犬 インスリノーマ。 犬のクッシング症候群、治療と共に注意すべきこと

インスリノーマについて

犬 インスリノーマ

インスリノーマ(insulinoma)はなかなか聞き慣れない病名だと思います。 血糖値を下げるホルモンであるインスリン(insulin)と、腫瘍を表す接尾語(-oma)の造語で、つまりインスリンを出す腫瘍のことです。 中年〜高齢の犬でときどきみられます。 猫ではまず起こりません。 健康な人間や動物では、インスリンは膵臓だけから出ています。 健康な体では、血糖値がある程度まで低くなるとインスリンが出なくなり、血糖値がそれより下がらないようになっています。 しかしインスリノーマは腫瘍(犬の場合は癌)ですから、血糖値が低かろうが関係ないとばかりにインスリンを出し続けることで、血糖値が限界を超えて下がります。 血糖(血液中のブドウ糖)をエネルギー源として一番多く使っているのは脳です。 脳にブドウ糖が行き渡らなくなると、脳が誤作動を起こし、全身がけいれんします。 これを「低血糖発作」と呼びます(動画)。 低血糖発作はお腹が空いているときや運動をしたときに起こりやすいです。 食後には血糖値が多少なりとも上がるので、発作は起こりません。 低血糖に気づかなければ、てんかんなどの脳の病気に見えるかもしれません(犬のてんかんの発作と低血糖発作は、外見上は似ています)。 もし中年〜高齢のわんちゃんが初めてけいれんを起こしたら、動物病院で血糖値を測ってもらってください。 多くの病院では、血糖値だけではなく、腎臓、肝臓、血液中のカルシウムの異常など、けいれんの原因になる他の病気の検査もして頂けると思います。 けいれんを起こさないまでも、低血糖によって興奮し、攻撃的になる、体が震える、足がふらつくなどの異常がみられることがあります。 インスリノーマの治療は• 空腹にしないよう、食事を小分けにして与える• 発作でないときは糖分をむやみに与えない(インスリンが余計に出るため)• 低血糖発作のときには躊躇なくブドウ糖液(ガムシロップ)を口に含ませる• ステロイド剤(血糖値を上げる飲み薬または注射)• ジアゾキシド(血糖値を上げる飲み薬)• グルカゴン(血糖値を上げるホルモン剤)• ストレプトゾトシン(インスリノーマ専用の抗がん剤)• 外科手術 などを組み合わせて行います。 犬のインスリノーマは大きくなるのが遅い癌なので、早期発見できれば手術で完治できる可能性もあります。 毎年検診を受けているわんちゃんは、一昨年や去年と比べて急に血糖値が下がっていないか確認してあげてください。 (院長 松木) カテゴリー• ご案内• お電話• 診察時間 9:00~17:00 休診日 水曜・日曜・祝日 アクセス 東京都千代田区 岩本町1-2-13渡東ビル1F• 診察時間 9:00〜17:00 休診日:水曜・日曜・祝日 東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」2・4番出口徒歩3分 ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-2-13 渡東ビル1F•

次の

【インスリノーマ②】インスリンがめっちゃ出る腫瘍~診断・治療・予後~

犬 インスリノーマ

膵臓のベータ細胞はインスリンを分泌する働きを持っていて、この病気にかかるとインスリンが無差別に、大量に分泌されます。 インスリンが血糖値を下げてしまうので、「低血糖症」が発症してしまいます。 インスリノーマの症状 血糖値が下がって、元気がなくなり、進行するとけいれん発作や虚脱(ぐったり)状態が現れます。 ウィップルの三兆候と言われる下記の症状が診断の決め手になります。 猫では大変稀な病気であるため、詳しいことは良くわかっていません。 インスリノーマの治療 治療には内科治療と外科治療があります。 内科療法は高価で、長期間の効果が見込めないので、可能であれば膵臓腫瘍の外科摘出が推奨されています。 インスリノーマは大変小型で肉眼的に判別が難しいことがあり、その場合は膵臓の半分を切除します。 症例紹介:ネコのインスリノーマ 12歳のネコ 初診日:最近後ろ足がふらつく、けいれん発作が起きたとのことで来院されました。 血糖値がこんなに低いのに、さらにインスリンが出ているのは異常な事です。 超音波検査で明らかな腫瘤は認められなかったものの、上記の症状から開腹手術に踏み切りました。 手術では膵臓の左側に小さな腫瘤が認められたため、膵臓の左半分を切除しました。 病理検査は比較的良性なインスリノーマと診断されました。 手術後は血糖値も徐々に安定し、回復に時間はかかりましたがすっかり良くなりました。 なんと3年間にわたって、まったく無治療でも元気でいることができたのです。 ところが3年後、突然に症状が再発しました。 今回も腫瘍は術前検査で確認できませんでしたが、再発を疑って再手術を行いました。 手術中も肉眼では腫瘍の確認ができず、前回手術した近くの膵臓の一部を切除しました。 でも病理検査では確定診断に至りませんでした。 つまり、どこかに転移している可能性もあるということです。 2回目の手術後は少し改善し、発作は見られなくなりましたので、 オクトレオチドなどを使用した内科療法で自宅治療を行ないました。 今のところ、徐々に注射を減らしていく事もできて元気に過ごしています。 隠れた転移がいつ発症するかわかりませんが、定期検査しながら経過を見ていく事にしています。 インスリノーマの治療など、犬猫の病気の治療をどうすれば良いか分からない場合は、いつでもご相談ください。 かかりつけ病院をお探しの方、近郊であれば 下記リンクをご覧いただき、 問診フォームからお問合せ、ご予約をお願いいたします。 すでに他の病院にかかられている方でも、どのように治療を進めていけば良いかのアドバイスや セカンドオピニオンなど、お役に立てるかもしれません。 主な執筆・学会発表• 2003年~2007年 「犬の健康管理」 ANIMAL WORLD連載• 2005年 「拡大乳腺切除および補助的化学療法により,良好な経過が得られた猫乳腺癌の1例. 」(第26回動物臨床医学会年次大会)• 2006年 「血管周皮腫の臨床的研究」(第27回動物臨床医学会年次大会)• 2008年 「外科切除および放射線治療を行った高分化型線維肉腫の2例」(第27回日本獣医がん研究会, JONCOL2008/No. 2009年 「特集:血管周皮腫」 (InfoVets 2008/8月号)• 2010年 「外科切除を行い良好な経過が得られた乳頭状扁平上皮癌の1例」 第30回獣医麻酔外科学会• 実際にご来院いただき正確な問診・診断をさせて頂ければと思います。 お問合せは営業時間内にご対応させていただきます。 定期的に確認はしておりますが、すぐにご対応ができない場合もございます。 予めご了承くださいませ。 営業時間:9:00~19:00(日・祝日および年末年始の休業日、臨時休診日を除く) お返事は、いただいたお問合せに対する回答をお客さま個人様にお送りするものとなります。 転載、二次利用することはご遠慮ください。 浜松家畜病院は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法令、社内規程等を遵守し、当社の事業活動のすべてにおいて、当社で取り扱う個人情報の取得、利用及び管理を適正に行うことにより、お客様の個人情報を守ります。 reCAPTCHA で保護されています。

次の

【インスリノーマ②】インスリンがめっちゃ出る腫瘍~診断・治療・予後~

犬 インスリノーマ

症状 インスリノーマでは、主に状に関連したものが現れます。 特に、夜間就寝後などの空腹時に低血糖症状が生じます。 になると、眼のかすみ、発汗、脱力、震え、 動悸 どうき 、異常行動などを認めるようになります。 物忘れ症状が現れたり、けいれんを起こしたりすることもあり、インスリノーマと気付かれずに、(発作的にけいれんなどが現れる病気)など他の病気と間違われることもあります。 インスリノーマの症状は空腹時(すなわち低血糖時)に症状が現れ、食事を摂取することで症状の改善をみます。 インスリノーマの診断を受ける前であっても空腹時に症状が現れることを患者さんが自覚しており、防衛的に頻繁に食べ物を摂取することによって、体重増加につながることもあります。 検査・診断 インスリノーマの診断では、インスリンがにかかわらず過剰に分泌されていることと、腫瘍の本体を確認する必要があります。 インスリノーマでは、絶食後のインスリンと血糖値を測定し両者の比率を計算する「Fajans指数」が診断に使用されます。 また、C-ペプチド分泌抑制試験、72時間絶食試験と呼ばれる方法がとられることもあります。 腫瘍のある部位を確認するためには、選択的動脈内カルシウム注入試験や内視鏡的超音波断層検査法といった検査が重要です。 選択的動脈内カルシウム注入試験は膵臓を栄養する(膵臓に酸素などを届ける)さまざまな動脈からインスリン分泌を促す物質を注入し、刺激物質に反応してインスリン分泌が増加しているかどうかを確認する検査になります。 内視鏡的超音波断層検査法は内視鏡を用い、消化管を通して膵臓を観察する検査ですが、より小さい病変であっても腫瘍を確認することが可能です。 これらの検査を行うことで、やCTでは発見できない小さなインスリノーマであっても検出することが可能となります。

次の