけど実際はジャニオタ票が凄まじいから、純粋な人気で言えばトップクラス -- 名無しさん 2016-06-06 21:31:24• これが終わりのない終わりというやつか。 -- 名無しさん 2016-06-06 23:08:37• 現実の時間で30日丸々5分ごとに注射を打たれたのなら1時間で12回、24時間で288回になるから30日になれば8640回も打たれたことになるのか。 -- 名無しさん 2016-06-09 17:48:45• 手塚治虫の漫画では処刑される瞬間に意識加速して「銃弾がゆっくりめりこんでくるっ!」という死に方した奴が。 あとサイボーグ009でジョーの加速装置が壊れた時とかにも似ている。 -- 名無しさん 2016-06-23 14:00:17• まだだ…君がここに来てまだ、5秒しか経っていない -- 神楽坂克明 2016-06-26 21:12:24• さあ、先を続けようか。 君にはあと、29日と23時間55分の懲役が残っている… -- よかれ 2016-08-31 13:37:07• この男がせめて美少女だったら興奮できた -- 名無しさん 2016-09-25 01:29:01• 事実は小説より奇なりを地で行くとか恐ろしいなイギリス -- 名無しさん 2016-09-25 15:46:22• 個人的にはVR看守をどうやって制御してるのか気になるな。 囚人の言動に反応してるってことはある程度の会話機能もあるようだが…AIとか使ってるのかな。 -- 名無しさん 2016-11-11 12:35:17• 体感時間8万年もあるんなら、シナリオを丁寧に作らなくても、真っ白な空間に放置するだけで十分苦しめそう -- 名無しさん 2016-11-11 15:58:49• ナルトの月読のベースってこれだったりするのだろうか -- 名無しさん 2016-12-13 20:49:41• これ外のマスコミとか注目……しないかな。 -- 名無しさん 2016-12-30 23:01:22• アウターゾーンリ:ビジテッドでも、VR刑務所の話があった。 -- 名無しさん 2016-12-30 23:26:57• 刑務所の定員オーバーの解決策なんだが、現実では医療の発展のために死刑囚を人体実験で使い潰す方法もあるんだよね。 中国では既に実践してるし -- 名無しさん 2017-03-10 01:02:47• しかしあんな苦痛受けてよく歩けるな。 植物状態にでもなりそうなもんだが -- 名無しさん 2017-04-09 11:22:27• マユリ様の超人薬を現実でも作れる………だと………? -- 名無しさん 2017-10-29 08:24:46• 備考の「イギリスの科学者が~」以下の件はガセやぞ -- 名無しさん 2018-07-10 11:35:28• 計算上、30日で薬物投与する回数は合計8000回超える。 そんなに投与されたら30日経つ前に死んでしまうと思うが。 -- 名無しさん 2019-02-04 11:31:15• というか5分ごとに注射しなきゃいけないなら、医療技師が足りなくなりそう。 この間隔だとほぼ付きっ切りになるし -- 名無しさん 2019-05-21 08:12:31• 一人に対して付きっきりで24時間の看護体制、それで一人の人間が壊れてきっていくところを眺める・・・刑務所に収監している方が肉体的にも精神的にもよっぽど楽だろうな -- 名無しさん 2019-10-10 05:34:53• 本当にやるとしたら、人間が注射するんじゃなくて機械が五分ごとに薬剤を注入する仕組みにするだろうね。 ベッドに括り付けだから暴れたりする心配もないし眠りっぱなしだから管理も楽だし理想的ではあるね -- 名無しさん 2019-10-10 07:57:44• しかして、刑務所の回転率を上げるためなら、軽犯罪においても使用されるだろうから懲役数時間とか数分とかも起こるのかな。 犯罪被害者は納得できなさそうだが -- 名無しさん 2019-10-10 08:09:47• もし現実で実現したら、京アニ放火事件の犯人にやって欲しいな。 -- 名無しさん 2019-11-10 11:10:48• もし無敵の人にこれをやるとなると、捕まることが死よりも回避すべきことになるから、犯罪の過激さが悪化すると思う。 秋葉原の加藤だって警官に制圧されてたけど、こんな拷問が待ち受けてるんじゃ射殺上等で警官に向かっていった方が早いだろうし。 -- 名無しさん 2019-11-10 11:17:29• そうなると警官は身を守るために犯人を射殺せざるを得ないわけだ。 左翼の連中が犯人射殺に文句をつける、という話は聞くが、皮肉なことにその左翼を糾弾する拷問肯定派の人間の方が射殺に文句を言いそうなんだよな。 犯人に罰を与える前にぬるいやり方で殺しやがって、とか言われてさ。 -- 名無しさん 2019-11-10 11:21:41• まあ、実現しても公権力の濫用で逆控訴されるのがオチだが。 -- 名無しさん 2019-11-18 19:11:59• そもそも無敵の人は犯罪終わった後自殺することが多いから意味ないぞ。 むしろ確実に死ねるようにもっと犯罪が過激になる -- 名無しさん 2019-11-18 19:22:51• こういう苦痛の無限地獄って実際は途中で廃人になるか、さもなきゃ逆に開き直ってマゾに目覚めてしまうかして。 どっちにしろ刑が大して意味を成さなくなるんじゃないかと思うんだ。 -- 名無しさん 2020-02-04 17:09:10• 鬼灯の冷徹の亡者ってコレや、金木がヤモリにやられた拷問を数百年単位で行ってるわけだから改めてエグイな -- 名無しさん 2020-02-04 18:26:33• 死刑廃止ししてこれ導入すれば無敵の人の犯罪防げるんじゃね?奴らの大部分の目的は「死刑になるために犯罪起こす」だし -- 名無しさん 2020-02-16 14:33:18• やっぱり残虐刑は最高だぜ! -- 名無しさん 2020-02-16 14:46:13• この薬、受験生とかに回したらいいんじゃないか?5分の休憩時間で30日の復習できるんだからという意見もあればえ?5分休憩で30日休むんだから365連勤しろって?!できねぇー!という意見もある薬 -- 名無しさん 2020-05-10 11:30:02• でもまぁこいつこの後施設で介護してもらうか生活保護だろ?釈放後すぐに「事故死」させれば良いのに -- 名無しさん 2020-05-25 23:31:56.

次の

最高に怖かった「世にも奇妙な物語」ランキング

世にも奇妙な物語 懲役30日

現実に起きたら・・・と想像して、凄く怖かった記憶があるので。 自分、脳外科とか、精神科とかの知識は全然無いので、あくまで想像なんですけど 汗 心と体は繋がってるとか、病は気から、とか言いますよね。 5分経って、一度夢から覚めさせて貰った時、手術台みたいなのの上にいましたよね?あそこで、最低限のケアをしてるんだろうな、と思いました。 特に、肉体的にいくら傷つき苦しかったとしても、夢の中の事なので、現実の体には、その傷は全く反映されない、という事になります。 ちなみに夢の中では絶対死ねないのかなと思います。 最後、三上さんは出所する時、白髪で、本当にゾンビの様な凄い表情をして、よたよたと歩いていましたよね。 でも、もし本当にこれが行われたなら、もっともっと酷い状態になってると思います。 それこそ、自分で歩けないし、眠れない、食事も排泄も出来ない、っていう状態になってるのではないかと。 よって、30日間は生きていられる 管理の下で生かされる けれども、目覚めると、管理下からはずされる。 そうすると、とても人間としての生活を送っていける状態では無いので、自然と数日で死に至る、という事になるのではないかと思いました。 当人は、とても生きていける状態ではないので、それこそ病院等で保護してもらって、ずっとそこでまた「生かされる」っていう感じなら、有り得るかなって。

次の

懲役30日(世にも奇妙な物語)

世にも奇妙な物語 懲役30日

概要 主演は。 やおばあちゃんに次ぐの中でもかなりのトラウマ物のエピソードである。 ストーリー 主人公は裕福な家庭に生まれ、名門の学校に通い、家族からも溺愛されているもうすぐ7歳になる小学生。 ある日、体育の時間に自分と同じで跳び箱が苦手だった友達が突然跳び箱ができるようになっていたところを目撃する。 話を聞くと、「7歳になったら分かる」と言うが、誰もそれ以上のことを教えてくれないどころか先生にも止められてしまう。 それから数日後、バスで寝過ごして見知らぬ駅で降りた主人公は両親が見知らぬ少年と歩いていたことに気付く。 両親にそのことを聞いても「知らない」の一点張りで答えようとしない。 クラスメイトから話を聞こうとすると、またもや先生に止められてしまう。 そしてある日主人公が学校から帰ると何者かに連れされられてしまう。 彼が連れてこられたのは謎の施設で、そこでもう一人の自分と遭遇する。 両親を問い詰めても何も言わないが、実は主人公は前日の夜、「明日で最後かもしれない」という会話を耳にしていたのだ。 そのこと言うと突如母は泣き出し、息子に手を上げてしまう。 すると父の携帯にどこからか電話が来て、ある施設に来るよう指示される。 そこは、数日前に自分を襲った人物ともう一人の自分がいた。 何でも衰退しきった世の中、優秀な子供を増やすために産まれた赤ん坊の細胞を培養し、クローン人間を作っていたというのだ。 そして産まれた子供はそのまま両親が育て、クローンは施設で育てられると言うことが語られた。 その本物かクローンかどちらが優秀か判断が下されるのが7歳の誕生日だったのである。 審査の結果、優秀なのはクローンの方だと判明すると両親は手のひらを返したようにクローンの方を可愛がり始める。 本物は泣きながら両親に話しかけるも無視され、そのまま施設の人間に回収車でどこかに連行されてしまうのであった…。 と、いうところで目が覚めると、主人公はバスの中にいた。 寝過ごして慌ててバスから降りると、あの施設の車が走っていた… 関連タグ 関連記事 親記事.

次の