年末調整 年金 追納。 国民年金の追納や任意加入をした方は、確定申告をして節税を!

国民年金の追納のメリットは一体何か。免除や猶予の制度について

年末調整 年金 追納

スポンサーリンク 学生納付特例制度の追納メリット 学生納付特例制度で追納するメリットとしては、社会保険料の控除対象になることです。 つまり、所得税や住民税といった 税金が少し安くなるってわけです。 私はフリーランスなので、追納することで税金が少し安くなるのはありがたい。 もし会社で働いている人は国民年金の追納分を支払うとすれば、年末調整にしてもらうといくらか戻ってくるみたいですよ。 「年金を追納してももらえるかどうか」と思われるかもですが、近年は平均寿命が80代以上となっています。 なので国民年金年金を追納という形で支払った方が得だったりします。 (73~4歳あたりになると特になるみたいです) 国民年金の追納には期限がある 学生の頃未納だった年金は「いつでも追納ができる」と思っているかもしれませんが、 学生納付特例制度の場合は追納できる期限があります。 学生納付特例制度の追納の期限は、10年以内。 これ以後になってしまうと、追納できなくなってしまいます。 年金が追納できないとうことは、その分だけ将来にもらえる金額が減ります。 例えば20歳で免除猶予している場合は、 30歳あたりまでが支払い期限となります。 通常であればであれば、誕生日~約2年あたりが未納金額の一般的ですが、大学院にいったら金額は凄そうですよね。 追納の場合は加算額がある 学生納付特例で国民年金を追納する時、 3年目以降だと「加算額」が追加されます。 これは、その年に払うべき年金に少しだけ上乗せされるということです。 つまり「若干 支払額が増えちゃう」わけです。 本当にいやですよね。 ちなみに参考はこんな感じです。 nenkin. html(学生納付制度のページより) 1000円ぐらい上がってますよね。 今なんて16,000円以上なので、本当に高くなってますよ国民年金。 では次に、学生納付特例制度で未納分だった年金の追納方法についてご紹介します。 学生納付特例制度の追納はどこでできる? 学生納付特例制度の未納分を追納する場合、 役所の年金課では手続きはできません。 学生納付特例制度の申請は市役所でできましたが、なぜか追納手続きはできないんですよね・・・。 そのため 自分の管轄の年金事務所に問い合わせるか、年金事務所で行うことができます。 もし年金事務所にいけない場合は問い合わせると、専用の紙が送られてくるみたいなので、それを書いて送り返すなのだとか。 そしてその専用の紙を書いて送るそうです。 私は他にも年金の手続きをしたかったので、近くの年金事務所にいってきました。 学生納付特例制度の追納に必要な持ち物 学生納付特例制度の追納に必要な持ち物は、 ・年金手帳 ・身分証明書(免許書や保険証など) ・印鑑 でOKです。 この3つがあれば、なんでもそうですが大概は大丈夫です。 年金事務所で追納手続きをしてきた体験記 郵送の場合だと納付書を戻してもらってという手続きがめんどうだったので、直接年金事務所に行ってきました。 年金事務所に行き受付の紙を取り、要件を言います。 「学生納付特例制度を追納したいのですが~」といえば通じます。 郵便局や銀行などに行ったときに受付を待つ時の紙みたいなのが、年金事務所にもあって、その番号がついた紙を取って待ちます。 私の管轄の年金事務所の電話はものすごく愛想悪かったので少し不安でしたが、追納ということもあり窓口対応はとても優しくて安心しました。 電話とは大違い・・・。 番号を呼ばれて年金事務所の方に年金手帳と身分証明書を渡します。 すると奥に行って年金未納分を調べてくれます。 すると、未納分の年金がチェックされた紙を持ってきて、この分が未納分だと説明されます(私は2年3カ月もありりました・・・) そのあと、学生未納の追納分や免除取り消しの紙を書きます。 日付に関しては年金事務所の方で調べてくれるので、取り消しの紙にそのまま記載する感じです。 名前や住所など必要事項を書いて、最後に判子を押すだけです。 あとは未納だった年金の支払いの期間を書きます( ・1ヶ月 ・3ヵ月 ・半年 ・1年 私の場合は、未納支払いを「1年一括」で選びました。 最後に年金事務所の人が確認してくれるので、漏れもなくできます。 学生納付特例制度の年金の追納は難しいと思っていたのですが、手続きも簡単でわりとあっさり解決しちゃいました。 優しい人で良かった。 国民年金の追納分の明細をもらう 私は一括で支払ったので、数枚だけで済みました。 学生納付特例制度の場合、年金事務所だとその場で支払証書を印刷してくれるので、嬉しくはないですが支払い明細書をすぐにもらうことができます。 (2年3か月分) なので、さっさと払っちゃう方が便利かもしれません。 お疲れ様でした~で終了でと言われ、難しいことを書くこともなく、終了です。 郵送も良いですが、未納期間や書き方がわからない場合もあるので直接年金事務所に行ってしまった方が手続きは簡単そうかなと思いました。 国民年金追納分の支払い方法 国民年金の追納分は ・コンビニ支払 ・銀行支払い となります。 大きな額になるので、銀行や窓口での入金の方が安心でしたよ。 多額なのでクレジットカードや口座引き落としがいいなと思うかもですが、 クレジットカードでは支払いできません。 もし来年から口座やクレジットで引き落としをしたい場合は、その場(年金事務所)で手続きしてしまうのが楽です。 クレジット払いだったら、結構な額になっていたかと思うと残念。 払えるならば上乗せさせる前に支払った方が良いですよ。 年金事務所何時頃行けばいい? 年金事務所の場所によっては違う場合があると思いますが、8時30分~17時ぐらいまではやっています。 早く行かないと年金事務所が混む場合もあります。 年金相談も一緒の年金事務所は、2時間待つなんてところもあるので早めに行くのがおすすめです。 私は超寒い日に8時45分ごろいったら、ガラガラで15分~20分ぐらいで手続きが完了しました。 学生納付特例制度を追納したい人は、市役所の年金かよりも、もよりの年金事務所に電話したり、直接年金事務所行くのがお勧めです。

次の

【年金の追納】について、詳しい方お願い致します。

年末調整 年金 追納

国民年金の免除と猶予制度 前年所得が一定額以下の人が対象 国民年金の保険料免除制度と保険料納付猶予制度についてそれぞれ違いがあります。 まずは所得の目線からどういった人が対象者となるのか見ていきます。 保険料免除制度とは、所得が少なくて本人・世帯主・配偶者を合わせた前年所得 1月から6月までに申請される場合だと前々年所得となります が一定額以下の場合や失業した場合などに、国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合に本人から申請書を提出することで、申請後、承認されれば保険料の納付が免除となる制度です。 もう一つの保険料納付猶予制度は、20歳から50歳未満までの人で、本人、配偶者の前年所得 1月から6月までの申請は前々年所得 が一定額以下の場合には、本人から申告書を提出し、申告後に承認されれば、保険料の納付が猶予される制度です。 この保険料納付猶予制度の年齢の制限については平成28年7月以降より50歳未満と対象者が変更されましたのでご確認ください。 この4種類に分けるには「申請での免除」と「法定免除」があります。 扶養親族がない人の場合は給与収入のみで収入として換算すると122万円以内となっている。 ちなみに離職者で国民年金に加入した場合「離職者の特例」によって所得が0と見なして審査が行われます。 ですので1人世帯で離職者の場合は、全額免除となります。 法定免除については、障害基礎年金を受給している人や、生活保護 生活扶助 を受けている人などが対象者となっていて、その場合には所得に関係なく全額免除されます。 全額納付より年金が低額となる 保険料免除制度と保険料納付猶予制度が将来の「老齢基金年金」にどのような影響を及ぼすのかみていくと、簡単に言うと国民年金を全額、全期間納付したのに対しもらえる年金額が定額になります。 未納となると支給されませんのが、免除や猶予の場合には、減額納付よりは低額となってしまいますが支給されます。 保険料納付猶予制度ですと、保険料の国の負担があるわけではありませんので、納付猶予や学生納付特例を利用したとしても支給額に影響はしてきません。 年金の支給額が増えるということはありません。 ただし保険料納付猶予制度の場合、あくまで「納付の猶予」ですので、猶予された保険料を後おいで追納しないと年金額には反映されませんが、未納の場合と違い万が一のときの為の障害基礎年金や遺族基礎年金は支給されます。 受給資格の期間に算入される 国民年金を将来、老齢基礎年金として受け取るには受給資格があり、その受給資格には保険料を納めた期間や加入期間の合計が10年以上必要となります。 この期間についても平成29年8月1日より今まで合算で25年以上必要でしたが10年に改正されました。 ここでこの受給期間に保険料免除制度や保険料納付猶予制度を使っていた場合、その期間中はどうなるのかというと、加算されますので安心してください。 一方でまったくの未納となると、その期間は受給者期間に反映されませんので、どうしても無理な場合は早めに申請しましょう。 国民年金の追納の意味と特徴 免除や猶予期間の保険料を後から納付する 国民年金の保険料免除や保険料納付猶予制度を利用した期間について、経済的に余裕が出てきたり、所得が上がったりしてきたときに後から納付することができます。 追納については、過去10年までの免除や猶予の承認を受けた期間について後から納付することを指します。 ですので追納に関しては、免除や猶予 学生納付特例を含みます の利用者のみ、その部分を埋めるための制度となりますので未納の方は利用できません。 これとは別に、後納というものがあり、後納制度は、平成27年10月1日から平成30年9月30日までの間に限り、過去5年以内の未納期間について、保険料を納めることのできる制度となっています。 こちらは滞納した時効の2年前までのものを期間限定で5年までさかのぼって払えますというもの。 過去10年分まで追納できる 国民年金の追納制度はさかのぼる事ができる期間が、10年間となっています。 もしも今現在、過去10年以内に保険料の免除や猶予の期間があるのであれば、余裕があるときに未納分を少しずつ追納すると、一番過去にあたる部分から納付完了となりますので、その分また過去10年が長くなります。 免除や猶予の期間の長さによってはかなりの金額を納付しなくてはなりませんが、絶対に一括で支払わなければならないというものでもありませんので、ご自分の経済状況に合わせて、期間内に追納しましょう。 10年を過ぎてしまったものに関しては、追納できませんので注意してください。 3年度目以降は加算額が追加される 国民年金の保険料免除や保険料納付猶予利用での追納は過去10年までさかのぼる事が可能でしたが、保険料の免除、猶予を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降は保険料を追納する場合には支払額が増えてしまいます。 承認を受けた当時の保険料の額に経過期間に応じた加算額が上乗せされて支払額となりますので、追納できるのであれば早めに手続きをしましょう。 ちなみに余分に支払うこととなる加算額は1300円~20円ほどです。 これはあくまで目安ですので、加算金額は年度によって変わりますので手続きを済ませた上でしっかりと個人で確認をしましょう。 追納保険料は年末調整の控除対象になる 国民年金の保険料を追納することで社会保険料控除により、所得税や住民税などの税金が戻ってくる「減税」という場合もあります。 年末調整で社会保険料控除を受ける場合には、事業主に国民年金の支払い証明書を添付することになります。 国民年金保険料控除証明書には、1月1日~9月30日までの納付額と10月1日~12月31日までの支払い見込み額も含めた金額が記載されていますので、万が一見込み額の記載がない場合や、記載されている見込み額以上の金額を納付した 追納した 場合は支払い証明書を添付してください。 また、自営業でしたり、誤って年末調整の際に提出を忘れてしまった際にも確定申告をすることで所得控除を受けることができますので、追納した際には、しっかり手続きをしましょう。 未納はできるだけ避けて、手続きをして免除や猶予の承認を得て、後に追納しましょう。 年金もスタンスが大事で、20歳の頃だと考えずらいかもしれませんが、資産運用の一つとして捕らえてもいいのです。 国民年金は老齢年金として国から自動的にかつ、みな平等ではなく、それまでに国に自分の資産を預けた結果としてその分が戻ってくるものだからです。 しかも、万が一のときの障害基礎年金と遺族基礎年金まで保証されています。 また国民年金は非常に優秀な年金のシステム。 民間保険の個人年金保険と比較しても、加入期間や月々の保険料に差があまりなくても返戻率が高いのです。 これだけでもかなりのメリットだと考えられます。 こんなメリットの多い国民年金の未納はもったいないので、制度をうまく使うようにしましょう。 口座振替やクレジットで納付できない 国民年金を普通に納付するのには、口座振替やクレジットカードでの支払いが手続きをするとできるようになりますが、追納に関しては、口座振替やクレジット払いは不可となっています。 追納する場合には手続きが必要となります。 まず、お住まいの地域の年金事務所で追納の申し込みをします。 その後、厚生労働大臣から、追納についての承認をもらい、その承認を受けた月以前から10年間の保険料についての納付書が発行されます。 その納付書を使い、金融機関、郵便局、コンビニなどで支払うこととなります。 国民年金の学生納付特例制度 学生対象で年金事務所にて申請する 日本国内に住むすべての人は、20歳になったときから国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられているのですが、学生については、ご自身で申請すると在学中の保険料が「学生納付猶予制度」というかたちで猶予されます。 対象となるのは、本人の収入が一定以下で、大学、短期大学、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、専修学校および各種学校と一部の海外大学の日本分校に在学するすべての学生が対象です。 申請の方法については、住民登録をしている市区役所ならびに町村役場の国民年金窓口もしくは、お近くの年金事務所、代行事務をしている学校であればその学校の事務などにて手続きができます。 必要なものは、「国民年金手帳」と「学生等であることまたは学生等であったことを証明する書類」、「印鑑」です。 後者の書類に関しては、在学証明書の原本や学生証の写しなどがあります。 他にも場合によっては、退職 失業 した人が申請する場合にはそれを証明できる書類が必要。 この「学生納付特例制度」は、あくまで特例の猶予の方法ですので、社会人となり働くようになったときに、この部分の追納が後にできるようになります。 郵送での申込みも可能である 「学生納付特例制度」は郵送での申し込みも可能です。 申請用紙については年金事務所に請求または、日本年金機構ホームページ 参照リンクより にてA4版でプリントアウトすることで申請用紙として使うことができます。 記入例なども分かりやすく掲載されていますので記入漏れや印鑑の押し忘れなどないようにして、学生証の写しまたは、在学証明書の原本を添付して住民登録をしている市区役所または町村役場へ郵送していただくと、申し込みができます。 国民年金を追納するメリット 不慮の事態の際に特別年金を受け取れる 国民年金を追納するメリットとしてあげられるものとして、一つは不慮の事態の際に特別年金を受け取ることができます。 特別年金とは、障害基礎年金と遺族基礎年金のこと。 自分に万が一のことがあった後の家族の生活に金銭的な余裕をあたえてくれるものとなります。 もし足りないようであればできるだけ追納しましょう。 老齢基礎年金を満額受け取ることができる 国民年金の追納によって減額していた分を補え、老齢年金を満額受け取れるようにもできます。 メリットとしてはこれが一番大きいかもしれません。 具体的にいうと学生納付特例制度で猶予を追納しないまま老齢年金をもらうようになると、例えば猶予期間の金額の合計が約500,000円だとすると月に約4,500円減ってくることとなり、1年に約54,000円違ってくるのです。 またそれが仮に65歳から85歳までの20年間とすると約100万円違ってきます。 年金はできるだけ追納しておこう 国民年金の保険料免除や保険料納付猶予について掘り下げていくと追納のメリットが見えてきました。 メリットは分かったけど今すぐに追納はちょっと…という方も10年のリミットがありますので、一度ご自分の猶予や免除の期間がどのくらいあるのか、把握しましょう。 これには簡単で便利な日本年金機構の「ねんきんネット」が扱いやすいですよ。 将来自分が受け取る年金の見込み額が見れたり、自分の年金記録、支払い漏れや届出漏れがないかもチェックができます。 PC、スマートフォンからいつでも確認できますので確認してみましょう。

次の

国民年金を追納したら年末調整すべき!確定申告で控除を受けられる [労務管理] All About

年末調整 年金 追納

(写真=PIXTA) 年金は、収入が少ないなどの理由で年金保険料を支払えない場合、手続きをすることで「免除」や「猶予」といった保険料負担を軽減する措置が受けられます。 経済的に厳しい場合だけではなく、20歳以降でも在学中なら保険料を猶予される「学生納付特例」や、地震や火災等で被災したときの免除、配偶者からのDV被害で逃げているときの免除などもあります。 猶予や免除を受けている間は、年金を支払った期間とみなされますし、いったん保険料負担は減らすことができます。 ただし、その分、満額の保険料を支払ったときよりも、将来受け取れる年金額が少なくなってしまいます。 そこで、そのとき払えなかった分を、生活に余裕が出て支払えるようになったときに後から追加で納められる制度があります。 これが「追納」です。 追納できるのは、過去10年以内の年金保険料です。 免除や猶予を受けた期間から3年以上経っていると、当時の保険料に加えて経過期間に応じた「加算額」も必要になる可能性があります。 追納するならできるだけ早めの方がいいでしょう。 ちなみに、免除や猶予の手続きをせずに年金保険料を払っていない「未納」状態の場合は、後から支払うことを「追納」ではなく「後納」といい、過去2年分までしかさかのぼれません。 当たり前ですが、未納期間は年金を支払った期間とはみなされません。 納付した期間が10年未満だと将来年金をまったく受け取れない「無年金」状態になってしまいますし、たとえ10年以上あっても未納期間が長いほど受給できる年金額が少なくなります。 障害年金や遺族年金も受け取れない可能性もありますので、たとえお金がなくても「未納」は避け、「免除」や「猶予」を活用したいところです。 (写真=PIXTA) 追納とそのまま納めない場合では、追納する方がおすすめです。 追納すると、将来の年金額が増える 追納すると将来の年金額が増えます。 自分に追納できる期間があるのか、いくら払えばいいのか、日本年金機構が運営する「ねんきんネット」で調べることができます。 もちろん最寄りの年金事務所でも教えてもらえますよ。 仮に、学生納付特例などの「猶予」を2年間受けていた場合、追納できる保険料は約40万円で、それを支払うと将来の年金は約4万円増えます(2019年時点)。 この「毎年4万円追加」は生きている間ずっと続くので、65歳から年金を受け取ったとして10年後の75歳まで長生きすれば、支払った額より受け取る額の方が大きくなります。 2年間「全額免除」を受けていた場合は、追納保険料は同じ約40万円で、年金額は約2万円増加します。 この場合は、85歳まで生きればプラスになりますね。 ちなみに、2017年の厚生労働省の調査によると日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳となっています。 追納すると、税金が返ってくるかも 追納した保険料は、社会保険料控除の対象になります。 つまり、税金が安くなる可能性があるのです。 会社の年末調整や確定申告のとき、忘れずに記入するようにしましょう。 いくら安くなるのかは、年収やほかの控除の有無などによっても違うので一概には言えません。 仮に課税所得金額300万円の方が2年分の保険料40万円を追納した場合、住民税と所得税を合わせて最大8万円まで安くなる可能性があります。 窓口まで行かなくても「ねんきんネット」で年金番号などが記入済みの申請書類がダウンロードできるので、追納できる金額を確認したついでに印刷して郵送、という方法でも手続きできます。 追納保険料は全部一括で支払うこともできますし、1ヵ月分ずつ、半年分ずつなどの分割もできます。 申請書類に自分で選んで記入する欄があるので、自分の今の生活を圧迫しない程度で設定しましょう。 申請が受理されたら、年金事務所から納付書が届きます。 それを使って金融機関の窓口やコンビニのレジなどで追納保険料を支払います。 口座振替やクレジットカード払いは利用できませんが、セブンイレブンなら電子マネー「nanaco」払いができます。 nanacoはうまく使えばポイントが貯まる分、現金で払うよりもお得ですよ。 (写真=PIXTA) 追納は「今後来る老後に備えて、少しでも年金を上乗せしておきたい」という方の助けになる制度です。 元が取れるかどうかは何歳まで長生きするかにもよりますが、今は「人生100年」とも言われる時代ですし、一度検討してみる価値はあります。 まずは自分の年金の支払い状況を確認してみるところから始めましょう。 iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。 ・税金の面でとても優遇されている ・毎月5千円から始められる ・投資信託の手数料がとても安い 老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。 iDeCoにおすすめのネット証券比較表 (2020年6月時点) 証券会社名 投資信託 本数 オリジナル:38本 セレクト:37本 32本 27本 25本 12本 加入手数料 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 口座管理料 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171 サポート体制 平日・土曜の8:00? 1で10 年の実績をもつネット証券 最大手 ・iDeCo専用ロボアドバイ ザーによって好みに合った 商品を選択できる 資産運用しやすい管理画面 と無料セミナーなどの充実 したサポート 残高に応じてau WALLETポ イントが貯まる(一部商品) ロボアドバイザーによるiDe Co専用無料ポートフォリオ 診断があり、簡単な質問に 答えるだけで最適な資産運 用が可能 「iDeCoシミュレーター」で iDeCoを利用した場合の節税 額を簡単にチェックできる.

次の